おフロに入らせて?~軽いエッチな話~

エロフィクションシリアスもくじ

(エロフィクションシリアス)目次危ない熟年不倫カップル①危ない熟年不倫カップル②ダブル不倫相手との悲しかった別れ(始まり)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘(結末A)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘(結末B)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘〈ページの先頭に戻る〉〈最新ページに行く〉〈索引ページに行く〉〈女性の特徴別検索に行く〉...

ダブル不倫相手との悲しかった別れ

実話なんです。配偶者とも浮気相手ともお盛んな二人私の夫婦関係は半分、破たんしていた。一緒に暮らしてはいたが、夫に対して私はもう心がなかった。夫が私に黙って大きな借金を作っていたことが発覚したり、私に一言の相談もなく安定した会社をやめてバイトみたいな仕事を始めたりしたことが、私から夫への信頼を失った。私は自分の勤める会社に好きな人ができた。いつしか、私は2週に一度くらいはその人とセックスをするように...

危ない熟年不倫カップル①

若いころラブレターを渡した彼女と再会僕が久しぶりにLちゃんと会ったのは平日の昼間の繁華街だった。僕の職業は休日が最も忙しいので、休みは平日に交代で取るのが普通だ。しかしLちゃんは、土日が休みの普通の企業勤めだった。いや、Lちゃんの仕事は営業だったので、平日の昼間に繁華街をウロウロすることは、あってもいいんだろうけど、その日のLちゃんの服装はラフなだらーんと長いノースリーブのワンピースだったのだ。真...

危ない熟年不倫カップル②

ズブズブはまり込んでゆく危険を感じる★これまでのお話 はこちら → ★危ない熟年不倫カップル①その後も、僕たちは何回もセックスをした。最初のときは興奮してLちゃんに生で出してしまったが、その後は気をつけて、外出しをするか、いや、できたらなるべくラブホに置いてあるコンドームをちゃんとするように僕はなった。僕とLちゃんはラブホテルで一緒に風呂にも入った。湯舟の中で向きあって抱き合って、僕たちはいちゃいちゃ...

(結末B)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘

俺がそんなにモテるわけない★これまでのお話 はこちら → ★(始まり)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘悲しい話が嫌いなあなたの選んだ結末Bパターン東京の下町の大きな河原で、桜ちゃんの死を僕に告げたあと、アッコちゃんはひとしきり泣いた後、やがて泣き止んだ。ご両親の意向でお葬式には僕は参列できなかった。当たり前と言えば当たり前のことだ。「その代わりと言ってはなんだけど・・」アッコちゃんは言った。...

(結末A)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘

彼女は本気だった★これまでのお話 はこちら → ★(始まり)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘悲しい話が平気なあなたの選んだ結末Aパターンアッコちゃんと僕は河原で抱き合って泣いた。ご両親の意向で僕はお葬式には行くことを許されなかった。その後も、アッコちゃんからはお葬式、どうだったよ、顔綺麗だったよとか、桜の可愛い写真が見つかったんで僕に見せたいとか、僕に会いたいと何度か連絡があった。僕らはよく...

(始まり)おじさんの僕が抱いた忘れられない東京のJK娘

JKとエッチしたら、その親にバレた僕は東京近郊に住んでいる。よく千葉県と張りあっている所だ。東京の北隣の県民だ。その県のさらにかなり奥の方に住んでいるが。うちの県や千葉県は東京に一目置いている人が多い。しかし東京の南隣りの県民は、まったく『東京は眼中なし』の態度をいつも取っている。彼らは、自分らのが東京都民より”おしゃれ”だと思って自信にあふれている。そんなことどうでもいいんだけど。僕はこのたび、仲良...

エロ不良社員・殺人事件⑥

熊井太郎は被害者なのか加害者なのか?★これまでの話➡エロ不良社員・殺人事件①  エロ不良社員・殺人事件②  エロ不良社員・殺人事件③  エロ不良社員・殺人事件④  エロ不良社員・殺人事件⑤俺は、自分の若い恋人(不倫な)をセクハラ委員会に送りこむのに成功した。セクハラ委員会とは、会社の経営からは独立した委員会だった。上司からのセクハラ、パワハラに悩む社員たちが駆け込むところだった。俺たち人事部員でさえも、...