Welcome to my blog

huugetu

huugetu

お風呂にズカズカ入ってくる人


大きいしり
長い付き合いになった人同士が一緒にお風呂に入ることは、なんかホンワカ幸せだけど、一方、なんか色気がないものですけれど(よく、新鮮さがなくなるから、夫婦はお風呂には一緒に入っちゃダメという人もいる。)

でも、まだ新鮮な人とセックスの前にお風呂に入るときは、とってもドキドキしますよね。


セックスしようとホテルなりお部屋なりに入ったとたんに、興奮して押し倒してくる男性を制して、『だめ。その前におフロに入らせて・・・』と女性がいうことはあると思います


が、止まらずにどんどんエッチとなことをはじめちゃう男もいれば、いったん、開放してくれてお風呂に入らせてくれる人もいる。


しかしまた、お風呂に行かせてくれつつも、自分もそのお風呂にどんどん入ってきちゃう人もいた。




湯舟につかっていたら、男性が脱衣所に来たようでした。

「入るよ」


えー?!っとちょっと思ったけど、もう体をある程度洗ったあとだったのでまあいいかと思った。


何をされるのかちょっとドキドキしたし。


私に向いあうように湯舟に入ると、男性は腕を伸ばしてきました。

男性は急に私の脚を広げて、ひっぱって自分の膝の上にのせようとしました。


脚を急に持ち上げられ、少し湯船に沈みそうになる私。


もう!溺れちゃうでしょ!


お風呂にズカズカ入ってくるずうずうしさといい、このデリカシーのない乱暴さといい、私はムッとしました。


エッチなワクワク感と、腹がたつ気持ちが混じって変な気持ちになる。

テンション的には上がってくる感じ。


私はムッとした顔をしながらも、彼にしがみつきながら体勢を整え、彼の上に座りなおしました。


「何、怒ってるの?怒ってる顔かわいい」
と言って、彼は私にキスをしました。


このセリフかなり好き。(怒りんぼの私は、怒っている顔かわいいと言われるのが好き)


この言葉と、何度もキスを繰り返されているうちに私もどんどんエッチな気分が大になってきます。


次に彼は私の顔を見つめながら、胸をさわりはじめました。


私は乳首が感じすぎてしまうので、本当はそれこそ、最初は洋服を着ている状態で触ってもらいはじめた方がいいのですが、いきなりダイレクトに触られてしまった。


でも。

狭いところで身動きができず、目をそらすこともできず、自分の目の前で自分がされていることを見せつけられるという状況に更に感じてしまいます。


お風呂の電灯が明るいから、やっていることが赤裸々に見えるので余計・・・。


「あ・・・ん」とすぐに声が出てしまいます。


次は水中で彼の手が私の股関をいじりはじめました。


ひとしきりあんあん言ってしまってから、「のぼせたから、もう出たい」 と強めに言って、このときはここらへんで開放され、続きはベッドでしたのですが。



でも、こういう流れのままで、お風呂場のタイルの上でセックスしてしまったこともありました。


お湯から出て、洗い場で洗いっこして、石鹸を泡立てた素手で、体中をぬるぬる触られているうちにあーんもうここで入れてもらっちゃってもいいなあと、そのときは思い始めてしまったのです。


タイルは痛いし、お風呂は落ち着かないので、避けたい・・と思っていたのですが、もう流れが止まらずに。



彼に「ここに座って」と言われました。


ベッドの上で、正常位からそのまま座位に変わることはやったことあったけど、最初から座位ってはじめて。


タイルの上で、私は彼の膝の上に恐る恐る座りながら、彼が手に持っている男性器をズブズブと自分に挿入してしまいました。


そのあとは、夢中で腰を振ってしまいました。

がさつなこの人に負けず劣らず、実は自分が乱暴もののような気がしました。


彼も私のお尻を手で持って、下から突き上げてきました。


その形で私がイってしまったあと、今度は彼は私にタイルの上に四つん這いになれと言いました。


後ろから挿入されました。


後ろから私を激しく突いたあと、彼はわたくしの背中からお尻にかけて精液を放出しました。



(何度か言っていますが 膣外射精は失敗すると妊娠してしまうから、よい子はやったらだめですよ。よい子はコンドーム)

--------------------------------------------------------

最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉










関連記事
最終更新日2018-10-01
Posted by
↓こちらは『Hな体験談まとめアンテナ』さんの記事です


↓こちらは広告です






Comments 0

There are no comments yet.