Welcome to my blog

ステキな人、み〜つけた!と思ったのに~エロリハビリ中のhuugetuの近況59~

huugetu

huugetu

副題なし


aaaasisiuuuuuuu.jpg

現在エロリハビリ中、エロエロ詐欺師のhuugetuの近況59です。
本日も、エロくないし長い話です。

今、エロいものを読みたい方は、どうか私の過去のエロ記事を読んでくださいませ。
➡➡〈もくじ〉

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

(2020年3月14日~3月15日に記)

********************

ステキな異性を見つけたと思って、夢を膨らませても、その後、夢がしぼむことは、ままあることだと思います。

まずは、現実に会ったこともない人と、友達づきあいが始まった場合。

手紙のやりとりや、メールのやりとりをすることによって、なんだか本当の友達になったような気がしたり、好きになっちゃうこともあると思います。

しかし、現実は会った途端にガッカリする人、あるいはガッカリされちゃう人もいらっしゃいます。

数カ月も長きに渡って、メール等で気持ちが通いあったはずなのに、いざ会ってみたら、次の日から縁が切れる場合もあるようです。

ルックスが気にいらなかったんでしょうな。

メル友などを好きになり、会いたいと思う。
しかし会ったら、ガッカリされるかもしれない。
それとも自分ががっかりするかもしれないな?
会いたいのですが、どう思いますか?
なんていう悩みを時々、ききますが。

失敗したことがある人いわく。
「絶対に会わない方がいいよ。
メル友はメル友として、美しい思い出としておいた方がいいよ」

でも、そんなことを言われても、もう当の本人は、盛り上がってしまっていて、
「会ってみて、彼が私の好みじゃなかったって、私は嫌いにならないもん!
きっと、あの人だって、私のルックスが気にいらないからって途端に冷たくなるような人間じゃないもん!」
なんて言ったりする。

「彼が、たとえ不細工だったとしても、たとえおじさんだったとしても、たとえ背が小さくたって、私は大丈夫!」
とその人は言う。


しかしだ。
過去の失敗経験者は言い返す。


「私だって会う前にはそう思ってたわよ。
彼のお顔が好みじゃなくても、おデブでも、ガリガリでも、自分は大丈夫って思ってたわよ!
でもね、でもね。
あなたは知らないでしょうけどもね!!
世の中には、自分の想像を超えることがあるのよ~っ!!


らしいですよ。


あははは。
想像を超えるルックスとは一体どういったことなのか、ちょっと具体的に知りたいような気もいたしますけど。


しかし、それを恐れて、メル友中に写真のやりとりをしたとする。
そして、その後、現実にも会ってみたら、なんなら写真で見たよりもステキ!だったとする。

写真も盛ってなかったし、加工もされてなかったし、奇跡の一枚でもなかったとする。
人間性としても、自分を盛るような嘘つきでもない真摯な人だったと感激したとする。


しかし、まだまだ問題は色々ある。

よろしかったら、私の過去フィクション、見てください。

参照➡メル友とエッチするときに気をつけたほうがいいこと

kokokoko.jpg


さて、ここまでは相手の顔を見ずに、付き合いが始まった場合の話でした。

次は、現実の知り合いだったし、セックスまでもしたけど、それでもガッカリする場合。

こんなこともあるようです。

というか、こちらは私の経験なんですが。

私が数年前まで勤めていた大きな会社での話です。

私は酒飲みなので、会社の人とよく飲むことがありました。

ときには、私の部署と全く繋がりのない部署の人とも飲むこともありました。

そのとき、他部署にメチャクチャ気の合う男性がいたんですよ。

本当に話していて面白い、共感できるし、お互いの人生観などを尊敬しあえるような人が。

その人とセックスをしたら、それもとてもよかった。

その後、一カ月に一回くらいの感じで、エッチをするようになる。
気の合うセックスフレンドとなりました。

しかし、数カ月後、急に私がその人と自分の仕事でからむことになったとき!


彼の全く違う一面を見ることになる。

遊びでは気の合った彼は、こと仕事となると、自分の部署のことを守るために、こっちの部署に対しては、ワガママで、せこくて、自分勝手で、保身的で、そして、なんとか私を丸め込もうとしてきた!!


いえ、そんなことは、百歩譲れば、誰でもよくあることですよ。
大きな会社で自分の部署を守るためには、人は、ワガママになるときもありますよ。

しかし、私が許せなかったことは、何より、仕事においての彼が
すごい馬鹿に見えた!!
ことでした。

・・・・・・

ごめんなさいねえ!!

いえ、相手も私のことを同じように思っていたと思うんですよ。

「遊んでいるときは楽しかったのに、仕事面ではこんなイヤな女だったのかよお?!」
ってね!

結局、楽しいときだけ仲よくできただけの相性だっただけなのよ!


しかししかし。

実はその逆もあるのですよ。

やはり、他部署の人。

廊下で会っても、いつもロクに挨拶をしてくれないやつ。

喫煙所でもよく会うのですが、その人、いつも同僚と差別発言のおしゃべりとか、誰かの悪口などを喋りながら喫煙しているやつ。

当然、私は好感持たないですよね。

しかしだ。

ある日、私が仕事でからんでみたら。だ。

なんて素晴らしい人なんだ!

私と彼は違う部署なので、お互いに分かり合えない部分も最初はあった。
しかし、お互いの共通の”会社にとってよいことをしよう”という目的のためには、主張すべきところは主張し、妥協する部分は妥協し、最大限、お互い努力ができたのだった。

頭脳明晰だし、温かい人でした。

廊下や喫煙所で会ったときはやなやつだったのに!!

感動した私は、その人とエッチしました。

OLがお股を開いてあぐらみたいなポーズで座っている

アレ?

ん?ん?
今日のお題なんだっけ?

あ、そうそう。

メル友の話からだったわよね。

必ずしも話が合うイコール好みの相手ではないのはもちろんのことだし。

話も合うし、ルックスも好みの人が、イコール好きになる人でもないしってことから始まったのよね。

ここまで、長くなりましたが。

しかし、まだまだ!

ここからが本題。

共感できるし、その人の書く文も好き、顔も好き、声も好き、話し方も好き、セックスも好き、仕事ぶりも好き、尊敬できる。

と、ここまで来てもまだまだ。

実は、最近、私が一番感じているのが次です。

清潔レベルと
整理整頓レベルと
ペットへの考え方レベル
が同じ人が一番いい

です。

何のときに一番いい?

あ、説明がなくてスマン。

一緒に暮らすにおいてはです。

最終的に、他のことは譲れても、この三つにおいては、自分が許せないものは、我慢ならんということですわ。

いや、むしろこっちが大事だと、私は思うのです。


清潔レベルというのは、高ければいい、低ければいいというわけではありません。

自分の清潔レベルに合った人とつきあったり、一緒に暮らすのがいいということね。

高いのがいいのでも、低いのがいいのでもない。
自分と同じ感覚の人がいいということ。

なぜなら、人間は、自分の清潔感以下の清潔感を持つ人を見下しがち。

「週一しかお掃除してないご家庭って信じられないわ!」
とか言う専業主婦。

ば〜か!!うるせえよ!!
夫婦両方働いてたら、そんなに家の掃除ばっかりできるかよ!!


ああ、すいません。すいません。誠にごめんなさい。


『綺麗』や『潔癖』意識が高い人は、その意識が低い人を見下しがちということを言いたかったんです。

そして、逆に、見下されがちの人は、自分より上の清潔感覚を持つ人に対しては
「神経質!
潔癖症!
息苦しい!
うっとおしい!!
暇人!!」
と言いがち。


清潔感覚のレベルって人によって違うのよ。


私の母は昔、みんなで一緒に食卓に座って楽しく話していたのに、急に
「あら、なんかあそこの床が汚れてるわ」
と、突然言い出し、ご飯をやめて、立ち上がり、私らの横でフローリングの床拭き掃除などを始めることがよくあったわ。


や・め・て・~!!

リラックスできないのよ!
こちとら、一日中、外に出てヘトヘトなのよ。
黒と赤のエロエプロンで膝をついて座っている

外に出かけていた家族が、家に帰ってきてご飯食べているときにも、掃除始めるって、こっちも何かしないといけないと思っちゃうじゃないのよ!

家族を家でもリラックスさせない、それって、清潔であっても、果たしていい主婦なのかよ?!と私は思ったわけですよ。


一方、私より整理整頓が下手な人がいまして。

私は、兄と弟には、整理整頓ベタの部分では、大変イライラさせられました。

いや、二人の部屋が汚いのは全然かまわないのよ。
それは、全く構わないのよ。

しかし、彼らはむしろ自分の部屋はきちんとしてて、どっちかというと家族の共有部分をちらかすの。

家族共有のもの、例えば爪切りとかセロテープなどを使ったあとに、その引き出しをグチャグチャにしたり、あるいは、元あった場所ではないとんでもないとこにしまったり、散々探し回ったメジャーがなぜか、弟のポケットに入っていたり、みんなで読む新聞や雑誌置き場を兄が、しょっちゅうグチャグチャにしちゃったり。

共有部分の整理整頓できない私の兄と弟。
あれは私にとってストレスだったわ~。

そして、その癖は、私の息子へと受け継がれることになる。

息子が、家族共有で使うモノをすぐに変なところに持ってっちゃっうの!
いくら注意してもダメなの!
イライラしたわ~!
私の元・旦那はそんなことしないので、多分、私の家系の男の子の血筋?だと思われる。


言いたいことは、清潔レベルと整頓レベルが同じだと、一緒に暮らしやすい。
清潔レベルと整頓レベルが違うと、一緒に暮らしにくいということなのです。

一緒に暮らすことになるとそういうこでかいぞ。多分。

私と元夫と元姑とは、ズボラレベルと清潔レベルが合っていたので、その点のストレスはなかったわ。
(他のギャンブルというストレスで離婚しただけなので)

私と夫と姑の3人は、
『これくらいは掃除しよう』
『最低限の整理整頓しないとダメ』
『でもこれ以上神経質にする必要はない』
という、清潔感覚、整理整頓の考え方のレベルが、一緒だったのです。

そこが違うと辛いと思うの。


特に今みたいな、こんなときでもちゃんと手を洗う人と、洗わない人は、どっちもストレスだと思うの。

いや、正確には今じゃないわね。

正確には、今から、少しだけ前の話ね。

あるママ友に話をききました。
危機を察知し、1月の頭から、アルコール類やマスクを準備していた彼女。

なんと彼女は、野生の感で、本来は関係ないトイレットぺーパーに人々が殺到することを睨んで、1月から少しずつ少しずつ、買っていった。
昔のオイルショックの話を知識として持っていたんですって。

1月のそのころは
「コロナなんて風邪と一緒だよ。
なんでそんなに備蓄するんだよ?
おまえは神経質なんだよ」
という旦那さん。

1月から、彼女が、帰宅した夫に手洗いを徹底させようとしても、そのころはちゃんとやらなかった旦那。
(2月半ばくらいからは、もちろん旦那も手洗いやっている)

2月半ばころ
(そのおうちにはマスクは、ちゃんとある)
「マスクして出かけてね!」
「もったいないから、俺はいいわ」
「だめよ!ちゃんとしてよ!
あなたがいいんじゃないのよ!
他の人に迷惑なのよ。
マスクしてね」
「おまえ、神経質すぎるぞッ!
あと、マスクはあんまり意味ないんだってよ!」
「意味あるわよ~ッ」
「うるさいな!」

(3月中旬の今は、もちろん旦那はマスクをちゃんとしている)

今までは、いつも旦那を尊敬していた彼女が、私と2月に会ったときには、叫んでいました!!
あんな男、無理だあああっ!
離婚してやるううッ!!



まあ、3月からはちゃんと国から色々情報が入って、二人とも仲よくしてます!
力を合わせてね。


ああん、長くなっちゃったんで、ペットの話は書けなかったわ。
ペットのことについては、また後日、書きますわね。

まあ、とにかく、こういうことってあるよね!ということで、本日は以上です。

(清潔レベルが違くても仲良くしている人の話はこちらに)➡セックスはするがそれ以上は踏み込ませてくれない元レースクイーンの女

潔癖症のマイルール。”フェラ”と”ナマ挿入”はOKの女の子


-------------------------------

★お知らせ★もうすぐこのブログはインターネットエクスプローラーで見られなくなります。皆さん、他のブラウザ用意してください。よろしくお願いします。


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉


↓見てほしい全記事の題名!(しかし・・・注意・ちょっと開くまで時間がかかります!!)
全記事リスト











関連記事
最終更新日2020-03-26
Posted by huugetu

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー?  
No title

人に合った共感部分が一致したら嬉しいですよね👍




2020/03/18 (Wed) 08:18 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: No title

この部分は、ゆずれないけど

この部分は、ゆずれるみたいなね

バランス

2020/03/18 (Wed) 10:16 | EDIT | REPLY |   

コメント