Welcome to my blog

huugetu

huugetu



真っ暗な公園でいつも教授は私を抱きしめてくれました。


背の高い教授は、下を向き、少し斜めに傾けた顔を近づけ、私の唇に自分の唇をくっつけます。


私は少しだけ背伸びをしていました。

いつも私はつま先立ちをして、顔を上に向け、背の高い教授の唇に自分の唇を押し当てていました。



ゼミのあとの食事や飲み会等のあとなどに、教授はいつも私を家まで送ってくれました。


教授の家と私の家は、駅が3つしか離れていなくて比較的近かったからです。



でも、3つ手前でわざわざ降りて、駅からうちまでの15分か20分の道のりを歩いて送ってもらうのは最初は申し訳なかったです。


なんで、そんなことになっちゃったかというと、私の駅から家までの道のりが、夜は人通りがなく危なそうな道ということもあったので。



私の家に泊まったことのあるゼミの女の子が大げさに話していたのでした。
「この子のうちに帰る道って、ほんと、ちょっと怖すぎなんでよね!人も車も通らなくて、角を曲がるたびに幽霊やお化けが出そうなんですよ!!」
などと。



「アホか?幽霊なんてなんの害もないだろ?そうじゃなくて変質者とかの方が危ないだろ?」
といつも冷静な教授の助手の山本さんが言いました。



それ以来、飲み会のあとは教授が私を家まで送ってくださることは、これはみんなの公認のこととなりました。


私が教授の大ファンということをいつもみんなの前で吹聴していたこともあって。



そしてこれはみんなには秘密だけど、私を送ってくれるときに教授はいつもキスをしてくれたのです。

週に一度、教授と私は私の家のそばの公園でキスをしました。



私や教授と利用する電車が同じなのですが、随分手前の駅で降りる山本さんはいつも電車の中で教授に
「今日も姫をお送りですか?」
と言いました。


そのとき、私はいつもドキドキしながら教授の顔を見つめました。


「しょうがないだろ!幽霊の出る道なんだから!責任者として送らないと!」
と教授は言ってくれました。


山本さんは横を向きながらいつも笑いました。


そして
「先生、大変ですね~。そんなことまで『いち女学生』の面倒見なくちゃいけないなんて。」
と山本さんは言っていました。



私は山本さんがちょっと苦手でした


山本さんは『私の教授』の一番弟子的な助手でした。



時代もあったのかもしれないけど、教授は本当に異例の速さで出世し、年齢が学生とも10何歳ほどしか離れていませんでした。他の学部と比べても大学中でも珍しく若くして教授になった人でした。


一方、普通の人のペースでゆっくり出世をしている助手の山本さんは教授とは6歳しか離れていなかったけど、まだ助手という低いポジションでした。




そんな山本さんは、勉強熱心でないくせに、ただ教授のファンだファンだといつも騒いで、教授に可愛がってもらっている私に対して、いつも何となく冷たかったです。


***

家の傍の公園で教授にキスされて、口の中で舌と舌をからみつけてもらったあと、いつも教授は少し私の唇を離れます。

私の唇から離れると、私の細い腰を抱きしめながら、教授は私の目を見つめます。


私はうっとり教授の目を見つめ返しました。


よく、このときに
「先生、もっとしてほしい」
と私は言いました。


このときは、いつも教授の股間が硬くなってしまって私のお腹に当たっていました。

初めてのときはびっくりしました。


教授が私に密着させた下半身が硬くなってくるといつも私は言いました。


「もっとしてほしい」


でも股間を硬くさせながら教授はいつも言いました。


「だめだ。これ以上は」


私は知っていました。教授も私のこと好きだってことを。

いえ、好きかどうかは違うかもしれないけど、少なくとも私とエッチをしたがっていることは知っていました。

でも絶対に教授は
「駄目だ」
と言いました。


「えええ?どうして?」
と私がすねると、
「これ以上すると、僕の方が君に夢中になっちゃうよ?そうしたらどうするのさ?」
教授はそう言って、私を抱きしめ、お尻を撫でまわし、私の小さなおっぱいをまさぐりました。



父と母と姉のいる自宅から数10メートルの公園で、私は教授と週に一度、こういうことをしていました。




ある日、公園でまたキスをしてもらって身体をまさぐられているときに教授は言いました。

「21歳になったらしよう」



21歳の誕生日に私はやっと教授とホテルに行きました。



初めて行った横浜のバーで、プレゼントをもらった私は教授とバーのそばのホテルに行くことになりました。


教授はホテルで、公園のときより大胆に私の体中を触り、激しくキスを繰り返しました。


いつも公園で立ったままでしかしなかったキス。


その日は、私はベッドに押さえつけられて、獣のように教授に唇を求められました。


そのあと、私ははじめて、教授に自分の全裸姿を見せました。


教授は、夢中で私の小さな乳房を痛いくらい揉み、私の乳首を乱暴に悪戯しまくりました。


私も自分の身体をこんなに激しく求めてくる教授の姿が嬉しくて、ベッドの上で、頭を左右に揺らしながら感じていました。


私の乳首を舌でつついたり、舐めまわしたり、いやらしく悪戯してくれる教授。


私の上で私の体をいつもより激しく悪戯する教授の下半身がいつもみたいに硬く大きくなっていました。


教授に乳首をちゅばちゃば音を立てて吸われているときには私は本当にうれしかったです。

大好きな教授にやっとこんなことしてもらえるなんて。



私は意を決して、起き上がりました。

私はそれまでフェラチオなんてしたことなかったのですが・・・。

私は教授のそこを一生懸命、舐めてみました。

いつも公園で硬くなっていたけど、今日、初めて直に見る教授のそこを、自分の口にちょっと入れたり、おそるおそるぺろぺろしてみました。

私のお口の中で教授のそこはまたすごく硬く大きくなってきました。


教授は私の動きを制すると、私を再び、押し倒し、私の中に硬いものを押し込んできました。


私は自分の身体の中で教授の男性器の感触を味わっていました。

私の膣は未開発だったので、肉体的には感じませんでしたが、痛くても教授に擦られていることが嬉しくって、いつまでもいつまでもこのときが続けばいいのにと私は思っていました。



*****


その後、2回、教授とセックスしたあとに、浮かれ気分でゼミに行った私は、急転直下、大ショックの事実を知りました。


ゼミの部屋に入るときから、みんなが大騒ぎしているのがわかりました。


みんなは大騒ぎしていました。


教授の奥さんに赤ちゃんができた!とみんなははしゃいでいました。




その後、教授は私を誘ってくれなくなりました。


それどころか、ゼミのあとのいつもの食事会や飲み会でも途中で帰ってしまうようになりました。


ゼミの学生たちは
「帰ってください!奥様を大事にしてください」
と言いました。


でも一度、教授が先に帰ろうとしたときに私も立ち上がって、『私も帰る!』と言いかけたことがありました。


また、教授が私を家まで送って、公園でキスをしてくれるかどうかわかりませんでしたが。

とにかく、私は一度、教授と二人キリになりたかったのです。


居酒屋で教授を追って立ち上がろうとした私に、山本さんが急に話しかけてきました。



「さっきゼミのとき、僕は君の発言を否定したけど、自分のどこが間違っているか、ちゃんと理解したのかよ?」


は?え?

教授を追いかけたいのに!という気持ちと


いや、教授を追いかけてはいけない!という気持ちと


山本うるせええなあ!という気持ちと


山本さんの議論に乗っかり、いろいろ言い返したい気持ち。


その四っつの気持ちに見舞われ、一瞬、迷った挙句に私は居酒屋の自分の席にどっか!!と座りなおしました。


「あのですねえ!私が言いたかったのはですねえ!」
私は山本さんの議論にのっかり、その後、30分くらい山本さんとぎゃあぎゃあ論争しました。

山本さんは優しい教授と違って、いつも学生に対しても、すごい厳しいことも、叩きのめすようなことも平気で言うんです!

私は当たり散らすように山本さんの意見に屁理屈をこねて議論しました。
この日は気分がまぎれました。



***


でも、教授とのことを私は誰にも何も相談できずに、一人で毎日落ち込んで私はどんどん痩せて、30キロ代まで痩せてしまいました。


教授には?直接、何かを言わなかったの?



何を言うんです?


セックスしたいしたいとねだったのは私です。


教授は最初は私にキスや身体を触ることしか要求しなかった。



教授に奥さんがいるのは前から私は知っていた。


そんな私に何が言えるんです?


私は教授に文句は言えません。


私は一人で毎日心の中で泣いていました。



でもある日、心が少し決壊しました。



誰かにすがりたい。

誰かに。


ある休日の日に私は助手の山本さんに電話をしてしまいました。


「映画見に行きましょう?」


なんでもよかったんです。


教授のことを連想させる人と、一緒にいたかったんです。


そしてもしかしたらどっぷり自分をいじめたかったんです。




私は山本さんと映画を見に行きました。



でも私はなんと映画館で眠ってしまいました。


ここ数日、夜も眠れずに悩んでいたので。



でも、この映画館ではなぜか、安心して眠ってしまったんです。



もしかしたら、ゼミでも急に元気のなくなった痩せた私を見て、少しは気づいていたかもしれないけど、山本さんは私のただならぬ状態にこの日、相当驚いたようでした。



映画館を出るときに山本さんは
「ほとんど寝てたなあ!!」
と私に言いました。


そのあとでお食事しながら山本さんは言いました。
「何があったかは知らないけど。
人を誘った映画で、自分があんなに寝るか?」

山本さんは笑いました。


私もつられて笑いながら謝りました。



でも笑ったあと私はうつむいて、泣きそうになりながら白状しました。


「ちょっと、自分、今、精神が変なんです。」




山本さんは黙って私の話をきいていました。

「ちょっと自分、死にそうなんです」



やがて山本さんは言いました。
「君と相性のあんまりよくない俺なんかが映画に誘われた時点で、相当、おかしいなと思ったよ」



「何があったか聞くつもりもないし、相談にのるつもりもないけど・・・なんか悩みがあることはわかったよ」
と山本さんは言いました。



「はい。
最近自分がなんの価値もない人間に思えます。
どんどん痩せて、醜い鶏ガラみたいだと思っています。」


私は涙を目にうるうるためていました。


「そんな風に自分のことを思って毎日歩いています・・・」


そう私が言ったあとに、
「本当はこういうこと言いたくないけど!言うよ!」
と山本さんは言いました。


しかし、言うよと言ったあと、数分山本さんは迷っていました。


言うのに躊躇していたんでしょうね。


「こんな可愛いらしい”鶏ガラ”なんて見たことないよ?
何言っているんだろう?何が”鶏ガラ”だろうって思うよ。こんなに若くて可愛いのに!」
と山本さんは言いました。



「だめだよ!君がそんなに落ち込んでいても、オレも他の誰も君に同情しないよ!!!」



山本さんは続けました。
「どう考えても誰が見ても君の未来は明るいのに!何があったか知らないけど、つまんねえことで落ち込んでんじゃねえよ!」




私は涙をポロポロこぼしながら、うなづきました。
その日は山本さんに家まで送ってもらいました。
途中の公園でキスとかそういうことは山本さんはしなかったです。


****

ポジションがないという時代のせいもあり、山本さんは、教授のあのころの年齢を20歳も過ぎた今でも『准教授』という立場で、今だに『教授』になれていません。



でも私は今は山本さんが・・・・・・あ、今は私も『山本』ですが・・・大好きなんですよ。



------終わり-------------
最新ページに戻る

〈索引ページに行く〉


リボン付きの白い下着の上下で立っている



関連記事


         
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply