Welcome to my blog

huugetu

huugetu

私が昔、オナニーするときによく想像したシチュエーションです。(さすがにエロレンジャーではなかったけど、警察と暴力団とか、会社員とライバル会社とかで)



私たちが、敵の悪の組織に捕まってしまったときのことです。

私たちは縄で縛りあげられ、敵のアジトの床に転がされていました。


「わははは。いいザマだな。エロレンジャーの諸君!」
悪の組織の敵のお頭は私たちの無様な姿を見て高笑いしています。


「今まで、いつも我々をよくいたぶってくれたよな」
と悪の組織の敵の二番手が、床に転がっている私たちのリーダーの手を踏みつけながら言いました。



「くそう!俺たちをどうするつもりだ!このゴミクズども!」
リーダーが悔しそうに叫びました。


敵の下っ端どもがリーダーを取り囲み蹴り上げました。

「うわああ!」


「まだ自分たちの立ち場がわかっていないようだな」
下っ端どもがリーダーを囲んで蹴りまくります。



「エロレッドーッ!!」
「大丈夫かあ!!エロレッド!」
「やめろお!」
床に転がされた私たちは、どうすることもできずにリーダーのほうを見て叫ぶしかできませんでした。


「やめてえ!やめてえ!」
私は大声で泣き叫んでいました。


その私の声に敵のお頭がこちらを振り向きました。


「ふふ。」
お頭は不気味に笑いました。

お頭は私に近づいてきました。

「ここにいいのがいたなあ。」


「な、なによ」


下っ端たちは、エロレッドを蹴るのをやめました。


「あいかわらずいいおっぱいしているなあ」
お頭は私を上から見下ろしながら言いました。


敵の二番手は、床に寝転がされている私の元へしゃがむと、私のおっぱいを掴みました。

「やだあ!何するのよ!」

二番手は私のおっぱいを揉みまくります。

「やめてよ!変態!やめてえ」


「そんな生意気言っていいのか?」
二番手は私のおっぱいを揉み続けます。


「エロピンク!」
みなが心配そうに叫びます。


「そうだな。手始めにショーを見せてもらおうか」

敵のお頭は今度は、転がっているエロブルーの方に近づきました。


お頭は床にしゃがむとエロブルーの顎を持ち、上に上げました。

「男前だな?お前がやるか?色男。」

エロブルーは黙って、敵のお頭をにらみつけました。


「お前、この巨乳ちゃんを犯せ!」


えええ!

なんですって!

なんて下品な!


「正義のヒーローとヒロインのセックスショーを見せてもらおう。」
と敵のお頭は言います。



実は私が片思いしているエロブルーです。

いやーっ!だめえ!!私、エロブルーにエッチされちゃうのお?

いやあ~!!



エロブルーは、下っ端どもに起こされて縄をほどかれました。

でも一人の下っ端に、銃を突きつけられていますので、うかつなことはできません。


エロブルーは私のところに連れてこられました。


敵の二番手は私の胸元に手を入れると、両側にひっぱり、私の服のボタンを引きちぎりました

「いやあああ!」

私は上半身、ブラジャー姿にされてしまいました。


「エロピンク!!」
リーダーやエログリーン達は目をつむって、私から顔を背けました。


エロイエローだけこっちを見ていました。



敵の二番手がさんざん私のおっぱいを揉んだ後、
「さあ、続きはお前がやれっ!」
と敵のお頭はエロブルーに言いました。



「やらないと撃つぞ!」
エロブルーは頭に銃をつきつけられています。



エロブルーは私に恐る恐る近づいてきました。



「いや・・・・」
私は寝転がされたまま、必死でズルズルと後退しました。



「ほら!!さっさと始めないと撃つぞ!」
敵の二番手がどなります。



敵の頭はニヤニヤ笑いながら私たちを見ています。



下っ端どもは、興奮しながら前のめりで、私たちを見ています。



エロブルーは私のブラジャーに震えながら手をかけました。


エロレッドやエログリーンは目をつむって、顔を下に向けています。


エロイエローだけは相変わらず、大きな目を見開き、こっちを見て
「やめろーっ!よせーっ!」と言っています。


「デブ!うるせーぞ!黙ってろ!」
敵の二番手はエロイエローに言いました。



エロブルーがこわごわ、私のブラの紐をひとつ、肩からずらしおろしました。



「や・・」
私は涙をためた目でエロブルーを見上げました。


でも私はちょっと下半身がムズムズしてきてしまいました。



あ~ん!
エロブルーにエッチなことされちゃうのおお~?私・・・。


エロブルーは私のブラジャーを取り外しました。


私の大きな乳房がプルン!と揺れながら、露わになってしまいました。


ああん!
恥ずかしい!!



「ごめんよ。エロピンク」
エロブルーは、悲しそうにそう言いながら、私の乳房を手で包みました。



ああっ!いやあああん!!




「やめろっ!!」
そのとき大きな声がしました。


エロイエローでした。



「やめろ!エロブルー!!」
エロイエローが叫んでいます。



エロブルーは手を止めて、エロイエローのほうを見ました。

敵の二番手は、エロブルーの頭にもう一度、銃をつきつけました。


エロブルーはどうしたらいいのかわからず、、悲しそうにエロイエローを見ています。



「うるさいぞ!外野は黙っていろ!」
と敵の二番手はエロイエローにどなりました。



「やめろ!エロブルー!!」
エロイエローはもう一度言いました。


そしてエロイエローはとんでもないことを言い出しました。


「俺がやる!!お前はやめろ!」



は・・・?



なんですって?



今、あんた何言ったの?



「さっきからうるさいな!このデブ!お前は引っ込んでろ!」
敵の二番手はエロイエローに向かって言いました。



そうよ!そうよ!黙ってなさいよ!




しかし次に敵の頭もとんでもないことを言い出しました。

「なるほどな・・・」



は?



「いいな。それも一興だな。
この中年のデブにやらせた方がおもしろそうだ。
巨乳ちゃんに、たっぷり辱めを与えそうだな。」

そんなことを敵の頭は言うじゃありませんか?!


何言ってるのよおおお!


エロブルーでいいじゃないのよおお!



そして、私はエロイエローにスケベなことをされることになってしまいました。


エロブルーはもう一度縄で縛られ、私のそばに転がされました。



縄をほどかれたエロイエローは縄でしばられたままのおっぱい丸出しの私に近づいてきました。

「うそでしょ?やめてよお!エロイエロー!」
私は首を振りながら必死でそう言いました。

首を振ったら、私の大きなおっぱいがゆさゆさ、左右にゆれてしまいます。

エロイエローはごくんと唾を飲み込みました。


「優しくするから大丈夫だよ」
とエロイエローは言いました。


エロイエローは私の両方のおっぱいを両手で掴みました。

「やめて!やめて!いやああ!!」
私は叫びました。

エロイエローは私のおっぱいを揉み始めました。

グニグニと私の柔らかいおっぱいに、エロイエローの指が食い込みます。

「やだああ!」


エロイエローは私のおっぱいを掴んだまま、大きく、ぐるぐると回しながら揉みしだきました。


エロレッドとエログリーンは目を伏せたまま、私の好きなエロブルーは唖然とした顔でこっちを見ています。


「やだあ!エロブルー!見ちゃいやあ!」


ハッとしたエロブルーが、目をそむけようとしたときに、彼は敵の二番手に顔をガッと掴まれました。

そして、エロブルーは私の方に顔を向けさせられていました。

「ちゃんと見てやれよ!」
ニヤニヤ笑いながら、二番手は言いました。

いやああ!エロブルーの前で、エロイエローにセックスさせられるの見られるなんていやああ!

恥ずかしい!

エロイエローは私の大きなおっぱいを揉みながら、時々、私の乳首を指で力強く押し込んだり、上下にすったりしました。


あ・・・や!・・・いや!あん!
エロイエローの指が乳首に触れると、嫌でも私は感じてしまいます。

必死で平静を装ったのですがだめです。

「ああん!」
何度かめに乳首をこすられたときに、私は色っぽい声を上げてしまいました。

ああ!いやあ!恥ずかしい!

他の男にされて、エロブルーの前で、こんな声上げてしまった。

エロイエローはいやらしく私の乳首を吸い始めました。


「いやっ!やめて!やめて!いや!」


エロイエローにジュルジュルっといやらしい音をたてられて、乳首を吸われていたら、もうダメです。

恥ずかしくて恥ずかしくて、私は真っ赤になって、泣きそうになりながらも、小さい声であんあん言ってしまいました。


目をつむって、声を出すのを我慢して体を左右にゆらしながら、耐えたのですがだめです。

エロイエローがすごい吸引力で私の乳首をすすったときに
「あああん!」
大きな声を私は出してしまいました。


私が体を左右に動かすたびに私の視界には、悔しそうにうつむくエロレッドとエログリーンの姿や、よだれをたらしそうになりながら私を見つめる敵の下っ端や、ニヤニヤする敵の頭や、恐怖を感じているように目を見開いているエロブルーや、エロブルーの顔を抑えながら、私をいやらしい目で凝視する敵の二番手の顔が見えました。


いやあ!恥ずかしい!敵たちも私を見ているし、エロブルーも私を見ている~。

でも感じちゃう~。

「いやあああん!やめてえ!!あああん!あああん!」

いや恥ずかしい。こんなに感じている自分が恥ずかしい!

エロイエローに下も裸にされて、大事なところをまさぐられているときも、抵抗しながら大騒ぎしながらも、快感に体をくねくねさせる私でした。


エロイエローに両足を持ち上げられて、ピストンをされるときは、恥ずかしくて恥ずかしくて、もう死んじゃいたかったです。

誰か助けて!いや!

ズンズンとエロイエローに衝かれるたびに涙が出てきてしまいました。

でも「やだ!やだ!やめてえ!いやあ!」と泣きながら叫ぶのと
「ああん!ああん!あ~ん!」と感じてしまうあえぎ声を交互に繰り返す私でした。


そして、だんだん、私はくるってきました。
縄をほどかれ、四つん這いにさせられ、エロイエローに後ろから、ピストンされているときは、あまりの快感にもう頭がおかしくなり、
「ああん!エロブルー!!こんな私をもっと見てえ!!もっと見てえ!!」
という気持ちになってしまっていました。


お尻をエロイエローに向かってつきだして、出し入れされている結合部分をエロブルーや敵に見せつけながら、
「あああーーん!!あああーーん!」
と私は大絶叫していました。


エロイエローの動きがちょっと遅くなると、
いやああん!もっとおお!もっと突いてえ!と催促するようにお尻をさらにつきだして、お尻をふる私でした。



***
その後、機動隊と警察が大量に乗り込んできて、敵どもが一網打尽にされ、私たちが救われたときには、もう私は二回、イカされたあとでした。


-------終わり---------------


最新ページに戻る



〈索引ページに行く〉



ピンクのビキニで斜め横を向いている



関連記事
最終更新日2017-07-21
Posted by
巨乳

Comments 6

There are no comments yet.
ダンディー  

この エロイエローは 最低 だね(-_-#)

でも 感じてしまったんだね

2017/05/13 (Sat) 22:13 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

くだらなすぎ。
オナニーするときに、なんか、好きな人の前でエッチさせられたいな~と思って。そういうシチュエーションってなんかないかなあ~と思って。

2017/05/13 (Sat) 22:29 | EDIT | REPLY |   
ダンディー  

でも オナニーは 覗きみしてみたい。

2017/05/14 (Sun) 09:41 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

見てもらいたいけど
調子によって、ものすごく早くイッテしまうことがあるので、早すぎてそのときは見ててもおもしろくないかも。

2017/05/14 (Sun) 11:53 | EDIT | REPLY |   
ダンディー  

早くてもいいんだよ。
見られてるのを 気付いてない 本気のオナニーが 見たい(^O^)

2017/05/15 (Mon) 00:28 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

見られているの気づいていないオナニーっていいね。やらし~

2017/05/15 (Mon) 03:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply