Welcome to my blog

警察と私〜エロブロガーhuugetuの近況㉑~

huugetu

huugetu

自分のミニスカポリスのコスプレと、キャッツアイのコスプレを見せたいがために記


大股を開いて座っているミニスカポリス
本年8月から、”エロい文章書けない病”になって、今はカピバラさんのように温泉に入ってじっとエロ療養生活をしているエロブロガーのhuugetuの近況㉑です。
(2019年12月10日に記)

あ、いつかもこのエログに書いたけど、カピバラ?カピパラ?カビバラ?どれだかいつもよくわかんなくなるんだけど、その子たちって身体のどっかを触られると、クタ~ってなっちゃうんだよ。

身体の一部のどっかを人間にどっか触られると、カピバラさんたちは
「あふ~ん♡」
って、デレデレになっちゃうんだよ。

そこを責められると、快感でクタクタになるの。

その快感が、いわゆる、猫が首を撫でられたときのやつなのか?
あるいは、例えば人間がマッサージされたときの気持ちいいの『気持ちいい』なのか?
それとも、エロい『気持ちいい』なのか?
どれかなのは、よくわからないんだけど。

おまえ、適当すぎるだろう?

動物名もハッキリせず、どこを触られるかもハッキリせず、快感の理由も説明できないって。

本当にあなたは子供の頃に『シートン動物記』のアーネスト・トンプソン・シートンみたいになりたいと思っていたのか?

そう、エロガーhuugetuちゃん、子供の頃に、シートンとかファーブルとか、日本であれば椋鳩十さんなどの動物観察の物語をよく読む子供だったわ。

私、自分でも、都会の真ん中で、罠でスズメを捕まえて家で飼ったり(今は・・・いや、もしかしたら昔からだけども、そんなことしたら罪になるので、皆さんは絶対にやらないでくださいね)、野良猫の出産を観察したりして、そのことを文章に書いて夏休みの自由研究に出していたショウガクセイだったわ。

ショウガクセイって、あんた・・・。
ごめんなさいね~、読みにくくて。

このエロブログに漢字で”しょうがくせい”って書いちゃうとアウトになるので書けないのです。
エロエンタメにおいて、子供のことを書くのは一番ダメなのです。
ですので、このブログでは漢字で、”じどう”とか”しょうがくせい”とか”ちゅうがくせい”って書くと、記事がオープンできないシステムになっているのです。


さて、シートン以外で、他、私が子供のころになりたかったのは警察官だね。

ホントかよ?

本当です。

私のペンネームの『huugetu』=ふうげつも、『花鳥風月』の『風月』ではなく、『風俗取り締まり月間』の略の『風月』なのですから!


でも・・・。
huugetuちゃん、独房・・・いえ、正確には保護房に入ったことあるのに?


あのね、”保護房””とは、迷惑な酔っぱらいの人が入れられる、いわゆるトラ箱というやつです。

私は警視庁のトラ箱に入れられたことがあるのです。


そんなところに入るんじゃねえッ!!

そのときのことについては、このエロブログに過去に書いたことがありますが。

そんなことエロブログに書くんじゃねえ!


そのときの記事の画像を探し出してきましょう。


↓これが保護房(トラ箱)だ!

保護房の見取り図


(保護房(トラ箱)の見取り図 ・・・作画 huugetu)



いえね、大変迷惑なお恥ずかしい反省すべきことではありますが。

でもね、テレビやネットでも、拘置所や刑務所の見取り図とか、拘置所体験談や、刑務所体験談などは、わりとよく見かけるんですけど、”トラ箱体験談”は全然見たことがなかったので、ここはひとつ、私の貴重な体験なので記しておきたいと思ったので、私は書き残したいと思ったのです。


あ、でもね、トラ箱に入っても前科はつかないのでね、そこは言っておきますね。

黒い細身の全身ボンテージで片膝を立てて座っている
黒ずくめの細身のボンテージで片脚を上げ手ポーズしている


なんで、キャッツアイみたいな、カッコイイ感じの犯罪者みたいなコスプレしてる?

自分はすごいカッコ悪いことで『警視庁』にお世話になったくせに。

そして、警視庁、警視庁言うな!なんかかっこいいと思って!


しかしそんな、トラ箱に入るような警察に無駄にご迷惑をかけるような大人になってしまったくせに、おまえは子供のころはいっちょまえに警官に憧れただと?

はい。

正確には、私の憧れたのは、刑事とか婦人警官とかミニスカポリスではなくって、白バイ隊員なんですけどね。

じゃあ、頑張って今日は、白バイ隊のコスプレくらいしようや〜。


いや、これが売ってないのよ~。
なかなか。
カッコいい白バイ隊員のコスプレが売ってないのよ~。
カッコ悪い白バイ隊員のコスプレはたくさん売っているんだけどさ〜。

こっちに向かって脚を振り上げている女性警察官


白バイ隊に憧れ、女子高校生のときに(あ。エログでも女子高校生というワードは書けるのよ。アウトじゃないのよ)バイクの中免を取った私でした。

その頃には、もう私が本気で白バイ隊員になるつもりはなかったんだけど、憧れていたので、一応、思い出受験??

どうせ私は、一般市民ライダーの憧れのナナハンや、当時の白バイのホンダの1000CCまでは乗りこなせないだろうけど、・・・っていうか、そこまでの情熱はもはやなかったけど、せめて400CC免許を取りたいなっていう。

そのときの自動車学校のバイクの教官の方って、白バイ隊を引退した方たちがやってて、衣装(?)も白バイ隊員の恰好で、素敵だったわよ。

普通自動車側の教官さんと違って、バイクの方の教官さんは、しびれるカッコよさだったわよ。


でも、その人たちとは特にエロいこともしなかった私です。

バイクの自動車学校卒業時に、一番厳しかった教官さんに私が抱きついて、
「お?おおおっ?!」
と教官さんにビックリされて、戸惑われて、しかし、数秒後に抱きしめられたくらいです。

(しょぼいエロエピソード、ごめんな~)

あとしょぼいエピソードで言うと、20才くらいのときに、当時とても信号機が見づらかった、当時渋谷そばの国道246のどっかで、信号無視的なことを私がしてしまったときに、警視庁(うるさい!!)の白バイ隊員さんに捕まりました。

しかし、246のど真ん中で私はワーワー大泣きして、泣き落としをして、見逃してもらいました。

(どんだけ迷惑~?
やはりお前にはそもそも警察官になる資質は微塵もなかったわ!!)

キャッツアイをピストルで狙うミニスカの警察官

白バイ隊員さん関係でも、トラ箱関係でもないのですが、他に私が警察と関わったことと言えば、実はですね・・・。


私の高齢の親戚の者が、仕事で遠くに出張したときに、出張先のホテルで死んでしまったことがありました。


その人は重い病気を患いながらも、もう年金ももらうくらいな年齢だったのに、頑張って最後まで仕事を続けていたので、後から思えば、病死でも全然、不思議ではなかったのですが。

でも、仕事先のホテルで亡くなったということで、一応、不審死だったのかな?

そこで刑事さん登場です!!

東京から遠いところなので、今度は警視庁ではなく、どこそこ県警の刑事さんではありましたが。


ホテルで死んでしまった私のその親戚は独身だったし、兄弟もご両親ももう亡くなっていたので、親戚の中でかろうじて一番近い身内の私の父親と、その助手役?として、私が現地に行きました。


白バイ隊員さんも近所のおまわりさんもよく見ていた私が、はじめて警察庁のモノホンの刑事を見ました。


刑事さん、なんか顔付きがすごい!

シャープ!!

目つきするどい!

刑事、”ただもんじゃねえ感”ハンパねえ!!

白バイ隊員さんのカッコよさとはまた違う、不思議なオーラが刑事さんにはあったのでした。

当時、ほんとにそう思いましたよ。

ミニスカポリスが斜め向きに立っている

その後、ごく近年の話になるんですけど、もう私の父は死んでしまって、今、母が一人暮らしをしています。

私の家と、母の家はちょっと距離があります。

でも、母の家と20分くらいのところに兄一家や弟一家が住んでいるので、私は安心していますが。

しかし、この母が”オレオレ詐欺的”なやつのターゲットに2回あったことがあります。

おとり捜査的なことにも、母は警視庁(だから!!!)に協力したことがあります。

そのとき、母がお世話になったのは、女性デカと、男性デカのペアの人たちだったそうです。

母の感想いわく、
「女性刑事かっこいい~♥」
でした。

そうなんだね、やっぱり!


・・・さて、ここまで書いて、実はもうひとつ、警察のことで本来であれば、私は書かなくちゃいけないことがあります。

でも、私にとっては、とても辛かった思い出なので、今更、絶対に書きませんが。
(私の息子が中坊のときに自転車泥棒の疑いで捕まったときがあったのです)
(あ。”中坊”というワードはエログ的にOKなんだ。はじめて知ったわ)



現在、私は警察署のそばに住んでます。

とっても安心です。

夜中でも私の家のベランダから、パトカーの光が見えたりすることがあります。
その光を見ると、本当に安心します。

ときどき署の前で、私みたいな酔っ払いなのか、なんかしでかした人なのかが、警察と揉めているうるさい声も、まよなかに聞こえたりしますが。
そんな深夜の騒音、私は全然、構いません。

警察がそこにいてくださるだけで、私は安心ですので。

最後、綺麗にまとめ、本日は以上です。

-------------------------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉






関連記事
最終更新日2019-12-18
Posted by huugetu

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー?
No title

そうなんだ😃48時間拘留じゃないんやね?

ミニスカポリス
セクシーだね🍀 美脚‼

huugetu
huugetu
Re: No title

ありがとう~


保護房に入ったときは女性ポリスに
「あなたを逮捕したわけじゃないんですよ
危ないからあなたを守るために保護しているんですよ」
と優しく言われました