Welcome to my blog

huugetu

huugetu

青いテカテカの下着でおマタを開いて座っている
男は単身赴任先で、不倫をしていた。

男は実は、妻と結婚する前に、遠距離恋愛をしていたときも浮気をしたことがあったし、以前、1年間だけ他の地方に単身赴任したときも、出会い系で散々浮気を繰り返した。

男は、妻や家族にばれることにとても気を使っていて、地元では決して浮気をしない。
その代わり、地元を離れたらガンガンやることにしていた。
身バレしないように気をつけて、仕事関係者とはしないが。

今回、単身赴任先の飲み屋で知り合った不倫相手の女には、男は自分のプロフィールはなるべく明かさなかった。遠く離れた東京に家族がいるということだけを女はきいていた。

ただ、男が知り合いのお店に一度だけ、女を連れていってしまったときに店主に
「伊吹さん。お久しぶり」
と言われてしまい、そこだけは女にバレてしまった。

女はそれまでは、男のことをニックネームで呼んでいたのに、『伊吹さん』という本名で呼ぶように変わった。


男が女にニックネームをつけられたのは、初めて会った日だった。

その日、バーで男が一人で飲んでいるときに、後ろの席に女の二人連れがいた。

女は、友達が「もう帰ろうよ」と言うのに「やだやだやだ〜。もう少し飲みたい~」と食い下がっていた。

「でもさあ。もう遅いし。私、もう飲めないし。あなたももうやめなさい」
と友達が酔った女に一生懸命、言い聞かせていた。

男は思わず、そのテーブルに声をかけてしまった。
「ご一緒しませんか?」


「飲み足りないなら私がお付き合いしますよ」
と男は女に向かって言った。


女二人は驚いた顔をしていた。


男はお友達に言った。
「安心して帰って大丈夫ですよ。あとはお引き受けしますから。
変なことは絶対にしません。飲むのにお付き合いするだけですから」

「そうしよう!あなたは帰っていいわよ」
と女は嬉しそうに言った。

最初、お友達は「絶対ダメ!」と言っていたが、時計をチラチラ見て、
「じゃあ、22時までね!23時に電話するわよ!そのときには、ちゃんとうちにいなかったら許さないわよ。」
と友達は女に言った。

お友達は男にも念を押した。
「変なことをしたら許しませんからね。」

男は、約束どおり、その日は変なことはせずに、女と1時間ほど、飲んだだけだった。
お互い、名前は名乗らなかった。女が「ひ・み・つ」と言って、教えなかったからだ。

酔った女は、ふざけて男の外見からニックネームをつけた。
お互い本名も知らぬまま、ただ、女とメールアドレスを交換することには男は成功した。

******

出会った日はお友達との約束を守ったものの、気が合った男と女は後日また会って、セックスをした。

ホテルの部屋のバスルームから、女はバスタオル一枚の姿ででてきた。

女は着痩せするタイプだったようだ。バスタオル姿になると、二の腕や脚がムチムチしていた。

男は女のバスタオルを外した。

若い張りのある乳房が露わになった。
くねった曲線の下の方にうっすらとした繁みがあった。

男は女をベッドに寝かせると、体を密着させて、口づけを繰り返した。

そして、男は女の乳房を存分に味わった。
柔らかい乳房を揉みながら、ベージュの乳首を吸うと、女は小さな声を出した。

その後、脚を大きく開かせ、男は女の赤茶色の股間も味わった。

「やん!・・・あん・・・●×△さん・・・あん!」
男のニックネームを呼びながら、女は身体をくねらせた。

男は女の赤茶色の穴に指を入れ、びしょびしょのそこの中で出し入れした。

「あっ・・!あ!!あっ!」
女は顔をゆがめて、体を揺らした。

女の愛液がとめどなく溢れ流れてきたたころ、男は身を起こした。

そして、男はそこに自分のモノを入れた。

硬いものが、ヌメヌメのそこにズブズブと入ってゆくときに、
「ああっ!・・●×△さん・・・」
と女はまた男のニックネームを口にした。

その後は、女はアンアン!言いながら、男に出し入れされていた。

女の中の壁を擦っては、奥の方にも侵入し、男は突き続けた。

「アン!・・・・アン!・・・アッ!・・・ああ!」

女は乳房を左右上下に揺らしながら、男にされていた。

女の乱れる姿を見ながら、男は女の脚を持ち上げ、ピストン運動を続けた。

男がひときわ激しく動くと、女は軽く痙攣した。
そして、女の穴が男のアソコをぐっと締め付けた。

「ああああん!」
女の足の指が反った。

その直後に男は女の中に精液を放出した。

青いテカテカの下着で足を組んで座っている

最初のセックスでは、抱かれながら男のニックネームを口にした女だったが、いつしかベッドで”伊吹さん!”を連呼する頃、女は男のことを好きになっていた。


最初は遊びのつもりだったのに、何回も会って抱かれているうちに、女はすっかり男に夢中になっていた。

かっこつけているのと、また厄介な女だと思われたくなくて、今だに女は伊吹の全部の名前をきこうとはしなかったが、本当は男のことをもっと知りたくなったし、独り占めしたくなっていた。


休日は、男が東京の家に帰って家族と過ごすか、逆に家族が単身赴任先に訪ねてくるので女とは会わない。

男は女に妻の話はしないが、子供たちの話は時々する。
男の子と女の子の子供が一人ずついると聞いていた。

休日を一緒に過ごしてくれない伊吹に女はだんだん不満を持つようになったが、彼が子供たちを大事にしていることがよくわかった。
それがわかるだけに、女は辛かった。


一人ぼっちの休日に、女は自宅のベッドに寝転び、今日は来ないであろうメールを開いて、男のメアドをじっと見た。

『YUUTAKUMIKOIZUMIIBUKI@・・・・・ne.jp』

ゆうた、くみこ、いずみ、いぶき・・・か。

女は思った。若い人はあんまりそんなことしないような気がするのだが、伊吹の年代の人はよく家族の名をメアドに入れている。
オリジナルなワードでアドレスを作るのがめんどくさいのか?それほど家族を愛しているからなのか?

女の勤める会社の先輩のお母さん社員たちも、皆、自分の名前と子供の名前をメアドに入れていた。
彼女たちは、旦那の名前は決して入れないのだが。

でも、伊吹さんは奥さんの名前もメアドに入れるのね?そう思うと、女は嫉妬心で腹が立ってきた。


”ゆうた君”が男の子でしょう?”くみこ”と、”いずみ”とどっちが奥さんだろう?と女は考えた。


その後日、伊吹と女はちょっとした喧嘩をした。
というか、女が一方的に怒っただけだったのだが。

その年の12月25日のクリスマスは平日だった。
平日は、女が伊吹を独占できるはずだった。でもその約束がおじゃんになった。

というのは、その年は天皇誕生日の12月23日が日曜にあたり、12月24日月曜日が振替休日、そして伊吹は、そこにプラスで25日火曜日を有給にして、その週末は、ずっと東京の家族の元にいることになったのだった。

女は拗ねて、怒った。

「怒らないで。君のことは大好きだよ。わかってくれよ。」
と伊吹は一生懸命、女をなだめた。

でもクリスマスを一緒に過ごすことを楽しみにしていた女は、ヒステリーを起こして怒った。

伊吹はどうしていいかわからず、とにかく必死で女をなだめた。
しまいには、
「今の天皇の最後の天皇誕生日なわけだししょうがない」
とワケもわからないことを言って。

とうとう、女はたまらずに言ってしまった。
「わかったわよ!!
奥さんに・・・・いずみさんによろしくね!!それともくみこさんだったかしらあ?!」

遊びのふりで、奥さんなど別に気にしていないような、重くない女を装ってきた女だったが、とうとうそういうことを言ってしまった。

********

それから少しして、たまたま忙しくて数日、男とメールも電話も途絶えたときに、女はまたヒステリーを起こした。

数日後、男に会ったときに女は泣きそうになりながら言った。

「あなたともしも急に連絡取れなくなったら、東京に探しに行く!ご家族たちの名前からあなたのおうちを探すから!
あなたのメアドからご家族の名前はわかっているのよ!!」


伊吹は青ざめた。
しまった!メアドに気をつければよかった。

そう言えば、以前に単身赴任して出会い系で遊びまくっていたときは、フリーメールのアドレスを使っていたのに。
うっかりした。
このコとは飲み屋で会ったときには、とにかくメアドを聞きだすのに必死で、自分のメアドのことなんて考えなかった。
不用意だった。
そう伊吹は思った。

「私、東京在中の、伊吹ゆうた君と、伊吹くみこちゃんと、伊吹いずみさんのお宅を探すから!!」
と女は言った。

伊吹は女の言葉に恐ろしくなりながらも、少しホッとした。

伊吹のアドレスは実は、以下のつもりだったからだ。

『ゆう・たくみ・小泉伊吹』

”ゆう”は、長女の名前、”たくみ”は下の男の子の名前、”小泉”が苗字で、”伊吹”は自分の下の名前だったのだった。
妻の名は入れてなかった。
最初は子供の名前だけのつもりだった。でも、アドレスはなるべく長くしないと、迷惑メールやセキュリティがどうたらと思い、しかし男は考えるのがめんどくさくなり、自分の苗字も自分の名前もアドレスの最後にぶちこんだのだった。

まさか、メアドに自分のフルネームを入れている人がいるとは思いもつかない若い女の解読は間違っていたのだ。

伊吹は安心した。

いや、ホッとするのはまだ早い。

女は、そのうち、他の分解方法を思いつくかもしれない。
--------終わり-----------
最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉




関連記事
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です

↓こちらは”広告”です





Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply