屋外プレイでズッコンバッコン! - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    

屋外プレイでズッコンバッコン!

自然の中でハラハラドキドキの合体


過去に一回だけ、屋外セックスをしたことのあるこのブログの管理人の私です。
社員旅行で行ったホテルの非常階段というベタなところで・・。あははは。ホントにバカだよね~。  (参照➡『社員旅行の夜と朝』


*********

『開放感』があって『解放感』があって、でも、かつ『緊張感』もあるものなーんだ?


変ねえ?『解放感』と『緊張感』は反対じゃないの。

だってよく『緊張からやっと解放された』って言うじゃないの?


いや、正確には『解放感』の反対は『束縛感』で
『開放感』の反対は『閉塞感』です。



「日ごろ縛られているルールやマナーや恥から解放され、広い屋外で開放されましょう。」
そんなキャッチフレーズを女は考えていた。


以前、女がオーナーだった人魚のエロプールは、動物愛護団体から激しい抗議と嫌がらせを受け、昨年、閉鎖を余儀なくされた。


女は普通の健全なプールのオーナーに戻った。


そんな女オーナーは、今回は大きな森林のある巨大公園を借り切った。


そこを屋外プレイ愛好者たちに提供し、自由に好きなだけエッチの舞台として使わせてさしあげようというのだ。

もちろん高額のお金を取ってだけど。


(また変な商売始めたな・・・)
と以前、女オーナーがやっていた正しい商売のときも、いかがわしい店のときも従業員としてずっと仕えていた元ボーイの男は思った。


「でも、屋外でエッチすることが好きな人って、もしかしたら誰かに見られたらどうしよう?とか、そういった緊張感も好きなんじゃないんですか?これではそういうドキドキ感がないのでは?」
と元ボーイは女オーナーに言った。


「でも正確に言うと、これも違法なんでね。緊張感あるよ。
エッチするところが広いか狭いか、天井があるかないかの違いであって、ハプニングバーと同じで、たぶん、公然わいせつほう助にあたると思うよ。」
と女オーナーは答えた。


「ひえーっ!!緊張感ありすぎるのはお客さんじゃなくて我々のほうじゃないすか?!」
と元ボーイは叫んだ。



元ボーイの言ったことも女オーナーはちょっと気になっていた。いえ、違法のことじゃなくて、緊張感のほうね。


なんかもう一工夫必要だな~。そう女オーナーは思った。



最初はカップルでの参加を呼びかけ、お二人で、公園の中をグルグル歩き回っていいところを探してもらって、自分たちの好きなところでまぐわってもらおうかと思っていた。

公園のベンチの上、
森林の中、
草むらの上、
車で来られた人は駐車場で、車の中でしてもいいし、
公園を管理する人のための小さな建物もある。そこの2階のベランダは、大きな綺麗な池に向かっている。そこで池を見ながらやってもらってもいいし・・・。



お腹がすいたら、食堂にごちそうも用意しておくし。
コンドームや敷物や虫よけスプレーもこちらで用意する。
休憩したい人たちのために仮眠室的なものとしてキャンピングカーも用意しようと思っていた。

そういうことは考えていたのだが。

もうちょと乱暴にしたほうがいいかな?野生的に。と女オーナーは考えた。



結果、こうなった。
「野生の動物に戻りましょう。
森林と草原の中でオスはメスを追い、捕まえ捕まられあい、野生のプレイをしましょう!」


女オーナーは、お客さんはカップルでの参加はいくら、男一人での参加はいくら、女一人での参加は無料などと設定した。


もちろん病気を持っていないことが参加資格で、そしてまずは全員、お風呂に入ってから清潔にしてからプレイのスタートだ。


お客さんには都内の一か所に集合してもらって、まずはバスで全員をスーパー銭湯に連れてゆき、お風呂に入らせた。


そのあと、バスでまた、借り切りの巨大公園にお客さんたちを連れてきた。


バスの中では、カップル参加の人はカップルで座っていたが、相手とおしゃべりしながらも、男女とも周りの席の人間をキョロキョロ観察していた。


一人で参加した人たちは、お互いおしゃべりをしている人もいたし、黙って、セックスの相手を物色しているような人もいた。


女オーナーはバスの中でお客さんにくじをひかせた。

くじには「北」「南」「東」などと書いてあった。


巨大公園は北の入り口、南の入り口、東の入口などの他、あといくつも小さい入口があった。


バスは巨大公園の周りをぐるぐるまわって、各入口で、くじどおりにお客さんをおろしていった。


こうやって広い公園中にお客さんをばらまくのだ。


そして、広い公園の中で、相手を探し回り、見つけあったもの同士でセックスをするのだ。


バスは、公園の入り口の他、駐車場でも少し人を降ろし、公園の中央の建物の前でも降ろし、お客さんたちを公園中に分散させた。



20分もしないうちにセックス相手を見つけて、交尾を始める人びともいた。


「あああん!!」

公園のはじにある、球技場の金網に女性が押し付けられて、後ろから男性に挿入されていた。

金網を指でつかみ、後ろから、金網に何度もぶつけられるように男性に動かされている女性の姿が見られた。




広い草むらを、追ってくる男から走って逃げまくる女性もいた。

その女性は、男性に追いつかれ、つかまりそうになるたびにヒラリと身をかわした。
まるで、サバンナでライオンかチーターに追われるガゼルのようだった。

女性はその男性がご希望の相手じゃなかったようだ。
でも男性はかまわず追ってくる。
ルールとしては捕まったらセックスをしなければいけない。


女性は草原のはじに大きな木を見つけた。

女性は今度はおサルさんのようにスルスルとその木に登ってしまった。

「あれれ?そんなに嫌なのか?」
と男性は言った。
しかし、もうギラギラして、自分を止められない男性は、この女性にターゲットを絞っていた。男性は木の下で待つことにした。



一方、ジェントルにエッチをしているお客さんもいた。

綺麗な大きな池のほとりに女が一人立っていた。

男が近づくと、女はびくっとした。

しかし、女は逃げなかった。女は男の顔をじっと見つめていた。

「綺麗な池だ。ボートに乗りませんか?」
と男は女に言った。


男は女をボートに乗せると池の真ん中に漕いで行った。

綺麗な大きな開放的な池の真ん中で、二人はまぐわった。


岸から離れているし、二人はボートの上で全裸になると抱き合って、お互いを求めあい、お互いの体をまさぐりあった。


あああん!あああん!池の真ん中で女性は遠慮なく、声をあげて乱れていた。



あ、いつしか、さっき木に登っていた女性が、木の下の草むらで、仰向けに寝て、男性にに両足を持ち上られて激しく動かされている。

スカートははいていた。上は半分ぬがされてしまって、前が開いたブラウスの中から、女性の乳房が揺れるのが見えた。

女性は根負けして、木から降りてきたようだった。

男性に両足を抱えられて、激しくピストンされながら、女性は横を向いて、口を半分開けて小さな喘ぎ声を上げていた。



バスやスーパー銭湯では独りで参加した者同士で、仲よくなった人たちもいた。


独り者の男性客二人は、あるカップルの片割れのすこぶる美人の巨乳ちゃんに目をつけていた。


公園の中では壮絶な追いかけっこが繰り広げられた。

巨乳ちゃんは、もともとのカップルの男性と手をつないで、この独り者の男の二人組から逃げ回っていた。


しかし、カップルは、森林の中で男二人につかまってしまった。


巨乳ちゃんは木に押し付けられ、体を二人の男にまさぐられながら、服を脱がされていった。

捕まったら、セックスはしないといけないルールだ。

巨乳ちゃんは、一人の男に差し込まれながら、もう一人の男にその巨乳を形が変わるほど揉みしだかれ、大きなおっぱいの中央にあるピンクの乳首を好きなようにいじられまくっていた。


カップルの男のほうは、少し離れて黙って自分の彼女が犯されるのを見ていた。


そのとき、カップルの男の後ろでガサガサと木の枝や葉が揺れる音がした。

カップルの男が振り向くと、そこには痩せた若い茶髪の女性がいた。

スレンダーな茶髪の女性はハッとした。

カップルの男の目の色は変わった。

女性は急いで、後ろを向くと走って逃げだした。

カップル参加の男は自分の彼女の巨乳ちゃんと、彼女を犯す男二人をその場に残して、痩せた茶髪の若い女性を追いかけていった。


森林から抜け出し、ベンチがあちこちに置かれている広いところで、痩せた若い茶髪ちゃんは、カップル参加の男につかまってしまったようだ。

やがて、痩せた茶髪ちゃんが、ベンチの上で四つん這いになり、細い腰を揺らしながら、美しい背中を湾曲させながら、カップル参加だった男性に出し入れされているのが目撃された。




スーパー銭湯とバスの中で、女の子同士で仲良くなっていた独り参加だった二人のお客さんは、急にこのツアーが怖くなってしまい、ルールを破って二人で一緒に行動してじっとしていようと約束していたようだった。


でも女の子の一人は東口でバスを降ろされ、もう一人は管理室の建物前で降ろされて、二人の女の子は離れ離れになってしまった。

でも、もし離れても食堂で会おうと、二人の女の子はこっそり約束していた。


管理室の建物で降ろされた女の子は男につかまることもなくすぐに食堂に行けた。


そこで女の子はもう一人の女の子を待った。

東口でおろされた女の子は食堂を目指して、隠れながら、森林を進んだ。


しかし女の子は管理室の建物の手前で、おっさんのお客さんに捕まってしまった。

それでも女の子は逃げた。
管理室の建物の中でもおっさんと女の子は追いかけっこを繰り広げたあと、女の子は2階のベランダに追い詰められた。


先に食堂についていた女の子が、ふと窓から外を見ると管理室の建物の2階のベランダで、食堂で会うことを約束していた女の子がおっさんにやられているのが見えた。

女の子は、池に向かってベランダの手すりに両手をついていた。

女の子の下半身は丸裸にされていた。


女の子は必死で手すりにしがみつきながら、おっさんに片足を後ろから持ちあげさせられていた。
そして、女の子の足の間に、おっさんのお客さんが体を密着させていた。
おっさんのお客さんは前後に激しく腰を動かしていた。


ああっ!あの子があんな恰好やられちゃっている・・・。


女の子はたまらず、食堂を飛び出て駐車場に向かった。


バスの中なら安心だろう。

しかし、バスには運転手さんがいた。


結果、その女の子は運転手さんにバスの中でやられてしまった。


*****

公園の警備室の中で、女オーナーはモニターでお客さんたちを監視していた。


この公園は、警備室にしかモニターがなかった。


今日は天気もいいし、風もいい具合に吹いていて、裸になっても暑くもなく、寒くもなく、絶好の青カン日和だと女オーナーは思った。


女オーナーは傍に立ってモニターを見ていた元ボーイに言った。
「気持ちよさそうね。私、実際に外を回ってみてお客さんたちを監視してくるわ」


すかさず、元ボーイは言った。
「だめですよ。そんなこと言って、またうろろして、お客さんと自分もエッチしようと思って!」


「は?
いやあね。そんなことするわけないわよ。
じゃ、バスの運転手さんがバスで休んでいるはずだからなんか差し入れしてこようかな」
と女オーナーは言った。


「だめですよ。バスの運転手さんとやろうったって。
僕らはちゃんと間違ったことが起きないか、今日はしっかり、ここで監視しないといけないんですから。
ここにいないと。」


「えええ?そんなあ~!大丈夫よお。みんなお客さん楽しくやっているわよお」


元ボーイは溜息をついた。

「しょうがない。そんなにしたいなら、ここでやりますか?」


「え??何言っているの?」



***


警備室のいくつものモニターの画面に囲まれながら、椅子の上に座る元ボーイの上で女オーナーは全裸で腰を振っていた。

元ボーイと向かいあって抱き合い、あんあん言いながら、腰を上下に動かす女オーナーだった。


女オーナーがどうしても屋外の気分を味わいたいというので、警備室の窓という窓が全開にされ、ドアも開け放されていた。


さわやかな心地よい風が警備室を吹き通る中、オーナーが全然、モニターを見ないで腰をふっているので、しょうがないので元ボーイはオーナーの肩越しにモニターをちらちら見ながらセックスをしていた。


時々、
「いや!!こっち見て!」
とオーナーに顔を引きよせられて、唇にしゃぶりつかれながら、横眼でモニターの監視を続ける元ボーイだった。


------終わり-------------


最新ページに戻る



〈索引ページに行く〉

全裸で自分で両足をもち股を開いてこっちに見せている


関連記事


   

   

 
         

     

コメント

これは ある意味 怖いよね(^_^;)

捕まったら 無理やりされちゃうんだから…

Re: タイトルなし

オーナーの頭に浮かんだ緊張感のあるプレイとはこういうものだったみたい

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505