Welcome to my blog

huugetu

huugetu

タブーなセックスをする人たちを擁護する街


白い短いシャツでパンツとお腹を見せている
毎度おなじみエロ女経営者は女子高校時代の同窓会に参加した。

「チーちゃん!チーちゃん!」
(エロ女経営者の高校時代のあだ名が『チーママ』だったからだ)
ずっと仲のよかった友人のミーコが女経営者に声をかけてきた。

「チーちゃんにお願いがあるの。
同窓会のあと、二人だけで飲みたいの。仕事のことで相談があるの。」

同窓会が打ち上げになると、女経営者はミーコと二人だけで帰ろうとした。

でも高校卒業まじかになってから二人と仲がよくなったナナちゃんが「もう一軒行こうよ〜」と話しかけてきていた。

女経営者はミーコの顔を見て目で訊ねた。
(ナナちゃんも飲みに誘っちゃダメかな?)と。

ミーコは最初は『ええっ?ダメよ!!』という顔をしていたが、そのうち仕方ないというようにうなづいた。


****

「こんな場所があるんだけど」
3人で落ち着いたバーに入ると、ミーコはそう切り出し、パンフレットを出してきた。

ミーコの話はこうだった。

自分の勤めている会社は『不倫が絶対にばれない街』というのを持っていて運営していると言う。

ちょっと見は、昔、日本の高度成長期に作られたマンモス団地に似ていると思ってくれればいいと言う。

マンモス団地にはあらゆる種類のお店屋さんや学校、塾、郵便局やATMなどがある。
住人が必要なものが全て団地内にある。
団地の敷地の中で生活が完結できるようになっている。

ミーコの会社もそういう小さな街を一つ作って持っているというのだ。

ただマンモス団地と異なるのはミーコの会社のそのタウンに実際に住んでいる人はわずか。
本当の住人はお店などの経営側の人だけだという。
この街を歩いているのは、ほとんどは短期間滞在の宿泊客になるという。

ここには『不倫』カップルや、他、世を忍ばないといけない関係の男女のカップルたちだけがお忍びで集まる街だという。

普通は、不倫を疑われた人は、有名人であればマスコミに張り込まれたり、一般人であれば探偵社を雇われたり、何らかの形でばれてしまうことが多いが、ここではそういう心配はないという。

ここには様々なカルチャースクールや、ドライビングスクールや、美容の施設やスポーツ施設があり、訪れる人は何か目的があって宿泊に来ているようにみせかけることができるという。

例えば、不倫カップルがそれぞれ別の目的でここに来たように見せかけつつ、お泊りができ、愛の行為を営めるというのだ。

予約をした人以外は絶対に街に入れないような仕組みになっているという。

「ここは出会い系ではないわ。
元々愛し合っているカップルだけに来てもらうことが目的なの。
カップルでの申し込みしか受け付けないわ。
彼らが、人目を気にせずに、何不自由なく密会できる場所というのが、コンセプトなのよ。」
とミーコは言った。

そしてこのタウンについて目立った宣伝はしていないという。
口コミと紹介でしかお客を集めないという。

「よく採算が取れているわねえ?」
と女経営者がいうと
「うちの会社は他の事業ですごい儲けているので、その利益をここに回しているの。
このタウンは創業者の意志なのよ。
創業者が、当時戦争相手だった外国国籍の人と恋をして、親や親戚中に反対されてその恋人が自殺してしまったという悲しい経験をしているので。」
とミーコは言った。

「創業者の意志で、不採算であっても、この”禁断の恋人たちのタウン”は続けると!
他で儲けた利益をここに回して、そういう人たちに還元するの!」

「へえ!その意気や良し!ね。
でも”戦争時代の外国人との恋”と、”現代の不倫”は全く違うような気がするけどなあ?」
と女経営者は言った。

「いいのよ。その時代によって『禁断』の定義は変わるものだ!というのが創業者の主張なの。
とにかく、人目を忍ばなきゃいけない恋人たちに場所を提供したいのよ。」
とミーコは言う。

そして続けて
「でもね、うちの会社内では最近、この立地を外国人観光客の宿泊施設に変更すべきという主張をする勢力が増えてきたの。
でも私は絶対に、このタウンを続けたいのよ!
創業者の夢ですから!」
と、ミーコは説明した。

「で、私に頼みたいというのは?」
とエロ女経営者はミーコにきいた。

「少しでもお客さんを増やしたいわ。あなたの商売のお客さんたちにこのタウンの口コミの宣伝を流してほしいの。
お客さん以外でもあなたの交友関係のある人たち全てにも!」

「うん。なんだ。そんなことお安い御用よ。」
と女経営者は言った。
「でもきっと大した力になれないよ。うちのお客様は、誰でもいいから、ただセックスが出来ればいいっていうシンプルなタイプが多いから。」
とも言った。

女経営者は思いついた。
「そんな事情なら、今日、同窓会で集まったクラスメイトのみんなに言えばよかったのに。
彼女らの方がすごい集客力あると思うわよ!!」

「こんなことみんなに言えるわけないでしょ?こういうことをよしと思わない人だっているでしょう?
正義感に燃えられて、ちくられたり暴露されたりしたら、逆に命取りになるわ。
こんな話ができるのはチーちゃんだけよ」
とミーコは言った。そして
「そうよ!ナナちゃん!あなたも絶対に内緒にしてよ!」
と、お酒を飲みながらずっと黙って二人の話をきいていたナナに向かってミーコは言った。

「そっかなあ。うちらのクラスメイトたちって、独身で自分でお金バリバリ稼いでいるか、専業主婦で子育てがひと段落して、時間もあったりする人が多いから、彼女たち自体がお客さんになる可能性も高いんじゃないかと思う。」
と女経営者は言った。

「うーん。どうかなあ?」
とミーコが言うと、黙っていたナナが右手を上に上げた。

「?」
「なに?ナナちゃん?」

「ハイ!」
そう言ってナナは、学校で授業中に先生に当ててほしくて、手を何回も上げてアピールする子供のようにもう一度、手を上げた。

ミーコと女経営者は、ナナを見つめた。

ナナは言った。
「私自身がそこのタウンのお客さんになります!!」

****

そう、ナナは不倫をしていた。

そしてこの夏、ナナの娘は学校の部活の1週間の合宿に参加することになっていた。

ナナの夫の海外への5日間の出張がそこに重なった。

ナナが自分の不倫相手とゆっくり過ごすためにこんなチャンスはないではないか。


ナナは夫に、高校時代の友達の会社のやっている美容施設に行きたいと言った。

「ちょうど二人が留守だし、その間に”断食合宿”っていうのに行ってみたいの」

3泊4日で、ダイエット、あるいは、健康のために断食をしましょうという企画で、ちゃんと専門の医師がついてくれて、安全に行われるそうだとナナは説明した。

夫は
「ふーん。実は断食って俺も一度やってみたいなあって思ってたんだよなあ。いいよ。」
と言ってくれた。
娘も
「お母さん、最近、太り過ぎでやばいもんねえ!ぜひやるべきだよ!」
と勧めた。


白いお尻丸出しの短いシャツに黒いハイヒールで片足をあげている

ナナはミーコの会社のタウンで、不倫相手と落ち合った。

ナナの不倫相手は”短期集中英会話合宿”に参加すると家族に嘘をついて来ていた。

不倫相手の男性の会社では、今、英会話力のレベルアップが求められていた。英語が苦手な彼のことを家族は大賛成で合宿に送りだしてくれた。


ナナはホテルの一室で男に抱きしめられた。

彼と過ごすときはいつも時間を気にしていたけど、今日はその心配しなくていい。

ナナと不倫相手はゆっくりお風呂に一緒に入った。

バスタブの中で、ナナは男と向かい合って、股をひろげてお膝に跨った。

ナナの脚が彼の腰にからみついた。
二人のお股がお湯の中で密着した。

そしてナナは男の首に腕を回し、抱きついた。
男はナナの腰を水中で抱きしめ、濃厚なベロチューを繰り返した。

のぼせそうになったときに、ナナは男の腕をほどき湯船を出た。
男がナナを追って洗い場に出てきて、ナナの身体に手をのばしたときナナはそれを制した。

ナナは、男を洗い場に立たせたまま、男のアソコを勃たせた。

男の性器を指でつまむと、火照った顔のナナはお口にそれを含んでいった。

ナナはゆっくりゆっくり、頭を動かし、男のモノを自分のお口の中で出し入れした。

「あ!」
男は小さな声をあげて、ナナの頭に手をやって軽く抑えた。

ナナはジュブジュブ男の竿部分を吸いながら顔を動かした。

「あ・・・出ちゃう・・・」
そういうと男はナナの動作を止めた。

今度はナナは男にお尻を向けて立った。

ここのホテルは、お風呂場も快適でとても広かった。

立ち上がったナナが壁に手をつき、お尻を男の方に突き出す余裕が十分にあった。

男の左手は背中からナナの乳房をつかみ、乳首をいじった。男の右手はナナの股間をいじった。

「あ・・あ・・アン・・・」
男がナナの身体を愛撫すると、だんだんナナの声は大きくなっていった。

ナナの身体から流れしたたるお湯よりも、ナナのアソコから出てくるヌルヌルした透明の液体の量の方がが多くなった頃、男は後ろからズブズブ挿入してきた。

「ああっ!!」

ナナはバスルームの壁に手をつっぱっり、タイルに脚を踏ん張った。

男はナナの奥の方までズンズン侵入してくる。

「あ!!」
男に押されて、ナナの両手が壁をすべり、脚がすべりそうになり、上半身が壁に押し付けられそうになる。

ナナお尻を突き出したまま脚を踏ん張った。

その体勢でこらえながら、ナナは何回も後ろから男に突かれた。

「あん!あん!あん!」
ナナの身体は男の腰の動きに連動して前後にユサユサ揺さぶられた。

ナナの脚がガクンとして、体全体がタイルに崩れ落ちそうになったときに男は放出した。


****

バスルームでのセックスのあと
「夜はベッドの上でもしようね」
と言って二人はキスをした。

ナナと不倫相手は、ホテルの部屋を出てお散歩に出かけた。

このタウンの魅力の一つは、いつも肩身の狭い思いをしている人間たちが、人前で、太陽の下で、堂々とイチャイチャできることだった。

ナナと不倫相手は街の中を手をつないで歩いた。

街にはたくさんカップルが出歩いていた。アイスクリームを立ち食いするカップル。はしゃぎながらプールで水遊びをするカップル。
皆、楽しそうにいちゃついていた。

同性愛のカップルもたくさんいた。

「お気の毒だわ。
私たちが後ろめたいことをしているのは本当だけど、あの人たちは何も悪いことをしていないのに、人目を忍んでここに来ているのね」
「同性愛者への理解が社会的には進んだように見えるとは言え、自分らの身近なコミュニティーでは、きっとまだまだ無理解な人がたくさんいるんだろうなあ。」
とナナと不倫相手は話した。

ナナたちが公園のベンチに座ると、大きな放し飼いのワンちゃんと一緒に20代くらいの女性が歩いてきた。

大きなワンちゃんがナナにクーンと近寄ってきた。

「お散歩ですかあ?ご住人の方ですか?」
とナナはワンちゃんを撫でながら女性にたずねた。

「いいえ!遊びに来ました!
自分の家ではいつも父や母や兄弟の目があるので自由に愛し合えなくって、思い切ってこの夏は彼と二人だけでこのタウンにバカンスに来ました!」
と女性は言った。

ふたり?彼?

女性はしゃがむとワンちゃんの背中を撫でた。
ワンちゃんは女性の顔をペロペロ舐めた。
「彼と私は愛し合っているのです」


じゅ、じゅ、じゅ、獣か●?!


本当に”世間のタブー”が何でもあり!の街なんだ!?

他、ナナ達は、公園ではイチャイチャしている年の差カップルもいろいろ見た。
どう見ても10代半ばの女の子と20代前半の男の子がバドミントンをするという微妙な年齢差カップルも見たし、お弁当を食べさせ合う熟女と若い青年のカップルも見た。

いつもコソコソしていた彼らは、ここでは堂々とラブラブであることをアピールできたのだ。


そのあと、ナナと不倫相手は”コミュニティー喫茶”というのに行ってみた。

その喫茶店は、他のカップルの人達と、気さくに自由にお話ができる場所だというのだ。

そこには、ナナ達みたいなダブル不倫のカップルもいたし、片方が既婚者の不倫カップルもいた。

教師とその教え子のカップルや、自分の息子の嫁と来ていた熟年男性もいた。

ナナ達は、ここで皆さんと楽しく話をしたり、”不倫あるある話”などをした。


そのとき、喫茶店のドアが開いた。

中年の男性が若い女のコと手を繋いで入ってきた。

「こんにちは。
私たちもご一緒してもいいですか?」
とその男性が言った。

「どーぞ!どーぞ!一緒にお話しましょう!」
と言って、ダブル不倫カップルが新しいカップル客を暖かく迎え入れた。

ナナもその新参者のカップルの方に目をやった。

なんとそこには、海外に出張に行っているはずのナナの夫と、合宿に行っているはずのナナの娘が手を繋いで立っていた。


-------終わり--------------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉





関連記事
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です


↓こちらは広告です






Comments 0

There are no comments yet.