Welcome to my blog

huugetu

huugetu

全裸で膝で立って横を向いている
『獅子はウサギを狩るにも全力をつくす』と言いますが、ホンコレ。

私が数年前まで勤めていた大人数の会社にはアラフォーの独身女性がたくさんいました。


見てて思ったのが、若いうちは勢いだけで結婚てのもありますが、ある程度年齢いったら本気ださないと結婚しにくいと思うのです。


アラフォーの友達たちは30代のころから、結婚したいしたいと言ったり、中にはお見合いを繰り返している人もいましたが、今から思えば、”口だけ”だった。

その独身の女たちは本当は結婚したいのかしたくないのかわからない。


彼女らの言い訳として
モテないとか、
環境的に男性がいないとか、
理想が高いとか、
いろいろ言いますが、いや、私に言わせると、ただやる気がないとしかみえなかった。

結婚する気がないとしかみえないのですよ。


だって、
モテないのに結婚している人はたくさんいます。
どんなに忙しくても、おっちゃんしかいない職場でも、つまり環境的に厳しくても結婚している人はたくさんいます。
理想が高いのに結婚している人もたくさんいます。
結婚している人が全て妥協しているわけじゃないよ。


そのアラフオーのいつまでも独身の人たちってなんだかんだ全力つくさないんですよ。

せっかくのお誘い、きっかけがあってもいかさない。

自分の方がかなり気に入った人がいても、アプローチしない。遠くから眺めているだけ。

お見合いを繰り返している人も、結婚する気はなくただ繰り返しているだけみたいに見えた。




一方、アラサー過ぎてから全力を出して結婚した女の子たちはすごかったですよ。


一人A子ちゃんという人。
活動量がすごかった。

一人L美ちゃんという人。
彼氏を追い込む持っていき方がすごかった。

もう一人T江ちゃんという人。
結婚はみんながうらやましいほどしてます。


この三人の話をきくと、私はやる人はやっているんだ!って思いましたよ。


まずA子ちゃんですが、ルックスは部署の中では上位。おっとりした美人で、女性力としてもなかなか高かった。

この子は会社外に彼氏がいたので、よくみんなにその話をしていました。

彼氏と別れたときも、自然にみんなにその話をしましたので私も知っていました。


A子ちゃんは、社外の恋人と別れてからは、そんなに親しくない周りから見てもわかるくらいしばらく落ち込んでいた。


なのにその後、A子ちゃんはあっという間に社内のオトコと婚約を取り付けて、ハッピーな人になった。
彼氏と別れて、半年後くらいだったかしら?



私は当初、
「やっぱ美人は早いね。次から次へと男がくるね」
と思っていたのですが、違った。


そのコと初めてしっかりと飲んだ時にきいたのですが、彼女は実はものすごく行動をしていたのでした。

私はA子ちゃんとは特別親しかったわけではないのですが、そのコが仲良かった経理畑の女性と私が同期だったのである日、3人で飲んだのでした。


その経理畑の私の同期はY田さんと言います。


3人で洋風居酒屋に行ったときにA子ちゃんは言いました。
「huugetuさん。実は私、Y田さんにめっちゃお世話になったんですよう」


社外の彼氏と別れてから、A子ちゃんはY田さんのツテで、たくさんたくさん社内飲み会をしたという。

Y田ちゃんは経理畑です。
経理の人は何気に顔が広い。

他の会社もそうかもしれませんが、金銭を扱う部署はほかの特定の部署と癒着しないように?仲よくならないように、2,3年で担当を変わる。

私と同期のY田ちゃんは、入社以来、全国の支店の経理部を転々としたあと、本店の資材部を数年担当、営業部を数年担当、私の部署を数年担当していた。今現在はまた地方の大都市で結構偉い地位にいる。


経理って地味な仕事に見えるかもだけど、Y田ちゃんは実に社内に顔が広い。いろんな部門にいた私よりも顔が広い。


そのY田ちゃんに頼み込んでA子ちゃんはいろんな飲み会を開いてもらって参加しまくったという。

「何回やったかね?」
とY田ちゃんは笑った。


Y田ちゃんは自分の幅広い知り合いの社内の各所の独身の男を誘っては、『Y田+A子ちゃん+男、3,4人』という飲み会を何度も開いてあげたという。

入社以来、うちの部署にしか在籍したことのないA子ちゃんは、Y田ちゃんによって社内のいろんなジャンルの数多くの男性と酒席をともにした。


そして、数々の出会った社内の男の中から気の合った今のご主人をゲットしたという。



「そーなんだああ??そんなことが?」
と私は驚いた。


美人のA子ちゃんでさえこれよ。


「うちの部署って既婚者男性か若い男しかいないもんなあ。無理よ」
といつも言っているだけで済ましていた私の友だちのアラフォーの独身女性たちとの活動量の違い!!

いやおみそれしました。

仕事もそれだけ頑張ればすごく出世できたのに・・・という意地悪かつ、今回の本題に関係ない感想はおいときますわ。とりあえず。




次のL美ちゃんは、私より年下ですが、同じ部署で気が合って私がかなり親しくしていた人でした。

L美と私は途中まで友達だったのに、途中で私が彼女の上司になってしまったような関係でした。

親友だったので、彼と付き合ってからの話は、最初から結婚まで、かずかずの段階の経過をずっときいてきた私ですが、徐々に彼を囲い込んでゆくのがすごかった。

30代半ばになった彼女は、6歳も年下の男をゲットしました。

なれそめは、別に何とも思わなかった彼と、すごい酔っぱらった飲み会の帰りについやっちゃった!ことでした。

独身同士の二人はその後も付き合いを続けた。

20代の彼はL美のことは大好きだが、まだまだ結婚する気はなかった。

でもL美は30代半ば。

L美、全力つくしました。

しんどかったと思う。

ドンドン話をすすめていった。

彼の実家は遠かった。

でもお互いの実家に遊びに行くことにL美は力をつくした。

遠い実家でも、めんどい実家でもL美は脚を運んだ。

実家でL美は働いた。
お母さんのお料理の手伝いやら、同居なさっていたおじいさんたちと積極的に話をしたり、お手伝いをした。

「L美さんはお客さんなんだから座ってらして〜」
という彼の人のよいお母さんだったが、L美は働きまくった。

お父さんが阪神タイガースのファンと知って、L美はその勉強もした。
彼の実家にゆくときは、前日にささっと野球情報を仕入れてお父様と会うときは盛り上がった。

そのころ、私は野球に詳しかったのでL美にいろいろポイントを教えてあげたりしてた。

もともとL美は仕事もできるし、話術もあるし、料理とか人の世話が好きだった人だ。


結果、結婚に煮え切らない彼を後押ししたのは、彼の実家だった。


いやL美もご実家対策以外に、直、彼対策にもいろいろやってたんですけどね。

でもどうしてもなかなか結婚を口にしない彼。

早く結婚しろ!と進めてくれたのは彼のお母さんだった。


いや!L美! あっぱれ!


今でもL美は、幸せに6才年下の彼と結婚生活続けています。



次のT江ちゃんは、あまりよくない例なんですけど。

とにかく結婚はできるという例なんですが。

T江ちゃんは男の言質を取る・・のがすごかった。

T江ちゃんは私とは別の部署だったのですが、私の仲いいさっき話したL美ちゃんと仲良しだったので、私もT江ちゃんと付き合うようになり話をきいたのですが。


好きと言わせるのも相手に言わせる。
セックスをする寸前にも男から言質を取る。
結婚の約束も取りつけないとセックスさせない。



T江ちゃんは彼をゲットしました。結婚しました。

でもT江ちゃんは、言質をとっては男をゲットして結婚しては、離婚を繰り返しました。

今×3です。

無理やり、セックスを餌に口約束をさせるのはダメというパターンですね。


私も一応、結婚経験者なので、言わせていただくと、どんなに無理やり婚前に約束を取り付けてもだめよ。

結婚は契約と言いますが契約じゃないよ。

無理やりとりつけてはだめよ。


T江ちゃんは結婚後のこともセックス前に男に約束させていた。

私はばりばり働きたい、家事は完全分担とか、週に3回は飲みに行かせろとか、いろいろT江ちゃんは結婚前に・・・というかセックス前に夫となる人と約束しました。

でもいくら事前に口で言ってもだめよ。二人で結婚生活をやっていく中で話あいながらやってかないと。

この世の中で、男と言質とることの無意味さ、いや、男が悪いんじゃない。結婚前の契約の無意味さ。女が、射止めた男を契約でその後も何でも今後も縛りつけようとする無理さ。

そんなの無理だった。

男を捕まえて、いろいろ条件を出しては結婚したけど何回も失敗した。3×ですね。

T江ちゃんは結婚するプロだけど、離婚のプロにもなってしまった。

そのたびにT江ちゃんは「婚前の約束を男がやぶった〜」と怒っていましたが。

ごめん、T江ちゃんの場合は今回の主旨と反するけど、一応言っとく必要があると思ったので言っといた。



さあ、本題に戻りましょう。


あとね、全力でうさぎを落とすといえばですね。

一回、以前にこのブログに書いたのですが、詳細に書きすぎて、身バレしそうで消したことあるのですけど大学時代の友だちのルルの話。

こちらは結婚ではなく、つきあう男をゲットする話ですが。

ルルの話は、もうめんどいから、前に書いて消した話を再びアップしよう。

こちら➡自分からいく女(ひと)


結局、異性をゲットできる人って、割と全力尽くしているよな・・・と私は思うのですわ。


いや今回は、女側から書いたけど、男側でも一緒だと思うよ。

女をやるときも。

モテる人でさえも全力尽くしているのですから、モテない人が全力つくさないでいいことあるわけないですよ、と思うのが一つ。

逆にいうと、モテるように見える人って、実はすっごく大変な努力しているんですな・・・・・ということが言いたかったの。

女とたくさんやっている男もそうだと思う。

まあ男女どっちかの話ではなく、自分に対して全力を尽くしてくれない人なんて、そもそも相手が好きにならないですよね。そんなの当たり前なのかもしれませんです。

ライオンはそのことを知っている。


-------------------
最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉

関連記事
最終更新日2018-03-27
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
ダンディー  

確かにそれは あるよね

でも 頑張りすぎて 後で 違う自分に戻ったら 大変かも…

2017/10/30 (Mon) 09:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply