Welcome to my blog

SとMは紙一重~いじめられるのが好きな女王様~

huugetu

huugetu

アソコを女王様の足で踏んでください!


赤と黒のボンテージで机を跨いで大股開きをしている
「あん!アァああ〜!」
私は彼に後ろから抱きかかえられ、股間をいじられていました。

「声出すな!」
と彼は言いました。

私は声を押し殺しました。
でも彼の指が私のピンクの突起部分をつつくたびに感じてしまって声が出てしまいます。
「う・・・うう〜」

「黙らないと触ってやらないぞ!」
彼は手を私の上半身の方に移動させました。

そして私の乳房を後ろから鷲掴みにして荒々しく揉みました。
「痛いっ!」
私はそう叫びました。

「声を出すなって言っているだろう!!」

彼は今度は私の顔を無理やり自分の方に向けさせました。
唇に乱暴にむしゃぶりついてきました。

ああ!
彼の柔らかい唇が私の唇を吸います。
彼の長い舌が私の口の中を這いまわります。

彼の手は再び、私の股間に伸びてきました。

そして私の恥ずかしい穴に指を突っ込みました。

クチュクチュ!
クチュクチュ!

私の穴がイヤらしい音を立てます。

「もう入れてほしい。」
私はそう懇願しました。

「ダメだ!」
今度は私は彼の前に大股開きで座ってオナニーをするように言われました。

「いや・・恥ずかしい・・・」
「ダメだ!オナニーして見せないと入れてやらないぞ」
「いや・・・」
「して見せろ!
しないなら、俺はもうやめるぞ!」

そんな・・・。
私は仕方なく自分の指でそうっと自分の股間を触ってみました。

どうやっていいかよくわからない。
自分の突起部分をなでたり、擦ったりしてみました。

「お前のいやらしいその穴に自分の指を入れてみろ!」
と、彼が言いました。

え?私そんなことしたことない。

でも彼が言うので、私はそうっと穴に自分の薬指を入れてみました。
ヌチュッ!

「動かせ!」
私は、おそるおそる自分の指を穴の中に出し入れさせました。
その私の様を見ながら、彼は興奮しています。

次に彼は私の頭を抑えつけ髪を掴みました。

自分のビンビンになった男性器を私の顔に押し付けてきました。
「咥えろ!」

私が少し口を開けると、彼は男性器を押し込んできました。

そして私の頭を抑えつけ、自分の腰を動かします。

「うグッ!
ウグッ!」
喉の奥まで彼のモノが届き、吐きそうでした。

私は涙を流しながら、彼に無理やり口の中で出し入れされました。

泣いている私の顔を見て彼は嬉しそうに笑っています。

そのあと、ようやく彼は私に挿入してくれました。

私の両脚を抱え、激しく腰をふります。
凄い速さで私の中で出たり入ったりする彼です。

「いやあああ〜っ!壊れちゃうう!」
あああん!
気持ちいい!
でも本当に壊れちゃうう!!!

私の身体がガクンガクンと揺れます。
私の乳房が前後左右に揺さぶれられているのがわかります。

私は何回もイカされました。

私の穴の中を散々こすったあと、彼は男性器を私の中から抜きだし、私の顔の方に移動してきました。
「え?いや、やめて・・」
と私は言いました。

でも彼は構わず、私の顔に向かって白い液体を思い切り放出したのでした。

ドピュッ!!

ネバネバの白い液体が私の顔に髪の毛にからみつきました。
目に少ししぶきが入ったのかしら。私はまた少し涙を流してしまいました。

****


プレイが終わると彼は私に優しくしてくれます。
お風呂に一緒に入り髪を洗ってくれました。

普段も彼は普通の人です。
ただセックスだけはこうなんです。

彼は乱暴なセックスに萌えるし燃えるようなのです。

******

「信じられない!!」
「そんなことしてるの?」
ある日、お酒の席で自分たちのセックスのほんの一部分だけを女友達に話したときに、ドン引きされました。

「私だったらそんなことされたらひっぱたいちゃうわ!」
「そんな屈辱的なことされたらその場でお別れだね!」
「気持ち悪い男!!」
二人の女友達は口々に言いました。

しかし、もう一人の黒髪のボブヘアの子だけが黙っていました。

そのコは、最近、友達に紹介されたばかりで、まだ親しくないので、私を批判することを遠慮しているのだろうと私は思いました。

「あなたMなの?
そういうひどいことされるのが好きなの?」
と友達の一人が言いました。

それはそうとも言えるし、そうとも言いきれないし・・・。
私はこう答えました。

「うーん。
ときどき、本当にこういう乱暴なのやだなあって思うんだけどね。
でも嫌がると彼がますます喜ぶのよね。
まあしょうがないのよね。
彼がそういうことをしたがるから。
断れないの」

「あきれた!
別れたくないから男の言いなりになっているの?」
「あなたにはプライドはないの?」

二人の女友達はあきれ顔になり、私を軽蔑の目で見ました。
そしてもう話を打ち切られました。

二人は私を置き去りにして当初の予定より早めに帰って行ってしまいました。

テーブルに黒髪のボブヘアの子だけが残りました。
優しいコだなあ。
私を一人で置き去りにしないで、つきあって残ってくれるなんて・・・。

ボブヘアの彼女は黒い瞳で私の目をじっと見ました。
そして言いました。
「ちょっとお話があるんだけど」

ボンテージ姿でポーズして立っている


数日後、私はボブヘアの彼女に紹介された店にいました。

この店は人手不足ということで”女王様のバイト”を探していたそうです。

女王様のバイト?!

「本番はしなくていいの。
お客様をいたぶってくれればいいの。
あなたには女王様の衣装が似合いそうだわ。」

彼女は私にSの素質があると思ったそうです。

なぜ?
どっちかというと、いつも男にされていることはどMなのに?

よくわからないけど、彼女いわく”MこそS”なんだそうです。

「あなたならM男のツボがわかるような気がする。」

そして彼女は
「また、あなた自身は自分がそれほどMじゃないと言ってた。
でも、彼氏を喜ばすためにM役をやってあげている」
と言った。

「その心こそ女王様に必要なのよ!」

どういうこと?

「あなたならM男が喜ぶことをやってあげられると思うの」


研修期間を経て私はお客様の前に立ちました。

最初のお客様はどう見てもちゃんとした普通のサラリーマンのような人でした。
このお店では、お客様には事前に好きなプレイや、NGなことについて簡単なアンケートを書いてもらっています。

そのアンケートに『ひどいことを言われたい』と、この人は書いていました。

私はお客さんの手に手錠をしたあと、罵倒しながら、お客さんを脱がせて身体を悪戯してあげました。

「ちゃんとした勤めをして、妻子もいるくせにこんなとこに来るなんてしょうがない豚野郎だねッ!!」
「おまえのこの恥ずかしい恰好をSNSにさらしてやろうかっ?」
などと言いつつ。

私が罵倒するたびにお客さんの顔が紅潮してゆきました。
だんだんおもしろくなり、私はお客様をどんどんけなしていきました。


次のお客様は足フェチとのことでした。

私はピンヒール姿の自慢の脚を見せつけながら、お客様の前をコツコツと歩きました。
「さて、どう料理してやろうかね?」
と言いつつ。
あ・・。何だか快感だわ。と私は思いました。

でも”足フェチ”ってそういうのじゃありませんでした。

「僕のお●んち△を踏んでほしいんだッ!」

え~っ!ウソでしょう?
私はヒールを脱ぐと恐る恐る男性のイチモツに片足を乗せました。

しかしお客様は
「まずはヒールで踏んでッ!!」
と言うじゃあありませんか?
え~ッ!!

私はピンヒールをはきなおしました。

片脚を踏ん張り、なるべくお客様に体重をかけないように、私は片足の細くとがったピンヒールで軽くお客さんの男性器をつつきました。

「嗚呼ああアッ!!!」
お客様は絶叫しました。

そのあと、これもお客様の要望で私はヒールを脱ぎ、素足の指先で男性器をつかんで差し上げました。
足がつりそうになりましたが、がんばって足の先っぽを丸めてつかんであげました。

お客さんはそれでイッテしまいました。


『オナニー鑑賞されたい』とアンケートに書いている人もいました。

その人に私は命令しました。
「お前のそのイヤらしいアソコを出してしごいてごらん!!」

男性は自分の男性器を自分の手で掴んでしごきました。

「いつもそうやっているのかい?
みっともないねえ!
いやらしい男だねえ!!」

私は男性の手の上に自分の手を重ねました。

「もっとこうやってごらん!!」
私は男性の手を持って、上下に激しく動かしました。

「ああっ!ああっ!!」
男性は声を上げました。


じらされるのが好きだというお客さんは、部屋に入るなり、全裸にして縄で縛って差し上げました。
そしてそこに寝転がせました。

そのお客の前で、私はボンテージの衣装の前を開け、自分の乳房を見せたり、ボンテージのパンツをずらしてお股を見せつけました。

「ああ」
お客さんのアソコは勃起しています。

でも私はまだまだ触りません。

「みっともないねえ!こんなに大きくなっちゃって!」
私はお客さんの男性器に手を伸ばしました。
でも寸でのところで手を止めました。

「まだまだ触ってやらないよ!
もっと大きくしてごらん!!」
「ああああ!もう触って!お願い、触ってえ!」
「ダメだよ!!
ごめんなさいって言いな!
ごめんなさい!私が悪かったです!触ってくださいって言ってごらん!!」
「あああああ!
ごめんなさあい!
触ってくださああい!!!」


顔面騎乗が好きというお客様の顔には、大サービスでボンテージのパンツを脱ぎ、素で座って差し上げました。

「あなたの椅子になりたいのです!」
とお客さんが言ったのです。

「うぐぐぐ・・・」
お客さんは私の股間に押しつぶされじっとしてうなっていました。
仰向けになって寝ていたお客様の男性器は上に向かって一直線に立っていました。

でも窒息させないように、そしてあまりに体重をかけないように、でも充分、圧迫感を醸し出すようにするのが大変でした。
私は足腰をブルブルさせて踏ん張って、お客の顔に座っていました。


うーん。勉強になるわあ!
女王様やるのって、相手を決定的には傷つけずにSを上手くやるのっては、実はすっごい努力と体力がいるのねえ!
そう私は思いました。

もしかして、私の彼もそうなのかなあ?
ボンテージで両ひざをそろえて少し曲げて立っている


「何でオレに断りもせずにバイトなんかするんだ!」
私が夜のバイトをしていることが彼氏にばれました。

でもまさか”女王様”のバイトだとは思っていないようでした。
居酒屋でバイトしていると言ったら彼はあっさり信じました。

バイトをするのは全然かまわないそうです。
以前もそう言ってたし。

ただ、自分に相談せずに勝手に始めたことについて彼は怒っているようでした。
いや、それも違うな。
多分、彼は何か私に対して怒る理由が欲しいだけでした。

私をいじめるために理由がほしいのです。

そしてその晩はいつもよりひどく乱暴にされました。

「おしおきだ!」
と言って、全裸にされ、身体と腕を縄でしばられてから、私は犯されました。

そう。
私には、今でも彼と一緒のときはM、店ではSという二つの顔があるのですよ。


--------終わり----------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉







関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメント