Welcome to my blog

huugetu

huugetu

チアガール姿で正面向きで片足を上げてパンツを見せて座っている
(今日はあんまりエロくないので、今エロエロ気分の人は飛ばしてください。
➡エロエロ気分の人はこちらを読んで欲しい。どうぞよろしくお願いします➡2018 エロフィクション目次


北朝鮮の美女応援団っぽいコスプレを探していたのですが、途中であきらめてよかった。
今、日本のメディアでは美女応援団はあまり話題にならず、日本選手の活躍に皆の注目が高まり、報道もそっちで盛り上がって、ようやく普通のオリンピックっぽくなってきたんで。

美女軍団ですが。
あれにデレデレする韓国の男性たちってどうなんだよと!
いえ韓国の女性にも結構受けているみたいね。
それは本当に同じ民族だからっていう別の暖かい感情があるのかもしれないけど。


いや、私もコスプレしようとしていたんだから、アメリカ生まれの日本人のあなただって結構、北朝鮮美女軍団を気に入ってたんでしょう?と言われたら。
はい。私もまあ美女軍団を結構、気に入ってました。すいません。認めます。


で、人類が美女に弱い件ですが。


30年前、ソウルオリンピックの開催直前に『大韓航空機爆破事件』というのがありました。

あったらしいですね・・・と書いて、最初私は年齢を誤魔化そうと思いましたが、この後の説明がめんどくさいのでやめました。あは。
リアルタイムで知ってます。

北朝鮮の工作員が日本人になりすまして、韓国の旅客機に乗り込み、爆破した。
目的はソウルオリンピックの開催の妨害と言われている。

乗客も乗員も100人以上がみんなお亡くなりになってしまったという。

その時の実行犯のうちのひとり、金賢姫(キム・ヒョンヒ)が美人だったのですね。

もちろん死刑判決が出たんだけど、その次の年かなんかにすぐに特赦を受けて、この人は今も生きています。
しかも自分のボディガードさんとご結婚してお子さんも産んで生きています。

韓国政府の考えがちゃんとあったのがもちろんだと思う。
北朝鮮の情報を得るために金賢姫を生かしておいた。

あるいは、なんていうか、北朝鮮に対する作戦のひとつというか、この事件を風化させないために生かしておいたとかも。

いろいろ理由があるでしょうよ。国には。

でも金賢姫が美人だったがために、韓国の世論で
「美しい」とか
「結婚したい」とかいう人が結構いた。
韓国男性から金賢姫へのラブレターもたくさん届いて大騒ぎだったのも確かだった。


アホですか?

飛行機で亡くなった人たちの遺族の気持ちは考えないのですか?

そう、男は美人に弱いという話ね。


金賢姫に比べたら、去年、マレーシアで金正男(キムジョンナム)を殺害した実行犯の女性たちのほうが可哀想じゃないか?

どうなるかまだわからないけど、彼女ら、死刑になってしまうかもしれない。

この金正男の事件の首謀者はもちろん北朝鮮であって、実行犯の女性二人は、単に騙されて道具として使われただけっぽいのでしょう?
あんまり美人じゃないかもしれないけどマレーシアの彼女たちも世論で助けてあげてよ!

事情が全然違うとか、金賢姫を許したのは韓国であって、世論ではないし、それとこれとはいろいろ舞台が違うとはいえ。
どこの国の誰が、彼女らを救うのよって話もあるけども。

大量の殺人をした美人の金賢姫が助かって、北朝鮮に関係ないっぽいインドネシア人とベトナム国籍の彼女たちが死刑になるのはかわいそうだ。いや金賢姫だって結局は仕方なかった同じような可哀想な人だとは思うけどね。


男性も女性も自分は美人が好きだけど、自分以外の人が、美人を持ち上げるたびにちょっとイラッとするのは確か。
チアガールの後ろ向きの背中姿
私はあまり美人差別で嫌な思い出はないけど、少しはある!!


子供のころは案外、美人よりも明るい子や勉強できる子、スポーツできる子がモテたような気がするので嫌な思いはしなかった。
いつもクラス委員をしていた私は、ホント、言いたくないけど言うけど、どっちかというと美人でない。
が、なんと学年の男子投票による美人投票では2位というポジションだった。

スタイルはよかったが、顔だけなら中の・・・うーん、言いたくない・・・言いたくない・・・が・・言わないと話が進まないから言う!!
うーん〜。顔だけなら、客観的に見て私は”中の下”くらいだったかなっ?もしかしたら"下の上”かもっ。

うわああ!!言いたくなかった!!
美人かもしれないという想像をせっかく読者にゆだねられるというせっかくのブログの世界で、言いたくなかったことをとうとう言ってしまったわあ!!ブログの世界のメリットを手放した瞬間だわ。(いやhuugetuちゃんがブスだそうだと何となく思って見抜いていた読者の方もいたでしょうけど)


ま、でも”中の下”(もしかして下の上!)の顔でも、でも子供の世界はそういうんのじゃない部分で評価されるので、私は何故か美人投票で2位だったし、美人差別の嫌な思い出はそのころはないんです。


でも中学のころ、強く思ったことがある。

私の所属したあるグループの先輩男子に美人を異常に引き立てる人がいて、本当にいやな思いをしたわ。
その人、美人の子を実力以上に贔屓したのよ。
我慢して、3年間所属したグループだったけど、私は本当にこの人が嫌だった。
その人が、実力を無視して美人を贔屓するのも許せないけど、何より、この人に贔屓されない私は、やっぱり美人じゃなかったのだわと思うのがすごく嫌だったわあ。
この先輩の卒業したあとの1年間は本当に楽しかったわ。


高校は女子だけに隔離されたんで再び、特に男の美人贔屓で嫌な思いはしたことなく。


大学の頃は、男子いっぱいいいたわ。
もちろん美人しか相手にしない男もいたわ。そういう人に限ってご自分は、決まって不細工男子なんで本当にイラッとしたもんだわ。

でもね、だんだんね、女子も美しく化けることや、男を騙すことが上手になってくるのでね。

また、この頃は、生物としては、ある意味、女性が一番美しいころなのかもしれないので。
美人でなくても、女の子は不自由しない。
嫌な思いはしない。
この時代の女子はまるで自分が超美人であるかのようにふるまえる。

だからね、嫌な思いはしなかった。
そしてこの頃から私のエロ、スケベさがバクハツしてゆく。

そして思った。

男性は美人だけが好きなんじゃない。
男性は勃起できれば大抵の女のことが好きになれる可能性があるんだ。
勃起できれば何でも許すというか。

そうか。
男というものは、相手が美人でなくても『この女とならイケる!』と思える女ならよかったのね。
そりゃもちろん、一般的に勃起率(何じゃそれ?私の造語)の高い美人の方がよりよいのかもだけども。


でもその後、社会人になってまた驚いた。

真面目な会社だった。
特に性に対して真面目な会社だった。

いえ、裏では私のようなひどいのもいたけど。

80%くらいの人が(数字に根拠はありません。感覚)オトコもオンナも真摯でまじめな会社だった。

仕事が一番だった。

いや、あんたそんなの当たり前だって。仕事なんだからさ。

この会社の男は美人に弱くなかった。

美人をバカにさえしていた。そんなに綺麗にすることに時間をかけるなら勉強しろ!みたいな感じ。

地味でまじめに仕事ができる女性がモテた。
(だから仕事は当たり前だっての)

むしろ美人だったり色っぽいと、割り引くような感じだった。

さすがですな。仕事の世界は素晴らしいと思った。


でもね、私がちょっとだけ思ったのが・・・・。

ちょっとギスギスしてやだな・・・。

もうちょっと、女に弱い困ったちゃんとか、デレデレエピソードとかの面白い現象はないのか?ここでは?と思った私。

いやいやいや
ナニを男性とともに働く女性自ら、ダメな古いことを言っているのよ!私!

でもなんか、なんか美人にヘラヘラするくらいの男子の方が可愛げがあっていいわ。
何より間抜けでおおらかに見えていいわあって。少しだけ思っちゃったんです。


この人たちが異常に心の狭い人に見えたの。
何か、色気より金って感じで。

いや、金ならまだカワイゲがあるけど。
なんていうのか金よりも仕事っていうか、なんていうか、自分が出世したりするのが一番のことのように見えた。

美女より、金より、仕事と自分が好きっていうか。

何言っているのよ、私。
いいじゃないのよ。それで。仕事人として素晴らしいわ。


でも、この会社の中でも、20%くらい(数字に根拠なし。適当)女に弱いダメな愛らしい人はいて、その人たちを見ぬいて私はこの会社の人、20何人の人とエッチをしてきたことは、このブログにも書いてきましたが。

一回だけ、間違って真面目な人にアタックしてセックスできなかったことも以前にブログに書きましたが。


うん。
女に弱くない人も絶対に世の中には必要だけど、美人に弱い人や勃起ができれば何でも許す男、結構好きよ。

私は”ただのバカ”ともいえる。

まあそういう人がいっぱいいるのを知っていて北朝鮮も美女軍団を送り込むわけだしな。


ちなみに女は美女は好きだし、自分も美女になろうとするけど、イケメンのことはそんなに好きじゃないよ。
ま、人によるけど、人生で一回もジャニーズを好きになったことのない私はそう思う。
なんせ女子高生の時に好きだったのが江夏豊と大沢啓二監督だからね。
ああっ!なんでまた、最後にそういう余計なことを!!また年齢が!!!


最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉


関連記事
最終更新日2018-03-24
Posted by
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です


↓こちらは広告です






Comments 0

There are no comments yet.