Welcome to my blog

huugetu

huugetu

あ これも公然わいせつ罪では







以前、寸止めする人の話を書きましたが・・・・。

寸止めって下品ね。



じゃあ、上品に言うと、私がセックスしたくてたまらないのに
『もっと大事にしないと!』とか『まだ早い!』とか言われて、
深夜の公園で私のおっぱいにはいたずらするくせに、セックスをなかなかしてくれなかった人がいました。
(どこが上品だ)




男性がわりと誰とでもセックスをしたいのは本当だと思います。
女性は体を求めてくる男性に対して、遊びなのかどうか疑心暗鬼になることがあって仕方ないと思います。


一方、男性側ではまた、もしなかなか大好きな彼女が体を許してくれないとしたら、逆に『おれって遊ばれてるのか?』『この女性は本当にオレのこと好きなのか?』『この女性は金目当てか?』とか思うことがあることも本当だと思います。
体を許してくれないことに対して不信感をもつ場合があると。





でもこの人とは、ちょうどそれが男女逆っぽくて。




『エッチしたい』と私が言うと
その人は
『一回、セックスしたらすぐにどっか別の男のところに行くつもりだろう。だからまだしない』と言ってました。



そういうわけではなかったのですが、私があまりにガっついて見えたからそう思ったのでしょうか。




じらされたのですが、セックスができない分でしょうか、その寸前までのことはじっくりされました。



昼の公園でよくキスしました。

彼は、好きだよといいながら、ソフトに私の頬や唇の周りや唇にキスしたあと、

今度は私の唇を強く吸い、舌で私の口の中を嘗め回しました。



キスでいつも濡れてしまいました。最後までしてくれないので、じれてじれて濡れてしまうのです。


前も書きましたが、彼と会うときは私ナプキンをするようにしてたんですよ。




夜の誰もいない公園では、ベンチに座って、彼は私の胸をはだけさせます。


彼は私の乳房をゆっくり撫でまわして、数回揉んだあと、


乳首を人差し指で、いたずらにつっついたりして私の様子を見てました。


突かれるたびに小さく反応してしまう私です。


しばらくつついたあと、指でギューっと乳首を押されました。

胸が敏感な私は『いや~』と声を出してしまいます。


やばいやばいここは公園。静かにしないと。


そのあと、彼は乳房を手で包むように撫でながら、時々 指で乳首を上下に撫でます。


あー、声出そう。


そして彼は顔を私の胸に近づけ、口に乳首を含みます。


口の中では、舌先で乳首の先を突かれたり、乳輪を嘗め回されたりしました。


私は時々小さい声で『あ~』と言ってしまいます。



次に彼は私の乳首をチューチュー強く吸います。


片方をしばらく吸ったあと『こっちもしようね』と言って、もう片方を吸います。



もう感じすぎて声が出てしまいます。結構、大きな声を出してしまいました。


人に見られたらどうしよう。



もーこっちはびしょびしょですよ。


こんなとこでそんなことされても、落ち着かないのですが、よくされてました。



ホテルに行ってしまったら最後までしてしまうから、途中で止めるためにこういうところで、おこなっていたのでしょうか?




そこまでやって、それ以上なしって!


お預けされている男性の気持ちがよくわかりました。

ちょっと腹が立ったり、ほんと、信頼されていないあと思ってもみたり。

この人は自分がしたいときには、こんな風に私の体を好きなようにいたずらするくせに、なんなんだと思ったり。


大事にするって言えば、女性がそれで大人しくしてると思わないで!と思ったり。


だいたい、公園でこんなことするなんて全然大事にしてないじゃん。




じらすのは、効果を上げるときもあるけど、じらしすぎはだめでしょう!と思った。





つきあって数か月後、


彼は自宅暮らしだったので家にはあまり行けなかったけど、どなたももいないというので、一度、お邪魔したときのことです。


彼の部屋で押し倒されてキスをされたり、またあちこちをさわられました。



公園ではさすがにしなかったのですが、この日はパンツの上から股間を触られました。



あナプキン?生理?


あー・・・違うの。違うの。もし早めに始まったらに備えてたけど。大丈夫大丈夫。


ナプキンをすかさずとって、バックにしまいました。





その後、パンツの上から割れ目を指でなぞられたり、手の平で全体をなでまわされました。



あーん。もうそんなことまでやったら最後までやろうよ~!!




・・・と思っていたら、指で優しく押されながら左右に動かされているうちに・・・・・・・・・・・・・・私はイってしまいました。





とりあえず、落ち着きました。不満もやや解消されました。





・・・・と思ったら、彼が私のにパンツを脱がそうとしているじゃありませんか。



私を脱がせたあと、彼は自分も洋服を脱ぎ始めました。



そうです。この日、とうとう挿入してくれたのでした。




これ以上、止められたら他の人としてしまっていたかもしれないところでした。



あとから、考えるとセックスしたら、私がどこかへ行ってしまうって言ってたけど、本当はそうでなくて、彼がそうなりそうだったんでしょ?
そうだと思う。
だから彼は自分の気持ちがちゃんともっと深くなってから、してくれたのかもしれません。
すぐセックスしてしまったら、彼が私以外のどこかへすぐ行ってしまうとご自分で思っていたのではないかと思います。




ところで、どこかで読んだセリフで

『男性は、女性から誘惑されただとか、なんだかんだとよくいうけど、
結局、手を出すのはいつも男性じゃないか・・・』
と言ったセリフをどこかで見たことがあるのですが、

確かに・・・。

セックスが男性器を女性器に入れるという形をとるかぎり、まあそういうことになってしまいますよね。
するかしないか決められるのは、最終判断をするのは、結局、入れるものをもっている男性の方でしょってことですよね。



正しい判断をするかしないかは
あなた次第です!




黒と赤の裸エプロンで正座している





最新ページに戻る


〈索引ページに行く〉



ピンク色の裸エプロンの後ろ向き姿


関連記事
最終更新日2017-12-05
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply