Welcome to my blog

huugetu

huugetu

黒いメイド服で片足を上げておどけているようなポーズ
財務省の様々な問題、疑惑がモヤモヤしている2018年だが、ある程度年齢のいった人ならば、昔の大蔵省の”ノーパンしゃぶしゃぶ”接待事件”のことを思い出さずにはいられない。

金融関係者が大蔵省官僚に便宜を図ってもらおうといろいろ接待していたことが発覚したのだが、その中に『ノーパンしゃぶしゃぶ』という、聞くからに恥ずかしい店での接待というものがあったのだった。


「ある程度、年齢のいった人って・・・その表現、失礼ね!」
我がエロ女経営者はそう言った。

「ノーパンしゃぶしゃぶってどんなんですっけ?今、もうありませんよね。」
若い女の秘書がたずねた。

エロ女経営者の片腕の男が答えた。
「ノーパンでミニスカートなんかをはいた女性従業員が高いところにあるものを取ったり、お尻を突き出して鍋でお肉を湯がいたりして、客にアソコをチラ見せするやつだろう」


女経営者は叫んだ。
「やるわよ!ノーパンしゃぶしゃぶ!」


「ええ!今更ですかあ?
今、うちのセクキャバではもっともっと楽しいサービスをいろいろ提供して、とても儲かっているのに?
何もそんなものに手え出さなくてもいいでしょう?」
「あの事件以来、イメージが悪いから”ノーパンしゃぶしゃぶ”は衰退したんだとききますよ」
二人の若い側近たちは反対の声を上げた。


「だからこそよ。今だからこそよ。逆手に取るのよ。
今、みんなが”ノーパンしゃぶしゃぶ”を思い出しているときに、ほかに全くライバルがいないのであればチャンスじゃないのよ!」

若い二人は困惑の顔をしつつ黙った。

「トライ&エラーよ!!」
女経営者は力強く言った。



*****

太郎君は、田舎から遊びに来た友達の次郎君を東京の繁華街に連れて行った。

「すごいな。やっぱり東京は」
太郎君と次郎君は5メートル歩くと群がってくる、飲み屋やエッチな店の客引きの攻撃を防ぎ、防ぎ、繁華街を歩いた。


「なんか興味ある店ある?」
太郎君は次郎君にきいた。

「そーだねえ。目移りするねえ。でも俺、今、腹もすごいすいているんだよね。」
次郎君は言った。

「牛丼屋かなんかの安いところで腹ごしらえしてから、キャバクラでも見てみる?」
と太郎君は言った。

「うん。いいね。俺、無性に牛肉食いたかったんだ~。」
と次郎君は言ってから、数歩すすんだところで大声を上げた。

「あっ!あれがいい!あれ!おもしろそう!」
次郎君が指さした先には『ノーパンしゃぶしゃぶ』という看板があった。


「あれ?こんなところにこんな店あったっけか?」
と太郎君は思った。
そして看板に掲げてある金額を見て言った。
「値段、結構高いぞ。キャバのが全然安いぞ」


「俺、今、おもしろブログやってんだ。そこにも東京での体験談も書きたいし。
な!ネタとして見てみたい!
それに今ほんとに牛肉が食べたくてしょうがないんだよ!」
次郎君がそう言い張るので、太郎君は了承した。

太郎君的には、牛肉としてはあっさりしたイメージのある”しゃぶしゃぶ”より、こってりの”焼肉系牛肉”が食べたかったが、滅多に東京に来れない次郎君の要望だ。のもう。そう思った。


店内に入ると、二人は4人くらいが座れそうな、畳に、掘りごたつ形式のテーブルのある席に案内された。
時間が早いのか、店には他にはまだ数人の客しかいないようだった。

隣の席とは壁でしきられているが、通路側からは丸見えの席だった。
普通の焼肉屋のような席だった。

テーブルの上には、真ん中ではなく割と奥のほうにコンロと鍋が置いてあった。

焼肉屋と違うのは、天井に空調機はなく、席の奥の上の方には棚があって、そこに高そうなワインやウィスキーのボトルが置いてあることだった。

「あそこにある酒を注文したら、きっと女が背伸びしてアソコを見せてくれるんだな。」
と太郎君は心の中で思った。


ビールのジョッキを持った男の店員が来た後、すぐに牛肉の並んだ大皿を持った可愛らしい女の子の店員が現れた。

上は裸エプロンのような服、下はヒラヒラしたミニスカート姿だった。
女の子の大きなおっぱいはもう少しでエプロンの脇から見えそうだった。

おおっいいじゃない?と二人は思った。

女の子は席に上がってくると腕を伸ばしてお鍋に肉を運んだ。

鍋は席の奥の方にあったので、女の子が前かがみになり、一生懸命手を伸ばすと、おっぱいの谷間が上から見えた。

「おおっ!」

もう少しで乳首も見えそうだ。

女の子はおっぱいをチラ見せしながら肉をどんどん茹でては二人の小皿に運んでくれた。

女の子の胸元をチラチラ見ながら次郎君は言った。
「この肉、美味しいよ!いける!」

「確かに。うまいなあ。たまにはしゃぶしゃぶもいいもんだな。」
と太郎君も言った。

でも、女の子は胸チラは見せてくれるが、ミニスカの中は中々見えなかった。

女の子が何回めかに前のめりでお鍋に手を伸ばしたときに太郎君はすかさず立ち上がった。
「ちょっとトイレ!」

太郎君は急いで畳の席から通路側に降りて、女の子の後ろに回った。

後ろから見ると、手を伸ばして前かがみの女の子のムチムチの太ももが丸見えだった。
でもお尻の突き出し方が甘く、もう少しで見えそうで見えない。お尻と太もものギリギリまでしか見えない。


「しょうがない。高級酒を頼むしかないな。」
と太郎君は思いながらトイレから帰ってきた。

太郎君が戻ってくると、もう次郎君がビールのジョッキを男の店員に追加注文しているところだった。

「ばっ!ばか!何しているんだよ!キャンセル!ビールキャンセルしてください!」
と太郎君は慌てて言った。

次郎君がポカンとしていると、太郎君は頭上の棚を指さして
「あのワインください」
と言った。

女の子がいよいよ立ち上がった。
「ちょっと前を失礼します」
女の子はそう言うと、太郎君の奥に行き、釣り人が使うような小さな折り畳み椅子を出してくるとその上に乗った。

女の子は背伸びして棚に手を伸ばした。

二人の男は、女の子のスカートの中に注目した。

細い白いTバックだった。

そこからはみ出すお尻は色っぽかった。

むっちりした女の子の股間の膨らみもはっきりわかった。割れ目のスジまでうっすらみえそうな股間だった。
それだけでも若い二人はゴクンと唾をのんだ。


しかし!ノーパンじゃないじゃないか!!

嘘つき!詐欺師!!


「どういうことですか?」
太郎君は女の子にきいた。

「ノーパンは?ノーパンは?ノーパンは?」
と次郎君は”ノーパン”というワードを連呼した。

黒いメイド服のスカートを上までまくって斜め後ろ向いて立っている


「そろそろノーパンタイム行きますか?」
女の子はニッコリ笑った。


太郎君と女の子はその席に残った。

次郎君は新たに登場した今度はセクシー系の女の子に連れられて、隣の席に移動させられた。


そして男たちは、ズボンを脱ぎ、パンツも脱ぐように女の子達に言われた。

男がパンツを脱ぐと、最近よくビルの入口などにある、手をシュッシュッする消毒薬のようなものと、消毒薬を含んだガーゼのようなもので、女の子に男性器を拭かれた。

男二人はドキドキしながら、女の子にされるままに従った。


太郎君は可愛い胸の大きな女の子のしなやかな指に竿の部分を握られ前後に擦られた。

手で竿をしごきながら、女の子は太郎君のてっぺんをぺろぺろしたり、裏側を舐めあげたりした。

おおおっ!

次郎君はそのころ、セクシーな女の子に竿を吸い込まれていた。

すごい吸引力で竿を吸い込みながら、ジュボジュボと音を立てて、セクシーな女の子は顔を上下に動かした。

ああ!!
ああ!!

やがて二人のノーパン男性は女の子の口の中に射精した。

太郎君についた女の子はすぐにタオルの中に太郎君の精液を吐きだしていた。
でも嬉しそうに
「すごい!すごい!たくさん出たね。」
と可愛い声で女の子は言った。


次郎君についた女の子はお口に出された次郎君の精液をごくごくと飲み込んでしまった。
というか、次郎君が放出中から、セクシーな女の子はもうそれをグングン吸い込んでいった。

ああっ!!

アソコから自分の精液を女の子に搾り取られる気がした次郎君だった。
セクシーな女の子は次郎君のものを飲み込んだあと、少し、口の端からたれる白い液体を手でぬぐいながらいやらしく微笑んだ。


二人は満足した。


次郎君は田舎にもどってから、自分のブログに
『バキュームフェラをしてくれる東京のノーパンしゃぶしゃぶ!!』とおもしろおかしくこの店のことを書いた。


他にも口コミで宣伝してくれる客もいて、
『客のほうがノーパンになるノーパンしゃぶしゃぶ』ということで、この店は話題を呼んだ。

雑誌やネットの一部で女経営者の『ノーパンしゃぶしゃぶ』はおもしろおかしく取り上げられた。
女経営者は、若い側近たちの前でガッツポーズをして見せた。


しかし、話題の割にはもうからなかった。話題になったのも最初だけだった。


エロ的には、やっていることは結局いわゆるピンサロなのに、ピンサロの割には高い。

また、中にはやらしい気持ちで胸がいっぱいで、そんなに食い気もない客が、食べたくもないのにしゃぶしゃぶを食べてその分の値段も払わないといけないのもよくなかった。

グルメな女経営者が肉の品質にとてもこだわって原価が高くなってしまったのも敗因の一つだった。

ノーパンしゃぶしゃぶ事件の頃は、バブリー時代だったので通用したかもしれないが、平成最後の年では無理があった。

また、なまじ少しだけ話題を呼んでしまったがために当局の監視の目が厳しくなり、運営が難しくなってきた。

小金を持っていてかつネタをおもしろがる余裕のある人の一部には受けたが、やがて閑古鳥が鳴いて、閉店に追い込まれた女経営者だった。

------終わり------------
最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply