女性上位 4連発 - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    
HOME > エロフィクション > 女性上位 4連発

女性上位 4連発

女性が上になるプレイ



「今日の授業のテーマは『女性上位』だ。」
先生がそう言った。

先生はいつもゆうきにいろいろなことを教えてくれた。

「さあ、ゆうき、裸になってみよう」

ゆうきは服を脱いだ。


「そこに四つん這いになって」

ゆうきは全裸のまま、両手をついて四つん這いになった。


先生は四つん這いのゆうきの体の下に仰向けで入り込んだ。

先生は片足をゆうきの両足の間に伸ばした。二人の両足は交互に並んだ。

下から先生がゆうきを見上げた。

ゆうきが、片手で胸を隠すと先生はゆうきの顔を見ながら笑った。

「ふふ。恥ずかしくないよ」

先生は胸を隠しているゆうきの手をとると、下におろした。


ゆうきの乳房が揺れた。


「や・・」とゆうきは言って顔を横にそらした。


先生は両手を伸ばすとゆうきの顔を持って、自分のほうに引き寄せた。

ゆうきは先生の上にかがみながら、キスを受け入れた。

しばらく、ゆうきは目を閉じて、先生にキスをされていた。



「さあ、ではおっぱいを触ってみよう」
先生の声がする。

ゆうきが目を開けると、先生は、仰向けのまま、少し下のほうにずり下がって、ゆうきの揺れている乳房の下に移動した。

先生が両手でゆうきの乳房を持つ。

「あ」
ゆうきは恥ずかしくてまた目をつむった。


先生が両手でゆうきの乳房を大きくゆっくりなでまわしはじめる。

「よいおっぱいだね。きれいだよ」と先生は言った。

やがて先生は、両手の大きな動きを止めると、ゆうきの乳房を持ったまま、指で乳首を撫で始めた。


「あっ」
ゆうきは目を開けた。

先生はゆうきの目を見つめながら、乳首を指でなでている。

「いや・・あ」
ゆうきは感じてきてしまった。


「さあ口に入れてみよう」
先生が言った。

先生はゆうきの乳房をもつと、口を近づけた。

はじめにペロっと舐められたときにゆうきの体はビクッとした。


そして、先生は乳輪を舐めまわす。

「あーん、やーん」
ゆうきは、顔を上に向けて目をつぶって声を出した。


先生はゆうきの乳首をチューチュー吸い始めた。

「ああーんっ。いやー。いやー。」
ゆうきは、顔だけ左右にゆっくり振りながらそう言った。

先生は、ゆうきの乳首から口を離すと、
「いやって言いながら、腕を曲げて、おっぱいがちゃんと僕の口に届きやすいようにしてるじゃないか。それでいいんだよ」
と言った。

ゆうきは真っ赤になった。

先生は再び、ゆうきの乳首を口に入れて音を立てて吸いまくる。

「あーっ!あーん!」
ゆうきは声を上げて、もう快感に耐えられなくなり、先生の上に覆いかぶさってしまった。

先生はゆうきの背中を抱きしめながら、乳首を吸い続けた。


「さ。女性上位のテーマ2だ」
先生が上半身を起こして、ゆうきを座らせながら言った。

そして先生は再び、仰向けになった。

「さあゆうき。先生の顔の上に乗ってみなさい」

「そんな恥ずかしいです」

「乗って」

ゆうきは先生の顔の上に跨った。

先生の顔の前にゆうきの股間がある。

恥ずかしくてゆうきの膝が、がくがく震えた。

先生は顔を少し上にあげて、ゆうきのそこを舐めた。

「あーっ!」
ゆうきは恥ずかしくて、顔を隠したかったが、自分の不安定な体を支えるために下についた両手をうごかせない。

先生はゆうきの女性器の突起部分を舐めまわしチューチューと吸う。

「ああっ!ああっ!」

動けずに、先生のされるままになるゆうきだった。

「あん!あん」
先生は、突起部分をしゃぶりまわす。

「あああ~!」

しばらく、その行為を続けられるとゆうきは、イってしまった。


「そう。それでいいんだよ」
と先生は言った。

先生はゆうきの水分の出てくる部分にキスをして
「十分 びしょびしょだな」と言った。

くたくたになって、ゆうきが先生の顔から降りた。


「んー、でも先生がまだ少し足りないようだ。」
先生は言った。

先生は寝たまま、
「ゆうき、先生のここを口に入れて」
と言って、自分の男性器を持った。

ゆうきは、先生の腰のほうにかがむと、先生のそれを口に入れた。

ゆうきは、先生の傘の部分を口に入れては出し、入れては出しして、吸った。

「いいよ。ゆうき」

ゆうきは、先生の男性器を喉の奥まで入れた。そして、自分が上下に動きながら先生のものを出し入れした。
ゆうきのやわらかい唇が先生の棒の表面を上下にこすった。

先生は片手を伸ばしてゆうきの股間を触った。

ゆうきに、男性器を愛撫されながら、先生はゆうきの割れ目や突起をなでた。

「んんんっ!」
ゆうきが、口をふさがれたまま、うなった。


「さあもういいぞ」
先生は言った。

「ゆうき。今度はここにまたがりなさい」
先生は、自分の男性器を指さした。

ゆうきは、先生の腰の上に腰を上げたまま跨った。

ゆうきは、どうしていいか、とまどった。

先生が自分の男性器を片手でもって、片手でゆうきを誘導した。

ゆうきは自分の手でおそるおそる先生の男性器をもつと、自分の股間を近づけ、ゆっくりとそこに向かって自分の腰を沈めていった。

先生の男性器が少しずつ、ゆうきの中に入っていった。

「ああ・・あああ・・いや・・」

ゆうきは、声を出しながら、男性器を自分の中に取り込んでいった。

やっと、先生の男性器がゆうきの奥の奥に入った。

ゆうきは、上を向いて、「ああんっ」と言った。


先生は両手を伸ばして、ゆうきの腰を支えた。
ゆうきは先生の手の上に自分の手を重ねた。

「さ、動かしてみよう」
先生が言った。

ゆうきは、ゆっくり腰を上下に動かした。

先生のものが、ゆうきの中から出たり入ったりする。

「上手。上手」と先生は言った。


「あ・・・あ・・・」
ゆうきは自分の手を先生の手にしがみつかせながら、一生懸命、腰を上下に動かした。

「いいよ。ゆうき。」

先生は、片手をゆうきの乳房に伸ばし、乳首をいじりはじめた。

「あああん」

ゆうきの腰の動きが激しくなった。


ゆうきの乳首を触っていた先生の手は、今度はゆうきの女性器の突起部分に移動した。

ゆうきは、先生の男性器を自分の中にこすりつけながら、先生に突起部分をいじられていた。

「ああああっ!!」
ゆうきのあえぎ声が激しくなった。

上下するゆうきのお尻がペタペタと先生の体にぶつかる。

ゆうきの乳房が大きく揺れる。

「あああーん!!」


ゆうきは、先生の胸の上に倒れてしまった。

先生の上で先生にしがみつきながら、そのままゆうきは腰を動かし続けた。

先生は腰を浮かせ、ゆうきの中を突き上げた。

「あああん!」


「次回はどんなテーマにしようか」
と先生は考えながら、腰を突き上げ続けた。

-------終わり----------
最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉

寝転んで全裸

関連記事


   

   

 
         

     

コメント

興奮するなあ…

Re: タイトルなし

休日の昨日、すごくしたくなっちゃって。
特になんかこういうやつがしたくなっちゃって。
昨日の深夜、書いたものを今日アップしたの。

いつもはずいぶん前に書きためたたやつを古い順番に自動タイマーでアップしてるのに。

それ わかるなあ…

誰でも いいわけじゃないけど めっちゃ シタくなる時ってあるよね…

ただ単に 人恋しいとかじゃなく 僕からすれば 柔らかい 体に触れたい 耳や 頬に キスして 相手の 声を 聞きたくなるときが あるもんなあ…

Re: タイトルなし

そうですね。

私は自分の体に興奮したときと、

なんかこの人としたいなあって人が現れたとき。かな。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505