Welcome to my blog

huugetu

huugetu

前前戯


エッチのためにエッチをする場合、相手の反応を見ながら進めることは大事だと思います。



つまり心が通じ合っているから何してもいい、愛しているからあなたになら何をされてもいいわ!という関係の場合じゃないときね。


いや心が通じ合っていても、ちゃんと反応見ながらやってほしいですけど、心が通じ合っている場合は何度でもチャンスがあるからね。テクに走らなくても誠実であればいいと思うのですよね。





でもワンチャンの場合は円滑に気持ちよく目的を達成するためにより導きかたがより大事になってくると思います。
(また!私はこの若者言葉が使いたくてしょうがなくて使ってしまいました)
(今年の私の流行語大賞は『盛り土(もりど by 東京都)』か『ワンチャン!! by WANIMA 』で決まり!)
(使用方法間違ってたら教えてください。私はワンチャン=一回きりのセックスととらえているのですが??)




前戯の前戯をちゃんとしてくれる人がいた。




キスするだけのときから、首筋とかにも軽くチュッしてた。



一瞬、首に軽くされるだけなら違和感ないし、例えば、帰り際の外であっても、そんなに恥ずかしくないし。



でもこういうことを何回もされたら感じてゆく。




たぶん、この間、相手ははかっているのでしょう。これで女性はどれくらい感じているのか。



この線で進めてみたらよいかどうか。反応を見てはかっているのでしょう。



こっちも反応を見られているということにゾクゾクしてしまいます。




肩を露出していたとき、別れ際に肩に一回、チュッと素早くされたらもうダメでした。




これは間違いない。エロいことになりそうだ。




あとね。『手』ってのもきいた。


彼は私の腕を持ち上げて、私の顔を見ながら二の腕にチュッしてくれて
(この顔を見られながらってのもゾクゾクする~)


次に目つぶって、前腕のほうにもチュッってしてくれて
(なんでここで目つぶるの?これもゾクゾクした~)


最後、手の甲にチュッとしてくれたのが、ものすごくよかった。



肩や首はありがちかもしれないけど、手の甲にしてくれたのはこの人だけです。




手の甲へのキスって、物語やイギリスで、よく王女様やお姫様に忠誠を誓ってするやつでしょ。



ききますわ~。



もーエッチする!って決めました。





で次に、会ったときに『セックスしたい~!する~!!』と自分から言ってしまいました。



そんなことすぐ言う私は特殊ですが、でも誰でも原理は同じことだと思いますよ。




ゆっくり、少しだけ、感じさせてゆくのがいいという原理は。





私は初めからやる気満々でしたが、


もしそうでない女性でも、ゆっくりこんなことされたら絶対にセックスしちゃうと思います。

(おいおい、適当なこというな。
すいません。

そうだね。少し考えてみよう。

手の甲にキスして、
『手の甲へのキスの意味ってわかる?』
・・・と言ってはどうでしょうか?

ダメか?

もしもうまくいかなかったとき、

明日の女子のお昼時間の大笑いのネタにされるか・・・・?。
もしくは影のあだ名がついちゃったりするか・・・・?『忠誠くん』とか。

もしくは永遠にその女性の持ちネタとして語り継がれるかもしれない。親戚とかの集まりでも話されちゃったりして。怖っ。


・・・・・・・・・どうぞ相手の反応を見極めて自己責任でよろしくお願いいたします)






で、その人にはベッドでもたくさん、チューをしてもらって、唇以外の首や肩やわきの下にチューしてもらって。


性急にエッチなとこ触られる前に、たっぷりそういうことされると、逆に本番で、更に燃えます。



挿入してからも出し入れするだけじゃなく、突くだけじゃなくて、なんかかき回すように動いてくれたり、いろんな方向に動いてくれました。


いろんな方向に動いて、私の反応をまたはかっているような。どこが感じるのかさぐってくれているような。


どこが感じるの?などとききません。自分で黙って探っているようでした。



私は感じまくって声をあげてしまいました。
その探っている様子にですよね。



彼が私の一番、感じる部分を探し当てたわけじゃないのです。



私の一番感じる部分を探している様子に感じてしまうのです!




私は以前、他の人にこの言葉を言ってしまってあまりウケがよくなかったので使うことは控えていたのですが、もう少しで『めちゃくちゃにしてえ』と言いそうになってしまいました。




問題なのは
ワンチャンの場合、前前戯までがうまければ男性としてはいいのに、
さらにセックスまで上手だと、
こういう場合、女性のほうがワンチャンで済ませたくなってしまうことです。
2回でも3回でもしてほしくなってしまうことです。



最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

<女性の特徴別さくいんに行く>

はだか ねている


関連記事
最終更新日2018-03-15
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply