女性がちゃんと幸せにエロエロになれるために - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    

女性がちゃんと幸せにエロエロになれるために



この前のおばさんの飲み会女子会の時に、酔っぱらった一人のメンバーが『性の目覚めはいつだった?』とみんなに聞きました。


猥談をしないそのグループでは(他、猥談をするグループもある)、皆、ハッキリと年齢は言わないけど、
「普通かな」とか
「早かったかな。おませだったかな?」
と何となく答えていました。



処女喪失が20歳過ぎだった私は、
「私は間違いなくすごい奥手だったわ」
と答えました。


しかし、その日、家に帰ってよく考えたら、『性の目覚め』はもっと前、相当昔だったことを思い出しました。


セックスしたのは遅くても、『性の目覚め』というのはそういうことではないわ。



あれは幼稚園のころだわ。


私、幼稚園のトランポリンの上でトンデモナイことをしていたわ。




私の通っていた幼稚園には大きなトランポリンがあったのですが、お天気のよい日に園庭で遊ぶときにトランポリンは外に出しでもらえます。


でも使わないときはトランポリンは広いホールに置いてありました。



あるとき、私はホールにあるトランポリンの上でお友達と3人でごろごろして遊んでいました。

飛び跳ねないで、トランポリンの上に寝転がって、転がったりぶつかりあったりしてきゃっきゃっと遊んでいたのです。




その時、やがてA子ちゃんとB子ちゃんが急に動くのをやめて何かを始めました。

よく見ると、A子ちゃんがB子ちゃんのスカートをまくって、パンツの中に手を入れているのです。

B子ちゃんは笑っていました。

「な、何してるの?」

その異様な光景に私が少し驚きながら聞きますと
「C子ちゃんにもやってあげるよ」
とA子ちゃんは私に言いました。

A子ちゃんはトランポリンに横たわった私に近づいてきて、私のパンツの中にも手を入れてきました。

そして私のお股を触ったのです。

えええっ!何するの?

でも、私はすぐに

あ・・・・気持ちいい。

と思ってしまいました。


「ねっ?気持ちいいでしょう?」
A子ちゃんは言いました。


私は我に返りました。

「こんなことしちゃだめなんだよ!!」
と私は叫び、トランポリンを飛び降りるとお教室に走っていきました。


気持ちよかったけど、すぐに不快感も沸いてきて、こういうことはしちゃいけないんだ!と私は思ったのでした。


でも、もう一回だけ、またA子ちゃんとB子ちゃんが変なことしているときに私は参加してしまいました。


そのときもちょっとだけ触ってもらったら
「だめなんだよ。こういうことしたら!」
と言って、逃げた私でしたが。



でも、あれは確かに気持ちよかったわ。
でも次の瞬間に、何とも言えない不快感があったわ・・・・と、おばさん飲み会女子会の日の夜に私は一人で思いました。



今まで、すっかり忘れていたけど、あんなことしてたんだなあ?あの年で。

あれが私の『性の目覚め』と言えば、目覚めだったのかしら??


さすがに濡れることはなかったけど。


愛液が出始めたのは、いえ、自分のあそこから愛液が出ると気づいたのはいつだったかしら?




何歳だったか全く覚えていないわ。
子供だったのか、思春期だったのか?

ただ、その時の状況はよく覚えている。


夜、布団でエッチなことを私は想像していた。

でもオナニーなんてやり方も知らないし、幼稚園の頃のことなんてすっかり記憶からなくなっていたので、自分の身体に触ることもなかった。

言いましたっけ?以前言いましたよね。


私、自分の股間を触るオナニーもつい昨年までしたことないんですよ。

いつも、ベッドや畳にうつ伏せに寝転がって、あそこを地面にこすりつけるという形態のオナニーしか、したことなかったんですよ。

自分の指で、自分の股間を触るオナニーは去年、初めてしたんですよ。

そこは自分が触るものではなく、男性が触るものだと思ってたので。(何なの?一種の自慢?床に擦り付けるオナニーはしてたんででしょう?)


そう、で、大人になってもそうなんですから、子供の頃の私は、自分の股間をオフロで石鹸で洗う時以外にじかに触ることなんて考えてみたことありませんでした。


で、子供の私は、夜、布団の中でエッチなことを考えたあと、トイレに行きたくなってトイレに行きました。
そのときのエッチな想像なんて、セックスのことは知識でさえなかったので、ただ、スカートまくりとか、そういうことだったと思うのですが。


うちは洋式トイレでした。



エロいことを想像したあと、トイレに行った私は用を足して、拭こうと思ったときに、ふと自分の股間を見ました。


すると、もう用は足し終わったはずなのに、何かの液体がまだ、自分のアソコから出ています。


透明の、だらーんとした、水よりはやや粘り気のありそうな液体が、私のそこからツルツル出ながら、下まで、だらーんと垂れさがっています。


何っ?これっ?


私はびっくりしました。


なんかの病気かと思いました。

何ーっ?これーっ?

しかし親には言えませんでした。

後日、また自分から出るこの液体を確認したときに、それが、エッチな気分になったときに女性の股間から出るものなんだと認識しました。

何のために出るのかはまだわかりませんでしたが。




それより少し後か前かは覚えていないのですが、子供の頃、近所のポチャポチャしたD子ちゃんと地面にしゃがんで白いチョークで絵を描いたりして遊んでいたときのことです。



見知らぬおじさんが私たちに近寄ってきました。



おじさんは私たちに一本チョークを借りると、自分も地面に絵を描き始めました。
上手に動物の絵などをおじさんは描きました。

「おじさん上手!」
と私は無邪気に言いました。

私とD子ちゃんはしゃがんだままです。

私は大股を開いてパンツ丸見せ状態でした。

D子ちゃんは足を少し閉じ気味でした。そしてD子ちゃんはぽちゃぽちゃ太っていたので、太ももと太ももがくっついて、パンツが見えにくい状態でした。

私はガリガリなのでパンツオープンです。


おじさんは、ふと顔を上げると、D子ちゃんに
「君もあの子みたいに足を開いて描いてごらん。ほら」
と私のことを指して言いました。


D子ちゃんは少し股を開きました。

「もっともっと開いて!そうしたら上手に絵が描けるよ。ほらもっと開いてごらん!!」
「え・・・や・・・・」




おじさんとD子ちゃんのやり取りを見ながら、何も考えずに相変わらず、足の間からパンツ全開の私でした。
そーなんだよなあ。そのころから絵描きになるのを夢見ていた私は(今とんざ!!)、そうなのよ!絵を描くのって姿勢が大事なんだよな~くらいに思っていた私でした。



その2、3年後に「あれは変質者だったのね!」とやっと気づいた私でした。



でも、あの変質者のおじさん、私には興味を示さなかったわ。パンツ大サービスだったのに。



ガリガリの私よりもポチャポチャのD子ちゃんのお股が見たかったのね。おじさんは。





高校生のとき、親と喧嘩してプチ家出をしました。


夜、少しだけ荷物を持って、自転車で私は家を出ました。

すぐ父親が車で追ってきまして、大きな国道を自転車をこいでいた私はすぐに見つかり追走されました。


しばらく長い広い国道を父と並走したあと、(バカだね~!)横道に行けば逃げられるんだとやっと気づいた私は小さい通りに自転車でクネクネ入ってゆき、父親をまきました。


私は、近所で一番の小繁華街に行き、24時間営業のドーナツ屋に行きました。


そこで、私は求人バイト雑誌を読みながら、夜更けまで過ごしました。


以前から書いてた履歴書ももう一度読み直したりしていました。



明日から、家を出て、働いて一人で生きて行こうと思い。



夜遅くになると、ドーナツ屋さんで20代半ばくらいの男の人が私に声をかけてきました。


「こんな遅くまで何してるの?」と。



私はその人に事情を話し、働きさきを探していると答えました。



その人はこの小繁華街でお魚を出す居酒屋で働いているそうで、そこで雇ってくれるかもしれないから、「明日店長に紹介するよ」と言ってくれました。


そのあと、私はその人の6畳くらいの部屋に行きました。




そこで、その人は私にギターを弾いてくれました。
(ううう!!昭和!!・・・・いや、別にギターは昭和とか関係ねえだろ!・・・いえ、すぐに女子にギターを弾くのが昭和??)




そのあと、私がバイクが好きだという話をすると(そのころ、白バイ隊に憧れていた私です)、「俺、400CCのバイク持っているよ」とその人は言いました。


明け方まで、その人の後ろにしがみつき、さっきの国道などをビュンビュン飛ばしてもらった私でした。


初めてのバイクで風を切る体験、楽しかったです。




その後、その人のお部屋に戻ると、その人のお友達が部屋に来ていました。



同じお店で働いているという男性でした。


その人が私のことを紹介すると
「やっちゃったの?」
とそのお友達の男性はニヤニヤして言いました。



「いや・・・」
とギターとバイクのお兄さんは答えました。



そーか?やっちゃわれるということもあったのか?


奥手だった私はそこで初めて気づきました。






そのあと、お二人は、お店の店長と店長夫人のおもしろい話をいっぱいしてくれました。


店長夫人がお店の2階の休憩室で、よくオナニーをしている話もおもしろおかしくしてくれました。


私は怖くもなく嫌でもなく、その話をきいて笑っていました。



もうすっかり朝になりました。「夕方、店長に紹介する。働いてもらえるように話してやる」とお二人は私に言いました。


店長がアパートも紹介してくれるかもしれないし、してくれなかったらしばらくはうちに泊ってもいい、とギターとバイクの男性は言いました。



私はいったん家に帰って、もう少し、荷物を持ってくると言いました。


また24時間営業のドーナツ屋さんで、午後3時にお兄さんたちに会うことを約束して、私はいったん家に帰りました。




私はこっそり裏口から家に入って、2階の自分の部屋に向かう途中で、リビングで母親が寝転がってTVを見ている姿を居間のガラス張りのドアから見ました。



あ?母親は全然、私のこと心配してないわね。




お父さんは車ですぐ私の追跡をしてくれたのというのに。



そう私は思いました。



お母さんに自分の帰ってきたことをしめして、どんなこと言うか見てやろうと私は少し思いました。

せっかく母に気づかれることなく2階の自分の部屋に入れたのに私は2階でわざと物音をさせました。



母はすぐ2階に駆け上がってきました。


母は怒ることもなく、私に「心配した」と言いました。



嘘!寝っ転がってTV見てたじゃん。
(いや、自分も親になった今なら、昨日心配してくれて眠れなかったから、今、ぐったりしてたんだろうなあということはわかるのですが)



でもすぐに母が私が大好きなご飯を作ったの!と言って、下からおぼんに乗せて私の大好物を持ってきたときに、本当に心配かけて申し訳ありませんでした・・・と私は思いました。




そして怒られることもなく、結局、いろいろ諭されて、母が3時にドーナツ屋さんに電話して、昨日の男の人を呼び出してもらい働き口の紹介を断ってくれました。




父はその夜、仕事から帰ってきたら、私を抱きしめました。





こんな風に危ない目にあってもおかしくないことを平気でしていたのに、危ない目に会わずに済んだ私でした。


20歳過ぎてからは、バクハツ的に人一倍すんごくスケベなことを繰り返したのに、心が未熟な時期には男性からやりたくないスケベなことをされることもなく、無事に過ごした私でした。



18歳の時に真面目に付き合っていた彼も、お互い、オーラルセックスまではしたけど、『セックスは絶対、結婚するまでとっておこうね』という人だったので、結局、その前に別れたのでセックスしませんでしたし。



運がよかったのか?それとも、性的魅力がなかったのか?少女のころにスケベなことで嫌な経験がないんです。私。
(いや電車やバスのちかんは13歳くらいからあったよ。中学から電車通学だったので。でもそんなもんねえ。公共交通機関のちかんなんて大したことないしね。全然、感じないしね。幼稚園児のA子のほうがテク上だしね)



ちゃんと、自分の意志でエッチをするまでは、無理やり男性に嫌なことをされたことのなかった私は、『エッチに対するマイナスイメージ』が全くなく育ってきたんです。

20歳過ぎると爆発的、スケベなことを繰り返したりができたのも、そして今でもとても肯定的に楽しくエロいこと書けるのも、幼いころに嫌な目にあっていないからなんです。多分、恵まれてたんだろうなあ、よかったなあと思います。





あ!幼稚園の時のA子ちゃんの思い出はちょっと嫌だったけど!
うん。強いて上げれば、あれが私の人生で最大のエロ・トラウマかも。
(しかも女にやられたってとこが屈辱だね・・・・・・・。)




今回、全然、エロいシーンが出てこない話で申し訳なかったけど。


でも、皆さんにわかってほしくて書きました。


大人もお友達も彼氏も女性を大事に扱ってください。


でないと、エッチ嫌いな女性で世の中があふれちゃうよ?

エロを嫌悪する女性であふれちゃうよ。


それでもいいの?
そんな世界、嫌でしょう?


女性にもエッチになってもらいたいでしょう?

みんなが幸せなエロ好きになってほしいでしょう?


だったら、女性が自分の意志のない、弱い時や未熟なときは、変なことをしないようにしてね。大事にしてね。


--------------------



最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉

赤茶色のブラジャーで下はノーパンで横後ろ向きに立っている


関連記事


   

   

 
         

     

コメント

なるほど…
ある意味 ラッキーだったかもね

だけど もっと遅く エロを 知って体験したら もっとエロ人間に なってたかもね(^O^)

しかし 幼稚園児が そんな事するなんて 驚き(ΘoΘ;)

Re: タイトルなし

そーかあ。
もしかしたら、どう転んでも結局、エロ人間だったかもしれないね。


幼稚園の先生にきいてみたいわ?
そういうことってよくあるのか?

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505