おマタも玄関も全開の一人暮らしの女 - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    
HOME > 2017エロフィクション > おマタも玄関も全開の一人暮らしの女

おマタも玄関も全開の一人暮らしの女


このところ熱帯夜が続いた。

ある夜、私は玄関のドアを開けっ放しで寝てしまった。

私はクーラーが苦手だった。

会社は省エネ対策で、冷房をかなり抑えめにしてくれているのでちょうどよかった。
それに会社は広い部屋全体が同じ温度に保たれて快適だった。

しかし狭い自宅でクーラーをつけると、ちょっとうっかりしているうちに、急激に冷えすぎて私はすぐに調子が悪くなってしまうのだった。



私は夜の早いうちはクーラーをつけずに、玄関のドアを開けっぱなしにして、居間の窓も全開にして風通りをよくして居間で過ごした。

玄関のドアには申し訳程度のうすーいレースの布をひっかけて蚊帳の代わりにしていた。

でも、風に吹かれるとその短いレースの布はヒラヒラと舞い上がってしまって、果たして本当に蚊帳の役割をしているのかわからなかったけど。


夜、遅くなってくると、ドアの全開はやめて、ドアにチェーンをつけたまま、10センチほど、開けられるだけ開けて、下にサンダルをはさんでドアを止めた。


そして、寝室の窓も全開にして寝るけど、寝室は玄関のドアから一直線でないので風通りがいまいち悪い。

暑い・・・。
寝苦しい・・・。

でもクーラーをつけたまま寝たくない。


ああ、寝る前に寝室のドアを閉めてクーラーをがんがんにしておいて冷やしておけばよかった。

じわじわとお尻や太ももの下に汗があふれてきて、下のシーツが湿ってくる。


いやだわ。最近、お尻と太ももにやけに汗をかくのよね。
以前はこんなことなかった。
以前は背中やわきの下などのほうが汗をかいていたと思うけど、これなんなのかしら。年齢的なものなのかしら?


ベッドに寝転んでオナニーをするときも、お尻と太ももの下がびっしょりになる。
はじめは自分の愛液が大量に流れてしまってそんなことになったのかと思って驚いたものだった。


汗は容赦なく出る。
ベッドのマットを干したばっかりなのに。やだ〜。

もう耐えられない。

私はベッドを飛び起きると、押し入れから布団を出した。
そして居間に布団を持ってゆき、そこで寝ることにした。


玄関もチェーンを外して、再び全開にする。居間のドアと窓を開ける。



私が玄関を開けたときに、何かが外で動く気配がした。



隣の猫ちゃんかな?
ふふ。
隣の猫ちゃんはたまに開けっ放しのうちに入ってきてしまうこともあったので、それを思い出して私はクスッと笑った。


居間に少しだけ涼しい風が通り抜ける。

ああ少しは快適になった。


玄関はもう少しゴロゴロしてから閉めましょう。

私は、居間の布団に寝っ転がった。もうお尻の下もじとじとしてこない。

快適だ。


そして、私っはそのまま、朝まで眠ってしまったのだった。

朝、玄関が開けっ放しなのに気が付いて私は自分でも驚いた。


危ない!危ない!気を付けないと!・・・と思いながら、私はジョギングに行く準備をした。


早朝、私はほんの数十分だけジョギングをする。

タンクトップを着てショートパンツを穿いて。

本当は昼間でもタンクトップとショートパンツで、肩や二の腕や脚をさらけ出して暮らしたいんだけど、さすがにいい年でそれはできないわ。
ジョギングをするという言い訳があればこういう恰好ができるわ。
それにこんな早朝なら許されるでしょう?


私は自慢の長い腕とスベスベの脚を撫でた。


この服装をしたいがためにジョギングをしているのか、自慢の腕と脚を鍛えるためにジョギングをしているのかが、私はよく自分でもわからなかった。


私が走ると、薄いタンクトップの下でノーブラの乳房がゆさゆさゆれる。

乳首には絆創膏を張っているから大丈夫。

大体、こんな暑いのにブラジャーなんてしてられないわ。


私が公園に向かって走っているといつも、ウォーキングをしている男性とすれ違う

男性はニコッと笑った。私も小さく会釈をした。


中年と熟年の間くらいのやや固太りの人だった。健康のためかしら。

奥さんに少しは痩せなさいとか言われてるのかしら。
夫婦の営みのときにお腹とか見られて・・。
うふ。いいなあ。熟年のおじさんってなんかセックスうまそうだなあ・・・・。


公園には鉄棒を使って腕立てや、懸垂をしているアラサーくらいの男性がいつもいる。
太いたくましい筋肉質の腕をしている。

筋肉おたくかしらね。

その人とは挨拶しないけど、私が走り過ぎると、この人、いつも私を見ているわ。ふふ。
今度、もっと近づいちゃおうかしら。
筋肉を褒めてあげたら喜びそうね。


公園から引き返すときには、いつも出勤途中の眼鏡の細身のサラリーマンに会う。

いつもこんな早くに出勤なんて大変ね。遠いところにお勤めかしら?
私はおっぱいをユサユサ揺らしながら、彼とすれ違う。
彼の視線は、ごまかしながらも、ちらちら私の胸を狙っている。



あと、いつも大きなスポーツバックを持った男子学生ともすれ違う。
大変ねえ。こんな早い時間に登校なんて運動部の朝練なのかしら?
私は胸を揺れ揺れ、お尻をフリフリ、彼とすれ違う。
私の胸を見ないフリがサラリーマンより下手ねえ。可愛いわねえ。



次の日の夜はそれほど暑くはなかったのだが、居間で寝る快適さが忘れられずに私はまた玄関のドアを全開にして寝た。

今日は玄関を閉め忘れないように、2時間後に目覚ましをかけた。

万が一、また寝てしまっても閉められるように。

あと2時間もしたら、気温も下がって随分涼しくなるだろうし、まああと2時間くらいは開けといても危険はないような気がする。

二度寝になってしまうけどしょうがない。

しかし、私はぐっすり眠ってしまって目覚ましも知らないうちに止めてしまったようだった。

朝まで、また玄関のドアは開けっ放しだった。

うわあ失敗したわあ!

でも泥棒などの入った形跡はなかった。


案外、大丈夫なもんだな。と私は思った。

そうよね。田舎じゃあ玄関に鍵かけないのは当たり前だというし、ここは都会だけども、もともと下町だったし、泥棒なんかいないのかな。と私は考えた。


それ以降も時々、ドアを開けっぱなしで寝る私だった。
時にはちゃんと目覚ましで途中で起きて閉めたり、あるいはやはり閉めないで朝を迎えることもあった。




その夜はこれまた暑かった。

今日こそドアを開けて寝たい。

今日はいつもジョギングのときに通る公園で、夜店が出たり盆踊りがある。

なんか夜遅くまで、外で多くの人々がウロウロしてそうで安心そうだと私は思ってしまった。

私はドアを全開にしたまま早めに寝た。


****
どれくらい眠ったろう。


「こんばんわ。」

そんな声で私は目を覚ました。

私は居間の布団の上で起き上がった。

居間から玄関までは一直線の廊下がある。

私が玄関の方を見ると、廊下の先にヒラヒラした白いレースの布を、まるで飲み屋さんの暖簾のように持ち上げている人が立っているのが見えた。

人間の真っ黒なシルエットがあった。


何かしら?お祭り関係のなんかかしら?

ご近所の人かしら?
寝ぼけた頭で私は考えた。


その人は玄関から入ってくると、後ろででドアを閉めた。そして鍵も閉めた。


えええっ??



その人は靴を脱いで、家にあがると廊下をズカズカ歩いてこっちに向かってくる。



「きゃーっ!!」
私は叫んだ。


暗い居間の窓から入る街頭の灯りはその人の顔を映し出した。


どこかで見た顔?どこ?どこ?
覚えてない?仕事関係?昔の同級生?近所の人?


そんなことを考えているうちに、あっという間に、私はその人に蒲団の上に押し倒されてしまった。

「やめてえ!何するのおお!!?」


知り合いのはずよ。知っている顔よ。
誰だっけ?

男は私の上にのしかかってくると、私の両手を抑えた。

そして唇を近づけてきた。

「ああっ!んんむむむ!」

男は私の唇を吸いまくり、舌を私の口の中に押し込んできた。

ああっ!

男は私の舌に自分の舌をからめる。そして私の舌を吸った。


両手を抑えられ、強引にこんな激しいキスをされる・・。

こんなこと久しぶりだわ。ああ・・・。

私は恐怖をあまり感じなかった。

この男の顔に見覚えがあったことと、あまりにキスが気もちよかったもので・・。



キスを繰り返されているときにその男の顔をまじかで見ているときに思い出した。

いつも見る服装と全然が違うから気づかなかったわ!!

毎朝、ジョギングの時に会う、
ではないか?!(あなたのお好みで、朝に会う4人の男性の中からお選びください)


「奥さん〜。いつもの恰好もいいけど、ネグリジェ姿もいいね」
と男はささやきながら、唇を私の首筋に移してきた。


信じられないわ!いつの間にか、ジョギングしている私のうちをつきとめたのね?


と思いつつも、首筋にキスをされ舐められ、私は感じてしまう。


ネグリジェをまくり上げられ、乳房を吸われているときにはもう私は小さく声を出していた。

「あ・・・あ・・・」


パンツに手を入れられ、アソコをいじられているころには
「いや・・・ダメ・・・いや・・・ああん!」
と甘い声を出しつつ、男の背中にしがみついてしまう私だった。

またお尻や太ももの下にどんどん汗をかいてゆく私だ。

パンツがグショグショなのは、汗なのか愛液なのかわからない。


パンツを脱がされるときには、「いやっ!いやっ!」と言いつつも腰を自ら浮かせて、男にパンツをぬがせやすいように動く私だった。


男にそこに口をつけられて、舌で私の突起の先端を突かれたとき私は絶叫した。

「ああああ〜っ!!」

男の舌は私の突起部分をいやらしく舐めまわし、つつきまくる。

「いやっいやっ!ああっ!」


男は私の突起部分の側面も丁寧になめあげた。


居間の開けた窓が少し気になったのだが、でも、もう気が狂いそうに感じてしまって大きな声を止められない私だった。



男に、チューチューそこを吸われているときにとうとう私は
「ああっ入れて!!入れてえ!!」
と言ってしまった。


男は起き上がって自分も全裸になった。

全裸になった男の体が私に再びおおいかぶさり、汗だくで肉体と肉体がヌルヌルと密着した。



ああ!男の体の肌の感触・・・久しぶり・・・・素敵・・・・。




男は私の中に挿入しながら言った。

「奥さん、このうち有名だよ。
少し露出狂のケのある未亡人が玄関をいつも開けっぱなしにして男の侵入を待っているって。」


ひどい!
私のジョギングの姿って、露出狂扱いされてたの?


それに違う!私、未亡人じゃない!夫が死ぬほどの年齢じゃないわよ!若くして離婚して独り身なんだってば!


多分、男性にとってそんなことはどうでもいいのだったが。


男は私の中に入ってきて、太い棒で私の膣の内壁のあちらこちらをこすった。


私に
「もっと!もっとおお!もっと突いてええ!」
と叫ばせてから、男は私の奥の方まで突っ込んできた。



「ああん!もっとおお!もっとお!」
私は自分も腰を振りながら叫んだ。

男の精液を中に出さるまで私は夢中で腰を振っていた。

-------終わり--------

最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉


イチゴのかき氷の上に緑色のビキニで座っている


関連記事


   

   

 
         

     

コメント

待ち受けてたんだね? いけない人だ(^O^)

Re: タイトルなし

私はそんなかっこでジョギングしませんからね。
恥ずかしいから鞄持って、普通の服で走るの。
ジョギングじゃなくて、ただ、どこかに急いでいる人みたいなフリして。
(それもどうかと)

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505