Welcome to my blog

huugetu

huugetu

下ネタの唄で泣くエロ人間






相性というものがあって
結婚の前に普通に付き合っていた人たちが(セックスのためだけの付き合いじゃない人という意味)私に言っていたことは


一歳しか違わなかった人には
『なんでも一人で決めてしまって、これじゃ口出すこともかかわることもできないよね。』的なことを言われた。

五、六歳上のある人には
『私ちゃんは、ほどよく自我を通して、ほどよく言うこときいてくれるからいい。以前、つきあっていたコがほんとわがままで言うこときいてくれなくてへとへとになった。私ちゃんくらいがいい。』

それ以上年上の元夫には
『君のやんちゃなところが好き。大人しいコはつまらないから。』と言われた。


全体的には、私のきっとわがままで、自由人な人間像が浮き彫りになるが、

『ぼく、そういう人ダメ』という人と
『オレはもっとわがままなやつも世の中にいることをよく知っている。私ちゃんくらいのレベルは我慢せねばいけないのだろうなあ』という人と
『わがままだが、そこがいい。結婚しよう。』という人になる。


年上になるほど、というより、年が離れるほど、女のわがまま耐性があることがわかる。



で、私のわがままな様子はこのブログにまったく書くつもりがまったくないのですが、

この真ん中の人とのエッチの話になりますが。




この人とつきあっていたころは泊りができなくて、ゆっくり過ごすこと(ゆっくりエッチすること)ができなかったのですが、あるときやっと泊まれる日がありました。

一晩中一緒。この喜び。


彼に乳房を優しくなでられ、乳首をなでなでされると早くも『あーん』と声を出して、顔を横にむけてしまいます。

彼は『恥ずかしがって感じている顔かわいい』と言います。


女性器を口で愛撫してくれようとして、彼が私の両足を広げようとすると、その頃のわたくしは『いや~それはいい~』と言いますが『いいでしょ?』と彼は続けました。

膣開発前でもそこは感じてしまいます。また声をあげます。

『かわいいよ。もっと気持ちよくしてあげる』と彼はいいました。


そして次に
『今度は私ちゃんがやってくれる?』

このころはいつも彼の指示でフェラチオをしていました。自分では、どこのタイミングでしていいのかわからなかったので。

一生懸命、口に含んでいると、やがて彼は

『もういいよ。ありがとう』と言って、彼が私に挿入しはじめます。


まだ私は開発前で、後のように膣で感じることはなかったですが、彼が入ってくるのがうれしくて。


どこかの記事でも書きましたが、体内に他人を取り込むということは、結構な衝撃だと思います。

慣れてしまうと忘れてしまいますが、男の人にもこの感じわからないと思いますが、

体内に他人が入ってくるのはとても大きな衝撃だと思います。なかなかショッキングなことです。


その衝撃をしびれるように感じていました。

中で動かされるということも、慣れていないころは大きな衝撃です。彼に突かれると自分も一緒に動いてしまうことがなんという非日常。




終わってから腕枕してもらいながら、おしゃべりしりしていると

やがて、また、彼の手が私の胸をさわりはじめます。

再び、エッチが始まります。

『69って知っている?』

彼の言われるがままに69をしたり、四つん這いになって、後ろから入れられたりしました。

それは明け方近くまで続けられました。



そして朝の光の中でも、セックスをしました。


私が一人で朝早く起きて、お風呂に入ってから、下着姿で大きな三面鏡で自分の体をいろんな方向から眺めていたら、


彼が起きあがってきて『何してるの?』って笑いながら言って、私を抱きしめました。


で、朝エッチに突入です。


お風呂入って着替えたばかりのパンツだったので脱がせてもらうのも大丈夫でした。

腰を浮かしながら彼にパンツを脱がせてもらってまた挿入です。

彼が私の中に出たり入ったりするたびに外側の一番感じる部分をたくさんこすられてしまい昨夜よりも感じてしまいます。




そして、本当はその日も泊まることが可能だったのですが、2日連続はどうだろうと思って、私は家に帰りました。


駅で別れるとき私の両手を彼がつかんだ。名残おしそうだった。私も悲しかった。



その次の日、出かける予定だったのですが、着替えを持っていけば、朝、ホテルから行くことも可能だったのに。



で、その夜、家族も今日はいない家に帰って、一人で自分の部屋にいたら、なんだかすっごく寂しくで悲しくなってしまったのを覚えています。


なんで今日も、泊まらなかったのかなあ。泊まればよかった。


私の馬鹿。泊まればよかった~。


で、そのときに、たまたま数日前にお笑い好きの友達にダビングしてもらった『嘉門達夫』さんのカセットテープ(カセット時代?!)があったので、それでもきいて笑おうかなと思った。


往年の名作の『鼻から牛乳』が入っているアルバムのテープだった。


その中のほとんどが笑える曲だったのに終わりの方に悲しいメロディーの曲があって、ますます悲しくなってしまいました。



どんな唄かというと


旅の途中の武士が、女一人の家に泊まらせてもらおうと立ち寄ろうとしたときを描写した唄で、


女性が、武士に対して、最初は家にも寄ってもいいけど、そばにきちゃダメとか言ってて
武士も『私も武士のはしくれ、そんなことしない』と言ってたのに


だんだん、
武士が でもそばによってしまったらどうしよう
女性が そばによってもいいけど、おっぱいは触っちゃダメとかなって。

次は
でもおっぱい触っちゃったらどうしよう
おっぱい触ってもいいけど、下は触っちゃダメとかなって。

次は
でも下も触っちゃったらどうしよう
下は触ってもいいけど、挿入はダメとか言って。



最後は、挿入してもいいけど『朝まで挿入をやめてはダメ』と女性が言うというオチ。



進展するたびに、武士の『私とて武士のはしくれ、そんなことしないっ!』っていうセリフがだんだん興奮していって、激しく否定して大声になっていく。でもやってしまう・・・という。



これが下ネタの笑える唄なんだろうけど、メロディーがなんか寂しくて悲しくて。


私はこれを聞きながら、ますます悲しくなって涙がこぼれてしまいました。



彼と離れているのが寂しくて今日も一緒に泊まらなかったことを悔いて悔いて。


昨日はあんなこともあんなこともしたのに。


今日も泊まっていれば、

私もこの唄のように、今頃、彼に一晩中、してもらえたかもしれないのに~と思うと寂しくて寂しくて。


でも悲しいのと同時に昨日の行為をひとつひとつ思い出して再び、エッチな気分にもなります。


あんなところ、ペロペロされちゃった。舌をあんなふうにいろんな形にして私をつついたり。私の中いっぱいにあんなものが入って何度も出し入れされて。出し入れされるたびに私の突起部分をこすって。あ~ん。


何度も唄をききながらエロ悲しい気分に浸ります。




・・・という思い出があります。




記憶が薄れてて題名もわからなかったし、この唄を歌っていたのが『あのねのね』だったか『嘉門達夫』だったかわからなくなってしまっていたのですが。
うーん。なんか 『あのねのね』のような気がするんだけど、『あのねのね』のアルバムなんて人に借りた記憶ないし、なんでだろう?
と??
と、思ってたのですが、で、今回、ネットを検索して納得。
『あのねのね』さんの作詞作曲で、『あのねのね』さんがもっと大昔に歌っていたものを嘉門さんがそのころ、カバーしたものだったのでした。
『つくばねの唄』という唄です。ユーチューブなんかにあるかもしれないのでもしよかったら聞いてみてください。
もしエロ悲しい気分になったら私と同じ感性です。



最新ページに戻る


〈索引ページに行く〉


おしりTバック


『経験 本番』のもくじへ

『エロフィクション』のもくじへ

『2017エロフィクション』のもくじへ

『2017エッセイ』のもくじへ





関連記事
最終更新日2017-11-08
Posted by


         
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply