Welcome to my blog

huugetu

huugetu

おあずけよ


体育座り
不倫のニュースが多かった2016年でしたが、有名漫画家さんの不倫報道もありましたね。

漫画家さんまで追求するの??

政治家とかテレビタレントは怒られてもしょうがないと思うけど、
小説家や漫画家や芸術家には、好きにやらせてあげましょうよとか思うのね。

彼らは、顔や人間性で売っているわけじゃないんだから。

何より芸術家には背徳がつきものでいいんじゃないの?

その人たちにまで、他人が目くじらたてたらる必要あるのかしら?
(I田J一さんの名言。不倫は文化だ?的な)

(あ、でもこの漫画家さんはテレビにもちょいちょい出て、タレントっぽいこともして顔売ってたのか?じゃあ騒がれてもしょうがないのかしら。自業自得かしら?)


↑・・・・と、一見、不倫に寛大なように見える私が怒ってしまった事例↓


昔、会社で一緒に仕事をしていて、大変お世話になった女性の大先輩から、この前聞いた話です。

先輩とは、偶然家が近く、在職中は何回かタクシーにご一緒させてもらって、うちまで送ってもらったこともありました。
深夜までへとへとで仕事したあとに、このご厚意は涙が出るほど嬉しかったものです。

先輩が63歳(その会社は60~65の間で自分の好きなときに定年できる)で定年なさったと噂にきいたので、おうちも近いということで、私からもお祝いさせてくだいということで、お互いの近所の和食屋さんでお会いしました。

で、最初は穏やかに楽しく、何よりこの大先輩と二人きりでお話するのも、タクシー内以外では私は初めてだったので、やや緊張して話していたんですが・・・。

途中で先輩が「きいて!きいて!」と、すご勢いで話しはじめました。


先輩、旦那様に浮気されてしまったそうです。

で、どうにもこうにも決着に納得がいかなかったという話です。


なんと、旦那様の浮気相手も既婚者で、つまりいわゆるダブル不倫。
浮気が先輩の知るところとなり、家で大騒ぎになって、旦那様はすぐに謝ったそうですが、おさまらない先輩は相手呼べっつうことになりました。

相手夫婦を呼んで4者会談です。
ひええ〜っ!怖〜っ!

そのとき犯罪者たち(旦那様と相手の女性)は、それぞれ、相手の配偶者に深々と頭を下げて謝ったそうですが。


先輩は怒りがおさまらず、二人をののしりまくったでそうです。

ののしって、責め続けて、騒ぎまくって、ゼイゼイ・・・・。

でも、あれ?なんか、4人のうちで、怒っているのは自分ひとり?と言うことに気づかれたそうです。

浮気相手の女性のだんなさんは、何も言わない。

先輩が、相手のだんなさん、あなたも少し何か言いなさいよと…と思ったときです。

なんと、相手の女性のだんなさんが
「私は全然、怒っていないからいいです。長い人生こういうこともあります。」
とか言い出したそうです。

「私は妻を許します。そういうところを含めて妻がが魅力的なんです」的なことを言いだしたそうです。


はあああ??


「奥さん。妻をどうぞ許してやってください。僕からもお願いいたします。私もご主人様を許します。」
と、相手のだんなが、そう言ったそうです。

はあああ?

あの~。
時々いるんですよね。

不思議なんですけど、男に異常に守られている女性。

なんなの?
何しても許されちゃう女。
全然許されちゃう女。

ちょっと!はたから見ているとそういう夫婦、すっごい気持ち悪いんですけど!(うらやましいともいう)
おかしいと思うんですけど?(ねたましいともいう)


相手の夫が許しているという先輩の話をきいて、私は怒り狂って、
「先輩!!金とりましょう!!金!!慰謝料!」
と下品にも大先輩に向かって叫びました。



「ダメなのよ」
と先輩は言いました。

「なんでですか?弱気になっちゃだめですよ!」


「だってさあ、確かに慰謝料を私は請求できる立場だよ。その女性に対しても、夫に対してもね。
でも相手のだんなさんも、うちのだんなに請求できるんだよ。
夫婦単位でのお金のこと考えると、いってこいじゃないの。」

たしかに。

なるほど。ダブル不倫って、離婚ってことにならないかぎり、金がどっちにも動かないのね??


「そ~れ~がお前らのやり方か~っ?!」

で、この決着に先輩もなんともすっごいモヤモヤして、悔しかったでそうです。
後で許してもいいから、とりあえず、相手の旦那さんが、妻や先輩の旦那を怒ってくれればすっきりしたのに。
なんか自分一人が怒り狂って、なぜか自分一人が悪者みたいになってしまったそうです。
うーん。


でも、おわびと定年のお祝いをかねて先輩は旦那様に海外旅行に連れていってもらったのですって。
それでお許ししたのですって。


「でも旅行先では、いくら迫られても、指ひとつ触らせなかったわよ」
と先輩は言った。

ここで私、鼻血が出そうになりました。

そ、そーなんだ。

夫婦の間でも、普段は今でも、そういうことバリバリだったのね。


「なあ~、しようよう」
「反省するまでは、しばらくの間、おあずけよ」
「反省してるよう。
なあ、しようよう~!いいだろう~?」
「ダーメ!」
とか、そういう会話がまだあるわけなのね?

そりゃそうか~。

すいません。60歳以上のみなさん。
私がなんか勘違いしてました。すみませんです。そうなんですねえ。

い~なああ!夫婦って!

よだれのとまらない、独り者の私でした。

-----------------------------------------
最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別さくいんに行く〉



関連記事
最終更新日2018-05-22
Posted by
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です


↓こちらは広告です






Comments 0

There are no comments yet.