Welcome to my blog

huugetu

huugetu

好きな人と心中したかったのに




また深夜ラジオの話なのですが

3時~5時台のラジオの話はこの前しましたが、1時~3時台のラジオではお笑い芸人の『オードリー』とバンドの『back number』 のラジオも私は時々ききます。


どちらもおしゃべりがおもしろいからきくのだけど、この若い男の子たちの(あ、ごめん。違和感ある?私から見るとどちらもそんな感じなんだけど。え?みなさんからしたらおっさんなの?)

この人たちの女性観というか恋愛観がかいまみれてそれもおもしろい。


オードリーさんは極端に言うと、エッチさえできれば別に彼女はいらないというような男子中高生みたいな感じがする。

この前のラジオで、バーチャルのエッチシステムができたら彼女いらないじゃん~と言ってた。

この二人は、エッチさえできれば、精神のつながりの女性の支えはいらないと宣言しちゃっているみたいな感じ。


・・・いや、若いころの私だったらこの時点でオードリー大嫌いになってたかもしれないけど、今は大丈夫ですよ。


一方、back numberさんはご存知、若い女性に人気で、歌詞がわりと女々しい。

ご本人たちは結構、無骨で男らしいんだけど歌詞が女々しい。繊細。


男目線の歌、女目線の歌、両方あるけど、どちらも恋愛相手のことを精神的にどっぷり好きになってしまっている感じがあふれている歌を歌われる。
特に新曲『ハッピーエンド』はすっごく楽曲が気に入って、今日発売なので、予約してあるのですが、

ラジオから流れた歌詞をよくよく考えると、あれ??必要以上に悲しい。(必要以上の意味がちょっと失礼ですが)


オードリーさんと対局で、そんなに相手に思い入れてどうする・・・くらい悲しい。えー?逆にさめるくらい悲しい。

楽曲きいてたら最高に気持ちいいんだけどね。歌詞読むと悲しすぎ。



どっちのグループも、同じくらい笑えるおもしろいラジオを展開しているという、しゃべりのプロというところを私は評価しているので、
私が、彼らに男性として恋焦がれているわけではないのですが、
こういう若い男性(またみなさんには違和感かしら?)の女性観がかいまみられるのもとても楽しいのです。


自分の息子くらい若くなっちゃうと、アホすぎて、自分の気持ちさえ自分でちゃんと表現できないので聞いててもイミフなので楽しくないのですが。




私自身のことを振り返ると、エッチは素敵な思い出として残っているけど、恋愛においてはあまり素敵な思い出が残っていないような気がする。



割りとエッチに力を入れて、大切な恋人や夫の心情もあまり顧みず、恋愛や愛情の部分は適当にしてきた人生のような気がするのですが。

どっちかというとオードリー派?



でも、そんな私も一度だけ、人のことを熱烈に好きになり、その人刺し殺されたいと思ったことがあります。一瞬。

なんで、刺殺されたかった?


その人とは、ずっと長く付き合うことはできない相手だったので、別れるくらいなら別れるときにその人に殺されたいと思ったのです。


自分はその人と別れたら、きっと毎日がつまらなくてきっと生きていけない。もう死んだも同然。


そしてその人の心の中では、忘れられないような人になりたい。
その人の心に残りたくて。
だから別れるときに、その人に自分を殺してほしかった。


まあ、すっごーい!ロマンティスト!!情熱的!!怖いくらい!




・・・しかしですね、それはほんの一瞬で、


今となって、その人とのことは、ロマンティックな思い出かというと、そうでもなくて。

実は付き合いの後半、その人のことをあまり好きでなくなったので、今、考えても、なぜその人に刺されたいと一瞬でも思ったのか、あととなっては、まったく見当がつかないのです。


ほんっと女性の恋愛は上書きだというけど、ほんとかもね。
過ぎた恋愛を忘れるような脳になってんですよね。きっと。


多かれ少なかれ、男もみんなもそうなんだろうかね?
でもきっと、そういう、一瞬の情熱の部分を無理やり思い出せる人が、歌や詩や物語を書いているんだろうか。

back numberの作詞作曲担当の清水依与吏(いより)さんも。


そういう部分、部分を思い出しちゃあ歌や物語を作ってるんでしょうかね?


私には無理だわ。
例えば、その刺殺されたかった人のことを今、書こうとして、必死で思い出して書いたとする。寒ーい文書ができると思う。だって、今は私、その人のこと考えても、気分がのらないもん。今好きじゃないから。気分があがらないもん。



でもプロの清水依与吏さんはそれができるのでしょうか?

それとも清水さんは、まだ巡り合えない、情熱的な恋愛を夢見て歌や物語を作っているんでしょうか?


それとも私が今は自分の気持ちを自分で封札してるだけであって、あと10年くらいしたら、刺殺されたかった話を熱烈に悲しすぎるくらいの表現で書けるんでしょうか。


あ。全然、エッチじゃない話になってごめん。

でも五分後にエッチな話も出すのでよろしく。

-----------------------------------------
最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉

背中

関連記事
最終更新日2017-11-08
Posted by


         
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply