Welcome to my blog

グーグルさんってもしかして、私のこと女子高生だと思っているのかしら?

huugetu

huugetu

JKルックがメチャクチャ似合うけど、私は立派な大人の女性よ!!


桜を背景にエロセーラー服姿でひざで立っている
突然、どした?
何、言っちゃってんの?

ああすいません。
実は、ちょっと困ってて。
自分、頭が混乱しててすいません。

いえ、どういう事か言いますとですねえ。

ときどき、このブログに女子学生の制服や、ブルマーやスクール水着姿の画像を掲載しますが、それは全部、大人の女の私のコスプレ写真です。

私が違法に女子高生を雇って、その子たちにエッチな恰好やポーズをさせて写真を撮っているんだと思われてたら、すんごい困るなあと思ったので言ってみたのでした。

女子高生ではないですよ。出産経験もあるこのブログの主催者の私の画像ですよお!

いや!多分、誰もモノホンのJKとは思ってねえわ!!
肌のくすみ、たるみ、筋張った手足、浮き出るあばら骨、あまりくびれていないウエスト、四角い尻・・・多分、問題なく、おばさんに見えていると思う。

JKの制服で白いパンツ丸見えで脚を広げて座っている

こんなのも私のコスプレですよ!

↓こんなのも自分ですよ!あ!可愛い!(自分で言うな!)
セーラー服で真正面を向いて綺麗な脚をそろえて座っている

↓これとか、最高に可愛いすよねえ(ナルシストもいい加減にしろ)
デニムのショートパンツで後ろ向きで片手でお尻をまくっている

何で、こんなことを言っているかと言うとですね、今、私の頭がパニくっているからです。

これからお話しすることはブロガーの人はわかると思うけど、でも、ブロガーがこのブログを読んでいるとは全く思えないし、一般の人に対しての説明をしなくちゃいけないと思うんですが。

一般にブログの読者さんはどこからいらっしゃるかと言うと、アンテナサイトさんや、リンクしてもらっている他のブログ様からとか、ツイッターなどのSNSからなどがあると思うのですが、今、私のブログはネットの検索から来てくれる読者様が圧倒的に多いです。

ネットで何か『エロいワード』で検索した方がここに来ることが多いということです。

で、検索のシステムはグーグルとかヤフーとか色々ありますが、その中でも私のところにいらっしゃるのはグーグルさんがダントツです。

一番の得意先?です。

で、ネットのサイトというものは、グーグルから評価してもらえると、より検索してもらいやすくなります。

検索してもらいやすくなるとは、例えば、なんでしょうなあ、まあエロに関係ないけど『一週間で痩せるダイエット』など、何か一つの言葉をネットで検索した場合、色々なサイトさんがズラッと出てくると思うのですが、グーグルに高い評価されているサイトは、上の方に表示してもらえるんですねえ。

そうすると、当然、読者が大勢来てくれやすくなります。

で、私もこのブログを始めて2年半、だんだんグーグルの検索から来る人が増えてゆきました。
右肩上がりで。

しかし、つい先日、突如、ガクーン!と、グーグル検索から来る読者数が減ったのです!

急に3分の1になったんです。びっくり!!(・・・・・・※後日追記、その後すぐに10分の1になる※)

で、なんでだろう?
グーグルに評価を下げられたのか?と思ったのです。

でも、さっき申した、”検索で上のほうに表示される順番”は、私は、以前より下がってないのです。むしろ上がっているのです。
なのに突然、来る人が3分の1に減ったってどういうこと?

てことは、つまり、もしかして、私だけでなく、ネットのエロというジャンルの全体の評価が下げられたってことかもしれない?
いや、理由はグーグルからは全く教えてもらえないので正解はわかりません。

急に評価を下げられる理由は、一般的には色々あって全部はここには書きませんが、ここ数日、なんでだろう?と私はグルグル悩んでますた。

ひとつ思ったのが、
『読者が求めてきたものと違うことが書いてあるサイトである』
とグーグルに判断されたのか?
それをグー様はとても嫌っているみたいだから。

またあるいは
『悪いことをしているサイト?とか、悪いことが書いてあるサイト』
などのように判断されてしまったのか?

で、私はグルグル悩んでいるうちに自分のブログは”違法なサイト”と思われているかもしれないなあと思ったのです。

1.違法なことをしているブログは評価が下がる!問題


このブログは悪いことはしていない!!

この主張が、この記事の題名であり、冒頭の話になります。
私は、決して、女子高生を雇って写真撮影はしていないですよ!!全部、自分の写真しか使ってないんですよ。

だからあ、お前は別に全然JKに見えないからソコは大丈夫だよっ!!

あ、そう?

そうなの?

そして、ここまで書いてて思った!!気付いた!

ああ!!ちょっとまて!
もしかして?
逆?
そっち?
そゆこと?

ワードで女子高生や、若いコの話目当てで、読者が検索してブログにたどり着いてみたら、あら!おばさん大人の女性のブログだったのね?という、そういう意味でのサギ的悪質サイトと判断されたってってことお?もしかして!

そっちかーい?!



じゃ、次はそういうウソつきサイトの場合の評価が下がることについて考えましょう。

2.読者が『見たかったもの』とたどりついたブログの『内容』が違うと評価が下がる問題について


こりはありうる。

こりは反省しているのですが、このブログは『経験談とフィクションのエロブログ』っつっているのに、最近、富にエロくない記事をチョコチョコ挟んでいる。
これは全くの反省です。
でも、そういう場合は冒頭に「すいません。今日の記事はエロくないです」って言ってるけどね。

でも、そういうのは多分、グーグル的にはダメだと想像するのですね。
”看板に偽りありは許さん!”ってことをよくグーグルは言っているような気がするんですわね。

読者がエロを求めてきたのに、ブログにたどりついてみたら、『今日はエロくないです。すいませんです!!』じゃねえや!!ってことです。

もしもエロくないことが書きたいのであれば、エロブログって名乗るなってことです。
”雑記ブログ”とかに看板を書き変えろってことです。
エログちゃんねるとかに登録してもらうなってことだと思うのです。

これは明らかに読者の期待を裏切っています。反省すべき点です。

どういう理由で、グーグルの評価が下がったのかどうかは、サイト運営者には決して教えてもらえないので、全くわからないのですが、『読者に対してよくないブログ=評価できないブログ』と判断するということだけは、グーグルは明言してます。

反省です。

って、そう言っているこの今日の記事もエロくないじゃんかよ!!


ま、以上のことは、そういうところは、全く私の反省すべきとこなんですけど、でも、ちゃんと自分が全力込めて、ちゃんとエロいことを書いた記事については、私にも反論したい部分があります。

グーグルは、記事の題名と内容が一致しているものを高く評価しているようです。

でも私は微妙に、記事の題名と内容が違うことがある。

でもしょうーがないんですよ。
ここは、お役立ちブログでも、賢い知識を得るためのブログではないんだから。

エンタメなんすから!
ましてや、最初の方は私の経験談だったけど、途中からフィクションなんすから!
文学物語なんですから!

なるべくバシッとした題名にはしたいけど、芸術物語ってそういうもんじゃないでしょ?

主旨をズバッと題名に書くよりも、そこはかとなくの、題名のがいいんだよ。
好きなんだよ。私は!

わかんないかな~そこんとこのニュアンス?

また私は、どっちかというと、最後まで読者には黙ってて隠してて、オチでどんでん返ししたいのに、グーグルの評価は多分、そうではない。
どっちかというと、オチっていうか本当に言いたかったことをズバリ最初に題名につけて、先にばらしちゃった方が「ちゃんとしているサイト」と評価されている気がします。

なんていうか、グーグルの検索の評価って物語向けじゃないんじゃないかな?と思う。

今回、私、このブログの全記事の閲覧時間を調べました。
(これもグーグルのシステムで調べられるんですが)

そうしましたら、結構どの記事も充分な時間を読まれているんです。
読者さんは、ちゃんと読み切ってくださっていると思うのです。

それって、読者さんの評価としてはいいってことじゃないの?
もしかしたら、最初の題名への期待と違ったかもしれないけど、期待を裏切るのが物語でしょう?

読み始めたら、意外に面白くて最後まで読んでくれたんじゃないの?と思うのですよね。

でもしょうがない。
グーグルが世に五万とあるサイトを一つずつ見て、内容を読んで判断しているわけではないからね。

多分、機械的に判断しているんだと思う。
題名と同じワードが記事にも書いてあるかとか。そういうのね。

世間はAI、AI叫んでますし、『いずれ人間の仕事がコンピューターに取って代わられる』とか言ううちの親達などの人もいますけど、私はまだ一回もそんなこと思ったことない。(自分の本業においてもここでも)

AIはまだまだ、まだまだ、まだまだ、ポンコツだなあっ!!
早く人間にとって代わるくらい成長してほしい!!

としか、私は思ったことしかありません。
自分の本業においてもここでもです!!
(どんだけ上から目線?)

チエックの制服でブラウスを脱がされかけて寝転がっている
次は

3.エロは悪いのか?問題について


法的にはもちろん、道徳的にも悪いことを書いているサイトはもちろん評価は下がるでしょう?

さて、エロは悪いことなのか?
悪くないことなのか?

私はエロは人々に需要もあるし、ネットにとって絶対になくてはならないものだと思っています。

私のこのエロブログはグーグルさんのシステムに色々登録させてもらってますし、そこで排除されたことは一回もないし、今までは私の検索もどんどん上がったし、グーグルは”アダルトジャンル”をそれなりに評価しているって、きいたこともあります。

しかし一方では、グーグルの削除かなんかの規定のところに
”アダルト コンテンツであることが明白であれば、Google 検索結果から除外されます。”
とあります。

”アダルトコンテンツ”って何?
どこまでがよくってどこからダメなの?

しかしその明確な判断基準は示されていません。

これを昨夜、寝るときに考えて私はすっかり暗い気持ちになりました。
先ほどの”強気”も失せました。

さっき2番の最初の方で申した、『エロブログ』を名乗るなら『ちゃんとエロを書いたほうがいい』の考えは吹っ飛んでました。
夜は考えが逆になってました。

やっぱり、ネットでエロいことを書くのってことが、そのこと自体がそもそも”悪”なんだろうか?
って。

最近、コンビニからエロ本撤去とか、違法AVのアップロードサイトがAV業界から注意されたりとか(あれはエロが悪いんじゃなくてパクリが悪いんだけど)、あと、犯罪者が登場する映画はお蔵入りとか、そんな世間の厳しい最近のニュースも頭に思いうかんできてしまって、私は追い詰められていきました。

え?
考えたこともなかったけど、私って悪だったの?
私って反社会的な人だったの?
これから社会に排除されるの?って。

怖くなって、最後
「もう!明日、エロブログやめようかな!」
とさえ、思ってしまいました。

そして寝ながらうなされました。

夜って怖いわあ。どんどん暗い方向に気分が向くわあ。

でも朝になって少し元気になってこれを書いてます。

やっぱ朝っていいわあ。

私のやっていることは悪くない。
ただのエロエンタメ。
人々に”エロ悪いこと”をすることを推奨しているのではない。
バーチャルのエロで、現実の世界でできないエロ妄想発散をここで晴らすためのエロエンタメ。

自分にそう言い聞かせて、明日からはまた明るくいこうと思います。

-------------------------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉


関連記事
最終更新日2019-09-03
Posted by huugetu

Comments 0

There are no comments yet.

コメント