セフレになっちゃおかな② - おフロに入らせて?~軽いエッチな話~                                                                      

記事一覧

〈お勧めのページへ〉 ❤ 〈女性の特徴別さくいんへ〉 ❤ 〈月間アーカイブへ〉❤ HOME
    

セフレになっちゃおかな②

エッチな私





★これまでのお話 はこちら → ★セフレになっちゃおかな①




絵里たち一行は、観光地での最後の朝を迎えた。




早朝、E本は、そーっと、ホテルの部屋のドアを開けた。

エレナの部屋から出てくるところを誰かに目撃されやしないか、E本は心配だった。


E本とエレナが廊下にこっそり出ると、誰もいなかった。


安心して二人でエレベーターのほうへ歩いてゆくと、エレベーターが突然開いた。



そこには絵里が一人で乗っていた。



絵里は一歩、足を踏み出してエレベーターを出かけたが、足をとめた。


E本と絵里は目があった。


そのあと、絵里は、E本とエレナの顔を数回、見た。


絵里は足をひっこめエレベーターに戻った。


ガーッとエレベーターが閉まった。


チン!と音がしてエレベーターが去っていった。




「閉められた・・・」とE本は言った。


「あー。まずかったわね」とエレナが言った。


「じゃ、ここで。」と言うと、E本はすぐに階段のほうに向かった。


「どこ行くの。」とエレナがきくと、



「うーん。・・・とりあえず、追いかける。」とE本は答えた。


「そう。がんばってね」とエレナは言った。



このホテルには仕事関係者、全員が泊まっていたが、部屋の空きの関係で、女性がホテルのこちらの建物、男性が別館のほうに宿泊していた。


男性であるE本が、早朝、こっちの建物に、しかもエレナと二人でいるのはおかしかった。
エレナの部屋で昨晩過ごしたことがバレバレだった。




一方、絵里はエレベーターでホテルの1階まで下りた。さっき朝食を1階で食べたばかりで部屋に戻ろうとしていたのに。


絵里は心臓のドキドキが止まらなかった。


ホテルの玄関を飛び出すと外の柱の影で立ち止まった。


両手で顔を抑えて、心臓の鼓動を抑えようとした。


E本は、朝食会場や、ロビーやあちこちを見て回ったあげくようやく、ホテルの外で絵里を見つけた。





「誤解だ」とE本は急に、絵里の後ろ姿に声をかけた。



E本は絵里の言葉を待たずに、後ろ向きのままの絵里に説明を始めた。


仕事が昨日で最終日を迎え、夜遅くまで複数人でバーで盛り上がったのだが、二人は飲み足りなくてエレナの部屋で飲み続けたという。


エレナの部屋でE本は酔いつぶれ、それだけのことだと言った。




「そんなの嘘」と後ろ姿のままで絵里は言った。



「嘘じゃない。」





「でも・・・」と絵里は言った。





「嘘でもほんとでもいい!」と絵里は言った。




さっき、二人を見かけたときから、絵里は血が逆流するのがわかった。



絶対にやだ!絶対に他の人にE本をさわられたくない!と思ったのだった。


恋人になってほしいとか、そんなのどうでもいいと絵里は思った。



「他の人にセックスされちゃうくらいなら、私もする!」と絵里は後ろを向いたまま言った。



E本が絵里の言葉に驚いて絶句していると、絵里はくるりと振り返った。



「まだ、7時台よね。出発まで、まだまだ時間があるわ。」



E本は絶句したままだった。



絵里はE本の眼を見ていった。
「セックスするわよ!」




「ばかなこというなよ。だいたい、おれエレナさんとしてないっていってるのに・・・」
とE本が言うと、



「何がばかなことよ!いつか私をセフレにしたいっていってたじゃない?おっぱい見せろとか言ってたじゃない?昨日だってエッチなこと言ってたじゃない!」



「全部、冗談だよ。・・・というか、そういうことを言ってお前をからかうのが楽しかっただけで。」



「だめよ。冗談ではすまないわよ。セックスするわよ!他の人にされる前にする!」






ベッドの上に座って、E本は裸の絵里を抱きかかえながらキスをしたあと、絵里の顔を見た。
顔がこわばっていた。


「緊張してる?」とE本は絵里にきいた。


「う・・・ん・」と絵里は言った。


E本は黙って、絵里を抱きしめた。





そしてE本は言った。

「やっぱりやめよう・・・こんなことダメだ。」

絵里はE本を見つめた。



「おまえ、無理してるだろう?無理してこんなことしちゃだめだ」


絵里は下を向いた。




絵里はベッドから立ち上がった。


絵里は、オールヌードでそこらへんに散らばった服をかき集め始めた。



そして絵里が真っ裸のまま、乳房を揺らしながら、片足ずつあげてパンツをはいたり、乳房をブラジャーに収めたりしているのをE本は、思わず見た。


絵里は、E本が見ているのを知っていた。

絵里は、ブラジャーをもう一度、外して、一度収めた乳房を出してみた。

うまく収まらないようなふりをして やりなおしてみた。そして足をピーンとのばしてE本に見せつけながらストッキングをはいた。





「う。なぜか裸よりも脱いでいるとこよりも、着ているところに興奮する・・・」

と言って、E本は絵里に近づくと両手を掴んだ。


「もう一回、キスさせて」



E本ははじめ、立ったまま絵里にキスしていたが、やがてベッドに誘導してベッドに寝かせた。

そして絵里の両腕を抑えつけながらキスをし続けた。



E本が唇を少し離したときに絵里はさっきのこわばった顔と異なり、穏やかなとけそうな顔をしながら
「キス上手なのね」と言った。


そして絵里は横をむいて恥ずかしそうに言った。

「なんか濡れてきちゃった・・・」

E本はドキッとしながら
「そういうこと言っちゃだめだろ」と言って、もう一度絵里にキスした。


そしてそのまま絵里の首や胸元にキスしていった。

「ああん・・・」と絵里は声を出した。


「そんな色っぽい声だしちゃだめだよ」
とE本は言った。


でもE本は動作をやめずに続けた。


「あ~ん」と絵里はさっきよりも長い声を出した。



そして続けて「あっ・・あんっ・・あん」と声をあげた。ちょっと無理して声をあげてみた。


「感じやすいんだな」とE本は言った。


次にE本は絵里の左手に自分の右手を合わせて、指をからめた。


そしてその手を絵里の頭のほうに持っていった。

絵里は片手を万歳したような恰好になった。


そして、あらわになった絵里の左の上腕の内側や脇の下にE本はキスをはじめた。


自分でもはじめて知ったが絵里はそこがとても感じるのだった。絵里は本当に声をあげた。


やがてE本は絵里を後ろにむけて背中にキスしたり、また絵里を反対に向けてお腹にキスしたりした。


「絵里。エロい。体中にキスしたい」


E本は、絵里のお尻や太ももにキスしたあとに、また絵里の唇に戻ってきた。


「E本さん」絵里は言った。

「入れて・・・・」


「ダメだろ。そんなこと言っちゃ・・・」
とE本は絵里の眼を見ながら優しく叱るように言った。


「だってえ 入れてほしくなってきちゃったんだもん」と絵里は言う。


「じゃあ・・・」
E本は考えながら言った。



「じゃあ、もうちょっと気持ちよくさせてあげてからね」



E本がブラジャーを外し、乳房を愛撫しはじめると絵里は

「いやあ あん あん」と声をあげた。


次にE本は片手で絵里を抱きかかえ、絵里の舌に舌をからませながら、もう片手で絵里の股間をいじった。


「びしょびしょだね」
E本は、絵里の顔を見ながら、絵里の唇の周りを舐めまわした。


絵里はE本に夢中でつかまりながら声をあげた。



E本が、指を何本か絵里の穴に入れて出したり入れしはじめると、絵里は大きな声を出した。
「あーん。いやー、そんなとこ!いや~」


絵里に繰り返しキスをしながらE本は絵里の膣をぴちゃぴちゃと音を立てながらいじり続ける。

そして「ここにもキスしてあげる」と言った。


「いや、だめよ。恥ずかしい」
と絵里は抵抗したが、E本は絵里の両足を広げるとそこを舐めまわした。


「いやっいやっいやっ・・あんっ」と絵里は言い続けた。


そしてE本は「入れるよ」というと、絵里の中に入っていった。








E本はベッドで絵里の肩を抱きながら言った。

「いったん中止したつもりが・・結局2回もしてしまった。」



「E本さんって、やっぱりすごくエッチだったのね。」と絵里は言った。


「男はみんなこんなもんだろ」と恥ずかしそうにE本は言った。


「お前だって、一体、何回いったんだよ。エッチ!」
とE本は言って絵里にキスした。



そしてE本は
「やばいなあ。顔見てると、またしたくなってくる。」
と言った。


「でも、いい加減にもう出発の準備しないとな」


E本は続けた。
「続きは、また今後、ゆっくりな。」



「セフレ継続?」と絵里はきいた。



「ばかか!違うよ!」
とE本は言った。



絵里は
「なんか私が無理やり色仕掛けで、落としたみたい・・・ね」
と恥ずかしそうに言った。



「肉弾作戦で、無理やり、みたいな気が・・・・・・」
と絵里。



「うーん。そうだな。
俺はもうちょっとスローペースで つき合っていこうと思ってたんで、いろいろすっとばしてしまった感があることはあるな。」


E本は言った。


「でも、まーいいだろ。明日から、すっ飛ばした部分もよろしく・・・で」





------終わり---------



★これまでのお話 はこちら → ★セフレになっちゃおかな①

最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉


股を見せる女



関連記事


   

   

 
         

     

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

18R

★★このブログは18歳未満の方にはご利用いただけません。★★

女性の特徴検索

アルバム

エログちゃんねる

エログちゃんねるでは無料で見れるアダルトブログ(エログ)を紹介しています。 動画・画像・二次元・文章等。

エッチな体験談・告白

無料の素人さんのエロ体験の投稿サイトです。

ツイッター始めました

エロくないことを書いてます。

プロフィール

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエリア

    503     504     505