Welcome to my blog

私の考えた、市民ウォ―カーや市民ランナーの理想の街中のコース(女性)〜エロガーhuugetuの近況㉛~

huugetu

huugetu

こんな日に、こんなもん描いてないで、とっとと残っている大掃除をしろや!!


デニムのショートパンツ着用の罪で、8月より警察に目をつけられ、現在エロいことが書けないhuugetuの近況㉛です。
ですので、今日もエロくない話です。
(2019年12月31日に記)

ミニスカポリスが斜めになって脚を上げている

私は、ほぼ毎朝、早朝にウォーク&ランをしてますが、今は、開始時刻のAM4時半も、終了時刻のAM5時半も外は真っ暗です。

これを始めた頃は、日が長い季節で、もう太陽は出ていて明るいんだけど、でも、慣れない私は怖かった。
街に人が全然いないことが怖かった。

早朝は、深夜と同じく犯罪が多い時間帯だと思ってたし。
ビクビクしてました。

警察署がうちのそばにあるので、そこら辺はいい。

次に商店街に入ると、24時間営業のコンビニがあるのでそこも大丈夫。

次のコンビニも5分くらい先にあるので大丈夫と思いきや。

あ!閉まっている!

そっか、今は世の中はそういう流れなんだっけかね。
そこのコンビニ、いつの間にか、早朝は営業しなくなっていたみたいでした。

でも、もう5分くらい先にもコンビニはあったはず。
そこはやっていました。

さて、そこからしばらく何もないはず。

次のコンビニまでは、そこから10分くらいです。

ちょっと怖いなあ。

あ!向こうからバイクの誰かが来る。
怖い。
(襲われないようにしないと!)

身構える私。

しかし、その人がそばに来てホッとします。

新聞屋さんでした。

うちのマンションは、もっと早い時間に配達が来るので、新聞屋さんたちに会えないと思っていたのに、よかったあ。

この私のウォーク&ランのコース、なんと新聞屋さんが3軒もありました。

休刊日や、それ以外でも、どういうタイミングなのか、全く新聞屋さんに会わない日もありますが、大体はバイクの人、自転車の人、何人もの新聞屋さんとすれ違うことがわかりました。
比較的、安心なコースだ。

私のコースにあるのはT新聞と、K新聞と、A新聞なんですが、不思議なことに皆、ユニフォームが同じようだ。

?????
もしかして、共同で配達やっている?
あーもしかして?夜道でも目立つ恰好にするためそういう色合いになっちゃうのか?
ジーンズのショーパンの斜め後ろ姿

ま、それはさておき。

もう一つ、新聞屋さんに会えないときでも、安心のおうちを見つけました。

道中に一軒だけ、朝4時半から灯りがこうこうとついている、普通のお宅を見つけたんです。

コンビニのない不安なところに見つけたんです。

窓には白いレースのカーテンが揺れて、最初のそのときは窓を少し開けていらっしゃいました。

そこから、トントントンというまな板で何かを切っているような、朝ご飯を作っていらっしゃるような音が聞こえました。

何か安心だわあ。

もしも道中何かあっても、ここまで走ってくればいい。

このおうちを心の拠り所にしよう。

そして、私はそこから少し歩いて、商店街を抜け、大きな道路沿いのコンビニの前を通る。

そのそばには交番もあったはずです。
もう安心です。

しかし、コンビニは開いていたが、交番にはおまわりさんはいなかった。

「パトロール中」みたいな三角のやつが交番の机の上に置いてあった。

うわあああ!
そう来たか~!!
もしかしてこの時間帯はいつもいない?

そこからは、ホントに暗い面白味のない道が続く。

まあ、横はでかい車道で、車はそれなりに走っているんですけど、背の高いマンションやビルばかりで、風景はつまらないし、人は全くいない。

あのね、商店街のほうは、みんなお店は閉まっているとはいえ、それなりに楽しいんですよ。
看板見たり、店の中のことを色々想像したりできてさ、そこを通るのは楽しいんですよ。

しかし、背の高いビルの風景は怖いし、面白くない。
私のコースの中で一番、怖いし、つまらぬ場所ですね。

マラソン選手が都市の名所などを走り周りたいという気持ちがわかる。
今のトレンドの一か所をグルグル走るマラソンが嫌な気持ちがわかる。
(気楽な庶民のウォーキング&ランと、過酷なマラソンを一緒にすな!)

しかし、私は、そのつまらぬ、かつ怖い道を少しだけ我慢すると、もう折り返し地点の隣駅の近くに来ます。

そこには、ファストフードや、朝まで開いているカラオケ店や、24時間営業の牛丼屋さんたちが登場する。

そして、ここら辺まで来ると、5時始発の電車を目指して歩いている市民たちも出現してくる。

もう安心。

隣町の駅のシャッターが開いて、電車(地下鉄ね)が稼働しているのを見届けて、私は折り返します。


この早朝ウォークラン、始めた当初は怖かったけど、今はもう全然慣れて、真っ暗でも、全く怖くないです。


思い起こせば、夏場、今年のトキオの夏が、も〜暑くて暑くて!!

朝でさえ暑くて(マジだよ。朝4時半~5時半の時間帯でも暑いんだよ。いわゆる熱帯夜ってやつかしら?)、私は少しフライングをしたことがあります。

少しでも涼しい4時15分とか、20分とかに家、出ちゃうの。

そのときは、隣駅に到着しても、まだ、駅のシャッター開いていないこともあったわ。

駅員さんが、駅のシャッターの開けるリアルタイムも見たわ。

そのときにわかったわ。
5時始発の地下鉄駅のシャッターは、4時45分前後に開くのだということが。

そして各シャッターの前で、数人の地下鉄利用者が、開くのを待っているということもわかったわ。

それに加えて。
真夏は、地下鉄駅のシャッターの前で待つ人だけでなく、そばのバス亭のベンチに座って始発を待つ人がたくさんいることも知った。

さすがに、今の寒い時期はいないけどね。
夏場は、大勢の人がバス停のベンチにいたわ。

この駅前には、バス停はたくさんあります。

バス亭のベンチでは朝帰りらしき、のんびり携帯を見てる人もいた。
ベンチで寝ている酔っ払いも、夏場には、一日に一人は必ず見た。

しかし、今の季節はさすがにバス停のベンチには一人もいない。

どういうことなんだろう?

寒いと言う理由で、頑張れば、酔っぱらいも酔っぱらわないでも済むんだろうか?
朝帰り好きの人も、冬は頑張って、前夜に帰れるということなんだろうか?

それとも酔っ払いや朝帰り民が、寒空の下ベンチにいたら、親切な誰かが
「死んじゃいますよ」
と助言してくれるのだろうか?

(・・・かつて朝帰り・現酔っ払い代表huugetuの疑問でした。)


そして、これも夏場の話なんですが、以前、ここでも書きましたが、あまりの東京の早朝の暑さに耐えられずに、私は一度だけ、デニムのショートパンツで、早朝のウォークランに出かけたことがあります。

20才以上の女性は、外でショーパンを履いてはいけないという日本の法律を破ったんですよね、私は。
暑さのあまりにですね。

今年の夏、一度だけ!

スイマセンでした!!
出来心でしたあ!!

デニムのショートパンツのジッパーを開けている

その青いデニムのショートパンツの恰好で、ランの帰りにコンビニに寄って、私の姿に店員さんがギョッとした話もここに少し前に書きましたが。


しかし、面白いことがあったんです。

秋の、まだそこそこ暑いけど、もう4時半が暗くなっていたころ。

私は、もう二度と脚は出さずに、きちんとした恰好で、ウォーク&ランをしていました。

私は前述の、早朝から灯りのこうこうとついた、心の拠り所であるところの早起きの民家さんの前にさしかかりました。

そこで!!!

なんと、4時半から灯りのついた早起き一家のおうちから、青いデニムのショーパンの人が出てきたのです!!

おおっ!!

少女でした!!

多分10代の、少しだけぽっちゃりさんの少女でした。

おおっ!!

デニムの短パンの太目の少女は、明るいおうちの家の門を開け、道路に出ると、急に走りだしました。

少女は、私の横を通り過ぎ、私の目的地と反対の方向に向かって走って行きました!!

おおおおおおっ!!

おおおおおおっ!


おばちゃん、huugetuちゃん、デニムのショーパン、一回でやめてよかったね。

だってさあ!!同じ衣装で、少女とかち合ったらエライ恥ずかしいじゃないですかあ!!!


いや、待てよ?
もしかして、あの早起き一家のポチャポチャ少女は、毎日、家の前を通る私に触発されて、ランニングを始めたのではないか?

そういうことも考えられないか?

しかし、ムチムチの少女が、ショートパンツ姿で、暗い早朝に走ったら、危ないって!!

色んな意味で、私よりヤバいんではないか?
襲われちゃうんじゃないか?
(私みたいに大人の知識の豊富さとか、人生経験とかがないとね・・・というより、言いたかないけど、言うけど、私より美味しそうという意味でも)

ま、少女の走った方角は、私の家の方で、そっちには警察署があるし、コンビニもあるから安心そうだったけど。


少女のランニングに、私との因果関係があったかどうかはわかりませんが、その後も2回だけ短パン少女を見かけました。

しかし、冬になった今、全く見かけません。
やめちゃったんかい?

まあいいよ。
少女は、危ない目に会わないのが一番よ。


さてさて、これらのことを踏まえ、また、本日、上記では書き切れなかった私の『土の上を走りたい』という思いも踏まえまして、私の理想のウオーク&ランコースを考えました。


↓適当でスマン!本当にワシ、もう!大掃除しないといけない時間帯なので!


理想のマラソンコース






-------------------------------


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉









関連記事
最終更新日2020-01-13
Posted by huugetu

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー?
No title

いろいろ新しい世界が見える瞬間

新しい発見って嬉しいよね‼





huugetu
huugetu
Re: No title

新年からコメントありがとうございます
今年もよろしくお願いします