Welcome to my blog

当たりはずれのでかい食べ物について〜エログ管理人huugetuの近況⑮~

huugetu

huugetu

みなさんの食べ物に対してのこんな趣味・嗜好・偏愛・偏見・主張などの話もききたいものです・・・・・・いつからこのエロブログは、食べ物ブログになったの???


8月にエロ・イップスになり、エロいことを書けなくなり、このエロブログを閉店ガラガラしたhuugetuです。

現在は、アフリカの標高2000メートルの高原にて、エロ調整と、エロ高地トレーニング中のエロガーhuugetuの近況⑮です。

よって今日もエロいことは書きません。書けません。(2019年11月28日に記)

黒のボンテージ姿でピッチングのフォームをしている
(エロ画像のセンスもなんか最近、メチャクチャになっているみたいだね?なぜ野球のグローブ持ってる?)

*****

昔から、クソまずい料理を作りがちな私です。

カレーという、子育て中に約五万回くらい(適当)作ってきて、頭を悩ませ、色々試行錯誤してきたものが、今だにマズイという私。

私が大好きなカレーは松屋さんのカレーです!!

世の中のカレーはあれだけでいいよ!

母の作ってくれたやつより、給食のより、ココ●チさんのよりも、インド屋さんのよりも、カレー専門店のよりも、もちろん自分が作ったやつよりも、松屋のカレーが世界一だろう!!と私は思ってます。


他、このエロブログでなぜか5回も書いた、私が大好きなはずのソース焼きそばも、自分が一から作るのよりは、縁日の屋台や、コンビニや、いえ、インスタントのカップ焼きそばでさえも、私の作ったやつより美味しいというていたらくです!

他、てんぷらは私は人生で2回しか作ったことないし(子供の頃におかあさんと一緒に一回、オトナになって結婚してから一回だけ)、生姜焼きとか、豚汁とかそうい普通のやつも、私の作ったやつは今でも今イチ君です。


しかし、他人の作ってくださった物より、自分の作ったやつの方が好きな物が、私には3品ほどだけあります。
エロナルシストで、料理ダメの私が、料理ナルシストになる一面もあります。

それを今日は発表しましょう!!

私が自分で作るものが最高なものの第3位!!おにぎり!!

我慢しているので、ここ1年以上作っておりませんが。
おにぎり
画像は1年以上前の自分のツイッターより転載しました。

自分で作るおにぎりは、硬さ加減や塩加減や、具の量を自分で調整できるので、好みどおりになります。
おにぎりの名店さんのより、自分で作る物が美味しいです。

ダイエット気にしなかったら、自分のは10個でもいけるわ!!

そのことを私が子供たちに言ったら(数年前にお弁当を作ってやっていた時期に)
「いや、お母さんのはまあまああだけど、それほどではないと思うよ」
みたいなこと言われましたが。


料理ナルシストの私の第2位っ!!鶏のから揚げ!!
唐揚げ
これも超我慢しているので、こちらもここ長らく作っておりませんが。
この写真も以前のツイッターより転載です。

私は、にんにくの入っていない唐揚げが好きです。
塩コショウオンリー味が好きです。

しかし、80%の確率で(適当)、世間のから揚げには”にんにく”が入っている。

まずーい!
鶏肉勿体ない!

何より、私が一番イヤなのは、食べたらものすごい太るくせに、そんなにマズイのってどういう了見なの?!
と、憤りを感じます!

松屋さんのカレーくらい美味しかったら、多少太ってしまっても全然かまわないのに!!
ってことですよ!!
あるいは、逆に身体にとってもよいものなら、まずくても構わないのですが。

唐揚げの味は自分で作るのがベスト。


そして部分的料理ナルシストの私の1位は、つい最近も少量で作った画像をここでも見せつけたこれ!!
ブロッコリーとムール貝のスパゲティ

にんにくと、赤唐辛子と、オリーブオイルと、塩の組み合わせという、ペペロンチーノが大好きな私。

↓オーソドックスなぺペロンの画像。
オーソドックㇲなペペロンチーノ
(今年の夏ころのここに載せた自分の作品)

ぺペロンでも、そこにブロッコリーとムール貝をぶち込んだやつが私は一番好き。
自分のこれはホントに美味しい!!
死ぬほど美味しい!

ぺペロンはオーソドックスなものにしろ、具材の入ったやつにしろ、今では私は外食では、絶対に食べません。
自分の作ったのしか食べません。

外食のオーソドックスなぺペロンは、パサパサだし、無駄に金ぼったくりだし。

一方、外食の具材の入ったぺペロンって、無駄に太りそうで、無駄に高くて、その癖、ケチった具材なんだもん。

バターとか入れなくていいのよ。
邪魔邪魔!

コンソメとか出汁とか白ワインとかもいらないのよ。
邪魔邪魔!!

何で入れるかな~?
ワインなんかメシと混ぜずに、単独でガブガブと飲むわ!!

麺の細さの好みも自分で好きなのが一番。
アルデンテの加減も自分でやるのが一番。
生麺自慢もいらないのよ!

黒のボンテージスタイルでグローブを持って片足を上げている

はあはあ。ぜいぜい。

すいません。
随分、題名とずれちゃったこと書いちゃったなあ。

多分、グルメな人よりも、食いしん坊の人よりも、一流の料理人さんよりも、ダイエッターの人の方が、多分、一番、食にうるさいですわ!!
自分の料理の腕は、全然ないことを棚に上げてね。

ダイエッターは、いつもいつも食べたいものを我慢して美味しいものを我慢しているので、好きじゃないものなんか食べて、カロリー摂取なんかしてたまるかよう!!ってことです。

お料理のインスタ映えに満足している人とか、グルメ自慢の人とは次元が違うのよね。

ダイエッターもしくは、筋肉ッターは、多分、食に対する本気の欲求がすごくて、他の人よりも”カッコづけ”の要素がなく、ものすごく正直だと思うわね。
もう一度言うわ。
松屋さんのカレーくらい美味しかったら、なんかお店に入るのが恥ずかしくっても、ダイエッターだって筋肉ッターだって太ってしまっても全然かまわないのよ!!
(松屋のステマではないよ。)


今日の題名から話がずれた・・・。


ここからは、題名どおり、『あたりはずれ多い食べ物』について書きますね。

当たりはずれが多い食べ物ランキング!!(私調べ)

当たりはずれが多いの4位はラーメン!

私的にはラーメンは、コンビニでも外食でも、どこで食べてもほぼ美味しいと思っていたんですが、一度、仕事で官庁街を午前11時くらいに歩いているときに『ついこの前テレビでも紹介されました!』という看板を見て、飛び込んだお店が、ゲロまずかったので、「ああそうか。ラーメンって人によって好みの差が大きいもんなんだ〜」と思いました。


当たりはずれがある3位はモツ煮込み!です!

モツ鍋と、モツ焼きが嫌いな私でも、『もつ煮込み』においては、近所のものから、居酒屋さんでもどこに行ってもいつもいつも美味しくいただいていました。

しかし一度、会社の同じく、モツ煮込み大好き派の同僚と一緒に仕事で地方に行ったときに、駅前で、見かけは美味しそうな、食べたら吐きそうになったモツつ煮込みを食べ、同僚はゲロまずの文字通り、しばらくしてから、トイレに行って吐きました。

いや、このときの出張のむちゃくちゃな強行軍の疲れのせいだという、他の要素もありましたが。
なんかまずいけど、ま、吐かなかったし、なんとか平らげた私でも「少しだけなんか気持ち悪い」と思った。

モツ煮込みは、なんかの処理が難しいんでしょう?当たりはずれの大きい料理なんだなと思いました。


そして、好みの当たりはずれがある2位は、やはり、カレーでしょうか?
さっき言った通りです。
私の友達たちもそう言ってます。
日本の国民食のカレーの好みは、人によって意見が恐ろしく分かれるみたいです。


そして、当たりはずれのでかい一位は、日本そば!

日本そばは自分でも茹でるし、会社の近所でも食べるし、立ち食い蕎麦屋でも食べるし、どっかに地方出張しても食べるし、とにかくどこで食べても普通に美味しかった。

しかし、今の家に10年も住んだ頃に、休日の昼にうちから1分の近所のお蕎麦屋さんに、「初めてだけど、たまにはあそこのお店に行ってみようよう」と私が提案して、家族と行ったら・・・。

そこのおソバはゲロまずかった。

私と元夫は、まだ暖かいものを食べていたので、お蕎麦自体はまずくても、何とかおつゆの出汁の味でごまかされてて、微妙な顔をして見つめ合いつつ、黙ってました。

しかし、子供たちが冷たいソバを注文してたので、それを一口もらったら、ゆでゆで~の、のびのび~の、何でそんなに茹でちゃったかな?のゲロまずさでした。

後ろを向くと、他のテーブルで。のびのびざるそば大盛を目の前において、苦しんでいる、食が進まなそうなガタイのいい男性がいました。

探し求めた幸福の青い鳥は実は自分のそばにいました!
の、逆バージョンですな。


私が考えますに、逆に当たりはずれの少ない食べものはですね。

私が思いますに、
炒飯、
牛肉のステーキ、
オムライス、
鮎の塩焼き

などでしょうか?

これらは食べてまずいと思った記憶がない。
喫茶店でも、チェーン店でも、有名店でも、親の作ったものでも、元旦那が作ったものでも、ママ友やパパ友の作ったものでも、自分で作ったのでも、とりあえず美味しい。

特に、”鮎”については、焼きそば、ぺペロンに次ぐ私の大好きなものですが。

鮎はお祭りの露天商で食べても、営業ウーマンのときに接待で高級和食屋さんで食べても、近所のお魚屋さんが焼いて店頭で売ってくださっているものでも、自分がスーパーやお魚屋で買って適当に焼いたやつでも、いえ、自分が遠くの川に行って苦労して釣ったものであっても、美味しい!

”鮎”は当たりはずれがなく、どこで取れようが、季節がどうで、少しくらい骨が太かろうが細かろうが、誰が処理しても、誰が焼いても美味しいい!と私は思います!
ayu1.jpg
(ガラケー時代の写真より)


huugetuちゃん、今日の結論は、季節は完全に逃したが、とにかく自分は今、”鮎が食べたい”ということでいいか?
(私、鮎業界のステマでもないよ。
桜と鮎を見る会ステマでもないよ。
釣りキチ三平のステマでもないよ。)

-------------------------------


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉




関連記事
最終更新日2019-12-02
Posted by huugetu

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー?  
No title

確かに当たり外れあるよなあ
外食で お金だして外れだと
腹が立つよ‼

2019/11/28 (Thu) 22:44 | EDIT | REPLY |   
huugetu
huugetu  
Re: No title

逆に当たりのものは
高かろうと
太ろうが
インスタ映えしなかろうと
オトナの女性が行くにはちょっと恥ずかしい店であろうとリピートするよ

2019/11/29 (Fri) 04:10 | EDIT | REPLY |   

コメント