2023年私が見たロッテの投手陣について

「は?ここはエロブログのはずではないのか?」もしかしてそろそろあたい『エロですよエロですよ詐欺』として訴えられるか?


ピンクのチャイナドレスでおどけて立っている

おととし2021年、10記事くらいに渡って千葉ロッテマリーンズの選手10何人かについて、このブログに書きました。
で、そのときは、当時は掲載OKだったパ・リーグテレビさんの有料会員が見られる動画を掲載してたんだよね。
このブログにそのままパ・テレの動画をはめ込んで掲載していいスタイルでした。

去年2022年に、それが色々厳しくなって(パ・テレの著作権の問題ではなく、選手の肖像権の問題とか電話で説明された)、そのときにそのロッテ選手の記事は私、全部消しちゃったんだよね。

いや、完全に消してはなかった。
下書きは残ってた。
その下書きを今見ると、2021年に私は投手では、
小島 和哉、岩下大輝、石川歩、佐々木朗希、鈴木昭汰、佐々木千隼、唐川侑己、国吉佑樹を先発、リリーフとわけてまとめて取り上げている。
益田直也投手は『大切な二人』という題名でバッターのマーティンと一緒に1ページ取り上げてる。

そして、なんと河村説人(ときと)投手においては、一人ひと記事まるまる使って書いていた!
私の推しの荻野貴司選手と中村奨吾選手と同等の扱いだった!

いや~好きだったんだよね~、河村~。
顔というか表情というか、たたずまいというか、風情がさ~。
好きだったんだよ~河村~。

そんな河村選手は2024年からは育成契約になってしまいました。
石川さんもですね。
背番号は河村58→123に。
石川は12→122になりました。
うう。がんばってください。今後も応援します。
(※12月9日追記・佐々木千隼選手は現役ドラフトで横浜DeNAベイスターズに移籍)

さて、パ・テレの埋め込み動画はできなくなったけど、現在はパ・テレがYouTubeに出している限られた無料動画については共有してもいいということになっているので、この前からそれでやってんだけども。
今日もそのシステムでロッテの投手を一人一人紹介してゆこうと思うのだけど、さて誰のこと書こうかな?

きっと全員は書ききれないので選択しよう。

まずパッと思いついた人たちについて、今年の成績を調べてみました。

①先発陣
●おじー・25登板10勝6敗
●種市・23登板10勝7敗
●西野・18登板8勝5敗
●朗希・15登板7勝4敗
●メルル・22登板4勝8敗1セーブ
●美馬先輩・18登板3勝9敗


②リリーフ陣
●まっすう・58登板2勝5敗13ホールド36セーブ
●ペルル・53登板1勝3敗41ホールド1セーブ
●坂本光士郎・54登板1勝16ホールド
●さわむう・34登板4勝3敗14ホールド3セーブ
●西村天裕・44登板4勝14ホールド
●横山陸人・38登板2勝3敗8ホールド1セーブ


ピンクのチャイニーズドレスで踊っている


③ブルペンデーオールスターズ陣
いやそうなのよ。
今年、いわゆるブルペンデーが多かったような気がするのよ。
吉井監督が投手出身だからこその秘策なのか、単なる先発不足なのかどっちもあると思うのだけど(いや後者だと思うけど)。
私の記憶にあるだけでもブルペンデー4試合あった。
●5月18日(木)18:00開始
対オリックス ZOZOマリン 5-1勝ち。
広畑 、岩下、 東妻、 西村、 ペルドモ、 小沼、 坂本、益田の8人でつないだ試合。
●5月21日(日)13:00開始
対楽天 楽天生命パーク 6-4勝ち。
岩下 、広畑、坂本、東妻、澤村、ペルドモでつないで勝った試合。
●10月6日(金)18:34開始
対オリックス ZOZOマリン 12-1勝ち。
澤村、横山、中村稔、中森、 坂本、 西村、 東妻、 佐々木千隼のリレー。
●10月20日(金)18:01開始
対オリックス  京セラドーム大阪 0-2負け。
澤村、 中森、 国吉、 坂本、西村、東妻のリレー。

私はブルペンデーはヒヤヒヤしつつ見るので、それが勝とうが負けようが、いつもとても記憶に残っているんだ。
で、結果的に結構勝ってるんだわ。
じゃまずこのジャンルから行くとするか。
ブルペンデーでの映像でパ・テレに取り上げられてたやつをご紹介しますわ。

↓なんか変わった題名だけど、★印以降の文字をクリックしていただくと、YouTubeのパ・テレのサイトに飛びます。
↓8投手で5-1でオリクスに勝った試合やね~。
↓この前私も2023年を振り返る記事でも取り上げたやつやね~。
★5月18日
【ブルペンデー】8投手=9回1失点『30・46・24・40・55・50・36・52』

↓次、ブルペンデーではないけど、投手リレーでいい映像が二つあったので、それも紹介しますわ。
★7月24日
【中継ぎ陣“奮投”】東妻勇輔→中村稔弥→西村天裕『流れ渡さぬ “ゼロ継投” 劇的サヨナラ呼び込んだ!』

★10月14日
【鷹の追撃振り切る】西村・澤田・澤村『“クロスワード継投”で無失点リレー…パーソル CS パ 第1戦を制する!』

ん?
n?
(質問)
投手っていったらまず先発の話からとりあげろよ。
なぜ投手リレーの話から始めるんだよ?
(回答)
だって先発陣はいつも”日の目”を見てるからさ。
特に佐々木朗希のことなんか別にここで取り上げなくても、他でどこでも色々見られるじゃん。

まあまあ。
じゃあ次は先発陣いくとしよう。


ピンクのチャイニーズドレスでお尻と太ももをさらけ出している


■小島和哉(おじまかずや)
去年2022年は、好投するも野手陣の援護がなく、勝ちが少なかったおじーでした。
そのとき、かわいそうだな。何がいけないんだろう?おじーのテンポが悪いことがもしかして野手のやる気を阻害しているのか?とか色々複雑に私は考えたものでしたが。
今年はテンポもよく、2021年と同じ二桁勝利をつかめました。
↓そんなおじーの動画。
★8月29日
小島和哉『ボールに力強さ…完封ならずも8回122球・無失点で7勝目』《THE FEATURE PLAYER》


★9月5日
小島和哉『左エース”気迫の7回112球”で8勝目…自身17イニング連続無失点』《THE FEATURE PLAYER》


↓これは、今年を振り返る記事でもとりあげたけど、レギュラーシーズン最終戦、東北の地の寒い雨の中、この試合の結果で2位か3位か4位になるというドキドキの試合でした。
↓しかし、戦前の我々の心配をよそに見事な活躍をしたおじーでありました。
★10月10日
小島和哉『大一番で“エースの投球”…打線に勇気与える力投で2年ぶり2度目の2桁勝利』《THE FEATURE PLAYER》



■種市篤暉(たねいちあつき)
2017年に入団。2019年に8勝。2020年にトミージョン手術をして今年復活した男。
見事な二桁勝利でした。
私も今年現地で、種市の勝利試合を見たよ。
柿沼捕手との”柿の種コンビ”でした。
↓私の行った日ではないが3つほどよさそうな映像があったので紹介しましょう。
★4月9日
種市篤暉『”復活の時は来た” 6回無失点で3年ぶりの”1勝”』《THE FEATURE PLAYER》


★8月10日
【自己最多9勝目】種市篤暉『7回無失点…“柿の種バッテリー”で連敗止めた!』


★8月18日
【手術乗り越え7年目】種市篤暉『自身初の二桁勝利!8回1失点でチームの連敗ストップ!!』



■西野勇士(にしのゆうじ)
32歳。怪我などを経て、今年先発に転向。
2020年からの新参者ファンの私は、本年、種市や西野さんの活躍にびっくりしました。
怪我してもちゃんと戻ってくる投手おるやん!!と!
感動しました。
↓西野の見事な活躍、3つごらんください。
★4月22日
西野勇士『開幕から無傷3連勝!7回2安打無失点の快投』《THE FEATURE PLAYER》


★5月11日
【“カーブ攻め”で】西野勇士『6回8安打も無失点に抑えて今季4勝目』【ピンチしのぐ】


★8月26日
【難攻不落】西野勇士『緩急自在にバファローズ打線を翻弄…8回104球4安打無失点』



■佐々木朗希(ささきろうき)
今年前半は調子のよかった朗希でした。
しかし7月24日朗希が登板して、初回に1点失点してしまって、その後0-1のままでいった9回に、角中が劇的な代打逆転サヨナラホームランを打った日の次の日のことだった。

次の日、朗希の怪我が発表された。

7月25日の朝に私は、(ごめん7月25日の昼だったかもしれない)
「ぐわーん!昨日で今年の運を全部使い果たしてもうた!」
と思いましたよ。

案の定、8月、9月はロッテちゃん非常に辛い戦いが続いた。

でも、ま、最後はなんとか2位になったし、最後は朗希も戻って来たけどね。

↓朗希の動画4つ。
★5月5日
【ノーヒット投球】佐々木朗希『5回12奪三振』

↑この日のことは、2023年を振り返る記事でも書いたけど、ZOZOマリン球場の一時上空風速17メートルの強風の影響で、朗希のストレートがめっちゃ浮き上がりまくり、フォークが落ちまくったのでした。
私はリアルタイムで中継を見てたけど、すごかったよお!
外野の方からホームに向かって吹く風なんだよね。
しかしまあ前の記事でも書いたけど、相手の投手のカーブも魔法のように曲がりまくって、ロッテの野手も全く打てませんでしたが(笑)。12回引き分け0-0ね。(もしかしてただの欠陥球場?いえ風の演出付きの球場)

★5月28日
【82球中49球】佐々木朗希『本日のストレート平均球速=160.7km/h』


★7月12日
佐々木朗希『7回14Kの奪三振ショーで今季7勝目!!』《THE FEATURE PLAYER》


★9月10日
【最速161㌔】佐々木朗希『復帰登板…3回45球2安打1失点2奪三振』



ピンクのチャイナ服で踊っている


では、次にリリーフ陣にいこう。

■益田 直也(ますだなおや)
守護神、幕張の防波堤。
益田に限らず、他のチームでも9回に出てくる抑えの投手は『劇場、劇場』よく言われます。(例・オリの平野さん西武の増田さん)
劇場とは=塁に出して(あるいは点とられて)ヒヤヒヤさせて盛り上げて(?)、でも最後は(逆転はされずに)抑えるというね。
抑えの人は大変なんだよ!!
苦労をわかってあげてよ!!

でもまっすうは今年は劇場じゃない試合も多かったんだよな~。
三凡とか何の心配もない試合が結構あった印象なんだよな。

★5月11日
【今季11セーブ目】益田直也『劇場閉鎖…いま最も安定している守護神』


★5月30日
【最速154㌔】益田直也『岡本・大城・中田を3者連続三振』


★6月11日
【日曜劇場】胃が…『絶体絶命…それでも最後はきっちり締めたーっ!!』【パ全敗回避】


★9月27日
【プロ通算700登板】益田直也『気迫の連敗ストップ!圧巻の3者連続三振ッ!!』



■坂本光士郎(さかもとこうしろう)
去年、ヤクルトからやってきた坂本さん。
今年は中継ぎとして54登板もしてくれた。
さわむう(澤村)と南の島でトレーニングに行くと、先日二人が旅立ってゆくのをロッテ広報室のツイッターの画像で見かけました。
↓そんなさかもっちゃんの今年、私の印象に残っている試合はこれ。
↓2023年を振り返る記事でも取り上げたけど、これ!!
↓いきなり益田で始まる動画だが、坂本の動画だからね。
★9月30日
【“暴風雨“突き抜けた!!】坂本光士郎『絶体絶命ピンチも“入魂10球“で切り抜けた!』

このときは恐ろしかったライオンの猛烈なチャンテが、今見ると、逆に坂本を盛り上げる演出に見えるぜ!!
ちなみにこのあと10回にロッテはサヨナラします。


■西村天裕(にしむらたかひろ)
今年、日ハムからやってきた西村さん。30歳。
大変助けていただきました。
(さかもっちゃんといい、ロッテってトレード上手なんだよね~)
簡単な成績は前述したけど、も少し詳しくいうと44登板もして防御率1.25です。
去年ハムハムにいたときよりぜんっぜんいい数字。年俸倍増(!)だそうです。
映像は二つしか見つけられなかったけどどうぞ。

★5月までの試合いろいろ
【新天地で輝く】西村天裕『14試合を投げて防御率0.00』


★6月8日
【安定感抜群】西村天裕『1回11球2Kで“21試合連続無失点“』



■横山陸人(よこやまりくと)
2020年入団。益田先輩の跡継ぎ候補の若き人材。
2023年を振り返る記事でも書いたけど、ほんとに期待してます。
先日のアジアプロ野球チャンピオンシップにも出場し、見事に抑えましたね。(益田先輩の劇場の真似をしたが)

★7月9日
【最速153㌔】横山陸人『“未来の守護神候補“が3者凡退でうれしいプロ初セーブ!』


★7月23日
【プロ初勝利】横山陸人『着実に前進・確実に成長…未来の幕張の守護神』


★7月30日
【3者連続三振】横山陸人『剛腕でねじ伏せた…重圧かかる“同点9回”に価値ある快投』



■澤村拓一(さわむらひろかず)
以前からここで言ってるけど、さわむうが大好きな私。
さわむうの経歴は、巨人→ロッテほんの数ヶ月→アメリカのレッドソックス2年→今年からまたロッテね。
今年は途中で病気の治療などもあったことが心配でした。(なんか脳の難しそうな名前の病気。でも完治する病気)

今年はさわむうがリリーフで出てきて炎上して、逆転され(もしくは勝ち越され)、でもその次の攻撃で野手が頑張って逆転した!という試合を私は2回見ている。
(澤村としてはまったく褒められたことではないが)
↓今日はそういう怖いパティーンではないサワムーを4つほどどうぞごらんください。
↓(4つもあげちゃった)
★4月14日
【リアル金剛力士像】澤村拓一『腕組み・仁王立ち “3年ぶりセーブ”』


★4月23日
【マッスル薄氷…】澤村拓一『満塁ピンチ招くも…最後は“胆力”で抑えきる』


★5月3日
【絶叫マッスル】澤村拓一『サヨナラ危機も…気迫とパワーでねじ伏せる』


★5月11日
【安定マッスル】澤村拓一『9球で3者凡退…ストライクゾーンで勝負!』



最後!!
■ルイス・ペルドモ
今年、MLBからやってきたペルル。
ロッテがアメリカから連れてきたペルル。

しかしこの前、12月1日のロッテの保留者名簿には彼の名前はありませんでした・・・。

去年のオスナ選手のパターンと一緒で、ロッテはよい投手を外国から連れてきては、次の年に早速、ライバル球団に取られます。(まだ決まってない!アメリカに帰るのかもしれんし、結局うちに残ってくれるかもしれんし)
そんなパティーンを繰り返すロッテちゃん・・・。貧乏
でもいいもん!また来年角中がペルルから代打逆転サヨナラムラン打つもん!!(まだ決まっとらん!)

でも今年は本当にどうもありがとうね、ぺるるん。

★9月12日
【独走!ホールド王】ペルドモ『“ペルドモ”って感じの…投ゴロ+2奪三振』



ああっ!
せっかく2024年もロッテに残ってくれることになったメルル(C.C.メルセデス)の事を書くの忘れた!
ごめん!後で時間あったら書き足しとく!


で、さっき角中さんの名前が出てきたので来週は野手のことを書きますか。

本日は以上で~す!




***************


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉


↓見てほしい全記事の題名!(しかし・・・注意・ちょっと開くまで時間がかかります!!)
全記事リスト






関連記事

0Comments

コメント