huugetu

huugetu

禁断の行為は気持ちいい



イチャイチャしているときや、膝枕してテレビかなんか見ているときに、ふと、私のお腹をナデナデしながら、『ああ、はらませたいっ』という人がいました。


気持ち悪くも怖くもなかったですよ。
愛されているという感じではないけど、エッチっぽくてゾクゾクしてしまいまいました。オスを感じるというか。




コンドームをする、しないは、気持ちよさに関わるというのは、そりゃそうだろうと、物理的によくわかるのですが、


男性が、外ではなく、女性の膣の中に射精するはなぜ気もちいいんでしょう。やはり、はらませることにつながるからでしょうか。


そもそも動物のオスの基本ですものね。自分の子孫を残すためにエッチをすることは。




この人は、コンドームをせずに、射精の瞬間に私のお腹の上に出していました。私はお腹に出されるのも好きですが。
(ダメだぞー。良い子はマネしちゃ。これ妊娠しちゃう恐れがあるぞ。ちゃんとコンドームしなきゃ~)

でも、よく本当は私の中に出したい、と彼は言っていました。


はらませたいという本能、あるいは 征服してやりたいとかそういう感情なんだろうか。






コンドームをしていれば、女性の中での射精も可能で、あの放出されるドクドクと脈をうつような感じを受け止めるのは私も大好きです。
別に快感を感じるわけではないですが、精神的に嬉しいです。



女性のほうは、なんで嬉しいんでしょうね。精子を手に入れたという喜びなんでしょうか。
実際はコンドームに止められて、手に入れてないけどね。




コンドームもせずにということであると、現実的には、 ちゃんといろいろ環境を整えてのときじゃないと、この喜びの行為はできない。
子供をちゃんと作ろうというときじゃないと、禁断の行為となる。
(ピルはいろいろ弊害がある神話があって敬遠する人も多いし。タバコを吸う人はピルは飲まないほうがいいなどの制約もあったりする。)




私の元夫はいつもコンドームをしていましたが、あるときつけないでセックスをされてしまいました。

私が仕事が忙しくて、子供をつくるどころの気分じゃなかったときだった。
また、ちょうど、その日はちょっと喧嘩してて、エッチさえする気分じゃなかったのに、無理やり犯される感じでされてしまいました。

そして、やめてと言ったのに、夫は思い切り私の膣の中に放出した。

新婚のときは、別に子供ができてもいいかなと思ってたのでよくそうしていたけれど、このころは、いつも避妊してたのに。



夫に『はらませてやる!』という気持ちが発生したのでしょうか。


久しぶりにドクドクを膣で受け止めた。ドクドクドクドクたくさん出た。あー受け止めてる、受け止めてる・・・と思いつつも、あーもう!子供できたらどうするの?と思って、終わったら旦那をせめた。


案の定、この一発で長男ができてしまいました。

妊娠がわかったときも『だからやめてって言ったのに!』と私は怒りまくって大騒ぎしました。



しかし、今となっては本当にあのときは、無理にしてもらってよかったと思っているんですけどね。
それがなかったら息子がこの世にいなかったんだもんね。


快感という餌に操られて我々は子孫繁栄しているのだった。






私は今は子宮をとったので、何でもOKなのですが


この子宮をとってから、ものすごくエロイ気持ち満開なのは、きっと、自分はもう何をしてもされても絶対に妊娠しないという開放感からきているのだろうとは思うのですが。



でも、いくら妊娠の可能性がないからと言って、他人の精液を気安くうけとめてもいいものだろうか思案どころだ。
なんかバチがあたらないでしょうか?何にも代償も引き換えなしでこの気持ちイイ行為をしてもいいものだろうかと思う。




最新ページに行く

〈索引ページに行く〉

〈女性の特徴別検索に行く〉

花柄の下着を付けている。ブラジャーを両手ではずしかけている


関連記事
最終更新日2018-03-15
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply