女課長 目次

女課長ミニスカOLの女課長と休日出勤してセックスする女課長おシャク行脚①女課長のおシャク行脚②女課長お仕置き①女課長お仕置き②エロい女上司とセックスする方法①エロい女上司とセックスする方法②年イチの九州出張で、先方の女部長とエッチするのが楽しみ可愛いバニーガール、パイパンのうさぎちゃんを捕獲するまで①〈ページの先頭に戻る〉〈最新ページにゆく〉〈全体の索引ページに行く〉...

女課長 お仕置き①

こき使った関係者にお仕置きされる私は会議室の大きな机の上に仰向けに寝転がされて震えていました。一人の男に両手を頭の上の方に持ち上げられて抑えつけられています。もう一人の男には半分、体の上にのしかかられてブラウスのボタンをはずされているところです。私がすすめてきた社内システムの構築のプロジェクトも大詰めになり、今日は社内のPC環境のシステム系の担当者三人との打ち合わせをしていました。このシステム系の三...

女課長 お仕置き②

部下にまでお仕置きを受ける★これまでのお話 はこちら → ★女課長 お仕置き①突きだしたお尻のほうから、Aさんに股間をなでられ、私は体をくねらせて抵抗しました。乱れたブラウスからの下で、半分露出してしまっている乳房が揺れました。Bさんは私の腰を両手で抑えて、Cさんは私の肩を押さえています。Aさんの指が私の割れ目や、突起部分や穴の入口を撫でまわします。「いや!いや!いや!」ずっとそう言って泣きながら抵抗してい...

女課長 おシャク行脚①

ファンとアンチに凌辱される傲慢な仕事のすすめ方により、社内に敵をたくさん作ってきたことに最近気づかされた私のところに、メールで写真が送られてきました。私が男性器を咥えている写真や男性器を私の中に半分ほど入れられている結合部分の写真や私が男たちに抑えられて、乳房や股間をさらけ出して泣いている写真などがありました。私はメールを閉じました。あのとき、システム部門の人たちに会議室で犯されたときの写真だわ。...

女課長おシャク行脚②

お詫びのおしゃくはお口で★これまでのお話 はこちら → ★女課長 おシャク行脚①アンチの人は私の足首を掴んで足を広げました。すかさず、Bさんは私の両手を抑えて、アンチの動きを助けます私はアンチにスカートをまくり上げられました。「いやっやめて!」私は腰をくねらせて抵抗しましたがパンツはすぐにストッキングごと脱がされてしまいました。アンチは私のストッキング付きのパンツをまた、宴席の人のほうに向かって投げまし...

エロい女上司とセックスする方法①

エロいことをさせてくれそうな女上司リエさんという色っぽい女が俺の上司になった。リエさんはその昔、妻帯者との間に不倫の噂があったらしい。またあるときには、独身同士だが社内で三角関係みたいなことになっていたこともあったらしい。他、若いころは誰ともやっちゃう女だったという噂もある。なかなか性の暴れん坊だったらしい。社内でそういうことをする人間が、俺にはちょっと信じられない。学生時代の彼女とか、合コンで知...

エロい女上司とセックスする方法②

エッチする言い訳を与える★これまでのお話 はこちら → ★エロい女上司とセックスする方法①「いいのよ。今回は。システムのエラーもあったし、君たちのせいじゃない。会社がお金出すからいいのよ。遠慮なくタクシー使ってよ」とリエさんは言った。でも「課長。その考え方、どうかと思います」と俺は言った。俺はなんだか頭も疲れて、メチャクチャなことを口走っていた。「会社が負担するからいくらでも無駄にお金がかかってもいい...

年イチの九州出張で、先方の女部長とエッチするのが楽しみ

何とかパートナーの浮気を阻止しようとする人たちと、それでもする人たちここ数年、年に一回の頻度で、出張で九州に行く。相手先の九州の会社の女部長さんとは、普段は電話やメールだけで仕事のやり取りをしている。じっくり顔を突き合わせるのは、この年一回の出張時だけだ。最初の年は、出張には僕は一人で行った。初めて会ったとき、その人の可愛らしさ美しさに驚いた。少し年齢を重ねられてはいるが、十分イケる!感じの女性だ...

ミニスカOLの女課長と休日出勤してセックスする

会社でセックスする人たち「佐々木課長、また明日、休日出勤するんですか?」金曜日に、会社の僕の隣の課のミチルさんが、話しかけてきた。「うん」と僕は答えた。「そちらの課って、ホントに大変ですね~」と、ミチルさんは言った。ミチルさん、僕の所属している課の隣の部署の女課長だ。「いやいや。僕の要領が悪くて、平日に仕事が終わらないんだからしょうがない」と、僕は言った。「そちら、最近、全国会議の仕切りだの行事だ...

可愛いバニーガール、パイパンのうさぎちゃんを捕獲するまで①

女豹?ウサギ?俺は会社の中で、営業担当の仕事をしていた。営業マンになるつもりなんかなかったのに、しょうがなかった。大学を出たあと、そのころは就職難時代で、とにかく就職が大変だった。営業マンを大々的に募集していたこの会社に俺は入社した。しかし営業の仕事もやってみると、実際は結構楽しく、俺は成績を上げていった。でも俺の成績向上においては、上司の女部長の協力がでかかった。一人ではできなかった。俺を厳しく...