Welcome to my blog

huugetu

huugetu

ラブホテルでセックスをしなかった思い出




男性2人と私の計3人でホテルに行ったときのことを、このブログの最初のほうに書いたのですが、


付随して、当時、在籍していた会社のしくみや、実兄のことをフェイクなしで詳しく書いてしまったので、あとで怖くなってお蔵入りさせてます。(限定公開中。書き直し中)
身バレが怖くてね。


でも、1回、書いたものって書き直すと変になっちゃうんだよね。なかなか書き直せません。


それに3人ってのが難しいんですよね。


私は、2人きりでエッチした相手のことは絶対的に信頼しています。

たとえ、私が二人キリでエッチした相手の人がもしこのブログを見つけて、このブログを書いているのが私だとわかったとしても、その人って絶対に静かに黙っててくれると思うのね。
『このブログ書いたのあいつだ!!こいつ、俺とのセックスのことを書いている~』と私に気づいても、きっと黙ってくれていると思うのね。



でも、3人で、しかもHしていない場合、相手にしゃべられる可能性があると思って。


「私さん、エッチなブログ書いてるぜ」って他の誰かに言われてしまう可能性あるなあと思ってて。



そう思うと、文章を修正しても修正しても、うーん???となっちゃう。


でも内容はおもろかったのにな~!世間のみなさんには読んでもらいたいのにな~。


ですので、ここでもう一度、どフェイク入れて一から書き直します。


私ね。思いついたの。

フェイクの手法。

これは私の経験談です・・と言いながらも、本題に関係ない部分で、嘘を詳しく書くの!

嘘の部分の情報をやけに詳細に具体的に書くという。



例えば、本来、話には関係のないどうでもいい地名とかに詳細な嘘を含める。

どう?目くらましの術。


犯罪者の手口、嘘をいうときには、ほんの少しホントのことを混ぜる・・・の逆。

ほんとのことを言うときに、やけにどうでもいい部分に嘘を盛るということ。


前置き長いな・・・おい


-------------


私の学生時代の話です。

文化祭のあと、打ち上げということで、大勢で学校のそばで飲んでいたのですが、一次会のあとに、私は3人だけで2次会に行きました。


私は、かわいがってくれていた先輩のAさんとBさんに、2軒めに行こうと誘われたのです。


しかし、明日の朝、1限から授業があるので、もう少し家の近くで飲もうということになりました。


私たちは大学のそばの駅から移動しました。



そのころ、私は井之頭線沿線に住んでいました。

Aさんは田園都市線沿線に住んでいました。

Bさんは東横線沿線に住んでいました。


そうです。3人の家に帰るにちょうどいいのは『渋谷』でございますね。


渋谷で3人で飲もうということになりました。


しかし、飲みすぎて気づくと3本の電車とも終電がなくなってしまっていました。



いえ、タクシーでは帰れたんですよ。


でも、お金ももったいないし、疲れたな~とAさんが言いだし、3人で渋谷のラブホテルにとまることになりました。



(うわほころびが出たかも。学生だったらホテル行かないよね。多分、朝までやってるクラブとか(当時だとディスコ)カラオケとか行くよね、絶対。・・・・早くもフェイク失敗。)


まいーや。



最初は、私たち3人はラブホテルのガラス張りのお風呂を見たり、でかいベッドを見て、はしゃぎました。


私たちは、なぜ、こんなところに愛し合う二人じゃなくて、3人でいてはしゃいでいるんだということがおかしくて、おかしくてしょうがありませんでした。


大笑いしながら、

「俺たち、一体何やってんだろうなあ~」

「これ、あとでいい思い出になるよ」などと言いながら、はしゃいでました。


最初は私たちは部屋内を探索していたんですけど、
そのうち、疲れたし、ベッドに寝転がって、ごろごろしながらはしゃぎました。


酔っ払いの20代のアホでした。



そのとき、A先輩が寝転がっている私の上に覆いかぶさってきました。

Aさんは、私の体には全然、ふれないように四つん這いで私にまたがりました。

「きゃー」と私が言うと「襲うぞ~」とA先輩は言いました。


でもAさんは、またすぐに私から離れて、横にごろんとして枕とかを放り投げだしはしゃぎはじめます。



私が起き上がって水を飲んだりしていると、Bさんも後ろから私の肩をつかんで、その手を下のほうにずらしながら
「さわるぞ~」と言いましたが、結局触りません。


その後も何度か、2人の先輩にふざけて、足をつかまれたり、腕をつかまれたりしましたが、決して、お2人はそれ以上の私の体の部位にはさわってきませんでした。



お二人には代わる代わるキスもされるフリもされましたが、すぐに先輩は、わはははとか笑い出して、中断されてしまいます。



私は実は3人でエッチをしても全くかまわなかったのですが、かといって、そのことは自分の口からは絶対に切り出せません。




3人というのがミソなのです。




そのときの3人の心の中なんですが、多分、3人とも同じだったんじゃないかと思います。


もし自分がエッチしようと切り出して、あとの2人に却下されたらどうします?


同じ会社に勤める、今後も何十年も付き合うかもしれない3人なのですよ。


もし自分が『3Pしよう』と言ったのに、他の2人に断られたらどうします?


この先、ちょっとどえらい恥ずかしいでしょう。


いや、2人が反対しなくてもです。


自分以外のもう1人の人が、エッチすることに同意したとしても、残る1人だけが「あほか。お前ら。そんなことするってマジか?馬鹿か?」とでも言われたらどうします。


2人ともどえらい恥ですよ。


3人ではなく、もし2男女人きり同士だったとしたら、まあ断られたとしてもいいじゃないですか。
当事者同士っていうか。

もし誘っても誘われても、断っても断られてもね。
どちらも誘われた当事者、断られた当事者というか。
うまくいったらそりゃラッキーくらいで。ちょっと言ってみた・・・もし断られても、ちょっと傷ついた・・・程度で済みそうです。



でも3人となると、そうはいきません。



ましてや、そのとき私は入社、一、二年目の新入女子社員だったので、A先輩もB先輩もへたをうつと
「新入社員の女の子に二人がかりで変なことをしようとしたとんでもねえやつ」ということになります。



じゃ、女性である私から切り出して、「先輩たちエッチしましょう」と言えばいいのかというと、そうでもない。

私だって同様ですよ。
へたをうつと
「新入社員のくせにこいつ、会社の先輩2人を相手にしようとした危険人物」というレッテルを2人に貼られてしまいます。



ベッドの上では男女かもしれませんが
普段は、ちゃんと上下関係の厳しい会社でして、私は毎日、先輩に指導されたり、怒られたりしているんですよ。


私はお二人には、いつもごちそうになったり、はげましてもらったり、確かにかわいがってはもらっていましたけど、でもちょっとでも仕事関係で間違ったことをしたら、ちゃんと厳しく怒られる関係性だったんですよ。


そんな私が、お二人にもし「エッチしましょう」と言って、空振りをしたらどうしますか?


2人の先輩に
「お前は !そんなふうに教育した覚えはないぞ!」とか
「お前はとんでもないやつだ。反省しなさい!明日、部長に言いつけられないだけでも感謝しろ!」とか説教大会になったらどないしますか。

その恐れがあるので、私からもお二人をエッチに誘えません。




ああっ!!しまった!いつのまにか、フェイクの学生の設定が・・・・!!!会社の話であることになってしまっている!!


(ま。いーや)


そんなわけで、私たちは3人で牽制しあって、変なことは起らなかったんだと思うのですよね。



何言ってんのさ。タクシーで帰れるのに3人でラブホテルにとまった時点で、変なことじゃないか!


ま。そーなんですけどね。


「くそーだれか言い出せ!エッチしようって誰か言いだしてくれ~!誰か口火を切れ~!!」と多分、3人とも思っていたと思うのですね。
でも牽制しあって誰も言いだせなかった。




その後、そのお2人とは疎遠になったのですが、数年後になんかの集まりで、ばったり3人であったときは、大笑いでした。


3人でお互い指さしあって、大笑い。

「俺たちあのとき何やってたんだろうなあ。ばかだよな~」と大笑い。


私たちは、すぐに3Pできちゃうようなツワモノでもない普通の人たちのくせに、3人でラブホに行ったのが、まずバカでしょ?


そして3人で心理を読みあって、牽制しあったのが、これまたバカ。


タクシーにのって帰ってもそんなにかからない距離なのに、とりあえず、なんかいいことあるかもしれないと思ってラブホ行ったくせに、今後の付き合いを考えてびくびくするのが、これまたバカ。



でも、『おもしろ~い思い出』として、私の心に残っています。



そーだ!フェイクなんてめんどいことしなくて、脅せばいいんだ。

A先輩、B先輩!

これ読んで、自分のことだと思っても絶対に、私のブログのことばらしちゃだめですよ。

言ったら許しませんよ!いいですね!

今はいらっしゃる嫁さんとお子さんに言いつけますからね!!あ、あと部下の女子にも!

あのとき先輩たちは、エッチする気まんまんでしたって言いつけますからね。

絶対に私がブログ書いていることばらさないでくださいよ。いいですね?


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別さくいんに行く〉


寝ている全身


関連記事
最終更新日2018-03-22
Posted by
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です

↓こちらは”広告”です





Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply