タムりんと加藤さんと都志也~今年のロッテの捕手たち~

エロブログをさぼりすぎ


ブルマー姿で股を開いて座ってて、少し、そこをいじっている


ここはエロブログです。
本来、エロいことを書くブログです。
エロいことを書くことが、正しいブログの使い方です。

ですが。
なのに。
なのに、最近ずっと千葉ロッテマリーンズのことばっか書いてますね、私。

う~ん。
本当は、今日で野球のことを書くのはやめようと思ってたんですが、明日以降もまだまだ続いちゃいそうであります。

それで、そうですね。今日はロッテの今年のキャッチャーについて書きたいと思います。

その前に少し余談ですが、キャッチャーと言えば、私は部活(ソフトボールね)では、サードでキャプテンで好打者(自分でいう?)でしたが、キャッチャーをたった一ヶ月だけやったことがあります。

いつかこのブログでも書いたけど、女の子ってお股を開くキャッチャーというポジションをやりたがらないのよね。

多くの子が、人前でお股を開きたがらないのよね。
なので仕方なく、私が一時期やったのよ。

いえ、チームにはキャッチャー大好きな女の子が1人だけいたんだけど、その人のバッティング・他の調子(学業成績・素行等)(?!)が低迷したときがあった。

その女子は、監督(体育の先生)に補欠に回されてしまった。
で、他にはキャッチャーをやりたがる女子がいなかったので、私が仕方なく臨時ということでやってみたんです。

私は、当時から人前でお股を開くことは全然平気だったし、キャプテンだったから使命感もあったしね。
あとね、わしは漫画『ドカベン』(キャッチャーが主人公の漫画)のそもそも大ファンだったし。

わしはキャッチャーをやったんだよ。

そしたらよ。

投手君との練習で、
投手君達が投げるのを捕っては投手に投げ返すという練習を毎日してたら、わずか一ヶ月で私の右腕があがらなくなったんです・・・

ごはんを食べるときにお箸も持ち上げられないくらいに、私の右肩が痛んだのです。

そして、私がキャッチャーとして練習試合に出たらよ(さっきから言葉使い悪いなあ~)、対戦相手の打者が打ったチップかなんかの打球を指に当てて、私の右手の指は(人差し指だったと記憶)、第二関節から変な方向に飛び出しました。

そうなんです。

弱っちい私の肩と指には、キャッチャーはムリでした。
(体育の授業のソフトボール遠投は学年で一番だったんだけどな~)

私はサードに戻りました。

ちょうどその頃、「私がキャッチャーをやります!!」と下級生が申し出て来てくれたので、その人にやってもらうことになりました。

何が言いたいかと言うと、自分が、女子の部活でさえも全く出来なかったので、私はキャッチャーという人種を大変尊敬しておりますということなんです。


キャッチャー


それでは行こう!
今年活躍したロッテのキャッチャー3人のご紹介です!
↓パ・リーグテレビさんの映像とともに!


◆一人目!田村龍弘(たつひろ)

ロッテの正捕手・タムりん27才は、4月末に結構な怪我をしてしまいました。

私、その瞬間をテレビでリアルタイムで見てました。

西武戦でした。
三回にツーベースヒットを打ったタムりんは、2塁にいました。

次の打者の荻野がタイムリーヒットを打ち、田村は、2塁からホームまで走ってきて足からスライディングしました。

これで先制点が入ったのですが、田村はホームを随分と滑り抜けた先で、仰向けのまま大の字のままで起き上がらなくなりました。

先制点を取った喜びでふざけて寝てるのかと思ったら違った。
すぐになんかおかしい!とわかりました。
きゃあああ!タムりん!どうしたあ?!

肉離れでした。
田村はこれで6月末まで戦線を離脱することになりました。

でもこれね、見てたらわかるけど、右打者の荻野が放り出したバットが、田村が走ってくる線上にあって、それを避けるために変な走塁というか、変なスライディングをしてこうなっちゃったんだよ。

私の大好きな荻りんがヒットしたあとに放り出すバットは、いつも危ない位置にあるんです。(ホームに返ってくる走者にとって、危ない位置ね)

いや、荻野を責めてるんじゃないんだけど、荻野の放り出すバットについては、これ以外でも私は今年何回ヒヤヒヤしたことか。

でも、次の打者が意識してどかしてくれたり、そうだわ、一度、大感激したのは、シーズン後半で、主審の人がものすごい早さで荻野のバットをどかしてくれたことがあったの!!

ホームに返ってくるランナーがいたとき、荻りんが打った瞬間に、ものすごい早さで主審の人が荻野の放り出したバットをつかむと、力を込めて遠くに放り投げてくださったのです。

これには私は感激しました。

審判の仕事として当たり前のことかもしれませんが、非常に感動しました。

藤岡がホームに返ってきたときだったと思うので、9月の楽天戦かな~?と思うのですが、ハッキリしない。
その映像を(審判が荻野のバットを素早く処理してくれる映像)、ここでぜひ紹介したかったんだけど、どの試合か忘れちゃったので今日はご紹介できない~。
ああん残念。
(探しておきます)


それはともかく、田村は復帰してから、新たな加藤というキャッチャーのライバルがいたので、色々思うところはあったと思うのですが。
田村が守備や打撃で活躍したシーンを今日はお送りします。


★9月16日(木)対ソフトバンク。
1-1引き分け。

結局は引き分けなんだけど、7回裏8回裏9回裏のピンチを、ホームやサードでアウトにしたという面白い試合でした。
その中で、特に7回の投手ハーマンと田村の連携。
うまい!!
(いや、その前にワイルドピッチ?後逸?すな!って話かもしれないけど)
また、9回のホームでのアウトも熱い。



★8月29日(日)楽天戦。
無得点で迎えた9回に、田村が粘って粘って、10球目で決勝タイムリー。



★6月30日(水)オリックス戦。
宗選手の盗塁を阻止したタムりん。



★7月6日(火)。ソフトバンク戦。
田村の激走・三塁打。




◆二人目!加藤 匠馬(たくま)

6月に、中日ドラゴンズから突然トレードでやって来たキャッチャー、加藤匠馬選手29才です。

私は捕手のリードやインサイドワークのことはよくわからないのですが、加藤さんのやり方に慣れていないパ・リーグの打者たちに対して、とてもよかったように思います。

よくわからないのにこんなことを申し上げて、タムりんに申し訳ないのですが。
加藤が来てから投手たちがよくなったように感じた。

それは投手たちの調子が上がってきたからなのか、キャッチャー加藤の功績なのかよくわかりませんが。

あくまでも私の感じ方ですが、加藤さんが来てから「お。今年、イケるんじゃない」と私は、初めて思ったのでした。
それまでは、私の頭には、”首位争い”なんてなかったのにですよ。

何しろ今年の前半は先発投手があまりよくなかった。

前半は、打者たちがなんだかバカバカ打ってたので大丈夫でしたが、先発投手は明らかによくなかった。
(シーズンの最後のほうは逆かな?
先発投手がよくなって、打つ方がダメになってきた)

↓そんな加藤捕手について、色々ごらんください。


★9月14日(火)。対ソフトバンク戦。
以前に中日にいたロメロ投手と加藤のドラゴンズ・バッテリー!



★平素は打撃があまりよくない、加藤選手のかっこいいホームラン二発!
①9月29日のオリックス戦ツーラン。



②10月15日ソフトバンク戦の同点ホームラン。
マー様に借りた黒バットか、マー様の黒バットにあやかったのかのか、私は忘れちゃったんだけど、その黒バットに感謝をする加藤選手の姿にに涙が出ます。




★加藤の強肩が走者を刺す!!2発!
①8月24日(火)日ハム戦。



②8月20日(金)ソフトバンク戦。





◆三人目!佐藤都志也(としや)

佐藤都志也23才。
ファンの間では『トシ君』と呼ばれることがあります。
それは、漫画の『MAJOR(メジャー)』の主人公(投手)の親友であり、主人公のライバルでもある、登場人物のキャッチャー”佐藤寿也”(あだ名=トシ君)と同じ名前(読み)であるからです。

(↑MAJORの説明これで合ってる?私、MAJORの単行本って数冊しか持ってないんだ)

佐藤都志也選手は、第二、第三?捕手。

そしてシーズンの最期の方では(誤字ではない・今年のロッテの最期の方)、キャッチャーとしてよりも、打つ方で目立った。

ファンの間では、
『佐藤は捕手じゃなくって、他の守備位置にコンバートして打撃に専念させろ!!
みたいな意見もあるし、
『いやいや、佐藤は長い目で見て、打てる捕手を目指せ!!
などの意見もあります。

ちなみに、トシ君ご自身は、絶対に捕手でやりたいみたいです。


↓今日は、そんなトシ君の打撃をお届けします。


★11月12日(金)クライマックス・ファイナル・オリックス戦。
7回に代打。
なんとマーティン様を本塁に返すという、同点タイムリーを打つ佐藤都志也!!



★11月6日(土)クライマックス・ファースト・楽天戦。
9回に代打でサヨナラを決めた佐藤!!
(↓あわせて、上空からのマリンスタジアムの美しい映像もごらんください)



★8月21日(土)ソフトバンク戦。
9回に代打で2ランホームランを打つ佐藤選手。



★5月19日(水)オリックス戦。
田村がいないので佐藤がスタメン捕手をしつつ、4回に勝ち越しタイムリーを打つ。




今日のこのブログでは、各選手のインタビューまではご紹介できませんでしたが、既存のロッテの捕手二人は、加藤さんが来たことによって刺激を受けて、なんか燃えている感じがインタビューなどの中にかいま見えたりします。

とにかく来年も三人とも頑張ってください!

本日は以上です。



※おまけ※
グッズ化された佐藤選手の描いた絵
佐藤の絵



※12月15日追記
自分のスコアブックを見直したら、私が感動した主審さんがわかりました。
荻野のバットを遠くに放ってくれたのは、深谷球審でした。
9月30日(木)のオリックス戦の三回裏でした。
ホームに帰ってきたのは岡だった。

↓この動画の最後の方見てください!
https://twitter.com/chibalotte/status/1443508748299821059


***************


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉


↓見てほしい全記事の題名!(しかし・・・注意・ちょっと開くまで時間がかかります!!)
全記事リスト




関連記事

0Comments

コメント