Welcome to my blog

huugetu

huugetu

器具で何回もイカされる苦しさ


★これまでのお話 はこちら → ★変態君とのプチ性奴隷体験①
★変態君とのプチ性奴隷体験②



私はつぶっていた目を開けました。
変態君にいろいろ強く言われることに腹が立ってきました。

「いい加減にして!これはずしてったら!」

「だめだよ」

「大声だすわよ!」


「すぐ気持ちよくさせてあげるからそんなこと言わないで」
と言うと、変態君は私の片方の乳首にしゃぶりつきました。


「いやー!いやー!!」
体をよじって動こうとすると、両手首のベルトが引っ張り合い締め付けられます。


私が嫌がっても変態君は無視です。

私の乳首をちゅばちゅば音を立ててなめまわし吸っています。

もうひとつの乳首は変態君の指でこすられています。


「ああん」
思わず、私は色っぽい声を出してしまいました。

手首、足首、腿が痛いし、こんなことされて不快なのにそんな声を出してしまったことを後悔しました。

私はすぐ騒ぎ立てました。
「いや!やめて!いや!」

私の声の大きさに比例して変態君は激しく乳首を責めてきます。


やがて、変態君は下のほうに下がっていきました。

私の膝を開き、そこをじーっと見ています。
「いや・・・そんなに見ないで!」

さっきの乳首への攻撃で、私のそこは早くも濡れてしまっています。


「ゆっくり見せてよ。●●ちゃんのここずっと見たかったんだよ」


変態君は私の顔を見上げながら、指で私の濡れているところを触りました。

「あ・・・!いや!やめて!」

しばらく、変態君は指であそこをこねくり回しながら、私の表情を見て楽しんでいました。


「いや・・・いや」
そう言っても私のあそこはどんどん愛液があふれてしまっています。

出ないで、出ないで・・・。
そう祈っても愛液が湧き上がってきてしまいます。



変態君はどこからか、男性器をかたどった電動で振動する機械を取り出しました。

機械のスイッチを入れると私の乳首に押し付けてきました。

「きゃーっ!!」
刺激が強くて、私は叫んでしまいました。


「痛い!!やだああ!やめて!」
変態君は私の乳首の中心から少し離れたところに機械を動かしました。


「これでいい?スケベな●●ちゃん」
と変態君は言いました。

「いや!やめて・・あ・・・いや・・」

でもだんだん、気持ちよくなってしまう私でした


変態君はもうひとつ同じような機械を取り出しました。

それはもちろん私の股間に押し付けられました。

「いや!いや!いや!」
と私は首を振ってそう言いました。


でも、振動するその機械で股間のあちこちを撫でまわされているうちに私はまたしても気持ちよくなってしまいました。


変態君は私の感じる突起部分に機械を当てました。
「どうだ?●●ちゃん、気持ちいいかい?」

そこを振動させられたら、私はすぐにイってしまいました。


「●●ちゃんをいかせてやった。ふふふ」
変態君は嬉しそうでした。


でも続けて、変態君は私の穴に機械を入れようとします

「いや。それはいやよ。お願い。やめて」
ぐったり、首を横にまげながらも私は必死で頼みました。

変体君は構わず、ズブズブと機械を私の中に押し込めていきました。

「やだああ!」

私は拘束された足を動かせるだけ動かして抵抗しました。

「や、いやいや、いや」

変態君は機械を私の中に、突っ込んだままにして、私の膝を押さえつけました。


「やだったらあ!」

変態君はもう一度、機械をつかむと、私の中の奥に入れたり、浅くしたり動かしました。

「ほらほらどうだ?どうだ?」
変態君は私の顔を見ながら、そう言います。


私は最初は平気な顔をしようとしていたのですが、途中でもうなりふり構わずみっともなく乱れた顔を変態君の前にさらけ出していました。

「ああああああ!」
私はまたいかされてしまいました。



私がいったあと、ほんの少しの間変態君は手を止めたのですが、またすぐに機械を私の膣に入れてこようとします。

「もういや触らないで!!お願い!休ませて!!少し休ませて」
私は本気で頼みました。
本当に疲れてしまって、もうぐったりなのです。


でもニヤニヤしながら、変態君は続けます。

「いやーっ!!いやーっ!!やめてー」


変態君はもう一度、私の中に機械を入れました。


さっきまで乳首にあてていた、もう一つの機械は私の外側の突起部分に充てられました。

一つは膣の中、もうひとつは突起部分を責められます。


「やめてやめて!やめて!あああっああああ!!」

くたくたに疲れているのに、私にまた快感が押し寄せてきます。


大声をあげていないとおかしくなりそうです。


下半身の筋肉が緊張します。このままだと、お腹の筋肉が損傷してしまいそうです。


もういやーーー

お願い やめてーーーー

死んでしまう~

体が壊れちゃう~



本当に今日ここに来たことを私は激しく後悔しました。

気持ちいいけど、このままではそれどころじゃありません。
本当に死んでしまいそうです。


「助けて!やめて!お願い!やめてえ!死んじゃう!」
大騒ぎしながら、私はそのあとも、何回、いかされたでしょう。


苦しくて苦しくて、腹筋はおかしくなるし、声は枯れるし、顔は涙でぐちゃぐちゃになるし、私のお尻の下のソファは汗と愛液でぐちゃぐちゃに濡れています。


変態君はやっと止めてくれました。


終わりかしら。


安堵して私は体育座りしたまま、首をうなだれさせ、ぐったりしました。
このスケベ地獄からやっと解放されたのでしょうか。



変態君は電動の機械を放り出しました。

変態君は自分の服を脱ぎ始めました。


そして変態君は私の両足を持ってもう一度開きなおしました。


とうとう自分で私に挿入するようです。



開かされた私の股間に変態君は自分の腰を近づけてきました。


私のそこに変態君のものがズブっと差し込まれました。

ああっ!

変態君はぐっと力を入れました。


・・・・グチュグチュで、さんざん器具を入れられた私のそこに、変態君の男性器が吸い込まれてゆきました。


「ああん!」


機械とは違う人間の肌の感触。ぬくもり。


それだけでまた感じてしまう私でした。


変態君は自分のものを私の中で出し入れしました。


「あああ!ああああん!」
さっきあんなにイかされたというのに、また私は声をあげました。


変態君の棒が私に出たり入ったりします。


(ああん。もう好きにして。もっとして。もっとして。)
と私は思いながら、揺らされていました。


「ああああん もっと~!」
私は思わず口に出してしまいました。


その声を合図に変態君はさっきより激しく動き始めました。

私の膣や突起部分が激しくこすられます。


もうヤケのような気持ちで私は叫んでしまいました。
「ああん! ああん! もっと~!もっと突いてええ!!」


変態君は腰を動かしながら、首を伸ばして私の唇にキスしました。


そして
「ほらね。」
と言いました。

ほらねって何?いつか言ってた、自分と一回セックスすればきっと夢中になるって言ってたことかしら?



しばらく動かされてから、やがて、変態君はあわてて、自分のものを私から抜き去りました。

変態君の精液が勢いよく放出され、私のお腹や足に飛び散りました。




よくこういう話では、その後も変態君にずっとつきまとわれるといいますが、私の変態君はそんなことはありませんでした。


その後も1回はエッチなことをされたのですがそれだけでした。
「彼氏にばらされたくなかったらもう一度させてくれ」と脅されて1回だけされただけでした。


2回目のセックスのあと、ある日突然、変態君は私の目の前から姿を消したのです。

なぜか、会社で急な異動命令があり、私の知らないうちに彼は遠い地方の支店に行ってしまったのでした。



あ、言うのを忘れていました。
変態君が私のスカートの中の写真をいつ撮ったのかというと、やっぱり掃除の業者の人に頼んだのだそうです。


私がときどき、朝早く会社に行くこと、そして必ず、朝タバコを吸うことを知っていた変態君は掃除の業者さんの一人に頼んだそうです。
2回目のセックスのときに変態君が教えてくれました。


お金でも握らせたのでしょうか?

あれ?
変態君。
もしかして掃除の業者さんに裏切られたのかな?仲間割れでもしたのかな?

なんか他にもやっていたことが上にバレでもしたのかな?
だから急に遠くに行っちゃったのかな?

まあ、私にはどうすることもできないし。しょうがないですね。

私は忙しい彼氏と会えないときなどに、変態君にやられたことを思い出して、自慰行為をするだけです。


--------終わり---------------------
★これまでのお話 はこちら → ★変態君とのプチ性奴隷体験①
★変態君とのプチ性奴隷体験②






最新ページに戻る



〈索引ページに行く〉




白いガーターベルト 斜め後ろ向き




関連記事


         
 

Comments 3

There are no comments yet.
ダンディー  

女性の体って 不思議だけど 正直だよね
抵抗して 嫌がってても 最後は もっと~ って なるんだからなあ

2017/02/26 (Sun) 19:02 | EDIT | REPLY |   
huugetu  
Re: タイトルなし

人によると思うけど。
あと男性との相性?

私、これくらいの軽い変態君が好きなのでまた違う形の変態君話は書きたいと思います。
でももっと女の人の想像を絶する恐ろしい変態君もいるので、時々やっぱり男性を甘くみちゃいけないなあと思いますけど。

2017/02/26 (Sun) 19:20 | EDIT | REPLY |   
ダンディー  

想像絶する?

考えただけでも 恐ろしい事 ありそうだよね

2017/02/26 (Sun) 22:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply