Welcome to my blog

エッチな孤島リゾート⑥

huugetu

huugetu

ダイエット民がキャンプ民を部屋に連れ込む


青いテカテカの下着をまくり上げてお腹や青いパンツを見せている
★前回までの話はこちら➡エッチな孤島リゾート①  エッチな孤島リゾート② エッチな孤島リゾート③  エッチな孤島リゾート④  エッチな孤島リゾート⑤ 


”元・セックス婚活の会の社長”が、新たに始めた孤島のリゾート。

”セックス婚活の会”によって結ばれたR男さん夫婦は、3泊4日の日程で、この孤島に招待された。

3日目の午前中までは、平和だった。

朝、R男夫婦は、社長の娘さんの話をきいた。
ここの商売の成り立ちについての話や、娘夫婦と従業員が愛し合っている話などをきいた。

社長の奥さんは、この日の午前中は、あまり食事をしてくれなくなったR男夫婦の代わりに、体調を崩した(フリをした)ダイエット客Cさんのために、厨房で腕をふるっていた。

Cさんは、部屋にキャンプ男性を引っ張り込み、セックスをした。

********

「うわ。中はこんなに綺麗だったんだ?
こんな格好で入ってよかったかな?」
汚れた服装のキャンプ男は、Cさんの広い綺麗な客室を見て、そう言った。

「ふふ」

「実は、風呂に入りたくてたまらなかったんだ。
ありがとう」

「お風呂の間に私が、服を洗濯してあげるわ」
「そんなことまで?」
「構わないわ。慣れたものよ。
こっちは、毎日屋敷中のシーツやら洗濯をさせられていたのよ」

******

風呂から上がった男は、バスタオルを体に巻いて出て来た。

「お洋服の乾燥機、もう少し時間がかかるわ。
待ってて」

Cさんは、大きなベッドに寝転んでいた。
さっきの服と違った。
青いテカテカ光った下着姿だった。

ふくよかなお腹と太ももがむき出しだった。

男は、ベッドに近づいた。

「うふふ」
Cさんは、甘えるような誘うような目で男を見上げた。

男は女性に飢えていた。
キャンプ民にもっと女性がいて、そこで出会いがあるのかと思ったけど、今日までなかった。

男は、バスタオルを捨て去り、Cさんのふくよかな体に飛びついた。
体を擦り合わせると、Cさんの体は柔らかくって、かつ弾力性もあって、とても気持ちよかった。

「ああ!気持ちいい」
「うふふ」

男がCさんのテカテカのキャミソールを脱がすと、たわわなおっぱいが現れた。
”乳房”という感じではなかった。
”ザ・おっぱい”だった。

男はCさんのでかいおっぱいにむしゃぶりついた。
顔を張りのあるおっぱいにこすりつけた。
「あん♡」

Cさんの少し大きめの乳首を口に含んでチュバチュバすると、Cさんはあんあん言った。

大きなおっぱいをまさぐり、乳首を吸いながら、男は片手をCさんの股間に持っていった。

青いテカテカのヒモパンは小さすぎた。
Cさんの腰に、申し訳程度についていた。
ヒモパンはCさんの股間に食い込み、アソコの周りの肉がはみ出ていた。

男は、テカテカのヒモパンに手を入れ、指でCさんのアソコをまさぐった。

Cさんの体はビクンとした。
「ううん!」

もうヒモパンのお股部分は湿っていた。
男の指がクチュクチュとCさんのアソコをいじる。
「あはああん♡」

そこをもっとグチュグチュにした後、男は体を起こした。
Cさんのヒモパンをずりおろし、パンパンに張りつめたな太ももをこじ開けた。

そして透明な液体を垂れ流す中心部分に自分のモノをあてがった。

Cさんの中に挿入するときに、男は包み込まれるような吸い込まれるような感覚を覚えた。
Cさんの中には、たくさんの脂肪とたくさんのヒダがついていた。
暖かい弾力性のある壁は、男のモノにまとわりつき気持ちよく圧迫した。

「うう、ああ!
なんていうか、
こんなに充実したアソコは初めてだよ」

男は、Cさんの上に乗るようにしてピストン運動を開始した。
少しCさんのお腹が邪魔だったけど、大丈夫。
男は割と巨根だったのだ。
思い切り、Cさんの中に突っ込んだり、引いたりした。

ヌチュッ、ピチュッ、チュルッ
そんなような音を立てて、男は腰を振った。

Cさんは喜びの声を上げた。
「あああん!
あ~ん!」

今日は、食欲も満たされて、性欲も満たされてCさんは幸せだった。
「ああ〜ん、あああん
もっとお~!
こんなのはじめてええ~」

Cさんは体を震わせ、大きなおっぱいを揺さぶった。

男はCさんの中を激しく突き、腰を動かし続けた。


青いドレスでいどみかかかるような体勢


Cさんが楽しんでいるとき、他のダイエット客たちは、通常のメニュー、つまり早朝ランニングや、質素な朝ご飯や、屋敷の家事労働などをこなしていた。
その後は、ビーチで運動をする予定だった。
普通の日常だった。

孤島


社長の娘の身の上話をきいたあと、R男夫婦は屋敷を出て、またテント民たちを見て回った。

あちこちには、相変らず孤独なキャンプを続ける男性客たちがいた。
黙々と火を炊いたり、枝を集めたりしていた。

しかし、昨夜ダイエット客たちとセックスした人たちは、機嫌よかった。
「彼女たち、今夜も来てくれるかな?」
そんなことを言いながら、テントの中の寝床をより快適に整えるべく、工夫していた。

おデブ男性を抱いたデブ専の男は、石鹸やシャンプーやタオルを持って海に入っていた。
「彼のために体を綺麗にしておこう」


R男夫婦が縁を取り持った男女カップルのテントを訪れたとき、女性キャンパーは言った。
「R男さん、奥さん、ブランチ食べて行きませんか?」

R男夫婦は、釣り人が座るような小さな椅子を勧められた。

R男夫婦の目の前に置かれたガタガタのアルミ製のテーブルの上には、海で冷やした缶ビールや、クラッカーの乗った紙皿や、ペーストの瓶や、ジャムの瓶や、アンチョビの瓶などが置かれた。

男性キャンパーは、自作の”簡易かまど”の上にフライパンを置いた。
「今、トマト缶と、ここで穫れた魚介と、米を使って、美味しいの作りますね」

簡易かまどは、煙を上げた。
フライパンはジュージューと美味しそうな音を立て、いい香りが辺りに漂った。

R男さんの奥さんは、言った。
「あ~!美味しそうねえ」

小さな椅子に座ったR男さんは、スマホを取り出し、屋敷のキッチンに電話した。
「社長の奥さん、すいません。
僕らの今日の昼食はご用意していただかなくて結構です」

キャンプカップルに御馳走になったあと、R男夫婦は、今度は島の東の方を見に行った。

「釣れますか?」
R男夫婦は、岩場で魚を釣っている二人の連れのテント男性客に話しかけた。

「いやね、今日は早朝びっくりするくらいたくさん釣れたかと思ったら、今は全然なんですよねえ~」
「やけに波が荒れて来たねえ」

確かにそうだった。
R男夫婦が見ても、海面は昨日までの穏やかな感じではなかった。
なんだか濁っているし、波も強かった。

今日は、空も、快晴の昨日とは異なり、曇りがちだった。

そのとき、社長息子が向こうから自転車でやって来るのが見えた。

社長息子は、自転車を平らな場所に置くと、大声で叫びながら岩場の方にやって来た。
「R男夫妻!
皆さん!
もうすぐ嵐が来ます!
屋敷に戻ってください!」


青いスリップをおなかまでまくり上げて青いパンツを見せながら膝で立っている


R男夫婦は、社長息子の仕事を手伝うことにした。

北東のソーラーパネルのそばの小屋に置いてあった自転車に乗って、2人は島中を走った。
島のあちこちでテントを張っている16名の客たちに、危険が近づいていることを知らせるためにだ。

「テントを撤収してください!
すぐ建物の方に引き上げてください」

社長息子とR男さん夫婦は、サバイバル客たちの名簿を手にして、島の北、西、南などに散り、携帯電話でやり取りしながら、島のあちこちにいる人々に避難するように伝えて回った。

「もしもし、社長息子さん!
南側で顧客ナンバー6のお客さんの佐藤さんを見つけました。
佐藤さんは今、テントを片付けて屋敷に行く準備をしてます」
「R男奥様、ありがとうございます。
僕は、西側は一応、ほとんど見た感じです。
顧客ナンバー2の山田様、7の鈴木様、10の田中様にはお伝えすることができました」


そんな中、R男さんは、島の北方面で困ったテント民に出会ってしまった。

「嵐が来る?
それはいい。
僕は一度、本気で自分の力を試してみたかった。
あっちに小さな洞窟みたいなところがあったので、今夜嵐の中、僕は頑張ってそこで過ごしてみる」

嵐が来ようと、どうしても屋敷に行かないという客がいたのだった。

困ったR男さんが、社長息子に電話すると、
「それは困りましたね。
わかりました。
その人のことは、後で僕が説得します。
今は、R男さんは他の人に当たってください」
と息子は答えた。

だんだん、孤島の上空を風に乗ったどす黒い雲がしめてくる中、15人のサバイバル客がテントをたたんで、屋敷に向かう準備をし始めた。


R男さんの奥さんは自転車で、ビーチバレーをしている社長の娘婿とダイエット客たちのところに向かった。

社長の娘婿は、大声を出しながら、自らも砂まみれになり、ビーチを走り回って、客たちをしごいていた。

「おらおらおらああっ!!
もう、一本いくぞおおお!」


そんなことをしていたので、社長の娘婿のスマホはそこらへんに置き去りで、社長の息子さんからの『嵐が来襲』の連絡が伝わらなかったのだ。


R男さんの奥さんは、社長の娘婿に負けないような大声で叫んだ。
「ストップ!!
スト~ップ!!
もうすぐ、嵐が来るそうで~す!!
引き上げでくださ~い!!」


R男妻のその声に、砂浜でヘロヘロになっていたダイエット客たちは、歓声をあげた。

「やったあ!」
「これで特訓終了ね!」
「嬉しいッ!今日は休めるうう!」


青いテカテカの下着で色っぽく横座りしている


その頃、屋敷でも嵐対策の準備が慌ただしく行われ始めていた。

社長は、サンルームでAさんと話していた。
「もしも、T県から来ている電気・ガス・水が途絶えてしまう可能性も考えて、生活インフラについて教えてくれ。
どれくらい持つものなのか?」

「はい。
まずは電気のこと。
三階の自家発電機ですが、昨日、(社長の息子)に言われて、燃料の補給や動きを確認しておきました。
石油で動く発電機と、LPガスで動く発電機と、プロパンガスで動く発電機の3種類があります。
どれかが断たたれても、48時間くらいは大丈夫なように。
また、島の北東にあるソーラーシステムも、嵐が去った後、晴れてさえいれば、T県からの電気が長期間復旧できない場合に役にたちます。
次に生活のための水ですが・・・」


厨房では、社長の奥さんとメイドちゃんは、食べ物を点検をしていた。
元からあった備蓄品と、昨日AさんがT県から買って来た物を並べた。

飲料水のペットボトル。
ジュースの瓶や、酒の瓶。

また、電気やガスがなくても、冷たくても食べられそうなものを確認した。
ビーフシチューの缶詰、コーンスープの缶詰、オニオンスープの缶詰。
牛肉や、鯨煮や、コンビーフ、ツナ、イワシの缶詰。
果物の瓶づめ。
ポテトチップやクラッカーやパンの缶詰。

カセットコンロと、それに使えるボンベも数組だけはあった。
それで茹でられそうな、カップ麺と、そーめん、スパゲティ、そば、うどんの乾麺。

「これでもし、数日くらい嵐が続いても、みんなのお食事は大丈夫かしら?」

次に二人は、大量の料理を作ることにとりかかった。
「今日、明日食べるものも用意しておきましょう」

メイドのBちゃんは、米を炊き、大量のおむすびを握ることにした。
社長の奥さんは、冷蔵庫にある生の食材を加工しておくことにした。
奥さんは日持ちのする煮物を作るべく、キッチンの棚の奥から大鍋を出して来た。


ダイエットのコーチ陣(社長の娘婿と、社長の息子嫁)は、今朝Cさんが連れ込んだ男性サバイバル民の指導を受けながら、屋敷の庭や、敷地にある畑に対して台風対策を行った。

もちろん、コーチの支配下のダイエット客たちも動員しての作業だった。

彼ら彼女らは、屋敷の一階のたくさんの窓ガラスに対しても、強風対策をした。

Cさんとセックスした男性キャンプ民は言った。
「この建物は島の中でも高い場所にありますが、一応、土嚢も用意しましょう。
今から作り方を教えます」


今、屋敷にいる人だけで、みんな力を合わせて、嵐の準備をしていた。

社長の娘だけは、自分には明確に所属するポジションがないし、こういう時の知識もないし、どうしていいかわからず、オロオロとみんなの周りをさまよった。
(キッチンの作業でも手伝おうかしら?)
娘がそう思ったとき、社長から娘の携帯に電話があった。

「おまえは、もうすぐ屋敷にいらっしゃるテント民のお客さん方16名の部屋割りを考えてくれ。
ここに客室は9室しかない!
この館のどこのスペースにどなたを泊めるか、考えてくれ」


青いテカテカの下着で黒いハイヒールを脱ごうとしている


社長の娘は、1階の玄関横のロビーのテーブルに座り、この建物の間取り図を見ながら考えた。

「今、この家にはこんな感じで部屋がある↓」

屋敷合体ミニ



「一方、客室の個室はこんな感じ↓」

客室
「小さな机と椅子をソファの横にずらせば、結構な空間が出来るわ。
テントのお客さんの大きな荷物はそこに置けそうだわ。
そして彼らには、ソファに寝てもらいましょう。
彼らは痩せているから、キングサイズのベッドは必要ないわ」

社長娘は一人でそうつぶやいた。

「これで、9室の客室に9人のテントのお客さんを割り振れる。
R男さん夫婦の部屋にも、もちろんお一人入ってもらうわ」

これで16人のテント客のうち、9人はさばける。

「残りの7人はどうしましょう?
そうだわ。
一階の無駄に広いサンルームに荷物とともに、3人泊まってもらいましょう。
あと三階のリビングにも2人泊まれる」

残りはあと2人だ。

「三階のAさんとBちゃんの部屋も客室とほぼ同じ作りだわ。
そこにも一人ずつ、同居してもらいましょう」

これで、テント民が寝る場所が全部決まった。
社長の娘は、自分のこの案に満足した。

そこに、社長の息子と、R男夫婦が自転車で帰って来た。
もう小雨が降って来たようだった。
3人はうっすら濡れていた。



次回に続く
エッチな孤島リゾート⑦ エッチな孤島リゾート⑧  エッチな孤島リゾート⑨


***********


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉


↓見てほしい全記事の題名!(しかし・・・注意・ちょっと開くまで時間がかかります!!)
全記事リスト



関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー?
No title

小さな島に嵐って怖いよなあ😵
アソコが濡れた音ってめっちゃしやらしく想像してしまう😉







huugetu
huugetu
Re: No title

楽しい(?)リゾートが、とんでもないことに!