Welcome to my blog

huugetu

huugetu

さかって止まらない人


kokokoko.jpg

初めてお手合わせするときなんですけど、98%の人が(自分調べ)、初めてのエッチの体位が正常位の『女性の足をカエル開き』の形をとるようだと以前、書きました。

(他の女性は違うかもしれません!)

多分、男性が一番やりやすい体位なのだろうか?
それとも、初めてお相手をする女性を引かせない範疇の中で、まあ一番無難だからなんだろうか?


ですが、一人だけ最初のセックスで違う形をとる人がいたと、以前書きました。

正常位なんだけど、女性の足を伸ばしたまま、持ち上げないまま、足も必要最低限しか開けない・・・という形式で始める人がいました。私はこれに感動したと書きました。


私はカエル開きのことを「かっこ悪いなあ」と、処女喪失のときから、ずっとずっと薄々、思っていたのです。


この足を広げられて、やや上に持ち上げられてしまうカエルのような恰好に、エッチさよりも『かっこわる。コントみたい』と思っていたのです。

(ああまた男性のムッとすることを書いてしまった。)


もちろん前戯をたっぷりしてくれた人とは、挿入のときはすぐにカエルバージョンでもいいのですが。
カエル開きは、盛り上がってからならエロくてとってもいいのですが。

私がなるべく言うまいとしているはしたない言葉、でも思わず言ってしまう言葉。
「入れて~。お願い。」
と言ってしまう場合なら、カエル開きスタートでいいのですが、そうでないときは、カエル開きに疑問があったのです。

気もちが、まだすっごく盛り上がっていないときはちょっと・・と思ってました。

でも、初めての方にいきなり自分の意見を要求するわけにもいかないし、よくカエル開きをしていました。

で、足をまっすぐのままで始めてくれるこの人と出会って、素晴らしい。相性がいいとはこのことだ!と思ったのでした。

この人とは、その後、何回もしたけど、いつもスタートはこの形でした。

この人は、しばらくこの形で腰を動かしたあと、また他の形に変えるんですけど。

例えば、その後は、足を広げられたり、足を上にまっすぐ持ち上げられたり、もっと変なこともするのですが(もちろん私の大好きなバックなどもしてくれるけど)、とにかく一番最初は足まっすぐのきれいな形で始まるのでした。

これがとても目からうろこだし、好きでした。導入としては最高でした。
私は、自然に時間をかけてエッチになってゆけるのですね。


その人とはエレベーターでチューが止まらなくなったことがあります。
みなさんも経験あられると思うのですが、狭い空間に入るとなぜか、さかってしまう男女。

それが車だったり、お部屋だったりするかもしれない。
エレベーターだったりするかもしれない。

エレベーターの中でチューをしたらとまらなくなってしまい、目的の地下階に到着しても、もう一度、最上階のボタンを押して、戻りながらキスを続けた。

最初は、彼がちょっと一回だけ、目的階までの間に、ディープキスをしてくれたのでした。
私は「こんなところで!」と、あっけにとられてなすがまま。

で、チーン!とエレベーターが止まったら、彼はやめたのに。

開いた扉のまま、私が止まらなくなってしまい、彼の首にだきついてしまい、彼の唇をむさぼってしまいました。


彼は最上階のボタンをもう一度押しました。


で、私がむさぼっているうちに、上の階に再び到着して、扉が開いてしまっても、もう一度無理やりドアを閉めて、今度は私はチュッチュッと何度も軽いキスを連発し続けました。


また扉が開いてしまったのですが、彼がまた閉めて、今度は地下階のボタンを押して、私を押さえつけて、さっきよりもっともっとハードに私の唇を嘗め回して、何度も向きを変えながら、いろんな方向から私の唇を吸い続けた。


地下階に到着して、また空いた扉を無理やりしめたりした。


こんなことを繰り返していたらとうとう、エレベーターのどこから出ているのか?!!突然、音声が!!・・・・。


「何かありましたか~っ?!」というビルの管理らしき人からの呼びかけが突然ありました!


「すいません!何でもありません!!」と言って、私たち二人は、エレベーターを飛び降りました。


いくら昔でも、エレベーターに監視カメラくらいついていたと思うのですけど、よくこんなことしたよな。

現代ほど、カメラとか、そういうことを意識はしていない時代ではありましたが。

いやカメラついていなかったのかなあ?どうだったかなあ?


自社ビルだったら、知っている人が管理人なので、もう少し気を使ったかもしれないけれど、ここは貸しビルだったのであまり気にせずに、私たちはこんなことをしてしまったのでした。

エレベーターの中で、まぐわうことはさすがにしなかったので、これくらいは、大目に見てください。

きっと、ビル管理がお仕事の彼らは、私たちのことだけではなく、他にもいろいろなチューを目撃してきたはず。


でも心配になって、今、調べましたら、今現在でもエレベーターには、監視カメラの設置は義務にはなっていないようです。
ですから昔の話、そのエレベーターにもカメラは、ついていなかったんじゃないかと思われます。
エレベーターの動きが変だったから、管理の人が話しかけてきたんだと思われます。

いくら獣の私たちでもきっとカメラがついていたらしませんよね。そんなこと。
いや見られているからこそ、燃えるってのもあるかもしれませんけど。


最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉




関連記事
最終更新日2018-06-16
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply