Welcome to my blog

プロ野球観戦のあとに野球女子とエッチの交流戦

huugetu

huugetu

ファンの間では有名 野球女子、OLおサセちゃんの交流試合


チアガールの恰好で膝を立てて股を少し見せている
母とテレビのバラエティ番組を見ていたときのことです。
昔は有名だったらしい女性タレントさんが出てきました。私は名前も知らない人でした。

司会者が
「昔は大変、奔放な女性と言われていらっしゃいましたが・・・」
と、その女性タレントを紹介しました。

「へー。どんな人だったの?」
と私は母に訊きました。

「うーんん。なんて言うか、ホントかどうか知らないけど、おサセちゃんっていう噂だったわ」
と母が答えました。

「何?おサセちゃんって」
と私はききました。

「男の人に誘われるとすぐについて行っちゃう女性のことよ。
複数の男性とふしだらな関係を持つ人のことよ」
と母。

「ああ。ヤリマンって意味かあ?」
と私。

「下品ねえ!その言葉、お母さん大嫌いよ」

「でも、”おサセちゃん”っていうのも、なんかいやらしくって古臭くって変な言葉じゃないのよ!」

母とは仲がよく、一緒にテレビを見たり話もよくします。

私はプロ野球が大好きなので、同じく野球好きの母といっしょにTV野球観戦もします。

そんな母にきいた話ですけど、母が女子高生のころは、プロ野球は今ほど女性に人気がなかったようです。

サッカーが日本ではそれほど人気のなかったその時代、男の子やおじさんたちにとっては、野球は絶対的なスポーツだったらしいのですが、女性で好きな人はあまりいなかったそうです。

母は、当時珍しいプロ野球が大好きJKだったようです。

女子高だった母のクラスには、テレビで野球を見ることが好きなクラスメイトは一人だけいたらしいです。
その友達は球場での実際の観戦にも、一回だけ付き合ってくれたそうです。

しかし、その人は球場に一回行ったら、もう2,3年は行かないでもいいや、その一回で、もうお腹いっぱい、満足、・・・な感じだったそうです。

また、母の父(私のおじいちゃん)や男兄弟(おじさん)に連れられて見に行く試合は、母の好きな方のリーグじゃなかったそうです。

しょうがなく、JKの母は、よく一人でナイターを見に行ったそうです。

「へえ、おばあちゃんがよく許したね」

「野球観戦は悪い遊びだとは思っていなかったみたいよ。おばあちゃん」
と母は言いました。

それに甘えて、母は一度ナイターの後にも、遅くまで球場の関係者入口でずっとウロウロしていたんですって。

誰か選手が出てこないかを待って。

そうしたら、終電近くになって、そこのチーム一の大投手が一人でトボトボ出て来たんですって。

私でも知っている有名な大投手です。

母はその大投手と握手してもらったそうです。

周りには、客もファンも関係者も、誰ももういませんでした。
母は大投手と二人きりでした。
そこで立ったまま、しばらくお話をしてもらったそうです。

「30分くらいお話してもらったかなあ」
と母は言います。

「うっそでしょう?
いいなあ!!
今、そんなことありえないわ!」
と私は言いました。

「そのとき、周りにお母さん以外、誰一人いなかったわ」
と母は言いました。

「じゃ、じゃあ、もしそこで誘ったら、デートとかするチャンスもあったんじゃないの?」
と私がきくと、
「そーかもね。
でもお母さん、別にそういう感じで応援してたわけじゃなかったから」
と母は言いました。

いいなあ。
選手と会いたいなあ。
そんなことがあったら、私だったら絶対誘っちゃうのになあ。

「あ、でも、よくお母さん、女子高生のときにそんなお金あったね。
一人でプロ野球観戦なんてさ。
私なんて会社に入ってからよ。
しょっちゅう球場に行けるようになったのは」
と私がきくと
「お母さんの好きなリーグは、昔めちゃくちゃ安かったのよ。
ナイターで、外野の自由席が300円くらいだったかな。
アハ、球場にゆく交通費より安かった。
あらかじめ買わなくっても、フラッと行けばいつでも入れたし。
しかもそのリーグ、お客さんガラガラだから、7回くらいから自由に高い内野席の方にも移動できたのよ」
と母は答えました。

「ひええ、そうなんだ。
私の好きなアリババズの今の試合の何分の1の値段!」

チアリーダーの衣装で片脚を曲げて踊っているようなポーズ

この前、会社の先輩女性たちとの女子会で
「男の人の仕草で好きなのなあに?」
という話になったときに、
他の人が
「ワイシャツを腕まくりしたときに見えるたくましい腕!」
とか
「ネクタイを緩ませる仕草。」
「きゃあ、やだあ!それってこれから何するところなの?」
とか
「車でバックするときに助手席に手を置いて、後ろを向く恰好!」
「わかるう!」
などと話しているときに、私は
「出塁されたときに、ピッチャーがセットポジションでランナーをチラ見するところ!」
と答えて、みなさんに大笑いされました。

「ナニそれ〜?アユちゃん、変〜!!」
どなたにも同調されませんでした。

しかし、会社に2名だけ、私の好きなプロ野球チーム、アリババズの熱狂的ファンの女性を私は見つけていました。

職場が違ったので、なかなかスケジュールが合いませんでしたが、その人たちとは何回かいっしょにアリババズの応援に行きました。

そのうち、球場では新たにお友達もできました。

可愛いアリババズのレプリカのユニホームを着た女性たちでした。
いろんな試合で、ちょいちょい顔を合わせた人たちです。

アリババズの打者にホームランが出たり、投手が三振を取ったりすると、見ず知らずのファンたちともハイタッチをしあって、抱き合って喜びます。
そんなことをしているうちにお友達になったのです。

もう会社の人と一緒じゃなくても、一人でいつでも球場に行くことができるようになりました。
どの試合にも彼女たちの誰かしらは必ずいるからです。

あるとき、また会社の人と球場に見に行ったときに、アリババズの感動的な逆転劇がありました。

興奮冷めやらぬレプリカユニホームの女性たちが
「この後、飲みに行かない?
今日の話しましょうよ」
と私たちを誘ってきました。

私の会社の人は、もう遅いから帰ると言いましたが、私は彼女たちとご一緒することにしました。

レプリカユニの彼女たちは、男性のファンの人たちのことも誘っていました。
ファン同士の飲み会。
とっても楽しかったです。

いつかの会社の先輩との女子会とは異なり、私の様々な発言は
「そうそう〜!!わかってるう!」
「あるある〜!!」
と共感を呼びました。

特に居酒屋で隣の席に座った男性ファンとは、一押しの選手も一緒で、とても話が合いました。

「このあと、二人だけでもっと話をしない?」
男性ファンにそう言われました。

私は母に電話をして「今日、会社の同僚の家に泊る」と伝えました。

そう。私はその男性にお持ち帰りをされました。

大好きなプロ野球選手とデートしたりエッチするのが無理でも、その選手のことを連想させてくれる人とエッチをするのは、気持ちよかったです。

私は、男性ファンに覆いかぶさられ、出し入れされているとき、まるで選手に抱かれているような気持ちで、大きな声を上げて感じてしまいました。


また、アリババズが情けない負け方をしてしまったときです。
レプリカユニの女子たちに
「行くわよ!アユちゃん。
この後、緊急反省会よ!」
と言われて、また飲み会に行きました。
また、違う男性メンバーが飲み会の席にはいました。

この日手痛いミスをしたのは、私の2番目押しの選手でした。

飲み会で散々、ファンたちにこきおろされる選手。
皆さんの言っていることはわかるけど、でも私はその選手に同情的スタンスでした。
皆さんの意見をきくのは辛かったです。
歯をくいしばり、黙って皆さんの話を私はきいていました。

そのとき、
「たった一回のミスでそんなに責めるなよ。
今まで、彼の働きで、どれだけチームが助かったか覚えていないのか?」
と発言した男性ファンがいました。

「あなた、今、いいこと言いました!!」
と私は叫びました。

その男性ファンにまたお持ち帰りされる私でした。
今度は抱き合って座り、下から突き上げられました。

「あん!あん!」
下から激しく突き上げられつつ、でも優しく抱きしめられ、私はイッてしまいました。


アリババズの負けがちょっと続いて調子が悪くなると、監督の采配についてファンの間でも意見が分かれました。
私は、レプリカ女子のお一人とも意見が対立してしまいました。

球場で、攻守交替の時間にその女子と私が意見の相違を述べ合っているときに、後ろの席の見知らぬおじさんが口を挟んできました。

「監督は間違っていない。
今は辛抱のとき」
と、そのおじさんは言いました。

おじさんは、お一人で来ている熱狂的ファンのようでした。

私は、おじさんと話が合ってしまいました。
その日のレプリカ女子たちとの飲み会には参加せず、私はそのおじさんを誘って飲みに行ってしまいました。

そしてお持ち帰りされました。

おじさんの上に乗って、腰をグラインドさせる私でした。
「いいぞ。いいぞ。
そう・・・もっと・・・上下にも動いて・・・いいぞう!」
おじさんにそう言われながら、私はおっぱいを揺らしながら、腰を動かしました。


やがて私は、アリババズのファンの間で、自分が『おサセのアユ』と呼ばれていることを知って、ショックを受けました。

試合観戦にご一緒した会社の人が教えてくれたのです。


私は、少し試合後の飲み会は控えました。


「アユちゃん行こうよ」
今や、男女問わず、大勢のファン仲間が出来た私でしたが、飲み会を断り、試合が終わるとまっすぐ家に帰るようにしました。

そんなある日、両者、逆転に次ぐ逆転、ファンじゃない人が見ても、きっと超おもしろかったであろうシーソーゲームが、アリババズ×アリゲーターズ戦でありました。

試合観戦後に、誰かとその話をしたくてしょうがなかったのですが、飲み会はやはりやめときました。

うちに帰ってお母さんに話をきいてもらおう、そう私は思いました。

帰りの電車で、その日の試合について夢中で話をしている男性二人組がいました。
私は耳をそばだてました。
どうも、アリゲーターズのファンのようです。

でも時々
「アレは敵ながらあっぱれだったよな」
とか、アリババズの選手のことを褒めてくれます。
ポイントをついています。
よくわかっている人たちですなあ〜。
私は思わず、微笑んでしまいました。

そのうち、私がお二人の話を盗み聞いて笑っているのが、バレてしまったようです。

「もしかして、あなたも●△球場で、試合見ていたんですか?」
男性二人組に、私は声をかけられてしまいました。

次の駅で途中下車して、私たちは飲みに行ってしまいました。

はい、その後、私は敵チームにお持ちかえりされました。

とうとう、私はファン同士の交流戦までやってしまいました。
しかも2対1で・・・。

私は、その夜、四つん這いで後ろから一人に腰を動かされながら、お口でもう一人のモノをしゃぶっていました。

「う・・・う・・・う・・・」
感じてしまって声を出したいのですが、お口がいっぱいで声が出せませんでした。
「あう・・・う・・・う・・・」

そのあと、後ろの中と、お口の中に同時に放出されました。

こうなったら、もうやけです。

もうすぐ、本当の野球の交流戦です。
そこで、違うリーグのファンの人たちともお手合わせしてみようかしら。

こうなったら、12球団のファン全てとやるという、完全試合達成を私は目指します。

------終わり-------------


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉






関連記事
最終更新日2019-10-19
Posted by huugetu
OL

Comments 0

There are no comments yet.

コメント