Welcome to my blog

huugetu

huugetu

好きな女そっくりのダッチワイフを作ってもらった


ピンクのビキニで四つん這いになっている
みえ子は会社の同僚の竹内が好きだった。

でも竹内は少し変わりものだった。

仕事はできるが、あまり女性と親しくなりたがらない男だった。


竹内は特にみえ子と話すときはいつも少し目を伏せていた。

そして、いつも早く話を切り上げよう切り上げようとしていた。

若い女が苦手なようだった。

そのくせ、竹内は自分の机のPC画面には堂々と大きく、スタイル抜群の金髪の外国人女優の写真を貼っていた。


みえ子は思った。

「何よ!
自分は日本のそんじょそこらの若い女には興味ないってフリして。
セレブ外国女優しか相手にしないって顔してて!!
ホント頭に来るわ。
本当は私のこと好きなクセして!意識しているからこそ、私を面と見れないのでしょう?」

それはズバリだった。


*****

竹内は安いダッチワイフを持っていた。
顔のついてない、体の部分だけのやつだ。

そしていつも竹内は大体3パターンの女性を想像して、ダッチワイフを抱いてオナニーをしていた。

1パターンは、竹内の大ファンの外国人セレブ女優を想像して。

2パターン目はその日、街や会社やテレビで見かけた”ラッキーエッチ”をネタにして。

”ラッキーエッチ”というのは、例えば、街で思いがけずに、スカートが風に舞った女性を見てしまうなどのことをいう。
また、他は例えば、会社で女の子が、下を向いてかがんだときに胸元が上から見えたとき。
白いブラジャーが少しと、そこからはみ出る女の子のお乳が少し見えたとき。
そんなとき、しっかりとそれらを目に焼き付けた竹内は家に帰って、その女性の様子を思い出しながらダッチワイフを抱く。


竹内がダッチワイフを抱く3パターン目は、会社の同僚のみえ子を想像してやる。


フワフワの髪をした可愛いみえ子。Cカップくらいのおっぱいで、柔らかそうな身体のみえ子。

いつもみえ子の前ではクールにふるまっている竹内だったが、実は、しょっちゅう想像で彼女を犯している。

みえこ!みえこ!

そう心で叫びながら、竹内は顔なしのダッチワイフを抱く。


顔はないが、ふっくらした胸のあたりや、股間の穴などは結構、ちゃんと作られているダッチワイフだった。
サイズ的にも、胸を触りながら、ちょうど男性器がダッチワイフの股間の穴に入るサイズになっている。

ダッチワイフにしがみ付きながら、竹内は想像の中でみえ子を犯した。

竹内はダッチワイフの胸を揉みながら、目をつぶってみえ子のおっぱいを想像する。


「あ・・・いや・・・ダメ。竹内さん・・・」
みえ子が可愛い声で恥ずかしがる。


「いやあ。いやあん!」
想像の中で、竹内は真っ赤になって身体をよじるみえ子の乳首を触る。


「だめェ・・」
そう言いながら、みえ子は下も脱がされてゆく。・・・ところを竹内は想像する。


竹内に下着をはがされて、薄い繁みが見えてしまって、みえ子は恥ずかしがって手でそこを隠す。

その手を竹内は、どかす。

竹内にそこをいじられて、泣きそうになっているのか、感じているのか、みえ子が身もだえる。
かわいい顔をゆがめつつ、おっぱいを揺さぶりながら。


そして、竹内はみえ子のアソコに(ダッチワイフのアソコに)自分の男性器を突っ込む。
「あっ!あっ!ダメ!いや〜っ!」
みえ子のすでにヌルヌルのあそこには(ローションでヌルヌルのダッチワイフのアソコには)竹内のものがズブズブと入ってゆく。


「みえこ!みえこ!」
竹内は夢中で、ピストン運動をする。


「あ・・・あ・・・あん!あんん!!あああんっ!!」
最初は恥ずかしがっていたみえ子が、よがり声を上げ始める。


「あああん!あああん!!」
みえ子が、快感に叫ぶ姿を見ながら、竹内は腰を激しく動かす。

「みえ子、出すぞ!!」

そして、竹内はみえ子の中に(ダッチワイフの中に)放出する。

「あああん!だめええ!」
みえ子はダメと言いながらも、竹内の背中に一生懸命しがみついて竹内の液体を受け入れる・・・(想像)。



竹内の叔父はダッチワイフ製造会社に勤めている。
本当は、叔父の会社の製品は『ダッチワイフ』とは言わない。『ラブドール』と名付けている。

その叔父に竹内は、安い顔なしラブドールをもらったのだ。

叔父の会社はもっと人間そっくりのラブドールも十何万円とか何十万円で販売していた。
叔父の会社は、肌質といい、顔の表情といい、人間にかなり近づけた人形を作る技術を持っていた。

また、客の好みに合わせて、身長も150センチ以下からモデル級の170センチまで幅広く作っていた。
体形もスレンダーからグラマーまで、顔も幼いのから、大人っぽいのまで各種あった。


30半ばで嫁も彼女もいない竹内には、実は結構、貯金があった。

竹内はある日、叔父に頼んだ。
「オーダーメイドで僕好みのラブドールを作ってほしい。」

叔父には、恥ずかしいことでも言えた。

叔父はラブドールを求める男に対して、ニヤニヤしたり、冷やかしたり、バカにしたりする態度を決してとらない人だ。
真剣にラブドールの普及と品質の向上を求める人だった。

叔父は言った。
「本当に一から真面目にオーダーメイドで作ったら期間も1年近くかかるし、費用も、外国の高級車や、小さな家が買えるくらいのコストがかかるんだぞ!」

「100までなら出せます!」
と竹内は言った。


こういうことになった。

「よしわかった!
親戚特別価格だ!
でも、身体は既存の型にさせてくれ。100じゃ、そこまでは無理だ。
顔と髪型だけは、なるべくお前のお好みにあうやつにしようじゃないか」

叔父はそう言った。

竹内は、外国セレブ女優ではなくて、みえ子の顔写真を叔父に渡した。


と言っても、竹内はみえ子に直接、写真を撮らせてもらったことなんてないから、会社の同僚が大勢で写っている何かのときの集合写真だった。


その写真は古くて、今と違って、みえ子がロングヘアのときの姿だった。


ホントは今の茶色い軽いセミロングのフワフワした髪のみえ子が竹内は好きだった。


竹内はみえ子の隣に写っている「田中さん」の顔を指さした。

田中さんはおばさんだが、素敵なフワフワの茶色のセミロングだった。

「顔は、この若い子の顔で、できたら髪の毛は隣のちょっと年上の女性の人の髪型でお願いしたいんだ」
と竹内は叔父に言った。


「わかった!」
と叔父は力強く言った。



それから10か月後、竹内は叔父にみえ子型ラブドールをもらった。(90万支払って)

しかし、出来上がったラブドールを見て、竹内はびっくりした。

確かにラブドールは見事だった。
体のボンキュッボンが現実離れしていて(叔父の会社の既存の型だったのだろう)、現実のみえ子よりスタイルがよかったくらいだし、顔はみえ子にそっくりだった。


しかし、髪型が違った!

ラブドールはみえ子顔でありながら、髪型が、さえ子という少しだけ先輩社員の髪型になっていたのだった。


竹内が渡した集合写真のみえ子の右隣の田中さんは、竹内好みのユルフワパーマのセミロングだった。


でもみえ子の左隣のさえ子は、竹内のあんまり好きじゃない『真っ黒ストレートヘア』だった。


叔父さんは、髪型について、みえ子の右隣と左隣を間違ったのかよ!


まあいいや。

髪型なんて結構どうでもいいか。


顔がかわいいみえ子にそっくりだから。いいか。

そう竹内は思ってあきらめた。


ただ、さえ子の髪はかなり特徴があった。


さえ子は真っ黒のツヤツヤの髪でストレートだ。

おしゃれなおかっぱだった。ショートボブっていうのか?

かなり特徴のある髪型だった。今は茶色のユルフワが多いのに。ストレートの黒髪と言えば、竹内の身近では、さえ子以外の女性はいない。

真っ白で細面のシャープな美人じゃないとチャレンジできないような髪だ。
まあさえ子にはそれが似合っていたが。


「実際、僕も2,3回は、さえ子さんをおかずにしてオナニーしたこともあったから、いっか。」
と竹内は思った。


まあるい目とふっくらした頬のみえ子の顔には、シャープな黒髪ボブはちょっと似合わなかったがまあいいや。
いいとしよう。と竹内は思った。


竹内はその夜、みえ子型ラブドールを抱いた。


そしてみえ子ドールの可愛い柔らかい精工な唇にキスをしまくった。

「みえ子!!」
竹内はいつもより興奮した。


そして、みえ子ラブドールのおっぱいも、今までのダッチワイフと違って、実に人間の肌に近かった。

柔らかくて弾力があった。叔父さんの会社の技術はすごい。

「みえ子〜!!」

ピンクの乳首も、ピンクのアソコもしっかり作ってあった。

そしてその日はラブドールのアソコで出し入れした後、みえ子ドールのお口にも性器を押し込んで、ピストンさせた竹内だった。

みえ子そっくりのお口で擦ったあと、みえ子そっくりの顔に向かって竹内は精液をぶっかけた。

さえ子そっくりの黒髪にも少し精液が付いてしまって、行為のあとは、あわてて竹内はドールの黒髪を水道で一生懸命洗った。



*****


そんなある日、会社の仕事の残業が深夜まで及んでしまったことがあった。


独身の竹内は会社から歩いて20分のところに、小さいマンションを借りて住んでいた。

終電がなくなったときに、よく遠くに家を持っている会社の妻帯者の同僚が竹内のマンションに泊りにきた。


この日は、仕事で遅かった大勢の同僚が竹内の部屋に押しかけてきた。


明日は休みだったし、もう帰るのが億劫だし、タクシー代ももったいないということで、同僚が4人も竹内の家に来てしまった。


同期の男一人と、田中さんとみえ子とさえ子だった。


「ごめんねー。始発まで待機させてくれればいいわあ」
と年配女子の田中さんは言った。


まあ、みんなが座ってくつろぐくらいのスペースは竹内の部屋にはあった。


しかし大変な事件が起きた。

同僚の男が勝手に竹内の部屋を押し入れを開けたのだ。


慌てて押し入れを閉めた竹内だったが、そこに隠していたラブドールを皆に見られてしまった。


見てみぬふりをするみんなの中で、みえ子だけは、竹内から顔を背けたあと、小さな声で「気持ち悪い!変態!!死ねばいいのに!!」と言った。



竹内は落ち込んだ。


自分そっくりの顔の人形を持っていた竹内に対して、みえ子が気持ち悪いと思うのは当然だ。


いや、ダッチワイフなんか持っている男というだけでみえ子的にはアウトだったかもしれない。



竹内は落ち込んだ。


その後、何日も落ち込んで、みえ子には無視されて過ごしていた竹内は、あるとき、さえ子に声をかけられた。


竹内はさえ子に「最近、なんか落ち込んでんじゃん。飲みに行こか?」誘われて飲みに行った。


女性と二人なんて決していつもは飲みに行かない竹内だが、ガックリして力がなかったので、ヨロヨロと誘われるがままにさえ子についていった竹内だった。


居酒屋でさえ子は竹内に言った。

「落ち込まないで。」

ああ!!!その話はしないでくれ!ほっといてくれ!と竹内は思った。


「よくあることじゃないの?男なんだもん。そんなの持っていても当たり前じゃないの?あたしは軽蔑してないわ。」

竹内は何と答えていいかわからなかった。


しかし次にすぐに
「いえ!やっぱり少しは軽蔑しているかも」
とさえ子は言った。

ええ?やっぱり??何なんだよ!
と竹内は思った。


「あなたが勇気がなかったところには少しガッカリだぞ!」
とさえ子は笑いながら言った。


「勇気がなくって言いだせなかったのね?弱虫さん!
だめよ!男でしょう?」
とさえ子は言った。

は?


さえ子は続けた。
「本当はね・・・・。私・・・嬉しかったわ」

???


「私に言いだせないからって、私にそっくりな人形をあなたがこっそり持っていたなんて・・・」


****

勘違いから生まれたことではあるが、まあいいやと竹内は思った。

竹内は今、さえ子とラブラブで付き合っている。
セックスもさえ子としている。

竹内はラブドールをすぐ叔父に引き取ってもらった。

「やだあ。処分しなくてもいいのに!もう一回見たかったな。私にそっくりなあのお人形さん」
とさえ子は言った。

竹内は
「本物が手に入ったんだから、もうドールはいらないんだ」
と柄にもなく、そんな言葉を言って、さえ子を抱きしめた。



そのころ、みえ子は傷心だった。
「ショックだったわ。竹内さんが、さえ子さんにそっくりな人形を持っていたなんて。
絶対に私のこと好きだと思っていたのに、私の勘違いだったわ。
あの時は、ショックで、悔しくって竹内さんを傷つけるようなことを言ってしまったけど・・・」


顔よりも、インパクトの強すぎた”さえ子髪型”により、「ドールはさえ子がモデル」だと、みんなに認識されたようだった。

------終わり-------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉








関連記事
↓こちらは広告です






Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー  

勘違いから 生まれた恋?

自分に 似た人形が 出てきたら 女性って 嬉しいのだろうか?

2017/10/18 (Wed) 22:30 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

そこから考えたの。

相手と場合によるかね?
3種類かなって?

1 気持ち悪い。
2 嬉しい。
3 そんなの相手にあなたのエネルギーを使わないでよ!馬鹿!そのエネルギーはこっちに回してよお!もったいない!

2017/10/19 (Thu) 07:20 | EDIT | REPLY |