Welcome to my blog

huugetu

huugetu

なんか最近、やたらとエッチが出来る


OL姿で片足を上げて椅子に座っている

「今夜は鹿川ちゃんと、ずっと一緒にいたい気分だな。
・・・なあんてね。」

「いいわよ。」

「え?冗談だよ!旦那さん待っているでしょう?」

「冗談ですって?!ひどいわ!」

「だって旦那さんが・・・」

「配偶者がいるのはそんなのお互いさまでしょ?熊田さん、あなた、ひどくない?女性に恥をかかせる気?」

「いや!恥はかかせないよ!!」

熊田と同僚の鹿川ちゃんはホテルに向かった。
ダブル不倫だ。

その日はとても暑かったので、仕事の帰りにちょっとだけビアガーデンに寄り道しようと言って、ビールを飲んだ後だった。

二人はほろ酔い気分でエロ気分になってしまった。

鹿川ちゃんは、ベッドですぐに熊田の下半身に手をかけた。

いつも仕事がテキパキしている鹿川ちゃんらしい。
そして既婚者だから手慣れたものだ。

鹿川ちゃんは熊田のアソコを指でつまむと、悪戯っぽい顔で熊田の顔を見上げた。

そして口を開けるとパクッと熊田のアソコを口に入れた。

鹿川ちゃんは片手で髪の毛をかき上げながら、もう片手で熊田のモノを持ち、お口を上下に動かし、熊田のモノをジュルジュルする。

熊田が
「あ・・」
と声を出したり、ピクっと動くと、鹿川ちゃんはお口いっぱいのまま、上目使いに熊田の顔を見上げた。

鹿川ちゃんはコンドームもつけてくれた。

ちょっと、ふざけたように熊田のアソコにヨイショ、ヨイショと言いながら、コンドームを装着してくれた。

旦那のもいつもつけてやっているのか?と熊田は想像した。

その後、熊田は鹿川ちゃんの中に自分のモノを挿入していった。

熊田が鹿川ちゃんの両脚を抱えて、腰を振っていると、下から鹿川ちゃんも腰を振りだした。

「あん!あん!あん!」
そう言いながら、鹿川ちゃんは熊田の動きに合わせて自分の腰を上げたり下げたりした。

熊田は鹿川ちゃんの中の壁をたくさん擦り、奥の方をつつきまわしたあと、鹿川ちゃんの中に放出した。


*********

その会社は部署によって人員が偏っていた。
老若男女が取り揃っていて、独身者も既婚者もいて、大家族みたいな部署もあれば、あるいは、リーダー以外は皆若い男女だけで固められた、体力で勝負だ!みたいな部署もあった。

熊田と犬山の所属する部署の特徴としては独身のアラフォー女性がたくさんと、30歳前後の家庭持ち女性も多く、あと20代の独身女性が少しだけいた。
まあ要するに女性社員が多かったのだが。

熊田は元来、がさつな男だった。

いわゆる男世界のイメージの強い他の部署からここに異動してきたとき、女性たちに眉間にしわをよせられたものだ。

悪気はないんだけど、ちょっとした男尊女卑にきこえかねない乱暴な発言や、口下手で言葉をはしょってしまう部分が誤解を招いたり、雑で乱暴なふるまいなどが嫌がられた。

他、熊田が若手女性芸能人が好きというのもマイナスのイメージにつながっていたようだ。

この会社の男にしては珍しく、熊田は30半ば過ぎても結婚していなかった。
そのことも30前後の既婚者女性たちになんとなく軽んじられているようだった。

しかし、熊田は今年、ついに結婚した。

なれそめをきくと、昨年、久しぶりに学生時代の部活の先輩の女性と再会したら気があってしまって、そういうことになったそうだ。

驚いたことに結婚すると、熊田は突然、もてだした。

いや、もてだしたって言い方もちょっと違うかもしれないけど、部署の女性たちの間でグングン人気者になったのだ。

熊田の奥さんは熊田の外見を小綺麗に仕立て上げた。
清潔で、真面目そうだけどちょっとだけオシャレな髪型、質はとてもよさそうだが、派手でも嫌味でもない上品なスーツ。

そして、熊田の奥さんはいろいろ熊田のがさつな言動にダメ出ししたりして、夫を厳しく躾けたようだった。

熊田はエレベーターなどで女性を先に乗せたり、女性の重い荷物を持ってあげたり、みんなが残業していると、飲み物を差し入れたり、気が利く人に変わった。

女性を立てることも、話すのもうまくなった熊田は女性の間で好感度大の人になった。

「あたしは最初っから熊田さんのことを無骨ながらイイ男だと思ってたわよ」
などと主張する女性も出始めた。


そして熊田の奥さんが学生時代の部活の先輩というのも何でだかよくわからないけど、この部署の女性陣にはポイントが高かったようだ。

熊田は感じのいいオトコ扱いされるようになった。

それまでモテなかった熊田がお嫁さんを見つけたということで、何だか急にモテる男のように見えてくるから不思議だ。
鹿川ちゃんから見ても、熊田は価値あるオトコのように見えていた。

それで、最近、夫とすれ違い気味だった鹿川ちゃんはとうとう熊田とホテルに行ってしまったのだった。



一方、犬山は、元々、若いころから女性にモテるタイプだった。

特にイケメンというわけではないが、長身でスタイルがいいし、優しいし、話がうまいし、女性扱いがうまい。

犬山はアラフォーの独身女性社員には可愛がられることはもちろん、30代の夫持ちの女性社員たちにも好かれた。
「うちの旦那と全然違う。お腹は出てないし、犬山さんはやることにそつがない」

そして犬山が30半ばになっても結婚しないことも、なぜか、熊田の場合とは違い、女性陣に評価されていたのだった。
「仕事が忙しいからしょうがないわよねえ。犬山さんは女より仕事が恋人なのよねえ。」
「犬山君は別にいいのよ。ずうっと独身でいてね。」

モテモテの犬山は社内の女性をときどき、つまみ食いした。
でも悪い噂は立てられることもなく、スマートにこなしていた。


しかし、犬山の株が大暴落する日が来た。


秘書室の24歳の女性社員と犬山が噂になったのだ。

入社数年目の若い美人の女性秘書社員。
しかも真偽は確かではないが、その女性社員は会社のおエライ役員のコネ入社ではないかと社内では言われていた。

犬山の女性陣からの人気はだだ下がりした。

部署の女性たちはお昼休みに悪口を言った。
「やっぱり男は若い女がいいのかね?」
「いや、年が離れすぎでしょ?
犬山さん10歳も年下の女に手出して、気持ち悪いわあ。」
「逆玉の輿を狙うなんてダッサ!」

犬山がその24歳の女性社員と結婚してから、部署の女性たちの間では、”無”の存在感になっていった。

いや、犬山も仕事はちゃんとして、そこでは存在感を示していたんだけど、プライべート的に女性のみんなから無関心扱いになった。
以前のように女性たちに飲みに誘われたり、仲よくしてもらうことがなくなってしまった。


女性陣はみな、熊田さん、熊田さんと言って熊田を可愛がったり、なついたりしていた。


しかし、そんな犬山は結婚わずか数年で離婚することになった。

離婚理由はさだかではないが、奥さんがワガママなお嬢様育ちで、結婚生活に向いてなかったとか、浪費癖がすごかったとか、犬山が社内の古株の50歳独身のT子さんと浮気デートしているのを目撃した人がいるとか、あることないこと、ないことないこと、噂が立った。

数年しか結婚生活の続かなかった男。
10歳も年下の妻もコントロールできない情けない男。
古株の女性社員と不倫の噂のある男。


さあ、どうなったか。

白いワイシャツ姿で片足を脱ぎかけて立っている

なんと犬山の部内の女性人気は再び、上昇した。

同情票もあるのだろうか?明確に誰かのモノになっていた期間だけ犬山は人気がなかったのだろうか?

離婚した今、犬山は再び、モテ期に入っていた。

先週はアラフォーの大人の女性先輩社員、馬場さんとやった。

馬場さんは綺麗な人だが、仕事にかまけてその年まで独身で来てしまった人だった。

不倫なんかが絶対に許せない人で、昔、妻子持ちの上司に誘われたとき、その上司をセクハラで訴えて血祭に上げた経歴がある。
その点、馬場さんにとっては独身で自分と年回りの近い犬山はエッチに好都合の相手だったのだ。

馬場さんは細身の身体をくねらせて犬山に出し入れされた。

適度に使いこまれたアソコは犬山を締め付けるタイミングを知っているかのようだった。

犬山が締め付けるソコをはねのけるようにズブズブ奥に進んだり、引いたりしていると馬場さんは
「ああん!いい!いい!いいっ!」
と言って、身体をのけぞらせた。

少し垂れ気味だけど、ボリュームある柔らかいおっぱいを馬場さんは揺らしながら喘いでいた。


そして犬山は今週は、29歳の婚約者持ちの猿田ちゃんとホテルに来てしまった。
猿田ちゃんは結婚する前に、少しだけ他のオトコとも遊んでみたかったんだそうだ。
でも知らない人はいやだし、若い男も口が軽そうでいやだし、大人で安心して遊んでくれそうな犬山に白羽の矢(?)が立ったらしい。

しかも犬山は自分と近い年頃の女性を奥さんにしていた人だ。
猿田ちゃんは犬山のことが若い自分の理解者のような気もしていた。

また、自分と同い年の婚約者に対しては、場面場面によっては、自分がリードしないといけなかったことが猿田ちゃんにはちょっとめんどかった。

今日は、年上の犬山に思い切り、甘える!
猿田ちゃんはそう思ってセックスにのぞんだ。

犬山の痒いところに・・・いや、感じるところに手が届くような丁寧で執拗な愛撫に猿田ちゃんは狂った。

挿入される前に、アソコを犬山に弄ばれているうちに一回、下半身を痙攣させてイッテしまった。

こんなの初めてだった。

一度、イカされたアソコは敏感になってしまう。

犬山の男性器が自分の女性器の中にいっぱいに挿入してくると、それだけで体をくねらせる猿田ちゃんだった。

これからされることを思い猿田ちゃんはどんどん、エロ気分が高まってきた。

犬山に動かされ始めると猿田ちゃんはすぐにでもイキそうになっていた。

犬山は猿田ちゃんの中で、緩急をつけて、ゆっくり壁を擦ったり、突然、速く動かしたり、奥の方に侵入してみたり、入口付近を擦ってみたりした。

「あん!・・やん!・・あああっ!」
犬山の動きによって、声が変わり反応が変わる猿田ちゃんの様子を犬山は楽しみながらセックスを続けた。

そして猿田ちゃんの下半身が再び痙攣したとき、犬山は猿田ちゃんの中から、自分のモノを抜き去り、猿田ちゃんのお腹の上に乗せた。

そしてそこにドクドクと精液を出した。


ふう〜と息をつきながら、犬山は思った。
来週はアラサーの猫谷さんとデートだ。
猫谷さんもやれるのかな~。

******


んーんー。
どーでもいいけどさあ、あなたたちの会社、仕事のほうはちゃんとしてんの?


--------終わり-------------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉








関連記事
最終更新日2018-10-06
Posted by
不倫OL
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です


↓こちらは広告です






Comments 0

There are no comments yet.