Welcome to my blog

セックスのあと、態度が変わる人

huugetu

huugetu

セックスした後、豹変する男


花柄上下下着 膝をついて片手を下に
エッチのあと急に偉そうになる男、実は結構好きですよ。

女性のみなさん、えーっ??!!と言うなかれです。

エッチした途端の男性の態度の変化があまりに目に余るようなら、昔からよくあるセリフ
「一度寝たくらいで、オレの女扱いしないで」
とか言えばいいんですし。

そこまでひどくないなら、なんかかわいくないですか?

というか、なんかゾクゾクしませんか?

毎日の生活の中で、私はなんとなく毎日、強気でいるときと、おだやかでいるときなど色々ありましたが、必要以上に強気にふるまっていた時期がありました。

強気の女の私に、負けじと口論とか喧嘩みたいなことをふっかけてくる男性もいましたし、逆に、ちょっと腫物をさわるように私に接してくる男性もいました。

後者の男性は、何か意見の食い違いがあったら
「わかりました。わかりました」
的に私の言うことをきいていた。
あまり、言い合いにならないように気をつけているようでした。

気が強い私とぶつからないようにしているようでした。

私、本当はおおらかなO型なのですが。

親しくなる前は、その人は私のこと『絶対、ワガママで攻撃的なB型だと思っていた~』(すいません。B型のみなさん。ほんと失礼。血液型占いなんて嘘ですよ)と言っていました。

でも私と衝突しないようにして、私に遠慮をしていても、時々、たぶん、本当に自分の考えを通したいときは、その人はちゃんと主張することもありました。

そういうときは、普段の逃げ腰の姿勢と異なって、しっかり私の目を見て、言葉を駆使し、なんとしても私を説得させようとしているようでした。

一回、話が終わっても、あとで何回もやってきて話を持ち出したり、何日もかけたり時間をかけて私に説明を繰り返したり。

実は、私にとっては、そういうとろこが好感度大でした。


なぜかというと。

私は仕事では、大変ワガママな強気のB型タイプなのですが(ごめんなさい!たびたび、B型様!!)、実生活では違うのです。

仕事ではなんとか無理してがんばっていましたが、実生活などでは、自分の意見をひっこめてしまい、相手に妥協しやすいタイプなのです!

実生活では、私は本当に押し通したいときでも、ちょっと反対意見にあうと、ひっこめてしまうような人間でした。

でも、それは遠慮がちな謙虚な性格というわけでもないのです。

ただ、ただ、努力が苦手なのです。

実生活において、違う意見の人との交渉とか、意見のやりとりが、めんどいんです!!

遠慮深いのではなくて、意見の対立相手と、わかり合うように頑張ろうという努力がめんどいんですわ!

なんか、とことん人とやりあい、何かを乗り越えるということが苦手なんです。

だから、私は実生活では、弱気で、とことんやらないで、どんどん回避しちゃうというか。

言葉を重ねるのがめんどくさいというか。

めんどくさいから逃げてしまうのですね。


なので、この人みたいに面倒臭がらずにいろいろ丁寧に自分の押し通したいことを通すために手を尽くす人がすごいステキだと思っていました。

で。

その男性が私とエッチをしたとたん、今まで、私に譲ったり、対立するときは丁寧だったその人が、急に若干、偉そうになったのですね。


翌朝、朝エッチも終わって、ゆっくりお風呂に入った私が出てくると、私への呼び方が変わっていました。

「○○、なんか飲むか?」
と、急に呼び捨てになっていました。


ま、それはいいとしても。


ベッドの上でバスタオルのままで氷水を飲みながら、世間話で、何気なくちょっとどうしようかと迷っている仕事の案件を口にしたら、それについていろいろ彼は自分の意見を述べてきました。

それはありがたいのですが、その言い方が今までと違いました。

「君は、意外にアホなんだからよく考えたほうがいいよ」
みたいなことを言われました。

もっとひどいことも言われた。
「君は自分が思っているほど頭よくないんだから」

セックスした途端に、私に遠慮がちだった男が急に上から目線?

氷水を横に置いて、ちょっと考えてから、私はつい言ってしまいました。

「何で、急に態度がL(エル)になっているの?」


(態度がエルとは、態度が大という意味です。そのころ私のよく使っていたはやり言葉。デスノートのLじゃないよ。デスノートの存在するずっと前の話です)


「そんなことないよ。」
と彼。

そして
「その言い方も、それもなんか気にさわる言い方だな~?」
とその人はいいました。


あ、怒ったかな。
この人いろいろ強気になってきたなあ~。
と考えながら私が黙っているとその人は近寄ってきました。


さっきのやりとりにはもう触れずに
「もう一回しよ」
とその人は言いました。

「んー。もういい」
と私は言いました。

でも彼は後ろから手を回して胸を触ってきます。

「いや」
と私が言って、体をよじっても、彼はさわり続けます。

「やめて」

彼はひっこみません。

私は押し倒されて押さえつけられました。

彼は、もうたぶん、何をどうしたら私が大人しくなって、自分の言いなりになるかをよくわかったんだと思います。

彼に身体をいじられているうちに、気が付いたら私は
「あんあん」
言ってしまっていました。

感じやすい胸をたくさん触られて、舐められて、吸われて、気持ちよくされてしまってから、彼の手が私の股間の方に伸びます。

でも、彼は、なかなか私の股間の中心部を触りませんでした。

足の付け根とか周辺を撫でています。

股間の一番、感じる中心部を触りそうで触りません。

きわどく、周りを撫でています。

(『やりおるのう』by 今の私・・・・・・きゃ-やめて!その言い方!エロムードを壊す。すいません!)

じらして、気分を高めて、私の方から「触って~」と言わせようとしているのでしょうか?

さっき、少し、生意気なことを言った私への意地悪でしょうか?

女性器の肝心な部分は触れずに、周辺だけを触りながら、彼は私にキスします。

キスをくり返しながら、私の目は見ずに
「オレのこと好き?」
と彼はききました。

私は返事しませんでした。

かなりじらされて、我慢できなくて私は自分で腰を動かして、自分の触ってほしいところを彼の手の方に持って行って近づけてしまいました。

彼はやっと私の女性器の突起部分を触り始めました。

その途端に私の中にどーっと快感が押し寄せてきました。

触れられたとたんに
「あ~~~」
と 長く声を出してしまいました。

彼はどんどん私の敏感部分を撫でまわします。

私は、快感でどうにかなりそうでした。

気が付くと私は
「あ~ん!好き~!!」
と言っていました。


今、考えると彼が私とセックスをした途端に変わったわけじゃないのかも?

強引に見えなかった男性が(見抜けなかった)実は、仕事でも本当に通したいことについては強引であったのかも。
そして、結局、セックスでも強引だったってことだけなのかもしれません。

で、私が屈服させられただけって話かもしれません。

彼が変わったわけではなく、今までも私はいつも彼の思いどおりになっていたのかもしれません。

あと大人になった今の私から、このときの私に向かって一言。

いくら暑いからってお風呂のあとバスタオルでずっとうろうろしているのってのも、
その恰好で仕事の案件を相談し始めるのっても、
『セックスした途端に、急に色気のなくなる女』
認定だぞ。


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉



関連記事
最終更新日2019-03-17
Posted by huugetu

Comments 0

There are no comments yet.