Welcome to my blog

女のコたちが、おマタを開くキャッチャーというポジションをやりたがらない問題〜エログ管理人huugetuの近況⑨~

huugetu

huugetu

私がキャッチャーというポジションを尊敬する理由


おフロに入る前の親父みたいな姿で野球のグローブを持っている

世界野球、韓国と今日明日、二日連続でやるってさあ。
やる方はもちろんだろうけど、見る方もメチャクチャしんどそうだな〜・・・おい。

あ、エロリハビリ中のhuugetuです。
8月より”エロ靭帯損傷”をやらかしまして、現在エロいことが書けない状態です。そんな私のhuuugetuの近況⑨です。
(2019年11月16日に記)
(いや今日は近況でさえない!)

それはいいけどさ。
なんなの?
画像のこの恰好?
風呂上がりの親父?
あ、違うか?靴下履いているから、風呂に入る直前の親父のコスプレかよっ?

いや、なんか野球っぽい下着やコスチュームがなかったもので、いわゆるおばさんパンツ着用。
靴下履いているのは、履いてること忘れてカメラ回しちゃったから。
靴下脱いで撮影しなおすのは、もうめんどいからもうこのままで。
(エロ写真までリハビリ中なのか?)

↓すいません。代用に、気合い入れて一週間前に撮ったこれで勘弁してください。
ボンテージの衣装で股間に手を伸ばしてしゃがんでいる
ボンテージの衣装で横向きになっている

しかもこの画像のグローブが、カビが生えてるみたいな、腐りかけみたいな感じだね。
(♪腐りかけのレイディオ~♫)

うん。誰のいつのグローブかわからないものが家から出てきた。

私が息子を妊娠したときに、兄や弟が子供のころに使っていたヤツを実家から盗んできたような気もするし。
それとも私には買ってやった記憶がないので、おじいちゃんが私の子供に買ってくれたグローブなのか?

それとも、私が部活で使っていたグローブを嫁に来るときに持って来たのか?

そーなんですう!
私、エロhuugeu、実は、なんと部活でソフトボールやってたんですよ。

でも遊びみたいなもんですね・・・。
サッカーで全国大会に行った弟や、マイナーなスポーツで全国大会に行ったうちの子たちと比べたら、もうホントに甘い、ぬるい部活でした。お嬢さんたちのお遊び程度ね。

私は主にサードを守っていました。
たまあに人員の関係でセカンドやショートやるんだけど、先生に
「ああ、ダメだ。おまえの優雅な動きはやっぱりサードだなあ」
と言われました。

褒め言葉じゃないよ。動きが悠長ってことよ。ノロいってことよ。素早さが足りない、遅いってことよ。
あははは。

幸い、私は女の子にしては遠投力はあったので、サードゴロをズバーンと一塁に投げるのは得意でした。

そんな私の好きな練習は守備練習!でした。

ノックとか、だああい好き!
先生が鋭い打球を打ってくれるノックも好きだし、外野に立たされての高ーい高ーいフライを取る練習もだ〜い好きでした。
バッティング練習が好きな人って多いと思うけど、私は守備練が大好きでした。

今でもときどきやりたくなります。
守備練習したい、ノックを受けたい。
でもこればっかりは、ジョギングなどとは違って、どっかの草野球チームに入らない限りできないね。
バッティングは一人でもできるので、今でもバッティングセンターには年イチで行きますけど。

あ、関係ない話だけど、バッティングは速攻ウエスト細くなるよ。
60球くらい打てば、その場でウエストが見る見る痩せるよ。
次の日には元の太さに戻るけどね。
しかしクソつまんない筋トレより数百倍も面白いし、バッティングセンターでは、知らないうちに時間が過ぎるから楽しくダイエッツ!


守備の話に戻ります。

私、一時期キャッチャーもやったことありました。
すぐクビになったけど。

さすがお嬢さん野球というかなんというか、女の子たちが誰もキャッチャーをやりたがらなかった時期があって、私、一応キャプテンだったのでしょうがなく私めがキャッチャーに。
また、人前でお股を開くことについて、当時からそんなに抵抗がなかった私がキャッチャーというポジションを引き受けました。


しかしですね・・・私、すぐに肩がダメになった。

一カ月くらいキャッチャーをやっただけで、右肩がもう痛くて痛くて。

さすが、軟弱もの~!!
このブログでも、私何回も右腕の腱鞘炎だとか、肩が痛いから文字が打てないとか、散々言ってましたよね。

さっき、サードの話のときに、女の子の割りに自分は肩が強かったって言わなかったけ?
いやあ、サードとキャッチャーの肩の酷使の仕方は全然違うものなのね!と思いましたよ、そのとき。

キャッチャーを始めた私は、ご飯のときにお箸さえ持ち上げられなくらいに右腕全体が痛くなりました。

そしてなんかの練習試合のとき、相手のバッターのかすった球が、キャッチャーの私の方に変な風に飛んで来て、それを取ろうとしたときに私のグローブ(か、キャッチャーミットだったのか忘れた?)をしてない方の手の中指に当たったようでした。

いててててっ!

私が自分の右手の中指を見ると、第2関節から骨が飛び出していました。
第2関節より先の部分が変な風に上の方に飛び出していました。

指の脱臼ですね。

これにより私のキャッチャー生活は終わりました。

しょうがないわ。
私、白魚の指ですもの。

そのすぐ後、後輩の子が『私がキャッチャーをやりたいです』と先生に申し出てくれて、キャッチャーのポジションが定着しました。


今、絵を描くことが大好きな私は、今でも野球の守備練はしたいのですが、白魚のお指がダメになるのを恐れて、草野球チームには入ることができません。

そんなことで今の私は、酷使してもまったく構わない、かつ酷使しても全く壊れそうにない、骨・関節太目、太もも太目の頑丈な自分の脚だけを使って運動している次第です。
年イチでバッティングセンターに行くときは、念のために安全のために分厚い手袋をしてやってます。

ああ、そうか・・・。私と身体的には近いDNAを持つ、しかし頭脳的にはDNAがなんか違うみたいな?私より賢かったぽい弟が、サッカーというスポーツを選んだのってなんか今更ながらわかる~。

-------------------------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉




関連記事
最終更新日2019-11-21
Posted by huugetu

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー?  
No title

骨が出るって相当だなあ😢

確かにキャッチャーってしんどいポジションやね😵
怪我も多いし😣

2019/11/16 (Sat) 09:43 | EDIT | REPLY |   
huugetu
huugetu  
Re: No title

コメントありがとうございます!

腕や指が細く、脚がものすごく頑強なのになんで脚関係のスポーツを選ばなかったのか自分をのろうわ

しかし、とりあえず今日明日は、日韓戦をとりあずえず応援しよう

2019/11/16 (Sat) 15:12 | EDIT | REPLY |   

コメント