理想の婚外セックス⑤

huugetu

huugetu

森林でサバイバルセックス


派手なピンクと紫の間のようなパンツを穿いてる股間

★これまでの話➡ 理想の婚外セックス      


ホテルのチェックアウトは、AM10時半だった。

散らかった部屋を片付け、6人の女性はホテルを出て、美味しい物の街へ出た。

独身時代からこのホテルを利用していた菜緒は、この時間でも開いている店へ皆を連れて行った。

そこは、朝から様々な美味しい定食を出してくれるお店だった。

A子は、鯵の焼魚定食。
B子は、天ぷら定食。
C子は、刺身定食。
E子は、ハンバーグ定食。
F子は、鳥の唐揚げ定食を注文した。

菜緒は、冷ややっこ定食を注文した。
「なに一人でダイエットしてんのよ!」
と、皆につっこまれながら反論しながら。
「いや!ここのお豆腐、マジで美味しいんだってば」

「自分で魚焼くと、グリルの掃除とかめんどくさいから、あんまりやらないんだあ。
だからこういうところで美味しいのを食べるの」
とA子は言った。

「主婦でもそうなんだあ。
あたしは一人暮らしで揚げものなんてそれこそやんないから、揚げものにしたよ。
うっわ、この天ぷらめちゃくちゃ美味しい!」
と、B子は言った。

F子は、
「私は魚、結構やるんだけど、唐揚げおばあちゃんが嫌いなんで、あんまり食べられないので今日はこれ!」
と言った。

海なし県に転勤中のC子は、刺身定食を食べつつ、E子にきいた。
「ねえ、E子は彼氏にこういう料理作ってる?」

E子が、
「うーん?
彼がよくパスタは作ってくれるけど。
私は、カレーの一本やりかな?」
と言ったので、みんなは笑った。

ここで菜緒は、思いきってE子にきいてみた。

「ねえ?E子はD子と同じ会社でしょ?
D子って彼氏できたの?」

E子は、鉄板の上のアツアツのハンバーグを割りばしで切りながら、菜緒の方を見ずに、鉄板を見つめたまま速攻でサラッと答えた。
「いないみたいだよ」

その”速攻過ぎ”が、逆に菜緒には怪しく思われた。

F子が、唐揚げを頬張りつつ、追い打ちをかけた。
「そうかあ。いないんだあ。
昨日帰っちゃったのは、彼に会うためなのかなあと思っちゃったんだけど」

ここでE子は、あきらかに動揺した。
E子はハンバーグを切るのをやめ、F子の方を見た。

そして必死でD子をかばった。
「ないないない!!
今日の休日出勤のためだと思うよ!
ヨレヨレのスーツなんていやだし、一旦家に帰りたかったんだよ、きっと。
D子の部署、いつも超忙しそうだもん」

その必死さが、むしろ怪しかった。


一行は、定食屋でのブランチを食べたあと、解散した。

皆は地方に帰るC子に
「元気でね」
「今度、そっちに遊びに行きたいわ」
などと言った。

帰る方向が同じだった主婦A子と菜緒は同じ電車に乗った。

菜緒は思った。
C子は上野の動物園で、菜緒の夫、K太を見たと言っていた。
A子は本当に見なかったんだろうか。

しかし、夫の趣味とかけ離れた動物園。
土日は趣味に夢中のフリをして、K太は、子持ちの中年女性と遊んでいたのか?

水槽の中でピンクのパンツで踊っている


「昨日、動物園どうだった?
私も久しぶりに行ってみたいもんだわ。
猿山とか見てて飽きないもんね」
と菜緒はA子に言ってみた。

A子は思いがけないことを言った。
「そうなんだ?菜緒も”猿派”?」

「は?」
と菜緒は思った。
なんですか、猿派とは?

A子は続けた。
「私は、上野動物園では白熊が好きなの。
白熊をずうっと見ていたいのよ。
でも猿派の人も多いよね。
C子がさあ、猿をずうっとじっくりみたいって言うから、動物園で30分だけ、別行動したんだよね。
私は、その間、白熊をずっと見てたの。
白熊が泳ぎ出すまで見てたんだよ」

「そうなんだ」
なんだ。A子は猿山を見てないのか。
と、思いつつも菜緒は、少し心に何か違和感を感じた。

K太と中年女性を猿山の前で見たと言ったC子。

*******

菜緒は、正午ジャストくらいに家に着いた。

K太は帰っていなかった。

まあ、夫婦の約束、『土日は遊んでも、日曜の午後には必ず家に帰って来る』は、何となくPM13時という暗黙の了解があった。

独身時代に菜緒とK太は、いつも、美味しい街では日曜12時に別れていたので、家に着くのは13時ころだったからだ。

荷物を片付けながら、菜緒はK太の帰りを待ちながら考えた。

(なんと言って問いただそう?
サラッと普通に『動物園に行ったんだって?』と訊くか。
『趣味のために家を空けていると思ったけど、中年女性と付き合っていたの?』
と、ストレートに、しかしふざけた雰囲気で、訊くか?)

菜緒は、心地よい部屋着に着替えながら考えた。
(あんまり、最初から疑った感じはやめた方がいいわよね。
だって、そもそも、K太がわざわざ、子持ちの人と付き合うか?
でもなあ。
あの人、可愛かったなあ。
確かに、K太は年増好きの要素が少しあるし)

そう、K太は以前、菜緒と一緒にテレビを見ているときに熟女の芸能人を見て、『この人、子供の頃からずっと好きなんだ』と言ってたこともあったし。
菜緒は、自分の心臓がドキドキしてきたのがわかった。

(ダメだ。
K太の顔を見たら、何かひどいことを言ってしまいそう。
落ち着け、私。
明るい感じで、何気ない素振りで、冷静に問いたださないといけない)
と菜緒は自分に言い聞かせた。

K太は、午後1時の少し前に帰って来た。

「ただいまあ!
菜緒も帰ってたかあ!」

K太は靴を脱ぐと、菜緒に飛びついてきた。
「なんか久しぶりい!」

K太は菜緒を抱きしめた。
「うふうふ。
なんか懐かしい~」
と言いながら、嬉しそうに菜緒を抱きしめた。

「たった2泊3日会わなかっただけで・・・」
と菜緒は言いかけて、でもそこで涙が出てきてしまった。

K太は、菜緒の顔を見て笑いながらも驚いた。
「どうしたの?
なんで?なんで?
なんで泣いてるの」

菜緒は、泣きながらストレートに言ってしまった。

「どうして、女の人と動物園に行くの?
うそつき!
K太の趣味と動物園なんて関係ないじゃん!!」

ソフトクリームの上に立ってるピンクのビキニの人

K太は、自分のスマホを出して来た。

そこには、上野動物園の猿山の前で、おじさんたちや若い男の子たちや、子供数人とK太が並んでいる写真があった。

「え?!」
菜緒は声を上げた。

K太の見せてきたもう一枚の写真を見ると、今度は動物園の売店の前の屋外の広いベンチで、K太や多くの人が焼きそばやら、サンドウィッチやら、ホットドッグや、ソフトクリームを食べている写真が出てきた。

そのベンチには、イケテナイおばちゃん普通の年配のご婦人も数人座っていた。

ベンチの端には、菜緒が昨日C子に見せられた写真の『垂れ目の可愛い熟女』がギリギリで座って写っていた。

「ええっ?!!」
と菜緒は、さっきより大きな声をあげた。

昨日、C子に見せられた写真とあまりにも違いすぎる!!

C子が見せてきた写真は、仲がよさそうな、K太と、大きな垂れ目の可愛い熟女と、子供の3ショットだった。

菜緒は目をまん丸にして、K太の顔と、スマホの写真を見比べた。

K太は説明した。
「これ、趣味の会の人たち。
俺たちって山を駆け上ったり、森に隠れている敵を銃で打ったりするサバイバルシューティングゲームをやってるでしょ?
そのゲームのために、一度、猿の俊敏な動きを勉強しようって話をふざけてしていたら、じゃあ動物園に行こうって盛り上がって、ご家庭持ちの人がご家族まで連れて来てさ、上野動物園ツアーになっちゃったんだ」

菜緒は、安堵というか、脱力して、クタクタと床に座り込んだ。

K太は言った。
「菜緒、人形町に行くって言ってたけど。
あの水天宮のホテルに泊まるって言ってたけど、上野動物園にも行ったんだ?
女7人で集まって、わざわざ動物園に行ったの?」

******

泣いてしまうまでに感情が高ぶっていた菜緒は、真相を知って脱力して安堵して、K太とセックスした。

しかし、セックスの後。

朝から、度々感じている違和感が浮かんできた。

自分の心に浮かんでくる謎のモヤモヤ感が拭えなかった。

K太は、あの可愛い目をしたぽっちゃり中年女性とは、浮気はしていない。
していないのは、恐らく間違いない。

自分も会社の柴田と浮気してない。
これはホントに間違いない。

でも、胸に湧いてくる黒い雲感。

K太が寝た後に、菜緒はこっそりK太のスマホを見てみた。

さっきの動物園の写真をもう一度ながめた。
何枚かめくってみた。
みんな楽しそうだった。
見ているうちに、菜緒はだんだん明るい気持ちになってきた。

菜緒が微笑みながら写真をめくってゆくと、今度は山でみんながシューティングゲームとやらをやっている画像が出てきた。

「あは。よくやるよね~」

何枚も何枚も写真がでてきた。
「あ、これは、K太が海なし県に行ったときのやつだ」

半年ほど前に一度、菜緒を置いてK太が地方の山にゲームをしに行ったときの写真も出てきた。

何枚かめくったときに菜緒の心臓は、止まるかと思った。

迷彩服などを着たサバイバルっぽい男性の皆さんが、一列に並んで撮った写真の中に、女性が一人いたのだ。

それは、C子だった。

大股開き


(以下、その夜見た、菜緒の悪夢)

C子とK太が、まぐわう。

山の森林の中でまぐわう。

草の上に迷彩柄のシートを引いた上で、C子は大股開きにされていた。
鳥のさえずる声が聞こえる森林の中で、C子はK太によって大きく脚を広げさせられていた。

C子の股間は丸見えだった。
迷彩柄のズボンは、はぎとられたあとだったようだ。
迷彩服の上着だけは、半分だけ着ていて、下半身はスッポンポンだった。

C子の薄い毛の生えた股間。
K太に両脚をもたれて、そこを大きく広げられると、薄ピンクの突起部分や、赤茶の穴も見えた。
C子の赤茶色の穴は、濡れていた。
愛液が、ぬめぬめと光っていた。

迷彩服の上着の前のボタンは開けられ、C子は乳房をさらけ出していた。
K太がグイグイとC子の股間を押し広げると、C子の乳房は揺れた。

K太は右手でC子の左の乳房を掴むと、乱暴にもみながら、自分のカーキ色のズボンの前のジッパーを開けていった。

C子は、目をギュッとつむり、顔を左右に揺らして、
「あ・・・んん・・・や・・・いや・・・ダメ・・・」
と少しだけ抵抗をしていた。

K太は、自分の肉棒をカーキ色のズボンから取り出すと、C子の股間に押し付けた。

「いやあ~だめ〜!」
C子の唇からそんな声がこぼれた。

K太の肉棒は、C子の穴の周りを数回擦ったあと、真ん中に突き立てられた。

「いやああっ!」

そしてK太の肉棒は、C子の膣を押し広げながら、ズブリッとそこに、めり込んで行った。

その衝撃にC子は、一度全身を大きく震わせたあと、
「あああ!だめ!ダメ!
菜緒を裏切ってしまうことになるわあ!」
と叫んだ。

K太は、ハアハアしながら、いやらしい顔をしながら言った。
「動かさないから大丈夫だよ」

「いや・・・いや・・・」

K太は、C子の奥にズブズブと入り込みながら、
「動かさなければセックスにならないよ。
入れただけなら大丈夫。
浮気にならないよ」
と、謎の理屈をほざいた。

しかし、K太の棒が、C子の中に完全に収まったあと、数秒後にK太は腰を動かしだした。

「いや、いや、いや」
と小さい声を繰り返しながらも、ガクンガクンと身体を揺らされるC子。

K太は構わず激しく、腰を動かした。
K太の肉棒は、C子の穴の中を出たり入ったりした。

C子は乳房を振り乱し、身体を激しく動かした。

下に敷かれた迷彩柄のシートはグチャグチャになってしまった。

「あん!あん!あん!」
K太に膣の奥を突かれ、K太の動きに合わせてC子がいやらしい声を出した始めるころ、もはや、C子は、草の上に寝ていた。

何回もC子の中を擦ったあと、K太は、
「うっ」
と言って、自分のモノをC子の中から取り出した。

そして、草の上に自分の液体を放出した。

緑の草の上に、K太の白い液体が放たれた。


★次回に続く
理想の婚外セックス⑥      


*****************


★お知らせ★もうすぐこのブログはインターネットエクスプローラーで見られなくなります。皆さん、他のブラウザ用意してください。よろしくお願いします。


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉


↓見てほしい全記事の題名!(しかし・・・注意・ちょっと開くまで時間がかかります!!)
全記事リスト





関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
ダンディー?
No title

こんな妄想………フーゲツさんは、エッチやおなにーは、みられると感じちゃうの?

huugetu
huugetu
Re: No title

あはは
この主人公、妄想、変態過ぎるね。
中二の男子か?

いや、一話に一シーンはエロシーンを書こうとすると
どうしても妄想を書かないとならなくって

huugetu
huugetu
Re: No title

質問に答えないでスマンです。

うん、見られると感じるよう。

セックスを他人に見られたことはないけど、下手なオナニーを男性に披露したことはあるよう
オナニー、下手なんだけどね

ダンディー?
No title

それ僕も見たいよ❤