巨乳、垂れ気味、ハーフ、いろんな女と魅惑のハーレム体験① - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      
FC2ブログ

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    

巨乳、垂れ気味、ハーフ、いろんな女と魅惑のハーレム体験①

あなたのドリームエロ体験かなえます


エロ商売の女経営者は、パソコンでアダルト系VR(バーチャルリアリティ)の宣伝広告をネットで見ていた。


「へーえ。VRって普通に自分の好みの女の子が裸で立体的に迫ってくることがよいのかと思ったら、それだけじゃなくって他にもいろいろあるのね。
ナースとか、ソープとか、デリヘルバージョンとか。
ちかん体験、マジックなんとか号乗車体験なんてのもある。」

そばには、エロ女経営者が堅気の商売をしていたころからの従業員であった元ボーイが座って、エロ女経営者の話を聞いていた。


「あはは。あなたの耳元で『中出ししてえ!中出ししてえ』って中出しをせまる女だって・・。臨場感あふれるだって」
と女経営者は笑った。


元ボーイは口を挟んだ。
「迫力があるところもいいけど、何といってもVRには男優の顔が出てこないところがいいですね。
完全に自分と女の子の世界ですからね。
あとVRはフェラチオが丁寧です。」


エロイ割りには、フェラが少しだけ苦手のエロ女経営者はちょっとムッとして言った。
「何言ってんのよ?VRが実際にフェラしてくれてるわけじゃないでしょう?丁寧も何もないじゃないのよ」

「いや本当にしてくれているみたいにこっち向いて丁寧に演技をしてくれるんですよ。そこがAVと違う。」

「ふーん」

エロ女経営者は、ネットのぺージを次々とめくっていった。

「あっ、これ何?おもしろい。
『裸の女たちが俺の●●●を奪い合い』だって。アハハハ!たくさんの女に迫られるのね。」


「大勢の女に囲まれるって、それもVRならではの夢の体験かもしれませんね」


「決めたわ!」


『人魚のエロプール』や、『野外セックスツアー』などのスケベ珍商売を展開しては失敗してきた女エロ経営者は、今度は何を思いついたのだろうか。

「今度はVRでも作成するんですか?」
ボーイは聞いた。


「違うわよ。この『俺の●●●を奪い合い!』よ。
VRなんかじゃなくって、現実の世界でよ」
女経営者はそう言った。


「エッチは、AVやらVRやら、あるいはネットのエログなんかで済むようなことじゃないのよ。
リアルよ!肌身よ!生よ!
現実の女がどんなにいいもんかを世間に思い知らせてやる!」


(嘘をおつきなさい。金さえ儲かって、自分もエッチなことができたらなんだってやるくせに・・・)と心の中で元ボーイは思った。


女経営者は、自分の経営しているセクシーキャバクラの一部の部屋を改装した。

このセクキャバでは特別サービスがあり、高額な別料金を払うと、ベッドのある個室で10分だけ女の子に何をしてもいいというシステムがあった。

そういう個室が数部屋あったのだがオーナーはそこを壊して大きな部屋を二つほど作りなおした。


この部屋を『お客様のシナリオで、好きなような夢のエロ体験を叶えて差し上げます』という空間にするのが女経営者の考えだった。
(もちろん高額なお金をもらっての話だが・・・)


夢のエロ体験とは
それこそ『一日ハーレム体験』でもいいし、『ちか●体験』でもいいし、
セクキャバに新たに作ったその大きな部屋をお客様の望みのシチュエーションに仕立て上げ、ご希望の女の子も揃えるというのだ。


女経営者は、堅気のレストラン経営時代のお客様や、会員制スポーツクラブ経営時代のお客や、他、エロ金に糸目をつけない顧客のリストを持っていた。


エロ女経営者は顧客に案内のメールを送り、またネット上にも店の宣伝を打った。


夢のエロ体験の最初のお客様は変わった趣向だった。変わっているというか細かいというか地味というか。

お客様は会社の中間管理職の方だった。

お客様は女性からとにかく褒められたいという。

顔やスタイルには注文は特にないので、できたら20歳くらいの若い子からアラフォーくらいまでの年代がバラバラの女性を取り揃えて、とにかく話がうまいし、お客様の話を喜んできいて盛り上げてくれる女性を5,6人用意してほしいと言う。

その人たちと普通の家のリビングルームみたいなところでお酒を飲んで、おしゃべりをしたい。

その中で自分が一番気に入った子一人と最後にセックスがしたいという。


「なーんか中間管理職の家庭や会社での悲哀を感じる要望ですね。娘や妻や部下に大事にされてないのかなあ?」
お客様のリクエストをきいて元ボーイがそう言った。


「家庭を持ったこともないし普通の会社に勤めたこともないあなたが生意気言わないの!
お客様の大事なご要望よ!」
エロ女経営者は元ボーイをたしなめた。
元ボーイは(自分だって結婚したことないくせにと)思った。


女経営者は、自分のセクキャバの中で、一番気立てのいい、頭のいい24才の女の子を一人準備した。

あとはエロ商売のネットワークを使って、少しバカだけどノリがとってもいい、もっと若いかわいい女の子を一人手配した。

アラフォーの話のうまい女性は、エロ女経営者の知り合いにたくさんいたので、その中の一番美人をくどき落として協力してもらった。


しかしどうしてもアラサーの女性が見つからなかった。エロ女経営者の店の女の子はみんな25才手前くらいだった。

そしてエロ女経営者はアラサーとアラフォーの大体真ん中のやや40歳よりの年齢だった。

「しかし私は若く見えるからいいわ。しかたないわ。オーナー自ら、私がアラサーとして参戦するわ」


元ボーイは別に驚かなかった。その展開は読めた。

そして結局、必死でお客を盛り上げ、さり気に他の女性を威圧することも忘れずお客様と最後にセックスをしたのはやはり、エロ女経営者だった。


エロ商売女経営者のおっぱいは少しだけ左右に広がりぎみで、下に少しだけたれ気味だったが、その容量だけは誇っていた。


エロ女経営者は、お客様の左隣にじんどり、「この子 ホントにいい子なのよーっ」と他の女の子を褒めて、お酒の場を盛り上げながらも、お客様の体に自分の大きいが弾力がへりぎみのおっぱいをずうっと押し付けていた。


そしてお客様に指名をされた後、ベッドの上でおっぱいをお客様のお顔に押し付けたり、お客様のあそこをおっぱいで挟んでみたりした女経営者だった。今は柔らかくなったが、元は大きかったおっぱいで自由自在にお客様に接する女経営者だった。


また女経営者は、お口が小さくて男性器をすっかりお口に入れるのが苦手だったが、代わりに一生懸命、お客様のものをぺろぺろ、前後左右、上下、斜めと縦横無尽になめまわした。

お客様に挿入された後は、「もっとおお!」とか「出して。私の中にいっぱい出してえええ!」と叫ぶ女経営者だった。


やはり、このエロ企画の一回目を絶対に成功させたい、お客様に満足してもらいたいし、自分も気持ちよくなりたい女経営者だった。



次のお客様は、ソフトSMをご希望だった。

お客様は言った。
「一回やってみたかったんだけど、人生セクキャバ止まりの僕はとてもSM専門店なんて行く勇気はないよ。
しかもそんなにハードなことはしたくないし。
君のとこなら安心かと思って。」
とそのお客様はエロ女経営者に言った。

お客様用にエロ女経営者は、女の子の準備とベッドの四隅に柵が少しだけ付いているようなベッドを探し出してレンタルした。

弱そうな適当なSMグッズも用意してみた。


お客様は、女の子の両手両足をインチキ拘束具(きつくない。すぐに抜けられそうなやつ)で、ベッドの四隅に固定して、女の子の体を好きなようにいじった。

そんなにハードなことには興味なかったが、少し、乳首を噛んだり、あそこの突起部分を噛んでみたい程度の願望を持っていたお客様だった。

しかし、若いころ、彼女にそれをやって振られ、その後、奥様にそれをやって、死ぬほど怒られたお客様だった。


今日は、乳首とクリトリスを甘噛みして、相手の女性が「ああああん!」と喜んでくれただけでも、お客さん的にはとても嬉しかった。

そして、他は電気マッサージ機などを女の子にあてるくらいで、それくらいでこのお客様は十分に満足された。




そしてやっとエロ女経営者が想定していたハーレムをお望みのお客様がとうとう現れた。


「とにかく巨乳は一人入れて。あとね、足の綺麗な子。あとねハーフも絶対。あとね・・・」

お客様の要望をきいて、エロ女経営者は、ピッタリとくっつくような広ーいベッドを3つ用意した。

そこでみんなでくんずほぐれつしてもらうためだ。

巨乳と脚の綺麗な子とハーフも女経営者は手配した。

-------続く-----------
★続きのお話 はこちら → ★巨乳、垂れ気味、ハーフ、いろんな女と魅惑のハーレム体験②


最新ページに戻る



〈索引ページに行く〉

裸で両手をやや広げて下に向けている立っている


関連記事


     

   

 
         

     

コメント

十分で 高額なら ちょっと 考えるよなあ…

Re: タイトルなし

あはは。あの手この手でもうけようとして儲かってない。

コメントの投稿

非公開コメント

広告

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

他サイト

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505