クライマックスまとめ2 - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    
HOME > クライマックス索引 > クライマックスまとめ2

クライマックスまとめ2

フィクションのクライマックスダイジェスト






前戯は大事ですが、時々、「今日は すぐに!」ってこともありますよね。


フィクションのエロのクライマックスシーンだけ集めました。




★ちなみに・・・・経験談の挿入ダイジェストのほうはこちら➡ クライマックスまとめ




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


愛子の片足には脱ぎかけた下着がひっかかっていた。

狭いソファの上で、A山は愛子に覆いかぶさって腰を振っていた。

愛子はしっかりとA山の首にしがみついている。
「あん!」
「あん!」
A山の腰が動くたびに愛子の声が響く。

愛子を激しく突きながら、苦しそうに
「愛子・・・ほんとに悪い子だな~・・・」とA山はいう。

「ほんとにおまえは」と愛子の感じている顔を見ながらA山は言う。
「悪い子・・・・・」

A山は愛子の頭を抑えて、愛子が動かないように抱えながら愛子の中にピストンを続ける。

「愛してるよ」
愛子の頭を少し持ち上げ、A山はキスをした。

愛子がA山にしがみつく力を強めた。
「あーん いっちゃう~」

A山の興奮もマックスに近づいていた。
「愛子・・」

愛子の名前を呼びながら、A山の動きは激しさを増した。

「あっ!あっ!あっ!」
と短く叫び続けた後
「ああ~ん」と大きな声をあげて愛子の体がのけぞった。


→ 全貌が読みたい方はこちら → セックスで足止め①






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


恐る恐るN川の上にまたがりながら、菜摘はN川のものを手に取り、自分の中に少しだけ入れた。

「おお」とN川が小さな声を上げた。

菜摘は、少しずつ腰を落として、N川を自分の体の中に入れてゆきながら、
「あ」とときおり声をあげた。

菜摘の奥の方までN川の男性器が入っていった。
「あああ!」
「いいぞ」とN川は言った。

すっかりN川が菜摘の中に入ると、菜摘は両手で顔を押さえた。

「腰をふれ」とN川は容赦なく言ってくる。
「そんなことできない」
N川を自分の中に収めたまま、菜摘をN川の上に座ったまま動けなかった。

「痛い目にあいたくないだろ?腰をふれって言っているんだよ」

菜摘は意を決して腰を動かし始めた。

「そう。もっとふれ。」
菜摘は、腰を前後、上下に動かした。
「よしいいぞ。 もっと動かせ」

N川は下から手を伸ばすと菜摘の乳首を掴んでいじりながら、自分も大きく腰を動かしはじめた。

N川は下から菜摘を突いた。
「いや。ああん、いや~」
菜摘は大きな声をあげた。

しばらく下から菜摘を突いたあと、N川は
「よし仰向けになれ」と言った。

今度は菜摘の上に乗ったN川は、再び、菜摘の中に入っていった。
そして激しく、菜摘の中で動いた。

「いや!あんっあんっ」
菜摘は、泣きながらもあえぎ声を出した。

「泣きながら感じている顔がたまらないな」
とN川は言った。

「どうだ?N山よりいいだろ?」

次に菜摘は後ろ向きに両手をつかされ、後ろから犯された。
N川は乱暴に腰を振り続けた。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 囚われて①






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


次郎は、桃子の両足を持って、桃子の膣の中を突いた。

桃子は軽く腰を動かし、逃げようとしたが逃げられなかった。

M次郎は夢中で腰を振った。
ああん 桃子は声をあげる。

M次郎は途中で、動きをとめると桃子を裏返し、うつ伏せにした。
そしては桃子の腰を持ち上げると、後ろから再度、挿入した。

奥深くまで入れると、M次郎は「ああ桃子、気持ちいい。桃子のここはなんて気持ちいんんだろう」と言った。
「おまえも気持ちいいだろ?」
「いや!」
「気持ちいいっていえよ」

M次郎は、桃子の中で激しく、出し入れをはじめた。
「いや・・・」
桃子の体がゆれる。桃子の乳房もゆれている。

パンパンと音がして、M次郎の体が何度も桃子の尻にぶつかった。
M次郎は桃子の腰を両手でもって、桃子を力強く突きつづけた。

もっと強くやってやる
M次郎のS性があふれてしまった。

やがて、M次郎の精液も桃子の上にあふれ出してしまった。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 苦手女子攻略中②






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


J塚が終わると、中年男の番です。

「いや~っ」と再び、ジュンは嫌がりましたが
男3人に抱えられて、無理やり四つん這いの体勢にされました。

中年の男は後ろからジュンのお尻をつかむと大事なところを舐めまわしました。

J塚はジュンの背中を抱えて抑えつけながら胸をまさぐっています。

ジュンはとうとう中年の男に後ろから挿入されてしまいました。

通常、バックをするときは、相手の動きに合わせて自分も前後にゆれたりして、多少の衝撃を逃していると思うのですが、今日はジュンは、他の二人の男に体を抑えられているので、動くとこともできず、中年男の大きな衝撃をそのまま受け止めていました。

あまりの衝撃にジュンは叫びました。
「いやー、やめて。怖い!痛い!」
こんな激しく、奥の奥まで入れられてしまったことはありません。

でも本当は決して、痛くはありませんでした。

「いやーっ!いやーっ」と言っていたジュンの叫び声はやがて「あーん!あーん!」に変わっていました。
それを見ると、J塚は
「ジュン、こちらの人にはお口でもう一度やってさしあげて」と言いました。

若い男はジュンを押さえていた手を離すと、ジュンの前に周り、ジュンの口に自分のものを入れました。

ジュンは中年男に後ろから突かれながら、若い男のものを口で受け入れました。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 間違ったマウンティング③







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


課長の顔ぎりぎりのところに腰を浮かしながらの、大変、つらい体勢の私のあそこを課長は舐めまわしました。ときどき鼻でつついたりします。
「いやーいやーあーん」

体勢がつらいのと、とんでもないかっこうをしているという恥ずかしさで、興奮してしまい、私は声を上げ続けました。
音を立てて、課長は私の女性器をなめたり吸ったりしています。膣の中に舌を入れたり突起を舐めまわします。
しばらくすると、私はイってしまいました。

やがて課長は復活したみたいで、その後、いろいろな体位を試されたのでした。
自分の彼氏とはしたこともない変な体位をいろいろさせられました。

足を片方持ち上げられたり、抱きかかえられて持ち上げられたり、課長の腰に私の足をからませるよう指示されたり。

課長が果てると、またしばらく、エッチなことを言われながら、私はおもちゃにされて、課長が復活するとまた挿入されました。
こういうことが、朝になるまで、繰り返されました。


→ 全貌が読みたい方はこちら → エッチ課長との思い出







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


後ろから魔子の中に入ると、M波は魔子を突きながら魔子の尻をつかんだり、もんだりしていたが、その内に魔子の尻をたたき出した。
たたきながら、激しく腰を動かすM波だった。

「やだ~
いつもこんなことしてるの?」
魔子はゆさゆさと体を動かされながらきいた。

「してないよ。こんなことしたら、きっと1か月くらい口きいてくれないよ。」
「もしかして可愛い彼女にはできないことを私で思いきり試してるの」
「そうだよ悪いか?」

M波は、ますます強く、魔子をつつく。
その後、M波は魔子を仰向けにすると、再び挿入しながら、魔子に覆いかぶさって行った。

M波は、腰を動かし、魔子の中を自由自在に動く。
M波はぐるぐると魔子のあちこちの壁を撫でまわしたり、こすったりする。
どこが感じるのか、魔子の体をさぐるように、あちこち攻めてくる。

「ああっああっ」魔子は歓喜の声を出し続けた。
「上手ね。彼女、いつもこんなにしてもらってるの?」
喘ぎながら苦しそうに、魔子が言う。

「贅沢ね、若いころからそんなぜいたくしない方がいいと思うんだけど」
と魔子は言ったあと、

ひときわ、強く奥のほうまで、M波につかれて魔子は
「あああっ」と大きな声をあげた。

M波は魔子の奥の子宮の入口を容赦なくついてくる。
「ああん!ああん!!」
魔子は叫び続ける。
魔子の声の大きさに比例して、M波の攻撃も激しくなってくる。

そして魔子は絶頂を迎えた。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 下品な情事②






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


キスをしながら、俺がジュンのそこを撫で続けると、そこはどんどん潤ってきた。

やがて、赤いようなピンクのような割れ目に、俺はゆっくりと少しだけ入ってみた。

「痛い・・・」ジュンが言った。
「大丈夫か?」
「うん。大丈夫。」

俺はジュンの狭い壁を押し広げながらゆっくりと入っていった。
ジュンは目をぎゅっとつぶって我慢しているようだ。

時間をかけてやっと奥まで入った。
俺はジュンにギュッと包み込まれているようだった。

俺はまた動きをとめて、ジュンにキスした
ジュンは目を開けて、俺を見た。
恥ずかしそうな嬉しそうな顔をした。

俺はゆっくりジュンの中で動き始めた。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 可愛い誘惑②






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


キスをして目を開けるたびに、泣きそうな恥ずかしそうなジュンの目が俺を見つめていた。

そして、俺は「いや!Jイチ兄ちゃん」というジュンの服を無理やり脱がせて乳房を揉んでしまった。

乳首をさわると「いやー。やめて!ダメ!」と言ってジュンは嫌がった。
でも無理やりおさえつけ、ジュンの乳首を俺は口に入れた。

「いや~やだ~」と言いながら、恥ずかしそうに泣きそうになりながら抵抗するジュンにますます興奮して、俺はいやらしいことを続ける。

そしてその後はもちろん、ジュンの中に俺は自分のものを挿入した。
「いや!だめ」と言いながらもジュンは、やがて大人しくなって、俺のされるがままになっていった。

ジュンのかわいい幼い顔が、泣きそうな恥ずかしそうだった顔が今まで見たこともないような表情になり、今まできいたこともない声を上げる。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 可愛い誘惑①





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


次の瞬間に俺はカンナのあそこを強く吸った。
「あああーん!」
カンナは叫んで、目を閉じた。

俺がカンナに挿入して、カンナの中で自分のものを出し入れしているときに、
道具の入っているはずの押入れのような物入れの方から、ゴトッと音が聞こえたような気がした。

「バカ!何やってんだよ!!」と俺は心の中で思ったが、カンナは今は俺にされていることにもう夢中で、その音は聞こえないようだった。

正常位で、少し動いた後、俺はちょっとカンナを抱き上げ、少しカンナの体の向きを変えてみた。
カンナは一瞬、不思議そうにしていたが、俺の攻撃で、またすぐに「ああん!ああん」と声を上げ始めた。

また少ししたら、カンナに挿入したまま、俺はカンナを抱き起した。
そして、カンナを俺のひざにのせて、向かい合って挿入したまま、またちょっと、物入れの方に向きを変えて、カンナの中を突き上げた。
「あーん!あん!あん!」
カンナが声を上げる。

まかせてくれよ。毎日、鍛えてるんだ。きゃしゃなカンナを抱きながら、動き回るなんて朝飯前だよ。と俺は思った。

そのあと、また向きを変えて、バックもしようと思っていたのだけど、しかし、俺は思わず、いってしまった。
(こんな早く終わってしまっては全員が交代で見る時間がない・・・)と俺は思った。
「ああああ、すぐに、もう一回するから待ってろ~」
と心の中で思いつつ、一回俺ははてた。

「次、すぐにバックするからちょっと待ってて!」と俺は大きな声で 言いながら、コンドームを外した。
そして、カンナを抱きしめて、寝ころんだ。

寝転がりながら、カンナをなでたり触っているうちに、また復活した俺は、今度は、廊下の方にカンナの顔が向くようにに四つん這いにさせた。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 合宿所で女子マネとエッチ②






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


フリージアは縄で縛られて、ベッドに横向きに転がされていた。
両手は後にまわされて、手首を縛られている。
背中から、二の腕を経由して体の前にまわされた縄は乳房の上下で縛られている。
両足は太ももの真ん中のあたりと足首で2箇所が縛られている。

フリージアは洋服は着ていたが、さきほどパンツを脱ぐように言われて脱いでいた。

男は、縛られままのフリージアをうつ伏せにすると
両足のロープをほどいた。
そして、フリージアの足を開くと挿入した。
「あーっ!いやーっ」
「フリージア!」
フリージアの両足を持って、男は腰を動かした。


→ 全貌が読みたい方はこちら → 女スパイハニートラップ解禁①


〈ページの先頭に戻る〉


-----------------------------------------
最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉

臍から下寝ている

関連記事


   

   

 
         

     

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505