Welcome to my blog

そんなつもりじゃない2パターン目

huugetu

huugetu

そんなつもりじゃなかった男


胸ちら
前の記事で、女性がそんなつもりじゃなかったのに、セックスに巻き込まれそうになったときの話を書きましたが、


今回は、女性がその気なのに男性がその気じゃなかったこと。




結構、仲良しだった同僚が、夜遅くなっちゃったので、私の家に泊まりにきたことがありました。


その日は、どこか外での仕事で、そこから私の家は比較的近いが彼の家は非常に遠かったのだった。



私のうちですから、もちろん私が先に『うちに泊まってけば?』と言ったのですよ。


彼が泊めてと言ったわけではない。


でも私の言葉にすぐに彼が合意し、ほいほいついてきたので、私は当然、そういうことがあると期待していた。




おうちに入った途端かな? もしくは、その後かな? まあ、そのうちに彼が襲ってくれると思っていました。



が、彼はお風呂から出てきたあと、


「あの~」と私にきいてきた。



「エッチをしても、しなくてもどっちでもいいんですよね。僕。
ほんとどっちでも僕はかまわないので、もしあなたがしたかったら付き合いますし、いやだったらしませんし。
どっちがいいですか?私さんに従いますよ」
と言われ、私は
「せんでええ!!」と即答しました。

(いや本当は標準語で言いましたが。気持ちとしては『せんでええわ!!』です)




そして隣同士で布団に寝ながら、清いまま朝を迎えました。



そういう聞き方ってある?


そういう聞き方されたら、こっちがたとえエッチをしたくても回答は『するか!!』ですよ。





なんでその人に私が敬語を使われていたかというと


その人、すごいいい大学出たので、浪人してて年齢は私より上なんだけど、会社では後輩だったのね。



以前も何回も『私は年下には興味ない』って書きましたが、



この人は年下ではなかったのですが、後輩って、なんかちょっと年下のニュアンスがなあったので、潔くあきらめました。


無理強いさせてはいけない・・・と。





しかし、この人、さすがすごい頭のいい大学出ただけあって、セックスの『コンセンサス』を一番最初にしっかり言質でとろうという。合理的?というかなんというか。




本当にセックスしてもしなくても、どっちでもよかったらそこは言質をとるのではなくて、雰囲気に任せるとかにしろよー!!






でも、もしも、これが年上の男性で、かつ会社でも先輩だとしたら、私は間違いなく、
「そんな聞き方していじわる!!許さないから!」
とか言って自ら襲っていったと思います。


「ほんとうにしなくていいの~?本当~??」と迫っていたと思います。


「あなたが、したいって言いなさい!したいって言わないと許しませんよ!」とかチューしながらやってたと思います。


年上かつ先輩相手とだったら、私相手に
「君としたい!」と無理やり言わせて、セックスしたと思いますよ。




しかし・・・”後輩という抑止力”がエロ人間の私にもききました。


後輩には甘えちゃいかんという抑止力ですね。


私の回答は
(そんな言い方されてまで)『せんでええわ!』
ですね。



しかし、男性の習性?なのか?
ひとつ興味深かったのが、この人がその後、いろいろ私の仕事や会社人生に尽力してくれたこと。


もういいよって言っても、この人、私にすごくいろいろ協力してくれた。



やがて、別の部署になって何年も離れてから、今度は、また隣の部署になったときも、日常のことから、レクリエーション的なことから、仕事の連携その他のことやら、すごく力になってくれた。
そっちの部署の何か用があって、私が向かうと、この人何かしてても放り出して駆け寄ってきてくれた。
「どうされましたか?」
と、いつもいつも親切に私に真っ先に駆け寄って来た。



たぶんもしかしたら男性は、自分が襲いたかったけどふられた女によりも、
僕が襲わなくてすいませんでした!!女性のあなたに恥をかかせてしまってすいませんでした!
ほんと申し訳ない!!っていう女性のほうに気を使うものかもしれませんね。



この人、その後も会社人生で、私にすごいいろいろ力になってくれた。



いや~、気を使われれば使われるほど、こっちはますます傷つくというか、微妙なんだけどさ。



男性は『俺が抱いた女』より、『俺に抱かれようとしたが、俺が抱いてやらなかった女』に対して征服感があるのか?




いや、もともと仲良いし、変な意味じゃなくて人間的にも大好きだし、いい人だけどさ~。

なにかと私がこの人に過剰に面倒見てもらうたびに、私はもう恥ずかしくて恥ずかしくて、


も~ っ!いや~っ!! いい加減 あの夜のことは忘れろや~っ!!って思う私でした。


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉




関連記事
最終更新日2019-11-14
Posted by huugetu

Comments 0

There are no comments yet.