Welcome to my blog

huugetu

huugetu

すごい上手だった幽霊


赤い着物をはだけさせて上から撮影されている

「その宿に幽霊が出るという噂はきいていました。

蒸し暑い夜でした。

私はお腹の上にだけ薄いタオルケットをかけて寝ていたのですが、深夜2時頃、何かが私の素肌の脚に触れたので、目を覚ましました。


豆電球だけがついているうす暗い部屋の中に何か人の気配を感じました。

私は起き上がろうと思いました。

しかし、その瞬間、体中がビクッとしたかと思うと私の体は固まってしまいました。

そう、私は金縛りになってしまったようです。

私は以前、とても体が疲れているときに一度だけ金縛りになったことはありましたが、その日は別に特に疲れていたわけではありません。

私は怖くなりました。

金縛りで動けない私のお腹にかけられたタオルケットがゆっくりとずらされて、私の体の上を脚の方に向かって滑ってゆくのがわかりました。

私は目を開けました。

顔も首も動かすことができないのですが、私は目だけを自分の脚のほうに向けました。

何もいません。誰もいません。

なのに、私のタオルケットだけがスーッと脚の下の方にゆっくり滑ってゆくのです。

動けないまま私は恐怖で再び、目をつぶりました。

夢よ!これは夢であって!


そのあと、私はネグリジェの中に人の手の感触を感じました。

私は怖くてもう目を開けられませんでした。


その手は私の乳房をゆっくり揉んだ後、私の乳首を擦り始めました。

あっ!いやっ!
何なの?これ?

恐怖と快感が私を襲います。

怖い!いや!やめて!
でも・・あ・・感じてしまう・・・。
あ!!


でも私には動くことも体を動かすこともできません。

私は唯一自力で動かせる瞼を開けようかどうか迷いました。

でも私は怖くて、その何者かが私の下半身を触るまでは目を開けられませんでした。

パンツの中にまで何者かの手が入ってきて、動けないはずの私の脚が大きく開かされ、一番感じるところをこすられはじめ、初めて私は目を開ける勇気を出しました。

しかし目を開けても、私の上にも脚の方にもやっぱり誰もいませんでした。

ただただ、見えない何者かが、私のあそこを弄んでいるのです。

また目をつぶると、私の濡れてきた脚の真ん中のアソコに、太い何かが入り込んできました。

ああっ!いや!やめてええ!!

姿も見えない何か太いモノに私の膣の中は擦られてました。

ああああ!!

私の穴の中を動く太い何者かに、私はイカされて気を失ってしまいました。


次の朝、起きたときに自分の膣がポッカリと穴をあけられてしまったようなリアルな感触が残っていました。

男に満足するまでイカされた日の次の朝のような、まったりとした充足感が私にはありました。

あれは一体なんだったんでしょう?

毎年、夏がくるとこの宿屋での不思議な体験を思い出す私です。」


毎度、おなじみのエロ商売をしている女経営者は、ここまで文章を打ち終わってPCから顔を上げた。

「いいの?こんなこと書いちゃって」

隣に座っていた親戚のおじさんに女経営者はきいた。

おじさんはこのところ人気の低迷している観光地で古い宿屋を経営していた。

「かまわない!
どうせ、うちの宿はもう廃業寸前なんだ。最後の大バクチだ!」
とおじさんは言った。

エロ女経営者は上記のような文章をブログに載せ、宿の外観の写真を掲載した。

宿屋名は出さないが、最寄りの駅の写真もそれとなく添えた。

そして女経営者はツイッターにも『スケベ幽霊の宿に泊まったことある』と書いて、宿の写真を載せて、このブログとリンクさせて、発信した。

エロ女経営者の側近の元ボーイは自分で作ったアカウントのツイッターから女経営者にリツイートした。

「僕もその宿、泊ったことあります。
僕の場合は女幽霊でした。」
「深夜、金縛りにあって動けない僕のアソコを誰かが撫でまわし舐めまわし吸ってきて・・・・・・・・」

ボーイはそんなことを書いた。

ボーイの元カノで、今は女経営者の元で働いている女の子が、これまた二人にリツイートした。
「その宿の噂、よく聞きます!!」

女経営者のセクキャバに勤める女の子たちも
「私もその話知ってる!
知り合いの知り合いが幽霊に体をまさぐられたって言ってた」
とか
「うん。有名だよね。幽霊にスケベなことされる宿って。でもそれってその人の願望でさ、ただの夢なんじゃないの~!」
「もしくは宿屋の人がお客にホントにエッチしてるとかさ!あはは」
などとリツイートして話題を拡散してくれた。


2週間後、もの好きな二人組のお客さんがさっそくおじさんの宿にやってきた。

お客さんは宿屋の店主であるおじさんに
「こちらは幽霊が出るのですか?」
と尋ねた。

おじさんはハッとして急に青くなった顔をした。・・・・いや、これは演技だが・・。

「だっ!誰がそんなことを!!そっそんな根も葉もない噂、だっ誰がっ?!」
とおじさんは大げさに取り乱すフリをした。

おじさん必死の一世一代の演技だ。

二人のお客さんはその様子を見て「ああ、この宿にはやはり何かあるな?」と思い、うなづいた。

二人のお客さんは宿の写真を撮ったり、ブログに書いて紹介することの了承を(渋るフリをする)おじさんに得た。


おじさんはその夜、二人のお客さんの部屋のすぐ外に、お線香の煙をうっすら漂わせることと、深夜2時ジャストに部屋の外でパキッ!ミシっ!ぱーん!という音をさせてみた。
おじさんは深夜、廊下で木の板を力いっぱい折り曲げたり、小さな風船を破裂させてみた。

お客さんの部屋の窓のすぐ外を真っ白な衣装を着て髪を振り乱したボーイの元カノが走ったのは、お客さんには見逃されてしまって、徒労に終わったのだったが。


でも、深夜まで頑張って起きていて、何かが起こることを期待して部屋でスタンバッっていたお客さんにはそれだけで十分だった。

二人のお客さんは次の週に
「エロ幽霊宿屋に泊ってみた!」
と、宿に泊まった体験レポートをおもしろおかしく自分のブログに書いていた。
そして、エロ幽霊は出なかったが、夜中にラップ現象にあったことを書いてくれた。
お客さんはブログに、宿の写真も最寄りの駅の写真も、また、どうやって宿に行ったかの路線の乗り継ぎの説明まで、この宿の情報を豊富に掲せてくれた。


それを見た、別の大学生のオカルト研究会のお客さんもグループで次の週に宿に泊りに来た。

このときは深夜、廊下でエロ女経営者がすすり泣いてみた。

大学生のお客さんたちが廊下に走り出てくると、エロ女経営者が化粧を落としたすっぴんの青白い顔で、やせ細った体に白い着物をまとって立っていた。

「ぎゃああああ!!!」大学生のお客さんたちは叫んだ。

「失礼ねえ!!」
と思いつつも、女経営者は急い廊下を曲がって逃げた。


次の朝、大学生たちが宿屋の店主のおじさんに
「昨日僕たちしか泊っていないっておっしゃってたけど、白い着物を着た女の人を昨夜見たのですが」
と言った。

「女の人なんて泊ってないですよ。というかお客さんは他に泊っていません。それ女房か、娘じゃないかな?」
とおじさんはとぼけて言った。

女将さんはふっくらとした人だった。
若女将はもっとまるまると太った人だった。

「違う!違う!もっと痩せこけた女の人!見たんですよ!」
と大学生たちは言った。


「うちの従業員はあとはみんな男ですよ」
とおじさんは言った。


宿屋は幽霊スポットとして軽く話題を呼んだ。

今まで、シーズン最盛期でも閑古鳥が鳴いていたというのに、今年は夏休みになると、宿屋にはお客さんが毎日訪れるようになった。


でも噂をききつけたTVの取材をおじさんが受けようとしたことを、エロ女経営者は止めた。
「いつか、絶対に不正がばれるって。それにこれ以上、お客が増えても手がまわらないでしょう?
それに私たちも、もういつまでもおじさんの宿の手伝いはできないし。そろそろ堅実な経営に戻ってよ」

「でも~」
とおじさんは言った。

「廃業を免れたこと。それだけで満足しないと。ここは!!」
とエロ女経営者はおじさんに言った。

でも欲をかきだしたおじさんはまたセクキャバ嬢たちの手を借りて
「あの幽霊宿は、値段の高い特別室が一番幽霊が出るみたいよ〜」
と噂を流してもらった。


常にその特別な部屋は予約でいっぱい状態になった。
おじさんもその3部屋の周りでだけは、毎夜、ラップ音を出すことくらいには一人でも対応できたのだった。
エロ女経営者たちの手を離れてもおじさんの宿は好調だった。


数か月後、久しぶりに女経営者と元ボーイと元カノの3人でおじさんの宿に遊びに行った。
今回は仕事でなく、今までのお礼として、3人には初めてゆっくり泊まりに来てほしいとおじさんに招かれたからだった。

経営が潤ってきたので、宿を少し綺麗に改装するそうだ。その間、商売を2週間だけ休むので、そのときにご招待されたのだった。

エロ女経営者たちは、自然豊富な田舎でゆっくりできるのはよかったけど、しかし、3人にとってここは特に魅力的な観光する場所もなかった。
なので3人は、朝から宿で、この地方の名物の魚を食べたりお酒を飲んだりした。

酔いつぶれて女経営者はもう午後3時くらいから眠ってしまった。

3人とも別々の部屋を用意してもらっていた。


早くから眠ってしまった女経営者は、深夜に自分の部屋に男が忍んできたのに気づいて目を覚ました。

「やあねえ。若いあのコとしないで、私なの?久しぶりにしたくなったの?」

豆電球もつけずに真っ暗にして寝るのが好きな女経営者はまっ暗闇の中で男を受け入れた。

男は暗闇の中で女経営者の乳首を舐めまわし、音を立てて吸った。

「あああ!あん」
早くも感じてしまう女経営者だった。

そのあと、二人はシックスナインでお互いの性器を舐め合った。
元ボーイの大好きなシックスナインだ。

やがて、びしょびしょになった女経営者の中に、びんびんになった男のアソコが突っ込まれた。

初めはゆっくり出し入れされて、だんだん激しくされて、女経営者は声を押し殺して、何度もイカされた。

随分以前にしたときよりも、元ボーイが格段にセックスがうまくなったなと思った女経営者だった。


***

次の日の朝食の席に元ボーイがいないので女経営者は
「あのコまだ起きてこないの?おねぼうね!」と言った。

(やあねえ!昨夜、頑張りすぎよ!)と女経営者は思った。

「違うんですよ。」
元ボーイの元カノが言った。

「社長は夕方3時頃から寝ちゃったからご存知ないでしょうけど、あのあと、東京の店からトラブルがあったっていう連絡があって彼は東京に帰ったんですよ。5時の電車で」
とボーイの元カノは言った。

「なんですって?」
女経営者は元カノをキッと見た。


「あ、ごめんなさい!ごめんなさい。社長への報告が遅くなってしまって。
ただのネットでの予約システムのダウンだったんですよ。
結局、彼が東京に着いた頃には無事解決したんですよ。それなので、社長を起こさなかったんですけど。
すみません!
起こしたほうがよかったですか?すいませんすいません。」
と元カノは申し訳なさそうに一生懸命言った。

女経営者はそんな元カノを無視して立ち上がると、怒りの形相で宿屋の店主のおじさんを探しはじめた。


くそじじい~!!
あいつか!!
昨日、部屋に忍び込んで、私を抱いたのは元ボーイではなかった。
なんと、おじさんだったの?!

許せないわ!!
いろいろ親切に面倒を見てやったあたしをやっちゃうとは!
遠い親戚とはいえ、親戚の私をやるとは!!あのエロじじい〜!!

え?あたしとおじさんって何親等離れているんだっけ?
セックスしていいんだっけ?
ええ??

大体、おじさんの奥さんである女将も同じ屋根の下にいると言うのに!!なんて男よ!


女経営者は怒って宿の中を店主のおじさんを探した。
しかしおじさんはいない。
女経営者はちょっと後ろめたかったが、女将におじさんの行方をきいた。

女将は言った。
「主人は昨日夕方の6時から旅館組合の集まりで隣町に行って帰ってきてないわよ」

え?昨夜、おじさんはここにいなかった?

この宿は今、改装中でお客さんはいない。

男の従業員も全員休みだ。

女経営者は青くなった。
(じゃ、じゃあ、私を昨晩、抱いたのは誰なの?!!
や、やっぱり、ゆ、ゆうれい・・・・?!)


女経営者はおじさんと二人の部下を連れて、神社にお参りに行った。
「許してください!!許してください!二度と不埒な商売はいたしません!」
と必死で祈りながら、女経営者は神主さんの亀頭・・・違った!祈祷を受けた。


女経営者が、宿の改築のために出入りしていた工事業者の男に、部屋に忍び込まれて抱かれてしまったのだったという真相に気が付いたのは随分あとのことだった。


-----終わり-----------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉











関連記事
↓こちらは広告です






Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー  

実際の人が わかったら ちょっとホッとするけど ゾッとする話だよね(-.-;)

2017/08/18 (Fri) 22:28 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

夏なので怪談ぽく。結局、全部嘘なんだけどね。

2017/08/18 (Fri) 23:30 | EDIT | REPLY |