Welcome to my blog

huugetu

huugetu

もてる、もてない


エロ注意報発令。この記事はあまりエロくありません。今、エロエロ気分の人は、とばして他を読んでくださいませ。

女性の特徴やエッチの特徴で新しい分類を作りました!これ見てなんかエロそうなやつ読んでください。お願いします
➡ 女性の特徴等でのけんさく



肉食系男子、草食系男子ってよく言われるけど、私の同年代がよくいう『今の若い草食系男子は信じられない!』などとは私はあまり思いません。


肉食も草食もそれぞれ魅力的だと思います。


肉欲の『でかた』が人それぞれいろいろあるのであって、それぞれ色気あると思いますよ。



肉、草の分類でいうと、数年前から『ロールキャベツ男子』という男性の系統が語られることがありました。

『ロールキャベツ男子』とは、見た目は草食系で優しそうなのに、女性が近寄ったら、途端に豹変して肉食の本能をむき出しにしてくるという性質の男子らしいです。


いいね。いいじゃん。いいじゃん。


その反対が『肉巻き男子』で、普段の言動からがっつり肉食だと思ったら、中は米だったという。

うわ。ちょっとがっかりっぽい?


いやいや。まあ米にもすごいパワーはありますけどね。昔の日本人は米だけをとても大量に食することで、その量の多さにより、タンパク質もビタミンも十分とってたのですよ!米は素晴らしいのですよ!!(・・・ってなんの話?)



また『アスパラベーコン巻き男子』は、肉が外側にあるけど、中身は野菜だという。

しかも肉が薄いし、アスパラもへなへなだって。

うーん・・・。


逆に『ピーマンの肉詰め男子』は、草食系の雰囲気を漂わせているけど、「いえいえ、あなた肉欲が丸見えですよ。」下心丸見え男子ですって。
ロールキャベツが完全に肉を隠していたのに対して、こちらは、最初から肉欲がちらちら見えてますよだって。
あははは。



分類は何になるのかわかりませんが、知り合いにとても話のわかる男性がいて、女の気持ちもよくわかるし、男性がよく言ってしまいがちな女性にとっての嫌なことは絶対に言わないし、女性と話ししても何時間でもしゃべってられる人がいます。


この人は話題豊富だし、許せる程度のエッチなことも言えるし、ユーモアもある。


年下の女性でも、年上の女性でも、知り合ったばかりの人でも、態度に分け隔てがなく、フラットに付き合える人です。

基本的にその人は話をすることが好きらしく、男性相手でもとてもおしゃべりなんだけどね。


しかし、友達や仕事仲間だとしたら多分最高なんだけど、この人に対してエロい気持ちがひとつも湧かないのはなぜだろう。


女性たちとの間でもそういう話が出たことがある。
『なんで●●くんってもてないんだろうね。もしも誰かに紹介するとしたら間違いなさそうな最適なタイプなのに。』
と。

背も高いし、スポーツ万能で肉体も細マッチョってのだし、顔も悪くないのに。


なぜだろ~。彼に対しては女子はみな、エッチな気持ちにならないのよね。


彼よりは、外見も発言も地味~な、暗めのおしゃべりべたな男の方が色気あったりしてね。


または、むしろ、顔も不細工だし、乱暴で話の通じない男の方がまだ、なんか色気あったりしてね。


不思議だわ~。

やっぱり異性にはわからない部分や、自分とはなんか違う~という部分が少しはないと、セックスの対象にはならないのでしょうか?
なんでも如才なくわかってくれすぎる人ってだめなんでしょうか?



話はちょっと変わるかもしれませんが、女性のモテる人についていうと、私は
『ブスの心を持った美人』と
『美人の心を持ったブス』の人がモテると思っています。



『ブスの心を持った美人』って、心の醜いけど、でも顔だけは美しい人っていう意味じゃないよ。

なんかちょっと自信のない部分を持っている、ちょっとだけ、『私なんてダメ!』っていう卑屈な心を持った美人って、自信満々な天真爛漫な美人よりもてるかな~っていう意味。

なんか周りを見てるとね。

この人は謙虚な美人っていうのともちょっと違って、『私は美人だからみんなにやっかまれないように謙虚にしなきゃいけないわ』っていうんでもないの。本気でなんかどっかにコンプレックス持っているの。


これって、『自信満々な美人』には太刀打ちできないし、『わざと謙虚にふるまっている頭のいい美人』こそ、一番やっかいで、太刀打ち絶対できないけど、『コンプレックス持った美人』は、俺にでも、なんか落とせそうだ~!!って男に思わせるからかなあ?

だから結局、すごいもてちゃうのかなあ??ま、ほんとに落とせる落とせないは別としてね。(まあ!!いじわるおばちゃんだこと!!)



一方の私の申し上げたもうひとつ、『美人の心を持ったブス』ってのも、心のきれいな心の美しい不美人ちゃんっていう意味じゃないのよ。


なぜかいつもすっごいモテるようなふるまいをしていて自信満々な不美人ちゃんがもてるっていう意味。

え?そんなルックスで、男に対してそんな上から目線のこと言っちゃう?っていう子。私だったら怖くて言えないわ~ってことも言えちゃう人。


その子は本気で言っているのよ。かっこつけたり、かましてやろう!とか、強がりでそういう態度をしてるんじゃないの。
本当に自分で心から『私は世界に愛されている』と信じきっている人。生きてゆくことに自信がある人。


そういう人ってもてるよね。
ある意味、若いころからおばちゃん気質の人?

きっと親御さんの育て方が素晴らしかったんだと思うわ。たっぷり愛情を注がれて育ったんだろうね。
一緒にいて楽しいんだろうね。みんな。
だからもてるんだろうねえ~。
でもそのときにルックスがよすぎると『美人だからって強気で偉そう!』とか反感を買ってしまうのでは?
ですから、ルックスがそこそこで中身が自信ある人がモテるのではないかと思うのですね。


これって私の偏見かしらね~。



自分はどうなのさ?って言われると、
また話は変わるのですが、私は
『自由人でひょうひょうとしている』と思われることが多いです。

ホントにあなたは我儘で他人のことに興味がなくマイぺースねって。
何があっても一喜一憂しないし。って。


で、そういうときはモテる!!


しかしですね、実は私ってすごい人のことも気にするし、本当はすごいつまらないことに一喜一憂するし、実は『ひょうひょう』の間反対の『熱血漢』の人間なんです。実は心の中は全然、飄々としてないの。
あ、男じゃないから『漢』じゃないか。


何にもこだわらないと言われるけど、実は物事にも、他人にも、仕事にもとても細かくうるさくこだわりの強い『ひょうひょう』の真反対の人間なんですけどね。


でも私はそういうのってダサイと思っているので、人にそう見られないようにひた隠しにして、過度に『ひょうひょう』のフリしてるんだと思うのです。私は。



でも本質なんてそうそう抑えられるものではない。


時々、抑えられなくてちょいちょい『超熱血』な発言とか『他人のことを掘り下げた』発言とかがポロリと出ちゃうんですけど。そうすると、夜寝るときに私は非常に恥ずかしくてたまらなくなります。
うう、『明日からはまた、超ひょうひょうとしよう』と誓ったりします。


また、仕事が激務だったときは、本当に疲れすぎて健康がピンチだったので、あらゆるものに感情が薄くなり、自然と『ひょうひょう』に見えたのかもしれませんが。


仕事に対して実はすごい熱い気持ちがあることがばれてしまったり、いつもは自分のことしか考えていないようなのに、突然人のことに首をつっこんで押しつけがましくなったり熱くなったりしてしまったり、ホントの熱血の自分が出てきた途端に私はもてなくなります。


そんなときに色気がゼロになるようです。


ですので、まあ生きて行くため『有事』には熱血をむき出しにしてもしかたないけど、『平時』にはなるべく『ひょうひょう』を装って生きている私です。


「モテなくてもいいんじゃああ!!今は わしはわしのキバを見せてとことん戦いたいんじゃあ!!!」というときしか熱血を出さないようにしています。
(これこれ!こういうセリフがスラスラ出てくるときこそ、熱血でモテてない時期なのよね)


----------


最新ページに戻る



〈索引ページに行く〉



白いショートパンツで大股を開いて座っている




関連記事
最終更新日2017-07-21
Posted by


         
 

Comments 2

There are no comments yet.
ダンディー  

いろんな人 いるよね。 性格美人とか 腹黒美人 とか 八方美人とか。

でも やはり 裏表ない人が いいのかなあ…

2017/05/21 (Sun) 20:38 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

腹黒もなんかかわいい腹黒と、
しょーもない腹黒とがいると思う。
裏表もみんなにばれてれば、なんかかわいーつうか。

2017/05/21 (Sun) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply