名器に巡り合えた僕〜ブランド好きの彼女のアソコはガバガバだった〜

人によって名器は違う「すごいな、おい」と僕は心の中で思った。先輩のプーさんと、サークルの合宿で初めて一緒に風呂に入ったときに驚いた。プーさんの男性器が巨大だったのだ。プーさんは控えめで、サークルでもあまり無駄な発言などしない、大人しい地味な人だった。しかし、どこかどっしりしてて、何かいつも自信に満ち溢れる男だと思っていたが、なんとなく納得した。大きいモノを持っている男は他の者みたいに、人生、媚を売...